ゼルダの伝説 時のオカリナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゼルダの伝説シリーズ > ゼルダの伝説 時のオカリナ
ゼルダの伝説 時のオカリナ
The Legend of Zelda: Ocarina of Time
ジャンル アクションアドベンチャー
対応機種 NINTENDO64(N64)
iQue Player(iQue)
Wiiバーチャルコンソール)(VC)
開発元 任天堂
発売元 任天堂
プロデューサー 宮本茂
ディレクター 山田洋一
小野塚(青沼)英二
シナリオ 大澤徹
プログラマー 岩脇敏夫
音楽 近藤浩治
シリーズ ゼルダの伝説シリーズ
人数 1人
メディア 256Mbitロムカセット(N64)
発売日 日本の旗
1998年11月21日(N64)
2007年2月27日(VC)
アメリカ合衆国の旗
1998年11月23日(N64)
2007年2月26日(VC)
欧州連合の旗
1998年12月11日(N64)
2007年2月23日(VC)
中華人民共和国の旗
2003年11月(iQue)
対象年齢 CERO:A(全年齢対象)
ESRB:E(Everyone)
ELSPA:3+
コンテンツ
アイコン
アメリカ合衆国の旗Animated Violence
デバイス 振動パック対応(N64)
売上本数 日本の旗約114.4万本(1999年12月末)[1]
世界の旗約760万本(2004年3月)[2]
その他 品番:NUS-CZLJ-JPN
NUS-CZLE-USA(北米版)
NUS-NZLP-EUR(欧州版)
©1998 Nintendo
テンプレートを表示

ゼルダの伝説 時のオカリナ』(ゼルダのでんせつ ときのオカリナ、英題:The Legend of Zelda: Ocarina of Time)は、1998年11月21日に任天堂より発売されたNINTENDO64(N64)用アクションアドベンチャーゲーム

直接の続編に『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』がある。2011年6月には、ニンテンドー3DS用に全面的にリメイクされた『ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D』が発売された。

概要[編集]

ゼルダの伝説シリーズの第5作(時系列順に並べた場合3作目)であり、それまでのRPGでは一般的だった2D見下ろし型視点から脱却し、シリーズ初の3D作品となったことが最大の特徴である。これにより、奥行きのある立体的な空間内をよりリアルな視点位置で見渡すことができるようになり、バトルや謎解きに革新的な変化がもたらされた。同時に、3Dゲームに付きものだったカメラワークや操作性の問題点を軽減する「Z注目システム」(後述)や「特殊アクションの自動化(Aボタンアクション)」など、様々な革新的な提案を行った。カットインムービーも数多く盛り込まれ、物語の臨場感を高めるのに一役買っている。シナリオ面でも、大人(青年)リンクと子供(少年)リンクに区分したこと、怪物の姿のみだった魔王ガノンに「ガノンドロフ」という本名と人間の姿が与えられ、以後のスタンダードになったことなど、本作の要素・設定が以後のシリーズに与えた影響は大きい。

なお、完成度の高さと革新的な提案は世界中から高く評価され、第3回CESA大賞(現・日本ゲーム大賞)大賞や、第2回文化庁メディア芸術祭 デジタルアート〔インタラクティブ〕部門 大賞など、日米欧で数多くの賞を受賞した(詳細は「受賞・評価」を参照)。

開発[編集]

他のいくつかのN64用ソフトと同様に、完成までに大変時間が掛かった作品として有名である。当初はN64が発売された1996年内に発売する予定だったが、プロデューサーの宮本茂が作り直しを命じるいわゆる「ちゃぶ台返し」を何度も行い、年単位で発売が延期された。開発体制は「多重構造ディレクター制」を初採用、宮本が定めた大まかな方向性に沿って小野塚(青沼)英二小泉歓晃ら各分野のディレクターがクリエイティブな開発を担当し、出来上がったものに対して宮本が音の注文をつけたり、サブゲームを追加していくというスタイルで進められた[3]。ちなみに、宮本はプロデュースに徹する予定だったが、現場だけで纏め上げることができず、宮本がディレクションも兼ねることで完成をみたことが明かされている[4]

