星のカービィ 20周年スペシャルコレクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
星のカービィシリーズ > 星のカービィ 20周年スペシャルコレクション
星のカービィ
20周年スペシャルコレクション
Kirby's Dream Collection: Special Edition
ジャンル アクション
対応機種 Wii
開発元 HAL研究所
発売元 任天堂
人数 1人
(一部収録ゲームは1〜2人、1〜4人)
メディア Wii専用12cm光ディスク
発売日 日本の旗 2012年7月19日
対象年齢 CERO:A(全年齢対象)
売上本数 22万5772本
テンプレートを表示

星のカービィ 20周年スペシャルコレクション』(ほしのカービィ 20しゅうねんスペシャルコレクション)は、任天堂から2012年7月19日に発売されたWiiゲームソフト

概要[編集]

星のカービィシリーズ20周年キャンペーンの一環として発売されたメモリアルソフト。シリーズ6タイトルの復刻移植に加え、新作ゲームと20年間の歴史を振り返るモードが収録されている。この他にシリーズ作品のBGMを収録したサウンドトラックCD、シリーズ20年の歴史や開発資料をまとめたファンブックを同梱している。

ディスク内容[編集]

星のカービィ コレクション[編集]

いずれもWiiリモコン横持ちでプレイ可能となり、クラシックコントローラとゲームキューブコントローラでもプレイ可能。

全てのタイトルはWiiとニンテンドー3DSバーチャルコンソールで配信されているものであるが、ゲームボーイのタイトルをWiiで遊べるのは初となる。また、バーチャルコンソールのスーパーファミコンNINTENDO64ではクラシックコントローラかゲームキューブコントローラがないと遊べないが、本作ではWiiリモコン横持ちに対応しており、横持ちの操作は遊びやすいように設定されている。

Wiiのバーチャルコンソールと同じように中断機能があり、プレイ中にHOMEボタンメニューでWiiメニューに戻るかリセットしてゲームを終了すると、プレイしている場面を中断セーブされ、再度プレイすることで中断した場面から再開可能。ただし、再開できるのは1度だけで、NINTENDO64には中断機能がない。

各ゲームの取扱説明書はプレイ中にHOMEボタンメニューで説明書を選ぶことで見ることが出来る他、付属されている操作シートで操作方法を簡単に見ることができる。

発売当時と同じように忠実に再現されているが、ポケモンショックの関係によりフラッシュ表現のある場面はスローモーションや点滅エフェクトの変更などで軽減されている。また、ワイド表示(16:9)の場合は左右に専用フレームが付く表示になる(コマンド入力で黒枠にすることも可能)。

もっとチャレンジステージ[編集]

星のカービィ Wii』のサブゲーム「チャレンジステージ」に新たなステージやコピー能力を加えたリニューアル版。

コピー能力の仕様はWiiとほぼ同じだが、今回は新たに『星のカービィ 鏡の大迷宮』に登場したスマブラも追加され、さらに出現する敵を倒していくデスマッチステージも存在する。また、各レベルの最終ステージではWiiのラスボスだったマホロアとレース形式で対決するというものになっている。ちなみにこれらのステージはマホロアがポップスターにて作ったテーマパークという設定である。 レベル名は韻を踏んでおり、それぞれの名称の頭文字を繋げると『HAL』になる。

Wiiで遊べるコントローラはWiiリモコン横持ちだけであったが、本作はクラシックコントローラとゲームキューブコントローラでもプレイ可能になっている。

レベル1 ハピネスホール
  • ソードチャレンジ
  • パラソルチャレンジ
  • スパークチャレンジ
レベル2 アプリコットアパート
  • ウィップチャレンジ
  • ファイターデスマッチ
  • ウイングチャレンジ
レベル3 ラストランド
  • スマブラデスマッチ
  • ノーマルチャレンジ
  • スマブラデスマッチEX

星のカービィ ヒストリー[編集]

20年の歴史を綴った資料が閲覧でき、発売されたタイトルのパッケージやプレイ映像を見ることが出来る。この他にもTVアニメ(3話分[3])や漫画の第一話が収録されている。

アニメ
  • 第1話 「出た!ピンクの訪問者」
  • 第60話 「宝剣ギャラクシア」
  • 第72話 「ワドルディ売ります」
漫画

同梱物[編集]

20周年メモリアルサウンドトラックCD
シリーズ作品からBGMを数曲ずつ収録したサウンドトラックCD。その他に3曲のボーナストラックが収録された。
20周年メモリアルファンブック
シリーズの歴史を振り返るファンブック。開発資料や裏話などが掲載されている。
操作シート
収録されているゲーム毎に操作方法を示したリファレンスシート。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 発売当時、同作はスーパーゲームボーイに対応していたが、本作収録版はゲームボーイ使用時を再現しているため、カラー表示には非対応である。
  2. ^ 発売当時(1998年3月27日)は同作はスーパーファミコン用ソフトであるが当時の現行機のNINTENDO64の時期でTVCMは放映されなかったが、今回でTVCMに出るのはこれが初。
  3. ^ Nintendo Direct 2012.6.22 プレゼンテーション映像”. 任天堂 (2012年6月22日). 2012年6月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]