ヒマワリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒマワリ
Sunflower sky backdrop.jpg
ヒマワリ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : キク亜綱 Asteridae
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
亜科 : キク亜科 Asteroideae
: ヒマワリ属 Helianthus
: ヒマワリ H. annuus
学名
Helianthus annuus L.
和名
ヒマワリ(向日葵)
英名
Sunflower

ヒマワリ向日葵学名Helianthus annuus)はキク科一年草である。日回りと表記されることもあり、また、ニチリンソウ(日輪草)と呼ばれることもある。

種実を食用や油糧とするため、あるいはを花卉として観賞するために広く栽培される。また、ヒマワリは季語でもある。

花言葉は「私はあなただけを見つめる」。

特徴[編集]

原産地は北アメリカ。高さ3mくらいまで生長し、夏にかなり大きな黄色の花を咲かせる。

大きな1つの花のように見えるが頭状花序と呼ばれ、多数の花が集まって1つの花の形を作っている。これは、キク科の植物に見られる特徴である。外輪に黄色い花びらをつけた花を舌状花、内側の花びらがない花を筒状花と区別して呼ぶ場合がある。

和名の由来は、太陽の動きにつれてその方向を追うように花が回るといわれたことから。ただしこの動きは生長に伴うものであるため、実際に太陽を追って動くのは生長が盛んな若い時期だけである。若いヒマワリの茎の上部の葉は太陽に正対になるように動き、朝には東を向いていたのが夕方には西を向く。日没後はまもなく起きあがり、夜明け前にはふたたび東に向く。この運動はつぼみを付ける頃まで続くが、つぼみが大きくなり花が開く頃には生長が止まるため動かなくなる。その過程で日中の西への動きがだんだん小さくなるにもかかわらず夜間に東へ戻る動きは変わらないため、完全に開いた花は基本的にを向いたままほとんど動かない。なお、これは茎頂に一つだけ花をつける品種が遮るもののない日光を受けた場合のことであり、多数の花をつけるものや日光を遮るものがある場所では必ずしもこうはならない。北海道の標準播種期は5月上旬であり、霜や氷点下の気温にも耐性はある[1]

種は長卵形でやや平たい。種皮色は油料用品種が黒色であり、食用や観賞用品種には長軸方向にの縞模様がある。

歴史[編集]

ヒマワリの原産地は北アメリカ大陸西部であると考えられている。既に紀元前からインディアンの食用作物として重要な位置を占めていた。1510年スペイン人がヒマワリの種を持ち帰り、マドリード植物園で栽培を開始した。マドリード植物園はダリアコスモスが最初に栽培されたことでも有名である。

ヒマワリがスペイン国外に持ち出されるまで100年近くを要し、ようやく17世紀に至りフランス、次にロシアに伝わった。ロシアに到達してはじめて、その種子に大きな価値が認められた。
正教会大斎の40日間は食物品目の制限による(ものいみ)を行う。19世紀の初期にはほとんど全ての油脂食品が禁止食品のリストに載っていた。しかしヒマワリは教会の法学者に知られていなかったのか、そのリストにはなかったのである。こうした事情から、正教徒の多いロシア人たちは教会法と矛盾なく食用可能なヒマワリ種子を常食としたのであった。そして、19世紀半ばには民衆に普及し、ロシアが食用ヒマワリ生産の世界の先進国となったのであった。

日本には17世紀に伝来している。

生産[編集]

種ができる頃のヒマワリ

OIL WORLD誌の統計によるとヒマワリの種子生産量は2006/07年産、油料用植物として大豆(234.98百万トン)、ナタネ(47.26百万トン)、綿実(44.15百万トン)に次ぐ、生産量(29.84百万トン)を誇る。

また、2006/07年の植物油生産量はパーム油(37,985千トン)、大豆油(36,716千トン)、ナタネ油(18,425千トン)、ヒマワリ油(11,171千トン)である。ヒマワリの生産地域はロシア周辺のヨーロッパに偏っている。5割強がヨーロッパ州に集中しており、アジア州南アメリカ州がそれぞれ2割弱を生産している。

  1. ロシア(ヒマワリはロシアの国花でもある) - 6,430千トン
  2. ウクライナ - 5,230千トン
  3. アルゼンチン - 3,440千トン
  4. 中国 - 1,820千トン
  5. フランス - 1,441千トン

利用[編集]

ヒマワリの種
ヒマワリ油

種は絞って搾油されヒマワリ油として利用される。ヒマワリ油には不飽和脂肪酸が多く含まれる。1990年代までリノール酸が70 - 80%、オレイン酸が10 - 20%のハイリノールタイプが主流であったがω-6系列の脂肪酸であるリノール酸の発ガンや高脂血症、アレルギー等との因果関係が報告されるにいたり、リノール酸が15 - 20%、オレイン酸が40 - 60%の中オレインタイプのNuSun品種が伝統的な交配育種法により育成され、2000年以降は主流となっている。

煎って食用とすることができる。乾燥した種子を用いる生薬名は「向日葵子」(こうじつきし)。また、ペットハムスター小鳥など)の餌に利用される。

ディーゼルエンジン用燃料(バイオディーゼル)として利用する研究も進められている。

除染効果[編集]

ヒマワリはカリウムなどと共に性質が類似するセシウムを吸収する性質を持つことから、原発事故などで放射能汚染された土地に植えたら除去できる(ファイトレメディエーション)という説が流布しているが、そのような効果は認められていない[2][3]

そもそも、一般的に植物にとって必須元素であるカリウムの吸収が放射性セシウムの除染のために価値がある程大きいのであれば、ヒマワリの生えた後の土壌は極端に貧栄養化しているはずである。また農林水産省は「ヒマワリはセシウムの吸収率が低く、除染に極めて長い時間がかかるため実用的ではない」としている[4]

日本における主な産地[編集]

兵庫県小野市立ひまわりの丘公園のヒマワリ。6月下旬-7月上旬が盛期。
ヒマワリ畑と富士山

これらの自治体ではヒマワリによる地域特産化を図り、油等食品、化粧品等のヒマワリ関連製品を販売している。

日本における都道府県・市区町村の花[編集]

廃止市町村[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ひまわりの標準栽培法
  2. ^ 希望の象徴「ヒマワリ」除染効果低かった 被災農家「ショック」”. MSN産経ニュース (2011年9月15日). 2012年3月8日閲覧。[リンク切れ]
  3. ^ ヒマワリ除染、効果ありませんでした…”. 読売新聞 (2011年9月15日). 2012年3月8日閲覧。
  4. ^ 実証した除染技術の成果の概要”. 農林水産省 (2011年). 2012年3月8日閲覧。

参考文献[編集]

  • 瀧本敦『ヒマワリはなぜ東を向くか』 中公新書798、1986年
  • 三輪睿太郎監訳『ケンブリッジ世界の食物史大百科事典2 ―主要食物:栽培植物と飼養動物―』 朝倉書店、2004年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]