また、本作はN64の周辺機器である64DD(1999年発売)との連動が考慮されており、追加データの入った64DDディスクと同時起動することによって、ダンジョンマップを一新した「裏ゼルダ」を遊べるように設計されていた。実際には追加ディスクが発売されなかったため、完成したものの幻となった「裏ゼルダ」だが、後述の通り思わぬ形で日の目を見ることになる。

発売[編集]

E3 1997(6月19日 - 21日、アトランタ(ジョージア・ワールド・コングレス・センター))において[5]、『Zelda 64』の仮タイトルで映像が初公開された。その後1998年4月発売予定とされたが、4月に入り同年秋へ延期[6]、さらに秋に入ってからも11月14日から21日へと発売日が変更されている[7]

このように発売延期が繰り返された本作だが、E3 1998(5月28日 - 30日、アトランタ)で公開された映像は見る者に衝撃を与え[8]、『週刊ファミ通』 1998年11月27日号(通巻519号)のクロスレビューでは史上初となる40点満点を獲得した。日本国内では発売後年末までに約82.5万本を売り上げ、1998年のゲームソフト売上第10位に入った[1]。また海外の販売も好調で、任天堂はクリスマスまでに全世界に約500万本を出荷する計画を発表している[9]。 国内累計販売本数は約114.4万本[1](1999年末時点。出荷は約140万本)でシリーズ中第4位。世界全体ではシリーズ中第2位となる約760万本[2](2004年3月時点)を販売した。なお、テレビCMにはBOSEドリアン助川ユースケ・サンタマリア前田日明藤原竜也稲森いずみ深田恭子を起用した。

製品バリエーション[編集]

『ゼルダの伝説 時のオカリナ』
1998年11月21日発売。NINTENDO64用。
ゼルダの伝説 時のオカリナGC
ゼルダの伝説 風のタクト』(2002年12月13日発売)の予約特典。ニンテンドーゲームキューブ用。
ゼルダコレクション
クラブニンテンドーの景品で、2004年3月18日交換開始。『時のオカリナGC』とほぼ同じものが収録されている。
『ゼルダの伝説 時のオカリナ』 (バーチャルコンソール
2007年2月27日配信開始。
ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D
2011年6月16日発売。ニンテンドー3DS用。

システム[編集]

謎解きとアクションというゲームシステムの根幹はそのままにインターフェースを完全に3Dに置き換え、「草や岩を持ち上げて投げる」「ヒビの入った壁を爆弾で壊して進む」など従来作品同様のアクションを3Dでも実現した。ライフの数は最初は3つで最大20。デスマウンテン火口の灼熱地帯や水中ではリンクの残りライフの数によって制限時間が決まり(ハート1つにつき8秒)、時間が切れるとゲームオーバーとなるので注意が必要である。一方、魔力ゲージはデスマウンテン登山道の大妖精の泉から使用できるようになる(初期値は24で、強化されると2倍の48)。なお、セーブファイルをロードする際に出る数字は、ゲームオーバーの回数を示している(N64のみ。3DSの場合はセーブした日時を表記する)。通貨単位は「ルピー(Rupee)」。

Z注目システム[編集]

プレイヤーが対象となる物体を任意にロックし、対象物に向かって確実に移動したり、矢などの飛び道具を確実に当てることを可能としたシステムである。従来の3Dアクションゲームでは敵に攻撃を当てるために細かい照準補正を必要とし、プレイヤーキャラクターを動かすことそのものを難しく感じるプレイヤーもいたことから、その対応策として考案されたもので、対象が隠れることが無いようにカメラワークもセミオートで補正されるため、プレイヤーキャラクターの位置の把握や敵との間合いを取ることが容易となる。このシステムによって、3Dアクションの難点とされていたカメラワークと操作性の問題が大きく改善され、以後多くの3Dアクションゲームに類似したシステムが搭載されることとなった。

ロックオンには「スイッチタイプ」と「ホールドタイプ」の2種類がある。前者はZトリガーボタンを1回押すだけでロックすることができ、後者はトリガーボタンを押している間だけロック状態になる。

受賞・評価[編集]

