ミニスケープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミニスケープ(英:miniscape)とは、コンピュータゲームにおけるジャンルの1つ。日本では一般にシミュレーションゲームの一種として扱われるが、欧米では独立ジャンルとして扱われている。英語ではconstruction and management simulation (CMS)とも呼ばれ、日本では一般的に箱庭ゲームと呼ばれている。1989年にPC用ゲームとして発売されたシムシティがジャンルの祖と思われる。

概要[編集]

限定された環境を舞台にし、主に途切れることなくゲームが進むリアルタイム進行のゲームで、プレイヤーがゲーム内の環境を操作することによって、キャラクターなどが間接的に影響を受けて自発的作業を行ったり、状況の変化をもたらすゲームを指す。その多くは町や遊戯施設、会社、あるいは都市や島といった比較的小規模な経営・育成を楽しむゲームであり、画面上を人間などのキャラクターがあたかも生活しているかの様に動き回る情景が見られることから、「ミニスケープ(小さな情景)ゲーム」と呼ばれる。

この種のゲームとしては、プレイヤーが会社を経営することによって町の経済に影響を与えて発展させていくといった純粋な経営・育成ゲームと、村や植民地を建設・経営する過程で武器生産などを行って敵勢力と戦う要素のあるリアルタイムストラテジー的側面を持つゲームの大きく二通りが見られ、その他にも少数ではあるもののプレイヤーに殆ど介入の余地が無くキャラクターの動きを観賞することを目的とする景観ソフト的なものもある。

主なミニスケープゲーム[編集]

ゲーム関係サイトなどでの分類に基づく[1]

経営・育成ミニスケープ[編集]

リアルタイムストラテジー要素のあるミニスケープ[編集]

その他(景観ソフトなど)要素のあるミニスケープ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 4Gamer.net・PCゲームワールド及び各ゲーム公式表記での分類を参考にしている。

関連項目[編集]