ディレクター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ディレクター または ダイレクタ: director)とは、監督全般を指す言葉[1]

概要[編集]

制作物の作品としての質に責任を持つ者のこと。その責務を全うするために、企画・立案・制作に関与して業務全般をつかさどる場合もある(この場合は「ディレクター職の者がプランナー職・プロデューサー職も兼任することが多い」と言うこともできる。ディレクター本来の担当範囲は企画・制作に及ぶものではない)。制作物の経済的責任を持つプロデューサーと対をなすポジション。

日本では主にテレビ関係の放送番組やビデオ制作において、放送局制作プロダクションに所属している場合が多く、放送作家プロデューサーらと打ち合わせの会議を行った後、スタジオや副調整室・ロケーション先で、出演者やカメラマン、音声などの技術スタッフを指揮しながら、作品の構成を直接行う演出責任者の職種をいう。映画の場合は伝統的に「監督」と呼ぶが、職務内容は重なっている。ラジオ関係の放送番組やイベントの進行指揮を行う職種でもある。

また、演劇関係の演出家コンピュータグラフィックスコンピュータゲームの制作担当者を指すこともある。

ディレクターの呼称[編集]

放送業界ではディレクターのことを呼ぶ場合に様々な呼称を用いるが、多くはいわゆる業界用語として発祥して来たものでありテレビ局やメディアによって呼称が変わる傾向が強く、呼称について厳密かつ共通した定義は存在しない。一般的には、番組全体を指揮するチーフディレクター(チーフD、スタッフロールでは「演出」と書かれている場合が多いが番組によってはゼネラルディレクターに「演出」、チーフDはそのまま「チーフディレクター」と表記するケースもあり定まっていない[2])、取材のみを担当する取材ディレクター、スタジオ(フロア)において、副調整室にいるディレクターからの指示をインカムやカンペ(主にスケッチブック)を用いて出演者やスタッフに伝達するフロアーディレクター(FD)などに分類される。NHKではPDprogram directorの略)と呼ぶ。また、フジテレビでは PD をチーフディレクターという意味で使う場合もある。また、現場レベルでは単にD(ディー)と呼ぶことが多い。

近年のバラエティ番組ではプロデューサーがチーフD(演出)を兼ねているケースも多く見られる。また、プロデューサー級のスタッフがディレクターの上から演出面のみを指揮管理する場合に「総合演出」(ゼネラルディレクター、プロデュースと呼ばれることもある)、プロデューサーのさらに上に立って番組の演出・制作を全面的に指揮監督する場合に「総監督」(総合演出兼チーフプロデューサーに相当。『ズームイン!!SUPER』の碓田千加志、過去には『めちゃ×2イケてるッ!片岡飛鳥など)という呼称が使われることもある。テレビ業界では、一般的にディレクターはプロデューサーよりも下位の役職であり、プロデューサーがディレクターを指揮する体制が定着しているため、このような現象が起きていると考えられる。

テレビドラマのディレクターは映画監督に倣って「監督」(演出)と呼ばれる事が多い。また、ディレクターが海外で使う英語の名刺には、一般に「program director」(プログラム・ディレクター)と書かれる。これはテレビ会社の取締役(director)と間違われるのを防ぐため。

アニメ制作におけるディレクター[編集]

アニメ業界においての呼称は「監督」がほとんどだが、東映アニメーションでは監督に相当する職種をシリーズディレクターと呼んでいる。

作品の中には監督、ディレクターが混在しているものも見られる。

レコード・CD制作におけるディレクター(音楽ディレクター)[編集]

音楽商品を制作する場合の「制作監督者」を、通常「ディレクター」と呼ぶ。ディレクターは、音楽商品の音楽的な面ではなく(音源は通常、音楽プロデューサーアレンジャーが担当する)、もっぱら、より事務的(または技術的、商品的)な面を監督することになる。従って、ディレクターはミュージシャンである必要はなく、通常は、レコード会社(CD会社)もしくは原盤管理会社やその下部に属する音楽制作オフィスの制作担当社員が担う。

他の場面で「ディレクター」と呼ばれる者の役割から推測すると、CD等の制作ではディレクターが中心的な立場になるようにも思えるが、実際の場面では、音楽プロデューサーA&Rの方がむしろ主導権を握っていることが多いのが実情ともいえる。

その他[編集]

日本オリエンテーリング協会が認定している、オリエンテーリング競技の公認指導者を、オリエンテーリング・ディレクターと称し、2級・1級の2段階が設定されている(1級が格上)。なお、同1級認定者は、他の協会が指定する資格取得(レクリエーション・コーディネータなど)の際に、一部科目の履修を免除することが可能となっている。

このほかの競技においても、公認指導者を「ディレクター」と呼称するものが一部存在する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 英語の動詞「direct」には、指導する・指揮する・監督する・指図する・命令するといった意味がある。
  2. ^ 2011年現在では『クイズ!ヘキサゴンII』、『ロンドンハーツ』、『きらきらアフロ』、『しゃべくり007』などでこの例が見られる。またスタッフが多い日中帯の情報番組などにおいてもこのような例が見られる。

関連項目[編集]