評価
総計レビュー
評価者 点数
TopTenReviews N64: 3.77/4[10]
GameRankings N64: 97.6%[11]
GC: 89.7%[12]
Metacritic N64: 99%[13]
GC: 91%[14]
ゲームレビュー
評価者 点数
Allgame N64: 星5つのうち5つ[15]
Edge N64: 10/10[16]
Electronic Gaming Monthly N64: 10/10[17]
GameSpot N64: 10/10[18]
IGN N64: 10/10[19]
GC: 9.0/10[19]
Nintendo Power N64: 9.5/10[20]
週刊ファミ通 N64: 40(10,10,10,10)/40[21]
  • 第2回 文化庁メディア芸術祭[22]
    • デジタルアート〔インタラクティブ〕部門 大賞
  • 第3回 CESA大賞[23]
    • 大賞
    • プログラミング部門賞
  • Milia d'Or Awards[24]
    • Most Impressive Game Play
    • Adventure & Role Playing Games
  • 1999 2nd Annual Interactive Achievement Awards[25]
    • Game of the Year
    • Console Game of the Year
    • Console Adventure Game of the Year
    • Console Role-Playing Game of the Year
    • Outstanding Achievement in Interactive Design
    • Outstanding Achievement in Software Engineering
  • 1999 Spotlight Awards(en[26]
    • Best Console Game
    • Most Innovative Game Design
  • BAFTA Interactive Entertainment Awards(en
    • The Games Award
    • Innovative Game Award
    • The Interactivity Award

このほか、『週刊ファミ通』 2007年9月21日号(通巻979号)ではシリーズ最高傑作とする声も多いと紹介され、2008年には、IGNのゲームランキング「Top 100 Games 2008」で1位を獲得した[27]。また、バーチャルコンソール版はWiiの『みんなのニンテンドーチャンネル』内「みんなのおすすめ」においてシルバーランクを獲得している。

ストーリー[編集]

ハイラルのコキリの森に住む少年リンクは、コキリ族のパートナーとなる妖精を自分だけが持っていないことを森の仲間に馬鹿にされつつ、平和な日々を送っていた。

そんなある日のこと、リンクのもとに妖精ナビィが訪れ、コキリ族の守護神「デクの樹サマ」が聴きに落ちていることを知らせにやってくる。デクの樹サマを苦しめていた魔物を退治したリンクは、命尽き果てていくデクの樹サマから森の精霊石を授けられ、ハイラルで「神に選ばれし姫」を探すように言い残された。

遺言に従ってナビィと共に森を旅立ち、ハイラル城でゼルダ姫と出会ったリンクは、彼女から魔盗賊ガノンドロフの野望と精霊石の秘密を聞かされる。ガノンドロフは聖地に眠る「トライフォース」を得るため、その地への扉を開くために必要な「精霊石」を探しているのだという。

リンクはガノンドロフの野望を阻止するため、彼より先に精霊石を集めて聖地への扉を開こうとする。ところが、扉の鍵である「マスターソード」を引き抜いた途端、リンクの身体が封印されてしまう。リンクの身体はマスターソードに触れるには幼すぎたのである。

7年後、封印の末に大人に成長したリンクは封印は解かれ目覚める。しかし、ハイラルは既に「力のトライフォース」を得たガノンドロフの手に落ちていた。リ光の賢者ラウルとシーカ一族の末裔シークから、ガノンドロフを倒すためには「伝説の賢者」の力が必要であると聞かされたリンクは、賢者たちの協力を得るため、マスターソードを手に再び冒険に経つのであった。

登場人物[編集]

一部の登場人物の名前(ラウル、ルト、サリア、ミド、ナボール、ダルニア)は、『リンクの冒険』の街の名前から採られている。

主要人物[編集]

