法政大学野球部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

法政大学野球部(ほうせいだいがくやきゅうぶ、HOSEI University Baseball Team)は、東京六大学野球連盟に所属する大学野球チーム。法政大学の学生によって構成されている。OB組織の名称は法友野球倶楽部。

ユニフォームは、クリーム色の生地に「HOSEI」と表記されたもの。また野球帽には、「H」の一文字が取り付けられている。

歴史[編集]

東京六大学リーグ戦が始まった1925年秋季は1分けのみの10敗で最下位からのスタートだった。その後も好選手はいながら2位にもなることなく苦戦が続いたが、主将だった藤田信男が監督に就任しハワイから若林忠志が入学すると一躍に割って入り1930年秋季リーグ戦で初優勝、以後若林在学中に3度の優勝を果たし第一期黄金時代を迎えた。藤田はその後も野球部長として生涯野球部の発展に尽くし「法政野球部の父」と呼ばれている。戦争に伴う野球弾圧の波は法政にも例外なく及び、1943年をもって活動を停止、翌1944年に部員たちは銃剣術部などに転部を余儀なくされ、数多くの選手・OBたちが戦争の犠牲となった[1]。空襲によって当時グラウンドのバックネット裏にあった合宿所などを焼失する被害も受けた。

戦後は1945年11月に活動を再開し、接収されていたグラウンドが返還された1948年関根潤三が力投して秋季リーグ戦で戦後初優勝を遂げるが、その後11年天皇杯から遠ざかる長期低迷期に入った。服部力監督のもと山本一義室山皓之助らが活躍して1960年春季に久々の優勝を果たしたころから優勝争いの常連となっていった。田丸仁監督を経て松永怜一監督の代では田淵幸一山本浩二富田勝の「法政三羽烏」が打ちまくり、その猛打は「法政火山」と呼ばれ恐れられた。またエース山中正竹がリーグ最多の通算48勝を挙げた。

1969年秋季からはエース横山晴久らを擁して最初の4連覇を果たし、4連覇から5年後の1976年からは江川卓や後に同大学野球部監督となる金光興二らを中心に2回目の4連覇を果たす。この4連覇はすべて勝ち点5の完全優勝であり、東京六大学に6例ある4連覇のなかでは唯一の記録である。

その後1980年代の10年間は鴨田勝雄竹内昭文両監督の下毎年必ずどちらかのシーズンで優勝を記録、10戦全勝優勝(1982年春季)、無敗優勝(1985年春季)、大学選手権連覇(1984年・1985年)、3度目の4連覇(1987年秋季から)など長期黄金時代を築く。

1990年代初頭に一時低迷するも山中正竹が監督に就いた1994年から再び毎年優勝を重ねる強い法政が復活した。

リーグ優勝は6校中最多の44回(2012年秋季リーグ終了時点)、うち39回が1960年以降の優勝である。大学選手権優勝も最多の8回を数えるなど、六大学のみならず大学球界の雄として全国にその名をとどろかせている。

本拠地[編集]

神奈川県川崎市中原区今井仲町260(合宿所)

記録[編集]

歴代役員[編集]

部長[編集]

  • 新谷孝朔(1915年 - 1916年)
  • 野上豊一郎(1917年 - 1920年)
  • 小西憲三(1921年 - 1923年)
  • 服部平六(1924年 - 1928年)
  • 井本健作(1929年 - 1930年)
  • 佐々木良一(1931年)
  • 小山竜之介(1932年)
  • 細川潤一郎(1933年 - 1937年)
  • 本間喜一(1938年 - 1939年)
  • 小斉甚治郎(1940年 - 1947年)
  • 藤田信男(1948年 - 1972年)
  • 中村哲(1973年)
  • 三井嘉都夫(1974年 - 1991年)
  • 今井一孝(1992年 - 2004年)
  • 佐藤典人(2005年 - 2012年)
  • 宮脇典彦(2013年)
  • 宮本健蔵(2014年 - )

監督[編集]

  • 武満国雄(1915年 - 1924年)
  • 稲垣重穂(1925年 - 1926年)
  • 1927年と1928年は監督を置かなかった。
  • 朝井敬六(1929年)
  • 藤田信男(1929年 - 1940年)
  • 藤田省三(1941年 - 1949年)
  • 長谷川晴雄(1950年 - 1956年)
  • 服部力(1957年 - 1960年)
  • 田丸仁(1961年 - 1964年)
  • 松永怜一(1965年 - 1970年)
  • 五明公男(1971年 - 1977年)
  • 鴨田勝雄(1978年 - 1986年)
  • 竹内昭文(1987年 - 1989年)
  • 山本泰(1990年 - 1993年)
  • 山中正竹(1994年 - 2002年)
  • 金光興二(2003年 - 2012年)
  • 神長英一(2013年 - )

主な在籍選手[編集]

主な出身者[編集]

多数につき、Category:法政大学野球部の選手を参照。

プロ野球ドラフト[編集]

