ゲームボーイアドバンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゲームボーイアドバンス
Game-Boy-Advance-1stGen.png
メーカー 任天堂
種別 携帯型ゲーム機
発売日 日本の旗 2001年3月21日
アメリカ合衆国の旗 2001年6月11日
欧州連合の旗 2001年6月22日
中華人民共和国の旗 2004年6月8日
韓国の旗 2004年
CPU ARM7TDMI(16.78MHz)+Z80カスタム(4.2/8.4MHz)
対応メディア ロムカセット
対応ストレージ バッテリーバックアップ
フラッシュメモリ
コントローラ入力 内蔵
外部接続 通信ポート
ワイヤレスアダプタ
オンラインサービス モバイルアダプタGB
売上台数 日本の旗 1,696万台[1]
世界 8,151万台[1](互換ハードウェアを含む)
最高売上ソフト ポケットモンスター ルビー・サファイア
互換ハード ゲームボーイアドバンスSP
ゲームボーイミクロ
後方互換 ゲームボーイ
ゲームボーイカラー
前世代ハードウェア ゲームボーイ
次世代ハードウェア ニンテンドーDSシリーズ
テンプレートを表示

ゲームボーイアドバンスGAMEBOY ADVANCE)は、任天堂が開発・発売した携帯型ゲーム機。日本では2001年3月21日に発売された。

2003年2月14日には充電式でクラムシェル(折りたたみ)式になり、フロントライト機能がついた上位機種ゲームボーイアドバンスSPが、2005年9月13日には更に小型化し(横長デザインに戻る)、バックライト機能が追加され画面が明るくなったゲームボーイミクロが発売された。略称は「GBA」。

ゲームボーイアドバンス本体(SP、ミクロ含む)、ソフト共にすべて生産終了[2]となり、本体の公式修理サポートも終了している(カートリッジの電池交換は継続中)。

ゲームボーイアドバンスで発売された一部のゲームはWii Uの配信サービスであるバーチャルコンソールで配信されている。

概要[編集]

1989年から発売され続けて来たゲームボーイ(GB)シリーズにおいて約12年の時を経て新たに発売された後継機である。専用ソフトウェアの他にゲームボーイやゲームボーイカラー用ソフトウェアを使用することもできた。

ハードウェアの能力は同社のスーパーファミコン(SFC)を大きく上回る(1990年頃に最高の2DCG描写性能を誇っていたネオジオに近い性能)もので、2.5D(疑似3D)表現までこなせる。そのため、スーパーファミコン用として発売されていたゲームの移植やリメイクも可能になり、実際に多くの移植リメイク版ゲームが発売されている。液晶画面も応答速度が速くなっており、従来のGB用ソフトも画面の残像を排除して遊ぶことが可能となっている。

ただし、スーパーファミコンより表示画素数(解像度)は若干少なく、X・Yボタンに相当するボタンがないため、そのまま移植されたソフトは本来のゲーム画面の範囲が入りきらず、操作系も完全に再現することはできない。

Nintendo 64並みの3D描写が可能なNintendo DSの発売により、ゲームボーイシリーズ最後のメジャーアップグレードとなった。

ソフトの互換性[編集]

ゲームボーイカラー用とゲームボーイアドバンス用のカートリッジの裏面。アドバンス用のカートリッジには裏面に切り欠きがある
ゲームボーイアドバンスとニンテンドーDSのスロット比較

ゲームボーイアドバンス用のカートリッジは裏面の両側に切り欠きがあり、カートリッジスロット内のスイッチによるカートリッジ識別とCPU切り替えを行っている。なお、この切り欠きとそれに関する機構は、後にニンテンドーDSのスロットにゲームボーイシリーズのソフトがスロットに入らないようにするためにも用いられた。

ゲームボーイシリーズとは高い互換性を持ち、赤外線通信を除くゲームボーイカラーの全ての動作を継承している。不具合は一部ソフトにおける音声関連の不具合と、初期のタイトルでは若干画面が暗くなる程度である。赤外線通信に重点を置いた『ちっちゃいエイリアン』は起動できない仕様、戦闘時に赤外線通信を使う『ぞくぞくヒーローズ』は進行不能となっているが、他の赤外線通信対応ソフトは、基本的に通常通りのプレイが可能である。一部のゲームボーイカラー用ソフトにはソフトウエア側にハードウエアを識別する機能があり、ゲームボーイアドバンスで起動するとゲームボーイカラーとは異なる動作をするものがある(ゼルダの伝説 ふしぎの木の実など)。