リンク (Link)
声 - 瀧本富士子(少年期) / 檜山修之(青年期)
主人公で、コキリの森に住む少年。名前はゲーム開始時に変更可能だが、デフォルトの名前に従って本稿では「リンク」とする。
生まれながらにそれぞれ自分だけの妖精を持つコキリ族の中で、唯一妖精を持っておらず、ミドからは半人前とからかわれてきた。ある日、森の守り神であるデクの樹サマからようやく彼の許に妖精が遣わされたが、実はリンクはコキリ族ではなくハイリア人で、コキリ族以外にとって禁断である森に戦火を逃れて入り込んだ母親が、死に際にデクの樹に託した子供だったと明かされる。そしてデクの樹サマの言葉に従い、ハイラルの運命を背負うべく森を後にする。やがて冒険の中で時の神殿に辿り着き、マスターソードを抜いて7年間の眠りについたリンクは、「勇気のトライフォース」に選ばれ、「時の勇者」として覚醒。以降はマスターソードを抜き差しすることでおとな時代とこども時代を行き来しながら、時を超えた冒険を繰り広げる。
ナビィ (Navi)
声 - 水橋かおり
デクの樹サマの命でリンクをサポートするためにやってきた妖精で、謎解きのヒントや敵の弱点などを教えてくれる頼れる相棒。
画面内におけるカーソル的な役割も果たしており、Z注目時は色が変わり、対象物の近くを飛ぶ。光球に羽根が生えたような外見で、手足や顔らしきものは見えない。
ゼルダ姫 (Princess Zelda)
声 - 水沢潤
ハイラルの王女。こども時代は少女で、おとな時代になるとリンク同様成長する。
夢のお告げにより未来を知ることができる。予知夢でガノンドロフの企みをいち早く察知し、その野望の阻止をリンクと誓い合う。その後はガノンドロフの魔の手が迫り、乳母のインパと城を脱出する際にリンクに「時のオカリナ」を託す。また、「知恵のトライフォース」に選ばれており、リンクが賢者を覚醒させるために神殿を巡っていた間はシークに姿を変えてリンクをサポートし、全ての賢者を目覚めさせたリンクに正体を明かし、7賢者の長・時の賢者として覚醒するが、その直後にガノンドロフに攫われてしまう。
ガノンドロフ (Ganondorf)
声 - 長嶝高士
「100年に1人だけしか男が生まれない」というゲルド族の男。
伝統によりゲルド族の男は一族の王となるが、その地位に飽き足らず、ハイラル全土を手に入れる野望を抱く。ハイラル国王へ忠誠を装って接近し、後にクーデターを起こしてハイラル城を制圧。唯一手に入れた「力のトライフォース」を使い魔王として君臨する。その後は残りのトライフォースを手に入れるため、「知恵のトライフォース」を持つゼルダ姫を誘拐。「勇気のトライフォース」を持つリンクと戦いを繰り広げるものの、敗北し、最後は「力のトライフォース」の力で魔獣ガノンとなる。
デクの樹サマ (Great Deku Tree)
声 - 長嶝高士
コキリの森の奥に聳える巨大な樹の精霊。コキリ族の生みの親で、リンクの育ての親。
森の守り神として長年コキリの森を守ってきたが、悪しき者の呪いによりその命は尽きようとしていた。その寸前にリンクを呼び出し、ハイラルを救う勇者としての運命を告げて森の精霊石を託し、静かにその生涯を終える。このデクの樹サマの体内がこのゲーム最初のダンジョンとなる。
エポナ (Epona)
ロンロン牧場で飼育されている栗毛の仔馬。音楽が好きで、特に「エポナの歌」を好む。
こども時代に仲良くなっておくと大人になった時にイベントが発生し、成長したエポナに乗って平原を移動できるようになる。
ケポラ・ゲボラ (Kaepora Gaebora)
声 - 長嶝高士
こども時代のリンクの行く先々に現れては助言を与える、巨大で知性豊かなフクロウ。その正体は光の賢者・ラウルの生まれ変わりである。
ラウル (Rauru)
声 - 長嶝高士
遙か昔に時の神殿を造った賢者で、時の神殿内部の異空間、「賢者の間」にその魂が生き続けている。マスターソードにより7年間封印されていたリンクに時の勇者としての使命を告げて自身も光の賢者として力を貸す。

ハイリア人 (Hylian)[編集]

