光線銃シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファミリーコンピュータ > 光線銃シリーズ

光線銃シリーズ(こうせんじゅうシリーズ)は、任天堂より発売された光を用いた射撃玩具。考案者はゲーム&ウオッチ等を手掛けた横井軍平

歴史[編集]

NES専用光線銃「Zapper」にスコープを取り付けた状態

1970年に発売された光線銃光線銃SPシリーズは、太陽電池をセンサーの代わりに組み込んだ標的を銃口から発する光をあてて撃つというシンプルな玩具であったが、そのハイテクなイメージとバネ仕掛けで吹き飛ぶビール瓶や鳴き声を挙げるライオンの壁掛けなど様々なリアクションをするバリエーション豊かな標的が人気を集め、その年の玩具の売り上げトップを記録するほどの大ヒット商品となった。

1973年、光線銃の技術を用いた大型レジャー施設『レーザークレー』が販売され、ブームが去ったボウリングに代わる娯楽として脚光を浴びた。翌年には西部劇を題材とした『ワイルドガンマン』等の業務用射撃ゲームも作られた。各地にレーザークレー射撃場を置いたが、第一次オイルショックの影響ですぐに客足は遠のき、レーザークレーシステムに社運をかけていた任天堂は多額の負債を背負うこととなった。

1976年には、カメラストロボに使用されるキセノンランプを用いることにより100メートル以上の射程距離を実現した光線銃カスタムシリーズが登場。標的もさらに趣向を凝らし、人形内に通した糸にテンションをかけたり緩めたりすることで撃たれた際に崩れ落ちるように倒れる様を再現した『光線銃カスタムガンマン』などが発売された。さらにその翌年にはプロジェクタによって壁に投影されたカモを撃ち落とす『ダックハント』も発売されたが、これらは玩具としては高価になりすぎたため、カスタムシリーズや『ダックハント』は SPシリーズのようなヒット作とはならなかった。

任天堂は、光線銃SPのヒットがきっかけとなってエレクトロニクス技術を用いた玩具の開発に力を注ぐようになったが、その後の商品展開は決して順調とはいえず、逆に大きな負債を抱え込むこともあった。しかしながら、その後もエレクトロニクス技術の習得とそれを用いた玩具の開発・販売を続け、それが大ヒットとなったゲーム&ウオッチファミリーコンピュータ(以下、ファミコン)の成功に繋がっていった。

その後、『ワイルドガンマン』等の一部の光線銃ゲームは、後にファミコン用ゲームという新たな形で登場することとなった。

ファミリーコンピュータ用光線銃シリーズ[編集]

1984年にファミコン上でガンシューティングゲームを再現するための光線銃型コントローラ「ガン」及び専用ゲームソフト光線銃シリーズの名で発売された。トリガーを引くとゲーム画面がターゲットの位置のみ白く表示される識別用の画面に切り替わり、銃口のセンサーがこれを感知して命中判定を行う。この識別用画面の表示は一瞬のため、人間の目には画面がちらつく程度にしか認識されない。

1985年にはNintendo Entertainment Systemでも発売された。ダックハントや光線銃がNES本体に同梱されるバージョンがある。また、任天堂VS.システムの海外版でもこれを使用したタイトルが発売されている。

当時のファミコン最初期のラインナップのうち通常のゲーム(『ドンキーコング』、『マリオブラザーズ』、『ポパイ』など)は、難易度別に初心者向けのGAME Aと上級者向けのGAME Bがスタート時に選択できるが、光線銃シリーズはそれに加えてGAME Cがあり、AやBとは違うルールのゲームを遊べるようになっていた。

光線銃シリーズゲームソフト[編集]

日本国内では以下の3タイトルのソフトウェアが発売されたが、これ以降はサードパーティーを含めても光線銃対応のゲームは発売されなかった。

ワイルドガンマン
発売日:1984年2月2日(FC)
上述の業務用『ワイルドガンマン』をファミコン上で再現したもの。光線銃本体と同時に発売され、同梱のセットにはクイックドロー(腰に装着したホルスターから銃を素早く引き抜いて構えること)のための専用ホルスターが付属していた。GAME Aは一人の敵と対戦する。FIREという敵の掛け声と共に銃を発射する。撃たれた敵は倒れるが、時には帽子が飛んでハゲ頭が見えたりパンツがずり落ちるなどのコミカルな所作も見せ、殺伐とした雰囲気にならないような演出となっている。撃つタイミングが遅れて敵に撃たれたり、FIREの前に撃ってしまうとミスとなる。ゲーム説明書ではホルスターから銃を引き抜くように推奨していた。GAME Bは左右に2人の敵が出て来て、別々のタイミングでFIREが発せられる。GAME Cは酒場のいくつかの窓に次々と現れる敵を撃つ。映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』でも使用された。
ダックハント
発売日:1984年4月21日(FC)2014年12月24日Wii Uバーチャルコンソール
上述の玩具『ダックハント』をファミコン上で再現したもの。もう一人がカモをコントローラーで操作したり、カモ撃ちの他にクレー射撃を行うこともできる。GAME Aはカモが1匹、GAME Bはカモが2匹現れる。弾は3発あり、3発以内にカモを仕留める必要がある。カモを仕留めると、猟犬がカモを拾い上げて得点となる。弾をすべて撃ち損なうか時間が経つとカモが逃げて行き、犬に笑われてしまう。ラウンド内に規定数のカモを仕留めればラウンドクリアとなる。次のラウンドではカモの動きが速くなり、また仕留める規定数も上がる。GAME Cはクレー射撃である。海外では『スーパーマリオブラザーズ』と一緒になったお徳用カセットが、NES本体にバンドル(付属)されていたこともあり、ビデオゲーム売り上げ本数世界第5位を誇る人気ソフト。
また、優秀な射撃訓練ツールになりうるという事で、アメリカ陸軍が『多目的戦闘シミュレータ』の名目で限定的に導入したこともある。導入の際にコントローラの形状をM16小銃に改め、ターゲットをカモから人型のシルエットに変更するなどの、一部仕様の改変が加えられている。
  • 2014年に発売された『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』に隠しキャラクターとして本作の犬とカモがタッグを組み「ダックハント」名義で参戦している。クレー射撃や前述のワイルドガンマン、後述のホーガンズアレイのトリックショット等が必殺技のモチーフとして使われていたり、スマッシュ攻撃や一部必殺技は光線銃による「誰か」の射撃攻撃である(フィギュアの解説文より。参戦PVではテレビの前でザッパーを撃つ人物が描写された)など、光線銃シリーズ全体を代表するキャラとして設定されている。最後の切り札はカモの大群で相手を連れ去り、ホーガンズアレイのパネルや空き缶と一緒に並べた所をワイルドガンマンのギャング達が一斉射撃するという光線銃シリーズの歴代キャラクター総登場のビジュアル技「光線銃セット」。
また、これ以前にシリーズ2作目の『大乱闘スマッシュブラザーズDX』ではカモがフィギュアとして登場している。
ホーガンズアレイ
発売日:1984年6月21日(FC)
現れるパネルの中から瞬時にギャングを判別し、射撃するゲーム。パネルは他に警察官、市民(女性、教授)が登場する。GAME Aではパネルの出る場所が常に3カ所に固定されている。GAME Bでは画面が上下に区切られた市街地のビルの窓や隙間からパネルが現れる。他にGAME Cでは空き缶をトリックショットで落とさずに移動させるゲームもある。

関連商品[編集]

関連項目[編集]