田邊賢輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
たなべ けんすけ
田邊 賢輔
生誕 1963年1月26日(51歳)
大阪府
出身校 大阪芸術大学
職業 ゲームクリエイター
任天堂企画開発本部 統括

田邊 賢輔(たなべ けんすけ、1963年1月26日 - )は、日本ゲームクリエイター任天堂企画開発本部 統括。大阪府出身。血液型はA型。

略歴[編集]

映像関係の仕事に興味を持ち、大阪芸術大学芸術学部映像学科に入学。

大学卒業後の1987年、任天堂に入社。当初は情報開発部(後の情報開発本部)に所属し、宮本茂のもとでゲーム開発に携わる。最初に手がけたゲームは『ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島』(ファミコンディスクシステム)で、ゼルダの伝説シリーズにおいては、シナリオまで含めた演出を担当する。

その後、しばらく出社しない状況に陥った所、「外注作品を担当してみたらどうか」と持ちかけられ、以降は外注担当のクリエイターとして活動する。

2004年に新設された企画開発本部へ異動。第3グループで外注作品のプロデューサーを数多く務めている。
外注の担当は、レトロスタジオ(『メトロイドプライム』シリーズ)やネクストレベルゲームズ(『マリオストライカーズ』シリーズなど)など海外のメーカーや、スキップ(『ちびロボ!』シリーズなど)やバンプール(『もぎたてチンクルのばら色ルッピーランド』とその系譜)など癖の強いゲームソフトを作る会社といった、特殊な作品に携わることが多い。
田邊自身も、「外注作品で自社の大作に対して勝つことはできないので、それならば任天堂らしさよりも、それまで無かったような斬新さを売りにしたゲームを作っていこうと思っている」という旨の発言をしている[1]

企画から発売まで12年以上かかった『MOTHER3』には、糸井重里酒井省吾とともに企画開始当初から関わっており、任天堂側の中心人物としては唯一である。NINTENDO64からゲームボーイアドバンスにかけて開発元やスタッフが変更されたが、上記のように田邊は外注担当であるため企画開発本部第3グループの代表として参加し続けることとなり、開発の主導的役割を果たした。

人物[編集]

ゲーム製作者でありながら、ゲームはほとんどしない。好きなものはギターと洋楽。

映像作品はヒーローものが好きで、『ちびロボ!』ではガッチャマンのオマージュとして「ギッチョマン」を作ってもらった[2]、『キャプテン★レインボー』では主人公の変身ポーズを自身がプロデューズした[3]、といったエピソードも存在する。

現在の仕事分野に興味を持たせたのは手塚治虫だと答えている。

作品[編集]

脚注[編集]

関連記事[編集]

外部リンク[編集]