ペーパーマリオ スーパーシール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリオシリーズ > ペーパーマリオシリーズ > ペーパーマリオ スーパーシール
ペーパーマリオ スーパーシール
Paper Mario : Sticker Star
ジャンル シールバトルアドベンチャー
対応機種 ニンテンドー3DS
ニンテンドー3DS LL
開発元 任天堂
インテリジェントシステムズ
発売元 任天堂
人数 1人
メディア ニンテンドー3DS専用カード
ダウンロードソフト
発売日 アメリカ合衆国の旗 2012年11月11日
日本の旗 2012年12月6日
欧州連合の旗 2012年12月7日
オーストラリアの旗 2012年12月8日
大韓民国の旗 2013年6月6日
中華民国の旗香港の旗 2013年12月6日
対象年齢 CERO:A(全年齢対象)
売上本数 日本の旗541,848本 世界 197万本[1]
テンプレートを表示

ペーパーマリオ スーパーシール』は、任天堂より2012年12月6日に発売されたニンテンドー3DS用ソフト。海外名称は『Paper Mario : Sticker Star』(ペーパーマリオ ステッカースター)[2]

概要[編集]

紙のようにペラペラなマリオが冒険するペーパーマリオシリーズの4作目。シリーズでは初の携帯型ゲーム機向けソフトとなる。今回は「紙」のほかに「シール」がゲームの主なテーマになっており、ダンボールや紙で出来たペーパークラフトのようなステージやキャラクターが登場する。マリオを操作してコースを探索し、敵を倒したり、シールを使用して謎解きをしたりしてゲームを進めていく。

本作では過去のシリーズ作に比べて、「紙」を意識した演出がより強化されている。また、ストーリーの描写は少なくなっており、ゲームで登場するキャラクターも、従来のマリオシリーズで登場したキャラクターが中心となっている。

登場キャラクター[編集]

マリオ
本作の主人公。世界中にちらばった「ロイヤルシール」を探すためにルーシーと冒険をする。今作では一切かけ声などを発しておらず、初めて声が当てられた1996年発売の『スーパーマリオ64』以降、今作はマリオの声優としてチャールズ・マーティネーがクレジットされていない初のマリオ作品である。
ルーシー
「シール星(ぼし)」からやってきた、王冠の姿をした、今作のマリオの旅のおとも。シールに詳しく、アドバイスをくれる。見た目とは裏腹に、気性はやや荒い。
ピーチ姫
キノコ王国の姫。「シールフェスタ」を主催していたが、クッパによって台無しにされてしまう。
キノピオ
キノコ王国の住民。世界各地におり、マリオの手助けをしてくれる者もいる。
クッパ
マリオの宿敵。ロイヤルシールを求めるあまりに「シールフェスタ」に乱入し、ロイヤルシールにイタズラして世界中にばら撒いた張本人で、クッパ自身もロイヤルシールの力により正気を失う。本作ではロイヤルシールの影響もあり、ルイージと同様、ゲーム内で言葉は発しない。
クッパJr.
クッパの息子。ペーパーマリオシリーズおよびRPGシリーズでは本作初登場。レアなシールを集めており、冒険の途中でいたる所に現れてはイタズラをする。
カメック
クッパの手下の魔法使い。さまざまな悪だくみでマリオたちの邪魔をする。ペーパーマリオシリーズで雑魚敵でなくボス格として登場するのは今回が初。
ルイージ
マリオの双子の弟。今回はコースのいたる所に出没するが、直接ストーリーに関わってくることはないため、言葉も発しない。なお、ある条件を満たすと、エンディングでパレードの先頭で登場する。
ハナチャン
森の巨木で暮らしている、子供のイモ虫。自分が食べていた森の葉っぱが謎の毒によって枯れてしまったために、森の入り口にまで出向いたところ、マリオたちと出会う。子供らしく、やんちゃで無邪気。
キャサリン
ピンクの恐竜。ペーパーマリオシリーズ初登場。W4-1に登場し、登場と同時にあるモノが手に入る。
ボスクリボー
ワールド1のボス。たくさんのクリボーが合体し巨大な姿となったクリボー。体力と防御力が高いが、あるモノシールを使うと合体していたクリボーたちがバラバラになり、効率よく攻撃することが出来る。ちなみにボスの中でセリフらしいセリフを発するのは、このほかにはボススローマンのみである。
ボスサンボ
ワールド2のボス。ロイヤルシールの力で巨大化したサンボで、カメックによって隠されていた塔の最上階でマリオを迎え撃つ。体力が高く、ターン経過とともに1段ずつ増えていき攻撃が通用しにくくなるが、あるモノシールを使うと大ダメージを与えて一気に身体を崩すことができる。
ボスゲッソー
ワールド3のボス。ワールド3の森全体を毒で汚染していた元凶。踊りが好きらしく、戦闘中もBGMにあわせて触手でリズムを刻んでいる。四本の触手の連続攻撃や、毒のスミでマリオの視界を遮りダメージを与えるが、あるモノシールを使うと吐き出す毒を跳ね返して反撃することができる。
ボススローマン
ワールド4のボス。雪解けに負けない大きな体が欲しいという願いがロイヤルシールに通じ、巨大なクッパせつぞうとなったスローマン。はじめは巨大なクッパ型雪像だが、ダメージを与えるごとに小さくなっていく。炎や熱の攻撃には弱いが、アイスフラワーで攻撃すると逆に体力が回復する。
ボスパックン
ワールド5のボス。悪食で初登場時にルーシーを捕食した。弱点は従来のシリーズと同じくへそ。