ハイラルに住む一般的な人々で、エルフのように耳が長く尖っているが、これは神の声を聴くためとされる。

マロン (Malon)
声 - 水沢潤
ロンロン牧場で働く女の子で、エポナと仲良しである。
歌を歌うのが大好きで、日中牧場に行くと彼女が歌っている姿を見ることができるが、ゴシップストーンによれば、いつか馬に乗った王子様が迎えにくると思っているらしい。
名前の由来は『ゼルダの伝説 夢をみる島』に登場した島の少女のマリン。
タロン (Talon)
声 - 長嶝高士
マロンの父で、ロンロン牧場の経営者。のんびりとした性格で、しょっちゅう居眠りをしている。
7年後の世界で再訪問すると、従業員だったインゴーに牧場を乗っ取られ、カカリコ村で暮らしている。あるイベントを経てインゴーが改心すると、牧場主に復帰する。
インゴー (Ingo)
声 - 長嶝高士
ロンロン牧場の従業員だが、ぐうたらな経営者よりずっと働かされている自分の立場に納得していない。
7年後にはガノンドロフの手助けでロンロン牧場を乗っ取るが、リンクにエポナを奪われてからは改心した。
大工の親方
声 - 長嶝高士
こども時代はまだ建設中だった村・カカリコ村の建設のためにインパが雇った大工。職人気質で、いつまでも定職に就かない息子や、ロクに働かない弟子たちに苛立ちを感じている。
クスリ屋のオババ
声 - 瀧本富士子
カカリコ村で薬屋を営む老婆で、親方の妻。森で薬をこさえてみたいと思っている。
親方の息子
声 - 檜山修之
親方とオババの息子で、コッコお姉さんの兄。両親のことを嫌っており、また暗い性格でコッコのコジローが唯一の友達であった。大人時代では父親のノコギリを持ち出してコキリの森で密猟を行い、ファドによると最終的にはスタルフォスになってしまった模様。
コッコお姉さん
声 - 水沢潤
大工の親方とクスリ屋のオババの娘で、兄のことをいつも気にかけている。ちなみに「コッコ」とはゲーム内に登場するニワトリのこと。
コッコが大好きだがアレルギー持ちで、触ると鳥肌が立ってしまう。しばしばコッコ達に逃げられるが、後に母の知り合いのみずうみ博士の許でコッコをコンパクト化する研究を完成させた(本人曰く、そのコッコなら鳥肌は立たないらしい)。
クモ男とその子供達
呪いをかけられ、スタルチュラのような姿になってしまった家族。かつては金持ちの一家だったらしく、カカリコ村のスタルチュラハウスに住んでいるが、リンクが集めた黄金のスタルチュラの印によって1人ずつ人間の姿に戻り、お礼としてアイテムがもらえる。なお、エンディングには登場しない。
ダンペイさん
声 - 長嶝高士
カカリコ村の墓地の墓守。昼は寝ており、夜になると墓地で穴掘りツアーを開催しているが、大人時代には亡くなっており、幽霊となった彼にレースを挑んで勝つと「フックショット」がもらえる。
攻略ガイドの人物紹介によると、幽霊になって足が速くなったことが嬉しいらしい。
みずうみ博士
声 - 長嶝高士
ハイリア湖畔にみずうみ研究所を構える博士で、湖に流れ着く変なものと水を混ぜ合わせる研究をしている。視野が非常に広く、見てないようでも後ろの状況も見通すことができる(本人曰く、クスリ屋のオババも弟子のようなものらしい)。
マラソンマン
声 - 長嶝高士
ハイラル平原を疾走する男で、お面の一つである「ウサギずきん」を大金で買ってくれる。
大人時代はゲルドの谷のテントにおり、リンクにコキリの森までの競争を挑んでくる(しかし、この競争はいかなる手段を用いても勝つことができない)。
釣堀のオヤジ
声 - 長嶝高士
ハイリア湖付近で釣堀を経営するオヤジで、関西弁で喋る。
大人時代には頭の毛が禿げてしまっており、帽子で頭を隠している。釣竿で帽子を剥ぎ取って水に入れると罰金で50ルピー払わなければならない。

コキリ族 (Kokiri)[編集]

コキリの森に住む一族で、ひとりひとりが自分の妖精を持っている。歳をとることはなく、永遠に子供の姿のままである。また、コキリの森から出ると死んでしまうとされている。語尾に「ジャラ」とつくコキリ訛りが存在するが、滅多に聞くことはできない。

