加納誠 (任天堂)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

加納 誠(かのう まこと、1950年10月30日[要出典] - )は、日本ゲームクリエイター京都府出身[要出典]。元任天堂クリエイティブ課(現在の情報開発本部)所属。任天堂社長室所属[1]

Mr.ゲーム&ウォッチのデザイナーとしても知られる[1]

略歴[編集]

1972年に任天堂に入社[1]。開発第一部でゲーム&ウオッチなどのゲーム開発に携わる[1]1980年には横井軍平出石武宏岡田智らと共にゲーム&ウオッチの開発に携わり、加納はその先頭に立った[要出典]。後に大乱闘スマッシュブラザーズシリーズに登場するMr.ゲーム&ウォッチを作り出したのも加納によるものである[1]

代表作は『カエルの為に鐘は鳴る』や『スーパーメトロイド』。2000年の『ポケモンスタジアム金銀』(NINTENDO64)を最後に長らくソフトウェア開発を行っていなかったが、2011年配信の『引ク押ス』より現場復帰した。

主な作品[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]