ゲームシステム[編集]

コース[編集]

今作は全部で6つのワールドがあり、各ワールドはいくつかのコースで構成されている。今作では、『スーパーマリオブラザーズ3』や『スーパーマリオRPG』などと同様の形式のワールドマップが存在し、行きたいコースにマリオを移動させてそのコースを探索するシステムとなっている。各コースの最後にある「コメットのかけら」を取ると「ゴール」(コースクリア)となり、次のコースが出現し、先に進めるようになる。ただし、ワールドの最後のステージのみ「コメットのかけら」は出現せず、ボスを倒すと出現する「ロイヤルシール」を入手するとクリアとなる。

シール[編集]

本作では、コースのいたるところで「シール」を入手することができ、入手したシールは下画面に表示される「シールアルバム」に保存される。入手したシールはコースで仕掛けを解いたり、敵とのバトル(戦闘)で使用する。本作のシールには以下のような種類がある。

バトルシール
「バトル」の際に使用して、敵にダメージを与えたり、マリオの体力を回復させたりすることができるほか、「ぺパライズ」(後述)でも使用する。コース内のブロックを叩いたり、壁に貼られているものをはがしたりして入手できるほか、「ラベルンタウン」などにあるショップで購入することもできる。さまざまな種類があり、一度使うと無くなる。
モノシール
「バトルシール」と同様に「バトル」や「ぺパライズ」で使用でき、一度使うと無くなる。コース内に設置されている、「モノ」と呼ばれる立体的な物体をシールにしたもので、入手した「モノ」を「モノなげや」に持って行くと「モノシール」にすることができる。「モノ」にはさまざまな種類があり、「せんぷうき」や「はさみ」など、どれも現実の世界にあるものとなっている。
ロイヤルシール
各地のボスをたおすと手に入るシール。全部で6枚あり、各地のボスが持っている。クッパがばらまいたもので、願いを叶える力を持つという。

ペパライズ[編集]

コース上でマリオが使用できる能力で、使用すると今いる場所が一枚の紙となり、紙にカーソルが表示されている場所に、持っているシールや「マップピース」を貼ることができる。正しいシールやマップピースを貼ったりはがしたりすることで仕掛けが動いたり、さまざまな変化を起こすことができる。

バトル[編集]

コース上で敵キャラクターと接触すると、画面が切り替わり「バトル」が始まる。バトルでは、マリオと敵が順番に行動するターン制で進行し、バトルシールやモノシールを使って攻撃を行う。ただし、手持ちのシールが全く無い場合は、「にげる」ことしかできない。また、コース上で敵キャラクターを踏みつけたりハンマーで叩いたりすることで、先制攻撃をすることもできる。なお、今作では、一般的なRPGにおける「経験値」「レベル」というような概念は無いため、バトルで敵を倒しても経験値(過去作にあった「スターポイント」など)は得られず、マリオのレベルが上がるというようなシステムはない。ただし、マリオの体力の最大値は、コース内で「体力UPハート」を入手すると増やすことができる。このほか、バトルでは以下のようなシステムが存在する。

バトルスロット
マリオのターンでどのシールを使うかを選択する際に、必要な数のコインを払って「バトルスロット」を起動することができる。スロット起動直後にコインを払うと絵柄が2つ揃うようになり、更にコインを払うとリールの回転速度を遅くできる。スロットで2つ以上の同じ絵柄を出すと、1ターンに使用できるシールの数を増やすことができる。また、同じマークを3つそろえた場合は、そろったマークに応じてさまざまな効果が発生し、1ターンにシールを3つ使用できる。
アクションコマンド
マリオが攻撃するときや、敵の攻撃を受ける際にタイミングよくAボタンを押すことで、敵に与えるダメージを大きくしたり、敵から受けるダメージを小さくすることができる。ボタンを押すタイミングは使用するシールによって異なる。

冒険の舞台[編集]

ラベルンタウン
キノピオたちがくらす街。シールを売買できるショップのほか、「シール博物館」「モノなげや」の施設がある。
キラナミハーバー
「ラベルンタウン」の北に位置する港。ゲームを進めると、ここから船に乗って、ほかのワールドに向かうことができる。
ワールド1
平原と山地のワールド。
ワールド2
砂漠のワールド。ヨッシースフィンクスや遺跡、オアシスのコースがある。
ワールド3
森のワールド。コース数が全ワールド中もっとも多い。
ワールド4
雪山のワールド。
ワールド5
ジャングルと火山のワールド。
ワールド6
他のワールドで「ロイヤルシール」をすべて集めると進めるようになる、最後の空のワールド。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]