サリア (Saria)
声 - 水沢潤
リンクの幼馴染である少女。森の聖域の最深部にある切り株を気に入っており、頻繁に訪れてはオカリナを奏でている。リンクの許に妖精がやって来たことを真っ先に祝福したり、旅立つリンクに「妖精のオカリナ」を手渡し、後に森に帰ってきたリンクに「サリアの歌」を教えてくれる。
7年後にリンクが訪れた時には森の賢者として覚醒、コキリ族の中で彼女だけはハイリア人として成長したリンクを見間違えることはなく、成長したリンクに同じ世界には住めないと伝えると共に、いつまでも友達でいることを約束した。
ミド (Mido)
コキリ族のガキ大将で、妖精を持たないリンクをからかい、デクの樹サマの許に向かうリンクの邪魔をする。しかし、内心ではリンクを友達と思っており、7年経っても彼の帰りを待ち続けている。
ファド
髪の毛を2つに結んだコキリ族の少女で、「フフフ」という笑い方が特徴的。コキリの森に入った親方の息子の末路を見届け、おとなリンクに「密猟者のノコギリ」を渡す。

ゴロン族 (Goron)[編集]

デスマウンテンの地下で生活を営む山の一族。岩のような体躯とつぶらな瞳が特徴。性格は非常に温厚で、ドドンゴの洞窟で取れる岩を主食とし、特上ロース岩が大好物で、語尾は「ゴロ」(子供の時は「コロ」)。

ダルニア (Darunia)
声 - 長嶝高士
ゴロン族の族長で、大昔に邪竜ヴァルバジアを封印したゴロンの英雄の子孫。ドドンゴの洞窟の事件解決をきっかけにリンクを兄弟分として認め、炎の精霊石を与えた。7年後には炎の賢者として目覚め、いつまでもリンクと兄弟であることは変わらないと告げた。
ゴロンキッド
ダルニアの息子。リンクがキングドドンゴを倒した後に生まれ、リンクと同じ名前(リンクもしくはプレイヤーが名付けた名前)を授かっており、ドドンゴを倒した英雄であるリンクに強い憧れを抱いている。
ダイゴロン
声 - 長嶝高士
デスマウンテンの頂上にいて、おとなリンクでも遥かに見上げるような巨大な身体をしたゴロン族。非常に優秀な鍛冶屋で、キングゾーラの昔からの友人でもある。彼の作る刀は絶対に刃こぼれしない逸品である。
チュウゴロン
声 - 長嶝高士
ダイゴロンの弟で、兄ほどではないが巨大な身体をしている。ゴロンシティにいて、兄と同じく鍛冶職人。ダイゴロン曰く「まだまだの腕前」で、彼の作った刀はしばらく使用すると刃こぼれしてしまう。
ゴロンのお店の店主
ゴロンの服を売っている唯一の店だが、大人時代はみんなから忘れられている。

ゾーラ族 (Zora)[編集]

太古よりハイラルの水源を守ってきた一族で、ジャブジャブ様を守り神として崇める。魚のような姿をしており、水への適応力に優れているなど基本的に理知的で礼儀正しい種族で、王族は語尾に「ゾラ」とつく独特の口調で話す。

ルト (Ruto)
声 - 水沢潤
ゾーラ族のおてんば姫で、キングゾーラの一人娘。ジャブジャブ様のお腹でリンクと運命的な出会いを果たし、リンクを気に入り、プロポーズ染みたセリフと共にゾーラのエンゲージリングである水の精霊石を与える。7年後には一族の危機に自ら立ち上がるなど精神的にも大きく成長しており、後に水の賢者として目覚め、リンクに対して変わらぬ愛を告げて、シークにお礼を言うように頼んだ。
キングゾーラ (King Zora)
声 - 長嶝高士
ゾーラ族の王で、本名キングゾーラ・ド・ボン16世。他のゾーラ族より遥かに巨大な体躯で、動くのが億劫なのかいつも王座に腰掛けている。ダイゴロンの昔からの友人でもある。

シーカー族 (Shiekah)[編集]

ハイラル王家を影から支えたとされる闇の一族。

インパ (Impa)
声 - 瀧本富士子
ゼルダ姫の乳母にして、シーカー族の最後の生き残りであり、カカリコ村の創設者でもある。7年後には闇の神殿でボンゴボンゴを倒した後で闇の賢者として目覚め、リンクにゼルダのことを託した。
シーク (Sheik)
声 - 水沢潤
シーカー族の生き残りを自称する謎の青年。ハープを使った演奏で、リンクの行く先々で不思議なメロディーを授けてくれる。
実はガノンドロフから身を隠すため、ゼルダ姫が変装した姿であり、シーカー族というのは変装する為の偽りだった。攻略ガイドなどには、短刀を武器としているイラストがある。

