鉄道シミュレーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

鉄道シミュレーター(てつどうシミュレーター、またはトレインシミュレーター)は、鉄道に関する事象をコンピューター上でシミュレーションするシステム、またはそれを用いた装置である。実写映像やコンピューターグラフィックスを用いて沿線の風景を仮想空間上に映し出し、車両の運転操作、列車の運行をはじめとした様々な要素を再現する。

本稿では教育訓練、研究開発などに使用される業務用シミュレーターと、娯楽用として用いられるシミュレーションゲームの分野に大別して解説する。

業務用シミュレーター[編集]

業務用シミュレーターには多数の種類があり、主に以下の目的で使用される。

乗務員の教育・訓練
運転士・車掌の養成や研修を行うためのシミュレーターでは、基本的な訓練に加え、実際の鉄道車両では困難な異常発生時の対処訓練が可能である[1]。運転士向けには運転台を含めた鉄道車両のモックアップ、もしくは運転台のみを模した装置が使用される。車掌シミュレーターでは旅客乗降時の安全確認・ドア開閉操作・車内放送、ならびに異常時の訓練を行う。
鉄道車両の研究・開発
運行時におけるヒューマンエラー、鉄道車両における快適性・乗り心地などの研究にシミュレーターが用いられている[2]
展示施設での展示・体験
鉄道車両の運転を体験できる一般向けの運転シミュレーターが鉄道保存展示施設を中心に設置されている。

主なメーカー[編集]

シミュレーションゲーム[編集]

シミュレーションゲームの一分野となる鉄道シミュレーションゲーム(Train simulatiuon game)は、鉄道車両を運転する運転シミュレーションTrain Simulator電車でGO!など)、鉄道会社を経営する経営シミュレーションA列車で行こうシリーズSimutransなど)が主流となっている。その他のジャンルにおいては、3D空間上で列車の走行・風景の作成に特化したRailSim、同様の趣旨で鉄道模型を題材とした鉄道模型シミュレーター(VRM)などの作品が存在する。

運転シミュレーションゲームにおいては、電車でGO!コントローラーやマルチトレインコントローラRailDriverなど、運転台を模した専用コントローラーも用意されている。

主な作品[編集]

運転シミュレーション

経営シミュレーション

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]