なお、ゲームボーイ・ゲームボーイカラー用ソフトで通信機能を使う場合、通信ケーブルは旧型のものを用意しなければならない。

ゲームボーイアドバンス用ソフトはゲームボーイ・ゲームボーイカラー用ソフトに比べて一辺が短く、それまでのゲームボーイなどのスロットに入れたとしても電気的につながらなくなっている。また、ネジ形状が変更されている。ゲームボーイ・ゲームボーイカラー用ソフト使用時に、LおよびRボタンによる画面サイズの変更(画像を横に引き伸ばす)機能が追加されている。

通信機能[編集]

GBA2台とGBASP1台、GC1台による4人対戦接続

GBA用通信ケーブルの両端には大きさの違う2つのプラグがあり、小さい側のプラグが若い番号のプレイヤーになるという指向性がある。 この指向性は通信プレイにおけるプレイヤーの識別の他、1カートリッジ対戦対応タイトルでは1P側の本体(小さいプラグが接続されている本体)から他の本体へとデータを送ることになるという特徴がある。なお、ケーブルの中間には小さい側のプラグが収まるサイズのコネクタのついたボックスがあり、ここに別のケーブルをつなぐことで最高4人までの通信プレイが可能。

また、カートリッジを入れずに起動した場合、通信端子からのデータ転送待ち状態となる。GBA用カートリッジを入れて起動しても、ロゴ表示の間にSELECTとSTARTを押せば同様の状態になる。この状態はキー操作により取り消すことが可能。この時に通信端子からデータが入った場合にはそれを受信し、受信したプログラムを起動する。これにより対応ソフトではカートリッジ1本での対戦プレイが可能。

また、同様の原理でGBAケーブルという周辺機器を通し、ニンテンドーゲームキューブ用コントローラとして機能させることも可能で、ゲームボーイプレーヤーを接続した場合にGBA本体のみでプレイするのと同じ操作感覚でテレビ画面上でプレイすることも可能。また、ソフト自体にニンテンドーゲームキューブとの通信機能があるタイトルもある。

ゲームボーイカラー同様、モバイルアダプタGBによる携帯電話との接続が可能である。ただしメーカー側のサービスが全て終了したため現在ではごく限られたソフトでP2P通信のみ行える。

仕様[編集]

  • CPU:32ビットCPU (ARM7TDMI16.78MHz) と8ビットCPU(カスタムZ80、4.2/8.4MHz)のデュアル構成。動作モードによる排他使用。
  • RAM:32kバイト(CPU内部メモリ)
  • WRAM:256kバイト(CPU外部メモリ)
  • VRAM:96kバイト(CPU内部メモリ)
  • 表示画素数:240×160ドット
    • ゲームボーイカラー以前のソフト(160ドット×144ライン)では周囲に空白が出来るが、LRボタンを押すことで横長に拡大表示することも可能。
  • 表示色数:32768色
  • SHARP製2.9インチ反射型TFTカラー液晶を搭載。
    • 初期のロットでは液晶が暗め。
  • サウンド:アナログ(パルス波2ch+波形メモリ1ch+ノイズ1chの音源、従来機と同様)+デジタル(PCMPWM・ソフトウェアPCM多チャンネル合成) ) )2ch
  • サウンド出力:スピーカー(モノラル)、ヘッドホン端子(ステレオ)
  • ゲームボーイと同様の十字キー、A・Bの2ボタン、セレクトボタン、スタートボタンを搭載し、新たにLRボタンを追加。
  • 単3アルカリ乾電池2本で約15時間、専用バッテリーパック (AGB-003) では約10時間稼動可能。なお、単3マンガン乾電池でも起動するが消費電力の関係上、取扱説明書でアルカリ電池の使用を推奨している。

その他[編集]

任天堂の発表によれば、2007年3月末までに、ゲームボーイアドバンスとゲームボーイアドバンスSP、ゲームボーイミクロを合わせて世界で7946万台(うち日本で1666万台)が出荷された。

非公式ながらも、通信ポートを利用してPCと接続するケーブルや、これを利用したソフト開発ツールが存在しており、これらを利用した個人制作のプログラム同人ゲームの開発も行われている。またUNIX USER誌ではgccを利用したGBAアプリケーションの開発方法についての短期連載が行われ、単行本化している。これはARMアーキテクチャという汎用的なCPUを採用したことや、実装上有用な命令を本体側に実装してあることが一般人による開発を助けていると言える。なおGBAではかなり早い段階でハードウェアに関する資料が流出していたようで、実機が発売される前からエミュレータの開発が進められ、インターネット上に公開された。

2004年12月2日発売のニンテンドーDSが大ヒットとなった事を受け、ゲームボーイシリーズはこのゲームボーイアドバンスをもって次世代機開発の見通しは無く、2006年E3において「ゲームボーイアドバンスの後継機(新型ゲームボーイ)はしばらく無い」との発表がされた。日本において2006年以降発売のGBAソフトは、DS発売前より開発が進められていたものや他機種よりの移植作品がほとんどだった。2006年4月20日に発売され40万本を販売した『MOTHER3』が最後のヒット作となり、以降発売されたGBAソフトでこれを上回る販売本数のものはない。