ゲルド族 (Gerudo)[編集]

盗賊を生業とする砂漠の民。ほぼ女性のみで構成され、100年に1人生まれるという男性が一族の王となる。また、ゴシップストーンによると、ゲルドの女性は時々ボーイハントをしにハイラル城下町に行くらしい。

ナボール (Nabooru)
声 - 神宮司弥生
ガノンドロフが魔王となった後のゲルド族の長。気が強く姉御肌な性格で、極悪な族長のガノンドロフを嫌っていたが、ツインローバに施された洗脳によりガノンドロフの部下にされる。7年後のリンクの前に立ちはだかるが敗北し、洗脳は解けたものの、ツインローバによって消されてしまう。しかし、リンクがツインローバを倒した後に魂の賢者として目覚め、成長したリンクを「いい男」だと賞賛し、7年前の約束の代わりに魂のメダルを託す。
コウメ、コタケ (双生魔導師ツインローバ(Twinrova))
声 - 神宮司弥生
ゲルド族の双子の魔女で、ガノンドロフの育ての親。コウメは炎の魔法、コタケは氷の魔法を使い、合体すると双方の魔法を操る巨大な若い女性の姿を取る。詳細はボスの項を参照。
名前の由来は『八つ墓村』に登場する双子の老婆、小梅と小竹。

モンスター (一般)[編集]

