とっとこハム太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

とっとこハム太郎』(とっとこハムたろう)は、河井リツ子による漫画絵本作品。および、それを原作としたアニメ作品。

概要[編集]

ハムスターハム太郎(ハムたろう)とその周辺の人々およびハムスターのお話(なお、原作の漫画・絵本ではハム太郎は1匹ではなく、複数のハムスターの名前であり、それぞれ飼い主も違う。こちらを参照)。

小学館の各誌に連載されている。

1997年に当時の『小学二年生』編集長の黒川和彦が子供に人気のハムスターを主人公とした作品を連載することを思いつき、作者として実際にハムスターを飼っている河井リツ子が抜擢された。同年4月号の『小学二年生』で連載が開始。アニメ化以前のタイトルは「とってもハム太郎」だった[1]

人気の高さから、翌年以降も連載されることとなった。1999年にはさらに人気を高めるため、小学館社内に「とっとこ委員会」を設置、メディアミックスによって大々的に本作を売り出すことになった。アニメの放送より早く、同年夏に放映された「小学一年生」のテレビコマーシャルにハム太郎が登場している。

2000年7月7日にテレビ東京系列でアニメの放送が始まると、平日(金曜日)6時台のアニメ番組としては異例の10%もの視聴率を記録、その人気は小学校就学前の幼児にまで広がった。そして、翌2001年には『ドラえもん』や『ポケットモンスター』と肩を並べる人気キャラクターにまで成長した。

しかし、アニメ枠の移動と後番のバラエティ番組『ロンブーの怪傑!トリックスター』の開始に際して、2006年3月31日をもって金曜夜での放送は終了した。地方局での遅れネットも順次終了し、ほとんどの局で後継番組として『きらりん☆レボリューション』へ交代となった。新シリーズ『とっとこハム太郎は〜い!』は『のりスタは〜い!』(現在の『のりスタE-ネ!』)内の1コーナーに縮小されて放送されていた。(一部の独立UHF局でも放送されている)2008年3月26日をもって終了したが、2011年4月から『とっとこハム太郎 でちゅ』のタイトルで再放送を開始している。なお三重テレビでは旧作と『トリックスター』との両方が放送されている一方、『のりスタは〜い!』は放送されていない。

キャラクターとしてのハム太郎[編集]

漫画・絵本ではハム太郎は1匹ではなく、複数のハムスターの名前である。

  1. 「ゆかりちゃん」に飼われているハム太郎。別名、元祖ハム太郎。小学館ワンダーランドブックス・ぴっかぴかコミックス『とっとこハム太郎』『とっとこハム太郎 その2でちゅ』の主人公。「小太郎」(雄)と「花子」(雌)の間に生まれた8匹のハムスターの中の1匹。
  2. 1.のハム太郎と、「もも」(雌)との間に生まれたハム太郎ひまわりの花を探しに冒険の旅に出た。
  3. 1.および2.のハム太郎の子孫で、西暦2086年に生息するハム太郎。小学館ワンダーランドブックス『とっとこハム太郎 大ぼうけんでちゅ』の主人公。
  4. 1.の子供の「ハム助」(雄)と「だんご」(雌)の間に生まれたハム太郎。あっくん(楠本あつし)のおじいさんが経営するペットショップにて12匹の「ハムちゃんず」と暮らす。小学館ワンダーランドブックス『とっとこハム太郎 ハムちゃんずでございまちゅ』(1 - 3)、ぴっかぴかコミックス『とっとこハム太郎 ハムちゃんず』(1 - 3)の主人公。アニメ版『とっとこハム太郎』のハム太郎の元になっている。
  5. 1.の子供の「ハム吉」(雄)と「ハム菜」(雌)の間に生まれたハム太郎。1匹だけ迷子になり、「あいちゃん(安藤あい)」に助けられた。小学館ワンダーランドブックス『とっとこハム太郎 あいしてるでちゅ』の主人公。
  6. 1.の子供の「さくら」(雌)と「菊正宗」(雄)の間に生まれたハム太郎。「あんなちゃん」の家で生まれた。絵本『ハム太郎のとっとこえほんでちゅ』(1 - 2)の主人公。
  7. 森の中で暮らすハム太郎。1. - 6.との血縁関係はない。12匹のハムスターの子供をもつ父親である。単行本未収録作品の主人公。

ゲームソフト[編集]

任天堂より発売。
2000年9月8日に3,800円で発売。
  • とっとこハム太郎2 〜ハムちゃんず大集合でちゅ〜(ゲームボーイカラー)
2001年4月21日に3,800円で発売。
2002年5月31日に4,800円で発売。
  • とっとこハム太郎4 〜にじいろ大行進でちゅ〜(ゲームボーイアドバンス)
2003年5月23日に4,800円で発売。
  • とっとこハム太郎 〜ハムハムスポーツ〜(ゲームボーイアドバンス)
2004年7月15日に4,571円で発売。
  • とっとこハム太郎 ナゾナゾQ 雲の上の?(ハテナ)城 (ニンテンドーDS
2005年12月1日に4,571円で発売。
マーベラスエンターテイメントより発売。
  • とっとこハム太郎は〜い ハムちゃんずのハムハムチャレンジ! あつまれは〜い!(ニンテンドーDS)
2007年3月15日に4,800円で発売。

各種記録[編集]

  • 書籍売り上げ
    • 890万部(77点、2002年12月時点)[2]
  • ビデオ売り上げ
    • 202万本(2002年12月時点)[2]
  • CD(コロムビア)の売り上げ
    • シングル20万枚(4枚計、2001年6月時点)[3]
    • アルバム15万枚(2001年6月時点)[3]
    • 合計35万枚(2001年6月時点)[3]
  • ゲームソフト売り上げ
    • 「とっとこハム太郎」「とっとこハム太郎2」の合計で100万本[3]
    • 「とっとこハム太郎2〜ハムちゃんず大集合でちゅ〜」は、2001年のゲームソフト売り上げ年間13位[4]
    • 「とっとこハム太郎3〜ラブラブ大冒険でちゅ〜」は、2002年のゲームソフト売り上げ年間38位[5]
  • キャラクター商品数
    • 5000品目(2002年12月時点)[2]
  • キャラクター商品の売上額
    • 4500億円(2002年12月時点)[2]

脚注[編集]

  1. ^ 夏目房之介ほか著NTT出版『マンガの居場所』63ページ。ISBN 9784757150393
  2. ^ a b c d 「クリーンヒット!・小学館 とっとこハム太郎」『朝日新聞』2002年12月14日付朝刊、be週末5面。
  3. ^ a b c d 「売れるキャラクター、『ハム太郎』旋風」『日経流通新聞』2001年6月2日付、1面。
  4. ^ 電撃オンライン
  5. ^ 『週刊ファミ通』2003年1月24日号

関連項目[編集]

外部リンク[編集]