任天堂情報開発本部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
任天堂 > 任天堂情報開発本部
任天堂情報開発本部
Nintendo Entertainment Analysis & Development
Nintendo.svg
種類 任天堂の開発部門
略称 情開本部、EAD
本社所在地 郵便番号:601-8501
京都府京都市南区上鳥羽鉾立町11番地1
北緯34度58分11秒 東経135度45分22.3秒 / 北緯34.96972度 東経135.756194度 / 34.96972; 135.756194座標: 北緯34度58分11秒 東経135度45分22.3秒 / 北緯34.96972度 東経135.756194度 / 34.96972; 135.756194
設立 1983年昭和58年)9月30日
業種 その他製品
事業内容 任天堂が販売する家庭用ゲーム機器向けソフトウェアの開発
代表者 宮本茂(本部長・代表取締役専務
従業員数 500人以上
関係する人物 手塚卓志(統括)
外部リンク www.nintendo.co.jp
テンプレートを表示

任天堂情報開発本部(にんてんどうじょうほうかいはつほんぶ、: Nintendo Entertainment Analysis & Development)は、宮本茂専務取締役が本部長を務める、任天堂最大のゲームソフト開発部門である。『スーパーマリオシリーズ』や『ゼルダの伝説シリーズ』など、任天堂の主要なタイトルがここで製作されている。もともとは宮本茂や手塚卓志らによって立ち上げられたデザイナー集団「クリエイティブ課」を前身としている[1][2]

情報開発本部は大きく分けて制作部、東京制作部、情報開発管理部、技術制作部から構成されており、ゲームソフトは制作部の5つのグループと東京制作部の2つのグループによって作られている[3][4]

制作部組織構成[編集]

包括的な開発グループ[編集]

宮本らを筆頭とした、グループを横断した開発が行われることもある。そうでないグループごとの開発であっても宮本らの関与はある。

制作部第1グループ[編集]

主な担当作品:nintendogsシリーズ、マリオカートシリーズ

制作部第2グループ[編集]

主な担当作品:Touch! Generationsの「Wii○○」シリーズ、どうぶつの森シリーズ

制作部第3グループ[編集]

主な担当作品:ゼルダの伝説シリーズ

制作部第4グループ[編集]

主な担当作品:ピクミンシリーズ、New スーパーマリオブラザーズシリーズ、古いタイトルのリメイクや移植など

制作部第5グループ[編集]

主な担当作品:Wii Fitシリーズなど

東京制作部第1グループ[編集]

主な担当作品:ゼルダの伝説シリーズのリメイクなど

東京制作部第2グループ[編集]

主な担当作品:3Dマリオシリーズなど

制作部サウンドグループ[編集]

その他の関連人物[編集]

現在の所属者[編集]

出身者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]