カジュアルゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カジュアルゲームは、コンピュータゲームの中で、簡単な操作で短い時間に楽しめるゲームの総称である。

概要[編集]

カジュアルゲームの明確な定義はないが、短時間でのプレイが可能で、ルールや操作方法も説明書を読まなくても把握できるほどシンプルな、誰にでも比較的簡単に遊べるゲーム群を指して呼ぶことが多い。なおいわゆるアイテム課金を行うものは、たとえゲームそのものがシンプルなものであってもカジュアルゲームとは呼ばない。

現在のカジュアルゲームは90年代にWindowsに付属していたゲーム群に遡ることが出来る。仕事の合間などに気軽に遊べることが大きな支持を得た。インターネットが普及するにつれカジュアルゲームを専門に扱うディベロッパーやサイトがあらわれ始め、2000年代後半から多くの支持を得て膨大な量のカジュアルゲームが製作されるようになった。2010年代に入るとタブレット等の普及がカジュアルゲームの売上げを急拡大させている。しかし、カジュアルゲームは製作費を抑えている分だけ低価格で提供されており、その反動で2014年現在、似たような内容のゲームが粗製乱造され業界として閉塞状態にある。

一方、Web上でFlash等の技術により無料で遊べるカジュアルゲームも数多い。それらはゲームに広告を入れることで、宣伝媒体としての要素も注目されている[1][2]。何より、集客の効果を期待しての無料での提供であることが多い。

ジャンル[編集]

など

昔の家庭用ゲーム機作品で人気の高かった作品の移植も多い。

日本においては特にマッチ3タブレットスマートフォンで遊ばれることが多いが、アイテム課金が前提のシステムがほとんどで、カジュアルゲームとは似て非なるものである。

世界的にはアイテム探しが最もよく遊ばれており、2014年現在では「カジュアルゲーム=アイテム探し」と言ってもよいほどである[3][4]

背景[編集]

増加には以下のような背景があるとされる。

  • ゲームに時間を割くことが難しいゲーマーが増加している。
  • グラフィックや音楽の向上、および携帯ゲーム機の高機能化により、それまでゲームをしなかった層向けに製作されている。
  • 開発側としてはゲーム開発コストがかからず、少人数かつ短期間で開発できる。

カジュアルゲームのユーザーはそれまでのゲームユーザーとは異なり女性が多いのが特徴である。アイテム探しで新規に発売されるゲームはほとんどが女性向けにアレンジされている[5]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ http://www.nikkeibp.co.jp/netmarketing/column/web_mkt/070411_iga05/
  2. ^ http://www.rbbtoday.com/news/20070410/40658.html
  3. ^ Everest: Hidden Expedition iPhone Review
  4. ^ Mystery titles, particularly hidden-object games, have become a hugely popular segment of the casual-game market
  5. ^ Casual Games Market Report 2007