9月8日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2014年9月長月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
365日
各月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

9月8日(くがつようか)は、グレゴリオ暦で年始から251日目(閏年では252日目)にあたり、年末まであと114日ある。

できごと[編集]

クリコヴォの戦い
記念柱
クリコヴォの戦い (1380) 、ロシア連合軍がタタールを初めて破る
マルタ包囲戦 (1565) 、オスマン帝国軍が撤退開始。マルタでは祝日「勝利の日英語版」となっている
天気図
ほぼ45度傾いた家屋
ハリケーン・ガルベストンテキサス州に上陸 (1900) 。死者6000-12000人

第二次世界大戦のできごと

V2ロケットによるロンドン攻撃開始 (1944)
ユタ砂漠に衝突したカプセル
サンプルの検査
探査機ジェネシス太陽風のサンプルを地球に持ち帰る (2004)

誕生日[編集]

1D line.svg

聖母マリア(BC30頃-?)が誕生したとされる日

マリアの誕生を描いた1200年頃の画
サッソフェッラート英語版画『悲しみの聖母』(17世紀)
の第6代皇帝、玄宗 (685-762) 誕生。開元の治と呼ばれる善政を敷くも楊貴妃を溺愛し安史の乱を惹起
イングランド王「獅子心王」リチャード1世 (1157-1199) 誕生
第4代横綱、二代目谷風梶之助 (1750-1795)
詩人ルドヴィーコ・アリオスト (1474-1533) 誕生。画像はティツィアーノ画。
自然が彼を創り、それから鋳型を壊した。――『狂えるオルランド』(1516)
プロヴァンスの詩人、フレデリック・ミストラル (1830-1914) 。
言葉には神秘、古の宝がある。毎年新しい羽のナイチンゲールが生まれるが、その歌は変わらない。――『黄金の島々』 (1875)
神学者・数学者・物理学者、マラン・メルセンヌ (1588-1648) 誕生。音響学の父とも呼ばれる
化学者ヴィクトル・マイヤー (1848-1897)


忌日[編集]

東ローマ帝国皇帝、レオーン4世 (750-780) 没
アラゴン王アルフォンソ1世(1073もしくは1074-1134)没
ナバラ王カルロス3世 (1361-1425) 没
ナポリとシチリアの王妃、マリア・カロリーナ・ダズブルゴ (1752-1814) 没
自画像(1855)
『噴水盤のローマ人少女』 (1875)
画家レオン・ボナ (1833-1922) 没
初代イラク王、ファイサル1世 (1883-1933)
生理学者・物理学者、ヘルマン・フォン・ヘルムホルツ (1821-1894)
物理学者、湯川秀樹 (1907-1981) 没。中間子を提唱
医学者、「現代ワクチンの父」ジョン・フランクリン・エンダース (1897-1985) 没


記念日・年中行事[編集]

白露(8日頃)。画像はシオカラトンボ
マケドニアの位置
マケドニア共和国の独立記念日(1991年独立)
世界の識字率現況
  • 菊の被綿(日本)
    重陽の前日である9月8日の夜に菊の花を真綿で覆って夜露と香りを写し取り、翌朝にその綿で体や顔を拭う日本独自の風習。


フィクションのできごと[編集]

誕生日[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『すもももももも 〜地上最強のヨメ〜 GUIDE BOOK』 スクウェア・エニックス〈ガイドブック〉、2006年、48頁、ISBN 4-7575-1771-8
  2. ^ 星野桂 『D.Gray-man』2巻、集英社ジャンプ・コミックス〉、2004年、44頁、ISBN 4-08-873760-1
  3. ^ 星野桂 『D.Gray-man 公式ファンブック 灰色ノ聖櫃』 集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2008年、96頁、ISBN 978-4-08-874248-9
  4. ^ 星野桂 『D.Gray-man キャラクター ランキングブック キャラグレ!』 集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2011年、161頁、ISBN 978-4-08-870268-1

関連項目[編集]