エヌディーキューブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エヌディーキューブ株式会社
ND CUBE Co.,Ltd.
Seiroka gardens.jpg
東京本社が入居する聖路加タワー
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
104-0044
東京都中央区明石町8番1号
聖路加タワー46階
設立 2000年3月1日
業種 その他製品
事業内容 コンピュータ、通信機器、電子ゲーム機器等を利用したソフトウェア及び情報通信システムの企画、設計、開発、制作
代表者 代表取締役社長 遠藤 英俊
資本金 4億8,375万円
主要株主 任天堂株式会社 96%[1]
外部リンク http://www.ndcube.co.jp/
テンプレートを表示

エヌディーキューブ株式会社: ND CUBE Co.,Ltd.)は、コンピューターゲームソフトウェアおよびコンテンツ開発を主な事業内容とする日本の企業。

概要[編集]

2000年3月1日に任天堂電通の出資により「エヌディキューブ株式会社」として設立。2002年、「エヌディーキューブ株式会社」に商号変更。2001年にはエイベックスグループやギャガ・コミュニケーションズベネッセコーポレーションなども出資し主要株主となっていたが、2010年8月時点において任天堂が発行済み株式の96%を保有し[1]連結子会社となっている。

ゲームボーイアドバンス(GBA)用ソフト『F-ZERO FOR GAMEBOY ADVANCE』、『どこでも対局役満アドバンス』(いずれも任天堂発売)などを開発した。2002年にはPCゲーム会社のメディアカイトと協力し、ニンテンドーゲームキューブ用ソフト『Pool Edge』、GBA用ソフト『CARD PARTY』(いずれもメディアカイト発売)の開発に当たった。当時の主要スタッフは退社後ライノスタジオを設立し『AFRIKA』(PS3)などを開発。

その後、ハドソン社長を2008年に退任した遠藤英俊が代表取締役に就任。ハドソンでマリオパーティシリーズの開発に携わったスタッフの一部を中心に北海道札幌市に札幌本社を設置。東京と北海道の2本社体制になり、『Wii Party』やマリオパーティシリーズの開発を行っている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 社長が訊く『Wii Party』 1. パーティゲームをつくり続けてきたメンバーで”. 任天堂 (2010年8月5日). 2012年4月7日閲覧。

外部リンク[編集]