1998年の野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

< 1998年 | 1998年のスポーツ

競技結果[編集]

日本プロ野球[編集]

ペナントレース[編集]

セントラル・リーグ
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 横浜ベイスターズ 79 56 1 .585 -
2位 中日ドラゴンズ 75 60 1 .556 4.0
3位 読売ジャイアンツ 73 62 0 .541 6.0
4位 ヤクルトスワローズ 66 69 0 .489 13.0
5位 広島東洋カープ 60 75 0 .444 19.0
6位 阪神タイガース 52 83 0 .385 27.0
パシフィック・リーグ
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 西武ライオンズ 70 61 4 .534 -
2位 日本ハムファイターズ 67 65 3 .508 3.5
3位 オリックス・ブルーウェーブ 66 66 3 .500 4.5
福岡ダイエーホークス 67 67 1 .500 4.5
5位 近鉄バファローズ 66 67 2 .496 5.0
6位 千葉ロッテマリーンズ 61 71 3 .462 9.5

日本シリーズ[編集]

  • 横浜ベイスターズ(4勝2敗)西武ライオンズ

個人タイトル[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
タイトル 選手 球団 成績 選手 球団 成績
最優秀選手 佐々木主浩 横浜   松井稼頭央 西武  
最優秀新人 川上憲伸 中日   小関竜也 西武  
首位打者 鈴木尚典 横浜 .337 イチロー オリックス .358
本塁打王 松井秀喜 巨人 34本 ナイジェル・ウィルソン 日本ハム 33本
打点王 松井秀喜 巨人 100点 ナイジェル・ウィルソン 日本ハム 124点
最多安打 石井琢朗 横浜 174本 イチロー オリックス 181本
盗塁王 石井琢朗 横浜 39個 松井稼頭央 西武 43個
小坂誠 ロッテ
最高出塁率 松井秀喜 巨人 .421 片岡篤史 日本ハム .435
最優秀防御率 野口茂樹 中日 2.34 金村暁 日本ハム 2.73
最多勝利 川崎憲次郎 ヤクルト 17勝 西口文也 西武 13勝
武田一浩 ダイエー
黒木知宏 ロッテ
最多奪三振 石井一久 ヤクルト 241個 西口文也 西武 148個
最高勝率 桑田真澄 巨人 .762 黒木知宏 ロッテ .591
最優秀救援投手 佐々木主浩 横浜 46SP 大塚晶文 近鉄 38SP

ベストナイン[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
守備位置 選手 球団 選手 球団
投手 佐々木主浩 横浜 西口文也 西武
捕手 谷繁元信 横浜 伊東勤 西武
一塁手 駒田徳広 横浜 フィル・クラーク 近鉄
二塁手 ロバート・ローズ 横浜 フリオ・フランコ ロッテ
三塁手 江藤智 広島 片岡篤史 日本ハム
遊撃手 石井琢朗 横浜 松井稼頭央 西武
外野手 松井秀喜 巨人 イチロー オリックス
鈴木尚典 横浜 大村直之 近鉄
前田智徳 広島 柴原洋 ダイエー
指名打者   ナイジェル・ウィルソン 日本ハム

高校野球[編集]

メジャーリーグ[編集]

できごと[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

  • 7月7日 - オリックス・ブルーウェーブの広永益隆は対千葉ロッテマリーンズ戦(グリーンスタジアム神戸)の延長12回裏に近藤芳久から史上11人目となる代打サヨナラ満塁本塁打を放つ。この本塁打で広永は史上2人目となる両リーグ代打サヨナラ本塁打を記録(セ・リーグではヤクルト時代の1995年4月20日の対巨人戦で記録)。またこの敗戦によりロッテはプロ野球新記録となる17連敗を喫する。
  • 7月9日 - ロッテはオリックスに9-6で勝ち、連敗を18で止める。
  • 7月9日 - バド・セリグがメジャー9代目のコミッショナーに選出される。
  • 7月31日 - 読売ジャイアンツバルビーノ・ガルベス投手が、判定を巡り球審の橘高淳にボールを投げつける事件が起こる(翌日、ガルベスはシーズン残り試合の出場停止処分を受ける)。

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

誕生[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 無安打無得点試合 (ノーヒットノーラン)NPB公式サイト
  2. ^ 週刊ベ-スボール2012年11月72ページ