ローラーコースタータイクーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ローラーコースタータイクーン(RollerCoaster Tycoon)はクリス・ソイヤー(Chris Sawyer)率いる製作チームによる遊園地経営シミュレーションゲーム。または、そのシリーズ名。一般的に、頭文字を取って「RCT」と略されている(世界共通)。「タイクーン」系列の経営ゲームの中でも特に人気が高い[要出典](※タイクーンというのは、経営ゲーム一般に付される冠であって、同一のシリーズで無い点に注意)。内容はどれもローラーコースター(ジェットコースター)を中心とした遊園地経営ゲームである。また、tycoonとは日本語の"大君"が明治時代に英語になったもので、主に、英語では将軍という意味で使われる。

ローラーコースタータイクーン(1作目)[編集]

1999年リリース。世界で700万本以上を売り上げた大ヒット作。最大の特徴は、遊園地園内にプレイヤーが自由にローラーコースターを敷設出来る点にある。独自の設計で建設したコースターが、園内を縦横に駆けめぐる様を視覚的に楽しむ事ができ、視覚的変化の乏しい経営シミュレーションゲームの中にあって、本作ならではの大きな魅力となっている。また、プレイヤーが設計したコースターが人気アトラクションとなれば、コースターに鈴なりになって搭乗する乗客達の様子を眺める事ができるなど、遊園地の経営とコースター建設の楽しみが、視覚的に結びついている点も優れている。反面、借金のリスクが少ない・普通にプレーすれば入場料金が年月に比例して高くなるなど経営ゲームとしての難度は低く、各マップ毎の攻略方法にも、それほど個性は無い。どちらかと言えば、経営よりコースターの建設そのものを楽しむ事がプレイの中心となる。

ローラーコースタータイクーン2[編集]

2002年リリース。前作のゲームエンジンを改修した強化版にあたり、ゲーム内容に大きな変更点は無い。特にグラフィック素材が前作の使い回し+新規追加で構成されているため、一見目には新作とは思えないほどである。また、パークに来演する客のAI等の強化も行われていないため、プレイその物にも大きな変化を感じる点は少ない。最大の変更点は、設置可能なコースターや施設などの種類が大幅に追加されている点である。特に景観関連の強化が著しく、より凝った景観が建設可能となった。また、保存著名テーマパークグループとのタイアップにより、実在の遊園地を再現したシナリオが用意されている。シナリオエディタが付属しているので、自由な地形やクリア条件を設定する事も可能。経営面では収入を得る手段が入場料か乗り物チケット料のどちらか一方のみとなり、特に入場料が収入のマップとなるマップは難易度が高い。代わりに、前作では所持金が無くなると何も出来なくなっていた客のためにキャッシュディスペンサーが用意され、客が長居しやすくなった。ショップの数が前作の三倍以上に膨れ上がっているが、何故か大半がアジアフードの販売店になっている。

ローラーコースタータイクーン3[編集]

2004年リリース。ゲーム内容のすべての要素が一新された最新作。ゲームエンジンも完全に新規設計され、グラフィックが3D化されている。本作では、従来からのコースター設計に加え、自分の設計したコースターやパークを主観視点から、楽しむ事も出来るようになっている。本来は、このタイトルが2としてリリースされるはずだったが、開発の遅れから間をつなぐため1の強化版である2がリリースされたため、改めて3を名乗る事になった。

シリーズ[編集]

特記がないものは全作品PC用ソフトである。

発売元:Micro Prose
英語版:1999年10月発売
日本語版:2001年10月25日発売
日本語版はキッズステーション(メディアクエスト)やエレクトロニック・アーツから発売された。
  • RollerCoaster Tycoon -Corkscrew Follis (別名:Added Attractions)-
発売元:Micro Prose
英語版:1999年発売
  • RollerCoaster Tycoon -Loopy Landscapes Pack-
発売元:Micro Prose
英語版:2000年9月発売
  • ローラーコースタータイクーン ~おもしろ景観キットゴールド~
発売元:マイピック
日本語版:2000年11月10日発売
「ローラーコースタータイクーン」と「追加アトラクションキット ~遊園地再生計画~(Loopy Landscapes)」2本セット。2003年頃にサイバーフロントからも安価版として発売された。

  • RollerCoaster Tycoon(Xbox版)
発売元:Infogrames
英語版:2003年3月発売

発売元:Infogrames
英語版:2002年10月発売
日本語版:2003年7月25日発売
日本語版はメディアカイトアタリジャパンから発売された。日本語版の拡張キットは発売されなかった。
  • RollerCoaster Tycoon 2 -Wacky Worlds Expansion Pack-
発売元:Infogrames
英語版:2003年発売
  • RollerCoaster Tycoon 2 -Time Twister Expansion Pack-
発売元:Atari
英語版:2003年発売

発売元:Atari
英語版:2004年11月発売
日本語版:2005年3月25日発売
日本語版はアタリジャパンから発売された。日本語版の拡張キットは発売されなかった。
  • RollerCoaster Tycoon 3 -Soaked! Expansion Pack-
発売元:Atari
英語版:2005年6月発売
  • RollerCoaster Tycoon 3 -Wild! Expansion Pack-
発売元:Atari
英語版:2005年発売
  • RollerCoaster Tycoon 3: Gold
発売元:Atari
英語版:2005年発売
「RolleCoaster Tycoon」と「Soaked!」の2本セット。「Wild!」は含まれない。
  • RollerCoaster Tycoon 3: Platinum (別名:Deluxe Edition)
発売元:Atari
英語版:2006年発売
「RolleCoaster Tycoon」と「Soaked!」「Wild!」の3本セット。

発売元:Atari & N-Space
英語版:2012年発売

クリス・ソイヤーのその他の作品[編集]

全作品PC用ソフトである。

発売元:Micro Prose
英語版:1994年発売
  • Transport Tycoon -World Editor/Scenario-
発売元:Micro Prose
英語版:1995年発売
  • Transport Tycoon -Deluxe-
発売元:Micro Prose
英語版:1995年発売
発売元:Atari
英語版:2004年10月発売

外部リンク[編集]

脚注[編集]