ドラフト年 ドラフト指名選手(ドラフト外含む)
第1回 1965年 長池徳二 阪急1位 鎌田豊 広島3位
第2回 1966年 中村之保 南海1位 里見忠士 東映3位×、河合楽器 近藤徹 サンケイ4位×、コロムビア
第3回 1967年 鶴岡泰 南海12位×、日本楽器
第4回 1968年 山本浩二 広島1位 田淵幸一 阪神1位 富田勝 巨人1位
第5回 1969年 堀井和人 南海7位 山田克己 南海8位×、大昭和製紙
第6回 1970年 野口善男 大洋1位 黒田正宏 南海6位 江本孟紀(熊谷組)東映ドラフト外
第7回 1971年 横山晴久 東映1位
第8回 1972年 長崎慶一 大洋1位 伊達泰司 ロッテ1位
第9回 1973年 上林成行クラレ岡山)近鉄3位
第10回1974年 新井宏昌 南海2位
第11回1975年 岩井靖久 大洋2位 古賀正明丸善石油太平洋クラブ1位 山本功児(本田技研鈴鹿)巨人5位 中西弘明 阪急ドラフト外
第12回1976年
第13回1977年 江川卓 クラウンライター1位× 金光興二 近鉄1位×、三菱重工広島 袴田英利 ロッテ1位 植松精一 阪神2位 島本啓次郎 巨人6位
第14回1978年 高代延博(東芝)日本ハム1位
第15回1979年 高浦美佐緒(三菱自動車川崎)大洋ドラフト外
第16回1980年 武藤一邦 ロッテ2位 佐々木正行(大昭和製紙)ヤクルト2位
第17回1981年 住友一哉(プリンスホテル)近鉄6位 福原峰夫(日本通運)阪急ドラフト外
第18回1982年 木戸克彦 阪神1位 西田真二 広島1位 田中富生 日本ハム1位 谷真一(本田技研)近鉄2位
第19回1983年 銚子利夫 大洋1位 川端順(東芝)広島1位 小早川毅彦 広島2位 池田親興(日産自動車)阪神2位
第20回1984年 秦真司 ヤクルト2位
第21回1985年 西川佳明 南海1位
第22回1986年 猪俣隆 阪神1位 高田誠 巨人3位 山越吉洋(本田技研)阪急2位
第23回1987年 若井基安(日本生命)南海2位
第24回1988年 中根仁 近鉄2位 石井丈裕(プリンスホテル)西武2位 金子誠一(本田技研)阪神3位 島田茂(日産自動車)ロッテドラフト外
第25回1989年 葛西稔 阪神1位 鈴木俊雄(日立製作所)ロッテ3位 松井達徳(日産自動車)中日4位 秋村謙宏(日本石油)広島ドラフト外
第26回1990年 瀬戸輝信 広島1位
第27回1991年 高村祐 近鉄1位
第28回1992年 大島公一(日本生命)近鉄5位
第29回1993年 諸積兼司(日立製作所)ロッテ5位
第30回1994年 稲葉篤紀 ヤクルト3位
第31回1995年
第32回1996年 副島孔太 ヤクルト5位
第33回1997年 真木将樹 近鉄1位
第34回1998年 矢野英司 横浜2位 福本誠 横浜4位 福山龍太郎 福岡ダイエー4位
第35回1999年 宮崎一彰(米独立リーグ)巨人7位 松田匡司(シダックス)阪神7位
第36回 2000年 広瀬純 広島2位 阿部真宏 近鉄4位 伊達昌司(プリンスホテル)阪神2位 開田博勝(三菱重工長崎)オリックス5位× 田中聡(米独立リーグ)日本ハム7位
第37回 2001年 浅井良 阪神自由枠 安藤優也(トヨタ自動車)阪神自由枠
第38回 2002年 後藤武敏 西武自由枠 土居龍太郎 横浜自由枠 河野友軌 横浜8巡目 北川利之(川崎製鉄水島)横浜6巡目
第39回 2003年 新里賢 近鉄5巡目 佐藤隆彦(元フィリーズ1A)西武7巡目
第40回 2004年 田中彰 オリックス5巡目 普久原淳一 中日12巡目
第41回 2005年 加藤光教 育成中日2巡目
第42回 2006年 大引啓次 オリックス大学社会人3巡目 西川明 中日大学社会人7巡目
第43回 2007年 下敷領悠太(日本生命)ロッテ大学社会人5巡目
第44回 2008年 小松剛 広島3位
第45回 2009年 二神一人 阪神1位 武内久士 広島3位
第46回 2010年 加賀美希昇 横浜2位
第47回 2011年
第48回 2012年 三嶋一輝 DeNA2位
第49回 2013年 西浦直亨 ヤクルト2位 三上朋也(JX-ENEOS)DeNA4位 山本翔也(王子)阪神5位

脚注[編集]

  1. ^ 野球体育博物館内の「戦没野球人モニュメント」に刻まれている法政出身者は23名。

外部リンク[編集]