任天堂を含む多くのメーカーはDS用ソフトに注力し、またユーザーも次々とDSに移行し、携帯ゲーム機としてはDSが実質上「新型ゲームボーイ」「ゲームボーイアドバンスの後継機」になった。日本国内においては2006年8月3日発売の『リズム天国』が任天堂最後のGBAソフト、2006年11月30日発売の『ファイナルファンタジーVIアドバンス』(スクウェア・エニックス)がGBA最後のソフトとなった。但し、日本国外ではその後も少数ながらソフトが発売され、日本でも輸入販売サイトなどで購入が可能である。

ニンテンドーDSおよびDSLiteではGBAソフトの互換機能を備えていたが、2008年11月1日発売のニンテンドーDSi以降は廃止となった。

カラーバリエーション[編集]

オリジナルカラー
バイオレット(2001年3月21日 - )
ホワイト(2001年3月21日 - )
ミルキーブルー(2001年3月21日 - )
ミルキーピンク(2001年4月27日 - )
オレンジ(2001年12月14日 - )
ブラック(2001年12月14日 - )
ゴールド(2002年9月27日 - )
シルバー(2002年9月27日 - )
トイザらスオリジナルカラー
ミッドナイトブルー(2001年10月4日 - )
ポケモンセンターオリジナルモデル
スイクンブルー(2001年3月21日 - )
セレビィグリーン(2001年7月21日 - )
ポケモンセンターNYバージョン(2001年11月16日 - )
ラティアス・ラティオスバージョン(2002年7月5日 - )
ダイエー限定モデル
クリアオレンジ&クリアブラック(2001年9月29日 - )
イトーヨーカドー限定モデル
ジャイアンツバージョン(2001年10月3日 - )
ロックマンカスタムセット(同梱・バトルネットワーク ロックマンエグゼ2)(2001年12月14日-)
ジャスコ限定モデル
マリオBros.バージョン(2001年11月29日 - )
TSUTAYA限定モデル
シルバー(2001年12月1日 - )
ゲームソフト同梱限定モデル
リフレクトピンク(ハローキティコレクション ミラクルファッションメーカー)(2001年10月19日 - )
KOF仕様クリアブラック(THE KING OF FIGHTERS EX NEO BLOOD)(2002年1月1日 - )
chobits仕様クリアブルー(ちょびっツ for Gameboy Advance アタシだけのヒト)(2002年9月27日 - )
日本国外限定モデル
Limited Edition プラチナ
TARGET Exclusive レッド

ゲームソフト[編集]

周辺機器[編集]

型番 名称 備考 価格
AGB-001 ゲームボーイアドバンス 本体 8,800円
AGB-002 ゲームボーイアドバンス専用カートリッジ カートリッジのみの販売はない
AGB-003 バッテリーパック セットで販売、バッテリーパックはウェーブバードにも対応。エネループ等のニッケル水素電池やニカド電池は社外品という扱いである為、使用しない様にと説明書に記述がある。 3,500円
AGB-004 チャージャ
AGB-005 通信ケーブル GBAソフト専用 1,400円
AGB-006 赤外線通信アダプタ ワイヤレスアダプタとは異なる。

サイバードライブゾイド 機獣の戦士ヒュウ』に同梱

9,980円
AGB-007 バッテリーケース バッテリーパックとセット
AGB-008 電源接続ユニット セットで販売 1,500円
AGB-009 ACアダプタ
AGB-010 カードeリーダー 5,800円
AGB-013 動きセンサーカートリッジ ヨッシーの万有引力』などに使用
太陽センサーカートリッジ ボクらの太陽シリーズ』に使用 4,980円
AGB-014 カードeリーダー+ 4,800円
AGB-015 ワイヤレスアダプタ 2,000円
AGB-016 6pin保護カバー ゲームボーイアドバンスSPでカードeリーダー+を使用する際に使用
AGB-019 回転センサーカートリッジ まわるメイド イン ワリオ』に使用 4,800円
AGB-021 振動カートリッジ スクリューブレイカー 轟振どりるれろ』に使用 3,800円
AGB-023 GBAクリーナー GBA端子をクリーニングする道具。

「ニンテンドーDSシリーズ専用 クリーナーセット」に同梱。

1,000円

※AGB-001は2002年2月1日に価格改定、発売当時は9,800円(税別)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 任天堂株式会社 連結販売実績数量推移表 (PDF)” (日本語). 任天堂. 2014年1月29日閲覧。
  2. ^ [1]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]