1/500スケール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニチモ製1/500スケール翔鶴

1/500スケールは、スケールモデルに使用される縮尺で、主に艦船プラモデルと、ダイキャスト製の航空機モデルで用いられている。

概要[編集]

1/500スケールの艦船模型は、古くはアメリカ海軍第二次世界大戦中に、識別用の模型の一部として使用していた[1]1960年代から70年代にかけては、幾つかのメーカーから1/500スケールの艦船のプラモデルが発売されたが、1/700スケールが艦船モデルの主流になるに連れて新規開発は低調になった。2009年フジミが新規開発した戦艦大和で参入してからは、現在主流の1/700と1/350の中間のサイズとして、再び注目を集めている。

艦船以外では、ドイツヘルパを始めとするヨーロッパのメーカーから、ダイキャスト製の旅客機の模型が多数発売されている。また城郭のような建造物のプラモデルも作られている。

艦船プラモデル[編集]

1/700スケールが一般化する1970年代以前は、艦船のプラモデルには標準的なスケールはなく、各社が独自の縮尺でシリーズ展開を行っており、イギリスのIMA、アメリカのレンウォール、日本のニチモなどが1/500スケールを採用していた。

1960年代、レンウォールは1960年代当時のものを中心としたアメリカ海軍の軍艦を1/500スケールで14点ほど製品化し、IMAは、第二次世界大戦時のイギリス軍艦を6点製品化していた。両メーカーとも1970年代の後半に活動を停止し、レンウォールの金型はレベルに譲渡されたものの再生産はあまり行われず、現在ではレベル版も含め旧レンウォール製品の入手は困難になっている。一方IMAの金型はノボに引き継がれ、ノボの解散後も航空機のキットと同様旧ソビエト、東欧圏の複数のメーカーで生産が続けられ、一部の製品は2000年代まで生産が行われた。

ニチモは、1960年代から70年代にかけて、第二次世界大戦時の日本の軍艦を中心に、1/500スケールキットを20点製品化している[2]。日本艦以外では、ドイツのポケット戦艦グラーフ・シュペー原子力空母エンタープライズが、1970年代に発売されている。1978年に発売された空母赤城以降新製品の開発は行われていないが、旧製品の生産は継続され、2011年現在でも半数程度の製品が販売されている。

モノグラムが1977年に発売したミサイル巡洋艦シカゴコロンバスは、船体の長さを16インチとした箱スケールの製品であるが、1/500に近いため再発売の際に1/500と表示されることもある。同様に箱スケールを基本としていたレベルの製品にも1/500に近い縮尺のものが何点かある。また、前述のようにレベルはレンウォール製の1/500スケールキットの再発売も行った。中国のトランペッターは、1990年代末に1/500スケールでニミッツ級空母を製品化している。

フジミは1992年にウォーターラインシリーズから抜けた後も独自のシーウェイモデルシリーズを立ち上げて1/700スケールの艦船モデルの開発を続行し、2007年には1/350スケールの艦船モデルの開発もスタートしていたが、2009年11月に新たに1/500艦船モデルシリーズの第1作目として戦艦大和(終焉型)を発売した。第2作目としては戦艦長門を発売、その後51cm連装砲塔装備の超大和型戦艦を含む大和のバリエーションなどでシリーズを継続させている。1/500スケールの採用は1/350スケールキットの大きさと高価格に配慮したもので、1/500スケール長門の価格は1/350スケールの伊勢型扶桑型戦艦の半分以下となっていた。フジミのこの試みは、タミヤが1/35スケールと1/72クラスの二極化がほぼ定着していたミリタリーモデルに、その中間の「1/48 ミリタリーミニチュアシリーズ」を導入したのと軌を一にするもので、先駆者(1/500ではニチモ、1/48ではバンダイ)がいたにもかかわらず主要スケールになれなかった点も同様であり、他社の対応も含め今後の動向が注目されている。

艦船以外のプラモデル[編集]

艦船モデル以外の、1/500スケールの模型としては、城郭等の建築物の模型がある。かつては東宝模型から東京タワー霞が関ビルなどのプラモデルが1/500スケールで発売されたことがあり、2011年現在でも、童友社より姫路城高知城松江城などが発売されている。航空機のプラモデルでも、かつてはジャンボジェットなどが発売されたことがあった。宇宙戦艦ヤマトなど、1/500と設定されたキャラクターモデルも何点か発売されており、2011年の10月にはファインモールドから『宇宙戦艦ヤマト』に登場した沖田艦古代艦(ゆきかぜ)の基となった松本零士のオリジナルデザインを発展させた、艦隊旗艦とミサイル護衛艦の1/500スケールキットが発売された。

ダイキャストモデル[編集]

ドイツの模型メーカーヘルパは、ダイキャスト製航空機完成模型のヘルパウイングシリーズを1980年代後半から展開している。シリーズは1/87から1/1000までの各種のスケールで展開されているが、1/500シリーズはその中心で、製品数は2011年現在で1000点を超えている。また建物や車両などの空港ジオラマ作成用のアクセサリーも発売されている。インフライトやホーガンなど他のメーカーからも1/500スケールのダイキャスト製旅客機が発売されている。ドイツのプライザーからは、旅客機と組み合わせることが可能な、高さ4mmにも満たないインジェクション成形フィギュアが発売されている。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.steelnavy.com/1250MilitaryDorris.htm
  2. ^ 『日本プラモデル50年史』特別付録「日本模型新聞にみる昭和プラモデル全リスト」による

参考文献[編集]

  • 日本プラモデル工業協同組合編 『日本プラモデル50年史』 文藝春秋企画出版部、2008年 ISBN 978-416008063-8
  • 『プラモデルカタログ2011』 芸文社、2011年 ISBN 978-4863961104

関連項目[編集]