レトロゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レトロゲーム(Retro Game)とは、「古いゲーム」「昔のゲーム」といった意味で使われるが、プレイヤーの年齢によりその範囲が異なるため、世代によって多少のばらつきがある。レゲーレトゲーオールドゲーム懐ゲーなどとも呼ばれる。

概要[編集]

明確な定義が設けられているわけではなく、特に家庭用ゲーム機においては主に年代によって変化していく概念である。2003年ごろはファミコン以前を指していた。2007年ごろにはセガサターンプレイステーション1994年)より前に発売されたハードの作品を指していた。その後、特にゲーム通販サイトでは、2011年のレトロゲームに加え、セガサターン、プレイステーション、さらにはニンテンドー64やドリームキャストらを含むことがある。

なお、アメリカでは1990年代までのゲームを指している。

いくら古くても、多く現役稼働しているようなタイトル(『コラムス』など)はレトロゲームとは呼ばれないこともある。

業務用機なら1990年代初頭以前を指すことが多いが、一定ではない。 アーケードゲームの場合は、ソフトウェアとハードウェアが一体で提供されるため、ゲーム性は必ずしも再生用ハードウェア性能に依存しない。とはいえ、コントローラーを汎用のもので代替するなど、様々な工夫が求められる場合もある。

またエミュレータの形で、特に発売から年代が経過したハードに関しては、汎用のパソコンやスマートフォン上やプレイステーションポータブルでプログラムを擬似的に動かす技術がある。これらのエミュレータ技術や後述の互換機の恩恵を受け、比較的年代の古いゲームでも長期に渡って愛され続けているものが数多くある。ただし、エミュレータに関しては法的な問題点が多い。特に、ゲームの違法なアップロードおよびダウンロードによる著作権侵害の問題が懸念されている。

古いものの中には様々な実験的アイデアが盛り込められていたり新奇性を狙って作られたものがある。一方で最新技術を利用したゲームにはない素朴さやわかりやすさがあるものがある。加えて当時の人気ソフトでも安価で購入できる利点がある。こうした点から好んでレトロゲームを利用する層および利用層に向けた市場が形成されている。

古さがかえって斬新に見えることから、意図的にレトロゲームの雰囲気をねらって製作された『ロックマン9』や、架空のレトロゲームをプレイする『ゲームセンターCX 有野の挑戦状』シリーズなども製作されている。

流通[編集]

「レトロゲーム」とみなされるゲームの多くは中古品として流通している。ゲーム専門店で中古品を扱う例は1990年代以前から存在しているが、2000年代以降はゲームソフトも扱う新古書店電子商店街の台頭によって過去のゲームが安価で入手できる機会が増えた。

希少なソフトが高額で販売される一方、出荷数の多い有名作などは極めて安い価格で手に入れることができる。また、特許権の消滅によってゲーム機の互換機も発売されるようになった。過去にも海賊版として互換機は製造されていたが、正規品の生産終了及び特許権が切れたことに伴って黙認されるようになっている。

これら中古品や非ライセンス品、海賊版の売り上げは、直接的には本来ゲームを販売していたメーカーの利益とはならない。しかしメーカー側がレトロゲームを復刻(移植リメイク)販売する場合がある。一例として、ゲームボーイアドバンスでファミコンソフトを復刻した『ファミコンミニ』シリーズ、過去のゲームを有償ダウンロードし、公式のエミュレータによってプレイするWii/ニンテンドー3DS/Wii Uの「バーチャルコンソール」やPS3/PSPの「ゲームアーカイブス」、Windowsの「プロジェクトEGG」のサービスなどが挙げられる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]