携帯型ゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Vg icon.svg

携帯型ゲーム(けいたいがたゲーム)は携帯可能なサイズに小型化された家庭用ゲーム機・専用ゲームソフトコンシューマーゲーム)。または、その市場全般を指す分類。携帯用ゲームともいう[1]

携帯電話ゲーム(モバイルゲーム)は含まれないことが多い。ソフト内蔵型のいわゆる電子ゲームは「含む」「含まない」に別れる場合もある。

歴史[編集]

ゲーム機を考察する上で、テレビを使用した据え置き型の「テレビゲーム」(据え置き型ゲーム)と対比させられることがある。

携帯型ゲームは、性能向上に伴い、動画・静止画鑑賞、電子ブックリーダー、インターネット閲覧(ウェブブラウザ)など、デジタルメディアプレーヤーポータブルメディアプレーヤー)の機能も持つようになった。据え置き型ゲーム機との連動・連携も図られている。

1976年アメリカにおいてマテルが『Mattel Auto Race』を発売した。これが世界初の携帯型電子ゲーム機とされる。同社が翌1977年に発売した『Mattel Football』はヒット商品となり、各社から様々な製品が登場した。その一部は日本にも輸入された他、日本国産のものも各種登場した。また1979年、メディア交換型の携帯型ゲーム機としては世界初である「Microvision」がMilton Bradley Company社から発売される。そして、1980年に発売された任天堂の「ゲーム&ウオッチ」シリーズは日本国内1,300万台と大ヒット商品となった[2]

当時の携帯型ゲームはゲームソフト自体が本体の内蔵部品に書き込まれているため、別のゲームソフトが必要になったときには本体も含めて新しいものを購入しなければならなかった。また表示装置も登場人物などの形状の点滅箇所があらかじめ決められている程度の、今から見ればごく簡易的なものだった。その後10年ほどは電子ゲームと呼ばれる、このようなタイプの携帯型ゲームが主流だった。

その流れは、1989年に任天堂が発売した「ゲームボーイ」によって大きく変わる。当時普及していたテレビゲーム機「ファミリーコンピュータ」と同様にゲームソフトを記憶したカートリッジを交換して使用でき、液晶も縦横に点を配列した方式のものを採用したことによりさまざまなゲームを遊ぶことを可能にした、携帯型ゲームの原点である(カートリッジの交換は「ゲームポケコン」が初)。この機種は、安価な本体価格の設定と、熱中度の高いゲームソフト『テトリス』の効果で売り切れが続出するほど爆発的にヒットした[2]

ソフトウェア内蔵型の携帯型ゲーム(電子ゲーム)については、1996年に、バンダイの『たまごっち』、いわゆる「ミニテトリス」といったキーホルダー大の商品が、10代の女性を中心に大ヒットし、社会現象にまで発展した。その後もハドソンの『てくてくエンジェル』、任天堂の『ポケットピカチュウ』を初めとする万歩計と一体化した機種などが発売された。

年表[編集]

(日本)

特徴と傾向[編集]

携帯用途のため本体が小型で持ち運びしやすい。自宅だけでなく外出先でも容易に利用できる。コントローラが本体に一体化している。表示装置が内蔵されている。もっぱら液晶ディスプレイが用いられる。PSPのうち、PSP-2000/PSP-3000型およびPSP goはテレビに接続し、映像を出力させることもできる。

消費電力の少ない電子部品を使用している。そのため同時期のテレビゲーム機と比較すると性能は劣るが、その差は以前よりは縮まっている。電源は電池。初期の小型機ではボタン型電池または乾電池が主流であったが、性能の向上により消費電力が増大してきたため、2000年代以降は専用のバッテリーリチウムイオン二次電池)を用いるのが主流となった(PSP goPS Vitaは本体にバッテリーが内蔵され、ユーザーの手で交換することができない)。

ゲームソフトのメディアはROMカートリッジを用いるものが多い(PSPではUMDを採用している)。ソフトがハードに内蔵されて取り替えられなかったりデータ転送で外部から読み込むなど、本体がメディアを兼ねるものもある。内蔵のメモリーカード(PSPのメモリースティック PRO Duoニンテンドー3DSSDメモリーカードなど)にデータを書き込めるのもあり、メモリーカードリーダライタパソコンを接続することでセーブデータや写真などを取り込み、バックアップできるのもある。

本体およびソフトが、同時期に発売されたテレビゲーム機と比較すると安価なものが多い。テレビゲームは家族と共同で所有しているケースも多いが、携帯型ゲームは本体・ソフトともたいてい一人で専有している。ちょっとした時間に遊ぶことが多いため、ゲームのルールや操作方法がすぐに理解できるゲームソフトが比較的多い。個人での本体やソフトウェアの専有意識があることから、通信機能を利用し、対戦やキャラクターの交換などにより、他者とのコミュニケーションをとることのできる機能を盛り込んだソフトも多い。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]