1990年代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世紀: 19世紀 - 20世紀 - 21世紀
10年紀: 1960年代 1970年代 1980年代 - 1990年代 - 2000年代 2010年代 2020年代
: 1990年 1991年 1992年 1993年 1994年 1995年 1996年 1997年 1998年 1999年

1990年代(せんきゅうひゃくきゅうじゅうねんだい)は、1990年から1999年までの10年間を指す。

できごと[編集]

1990年[編集]

1991年[編集]

1992年[編集]

1993年[編集]

1994年[編集]

1995年[編集]

1996年[編集]

1997年[編集]

1998年[編集]

1999年[編集]

世相[編集]

世界[編集]

日本[編集]

社会[編集]

  • 暴力団以外による発砲事件が連続発生。
  • オウム真理教による一連の事件は社会に暗い影を落とし、カルト宗教に対する危険性を再認識させた。
  • サラリーマンを狙った、少年による暴行・強盗「オヤジ狩り」頻発。
  • 女子中高生の売春が話題に(援助交際)。
  • 不登校引きこもり問題が深刻化。
  • 地方都市を中心に中心市街地の空洞化と郊外化が進展。
  • インターネットのサービス開始と家庭でも使い易いパソコンの登場による情報ネットワークの普及開始。
  • 税収の減少が進む一方、地域振興のため建設されたまま活用されない施設や道路が乱立し、財政を悪化させる箱物行政の弊害が深刻に。
  • 1998年年間自殺者数警察庁発表データによる)が前年の24391人から8000人以上も急増して3万人を突破、年齢別では30代〜60代にかけて増えているが特に50代男性の自殺者の増加が顕著である。また、「経済・生活問題」が要因の自殺も増加している。職業別では無職者の割合が多いが、失業者も相当数含まれていると推測される。以降、2000年代2010年代初頭にかけて3万人以上で推移している。
  • 小中高校の学校教育においては新学力観学校週5日制の一部実施(1992年から第2土曜日1995年からは第4土曜日も休み)など、ゆとり教育が徐々に実施される。以降学力低下が問題となり、「分数ができない大学生」などの書籍が話題を呼んだ。

経済[編集]

  • バブル経済が崩壊、地価も下落した。価格破壊が一般化し、デフレが起こる。
  • いわゆる失われた10年。経済の停滞(実質経済成長率は1990年 - 2000年の10年間で平均1.5%)が続いた。
  • 1993年以降は就職氷河期が続く。中高年のリストラ解雇)も行われ、1995年以降失業率が3%を超えた。以降2000年代に入っても3%以上で推移している。
  • 円高を理由とした製造業の海外移転が進んだ。これにより、1993年以降は地方の工場の撤退・縮小が著しく増加。
  • サービス業や流通・小売業の中国への投資が本格化。

文化[編集]

前半
後半
アニメーション[編集]

スポーツ[編集]

  • 野球場グラウンドが平均的に拡大化し、室内式のプロ野球場が次々と誕生する。
  • 大相撲での力士の平均体重がピークとなり、関取はおろか幕下以下でも体重200kg前後の力士が登場するようになった。
前半
後半

テレビ・芸能界[編集]

前期(1990年から1993年)
中期(1994年から1996年)
後期(1997年から1999年)

人物[編集]

アメリカ合衆国と東西ヨーロッパ[編集]

政治[編集]

思想と哲学[編集]

文学[編集]

芸術[編集]

ファッション[編集]

映画とエンターテイメント[編集]

科学と技術[編集]

旧ソ連諸国とロシア[編集]

ラテンアメリカ[編集]

サハラ以南のアフリカ[編集]

西アジア[編集]

南アジア[編集]

東南アジア[編集]

オセアニア[編集]

中国[編集]

台湾[編集]

日本[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ なぜスーパー銭湯の乱立が起こったのか(にっぽん経営サミット 2011年1月14日/PRESIDENT 2009年9月14日号掲載)

関連項目[編集]