ペーパークラフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペーパークラフトの大聖堂

ペーパークラフトとは、を素材としてつくる模型で、「カードモデル」とも呼ばれる。ただし、折り紙と区別するために、一枚の紙からさまざまな大きさ、色、形の部品を切り出して組み立てるものと定義することもある。

印刷された平面の紙を加工し、立体に作り上げる。パソコンが一般的になる前は書籍等で流通していたが、現在ではデータでの販売も進んでいる。 また、アマチュアが作成したものや会社のプロモーションとして制作されたものがインターネット上で無料で配布されることも多くなっている。 子供用として配布されている簡単なものから制作に数日を要する複雑なもの、A4用紙一枚に満たない部品で完成する小型のものから同じ用紙十数枚を使う大型のものまでいろいろのものが配布されている。

ペーパークラフトのプロも存在し、彼らの中にはコンピューターを使用せずに定規等の器具による作図で複雑な作品を製作するものもいる。

ペーパークラフトでは、実現したい曲面を紙で実現可能な可展面で近似する必要があり、その設計は従来、手作業でのトライ&エラーしか手段が無く、かなりの技術と熟練を必要としたが、近年は3DCGソフトで製作したポリゴンモデルから展開図を生成する市販ソフト「ペパクラデザイナー」などの登場により、比較的容易に設計が出来る様になっている。

ペーパークラフトが登場する作品[編集]

関連項目[編集]