フィールドやダンジョンなど、ほとんどの場所を問わずに数多く遭遇する。一般的に攻撃一辺倒でリンクに襲いかかる。

デクババ
食虫植物型のモンスター。上を向きながら回転するタイプと、近づくと噛み付いてくるタイプの2種類ある。前者は攻撃してこないが、一定時間で再び生えてくる。頭部を攻撃して倒すとデクの実を、茎部を攻撃して倒すとデクの棒を得られる。
大デクババ
大きなデクババ。巨大化した分リーチが長くなり、耐久力もアップしている。
スタルチュラ
天井から降りてくる巨大なクモ型モンスター。背面はドクロ形の硬い甲殻に覆われており、腹側が弱点となっているが、フックショットや魔法の矢なら背面からでも効く。
大スタルチュラ
大きなスタルチュラ。正面からの攻撃が効かない以外スタルチュラとほとんど変わらない。
スタルウォール
ツタや壁にへばりついている小さいスタルチュラ。近づくと体が紫に変色し突進してくる。スタルチュラと異なり、背面からの攻撃も効く。
黄金のスタルチュラ
ハイラル各地に100匹存在する、金色に輝くスタルチュラ。壁にへばりついているものがほとんどで、大きさから見てもスタルチュラというよりはむしろ色違いのスタルウォールである。夜行性であり、マメまきポイントに潜んでいたり、ダンジョンや洞窟内に生息している場合が多い。小さい虫が好物。その場から動かず攻撃もしてこないが、触れるとダメージを受ける。倒すと印を残し、これを取らないと復活する。
スタルチュラハウスの家族が言う「呪いのクモ」はこの黄金のスタルチュラのことであり、一定数倒す毎に家族達の呪いが解け元の姿に戻っていく。なお、注目はできない(印は可能)。
キース
コウモリ型のモンスター。体当たりで攻撃する。火がつくとファイアキースになり、フリザドの息や青い炎に触れるとアイスキースとなる。真っ黒なため、暗いダンジョンでは認識しづらい。
ファイアキース
炎を纏ったキースで、触れるとダメージを受ける(デクの盾装備時には盾が燃える)。炎が消えるとキースになる。
アイスキース
冷気(青い炎)を纏ったキース。触れると氷漬けにされたうえでダメージを受ける。
ビーモス
柱に回転する頭部(目玉)がついたモンスター。リンクを視界に捉えるとビームを発射して攻撃する。倒すと頭部が弾け飛び爆発する。耐久力が高い大型のものも存在する。なお、このモンスターのみリンクの近くにいても敵接近時のBGMが流れない。
オクタロック
タコ型のモンスター。水上から石を飛ばして攻撃してくる。常に水上におり、近づくと水中に潜ってしまうため攻撃しづらいが、盾で石を跳ね返すことにより簡単に倒すことができる。『トワイライトプリンセス』を除く全作品に登場する。
ライクライク
筒状の軟体生物。ゆっくりと近づき、口を伸ばしてリンクを飲み込もうとする。体のどこに触れても丸呑みにされ、一定時間後に吐き出される。その際、盾や服は剥ぎ取られるが、倒した後で戻ってくる。なお、飲み込まれた状態でも他の敵のつかみ判定は消えないため、2匹のライクライクの体内を行き来しながら体力を減らされ続けることがある。
名前の由来は「蓼食う虫も好き好き」から(「蓼」と「盾」を掛けている)。
青バブル
青い炎を纏ったバブル。炎を纏っている間はほとんどの攻撃が効かない。
緑バブル
緑の炎を纏ったバブル。耐久力は青バブルより劣る。井戸の底にいるものは通常のものに比べて大きいが、耐久力は変わらない。
赤バブル
赤い炎を纏ったバブル。溶岩の中から飛び出しては潜る、という行動を繰り返す。
白バブル
何も纏っておらず、白い軌跡を残しながら移動するのみで攻撃してこない。また、触ってもダメージはない。
フォールマスター
手首だけのモンスター。ダンジョン内の特定の場所で突然天井から降ってくる。捕まるとダンジョンの入り口まで戻されてしまうが、倒すと多額のルピーが得られる。
フロアマスター
外見はフォールマスターに酷似している。強力な威力を持つ体当たりで攻撃し、斬られると3体に分裂する。分裂後は、自らの体を再生するためリンクに飛びついて体力を奪い取ろうとする。なお、3体に飛びつかれると3倍の速度で体力が減少する。
デクナッツ
タネを吐いて攻撃する。近づくと地面に潜って隠れようとし、追い詰めるとヒントを言って逃げる。タネ袋をくれるものもいる。
オコリナッツ
デクナッツと外見や攻撃方法が似ているが、こちらは3連続でタネを吐く。追い詰めても何も言わない。
アキンドナッツ
攻撃方法はデクナッツと同じだが、攻撃すると「参ったッピ」と言い何かを売ってくれる。ただし多少値が張る(例えば、ハートのかけらは10ルピー)。
ゴーマの卵
ゴーマの産んだ卵。近づくと幼生ゴーマが産まれる。
幼生ゴーマ
ジャンプし襲いかかってくる。攻撃の直前には目が赤くなる。
スタルキッド
迷いの森にのみ出現する。子供時代は様々なイベントに登場し、普通に会話を交わすキャラクターだが、大人時代には敵となり、笛を使った吹き矢で攻撃してくる。弓矢やフックショットで攻撃すると逃げられてしまうため攻撃方法は剣に限られ、また耐久力も高いかなりの強敵である。倒すと200ルピーが得られる。
ウルフォス
オオカミ型のモンスター。旋回するように動き、前足で攻撃および防御を行う。尻尾が弱点となっている。
ピーハット
子供時代のハイラル平原に生息する、ヘリコプターのような植物。非常に大きいが、弱点の根は非常に小さい。オスとメスの区別があり、オスは近づくと飛翔し、硬い(がく)で切り裂こうとする。またメスは離れた距離から上空に飛び、幼生ピーハットをたくさん飛ばしてくる。昼行性で、夜は幼生ピーハットを吐き出すのみとなる。
幼生ピーハット
ピーハットより吐き出され、親同様に飛行する。高速回転しながら迫り、着地すると消える。
スタルベビー
骸骨のモンスター。子供時代の夜のハイラル平原で無数に出現する。朝日や水を苦手とし、横斬りで斬ると首が飛び、動きが緩慢になる。倒し続けると大型のタイプが出現するが、強さは変わらない。
赤テクタイト
アメンボの様なモンスターだが、設定上はカニ。飛び跳ねながら襲いかかってくる。メガトンハンマーで床を叩くとひっくり返る。
青テクタイト
青いテクタイト。赤テクタイトより耐久力があり、水上を移動できる。赤テクタイトと同様、メガトンハンマーで床を叩くとひっくり返る。
ドドンゴ
ドドンゴの洞窟に生息する、2本足の恐竜型モンスター。炎を吐き、方向転換の際には尻尾で攻撃してくる。攻撃力は高めだが動きは鈍く、目の前に爆弾を置かれると食べてしまう。倒されると爆発する。
ベビードドンゴ
ドドンゴの幼体。足が無く、ツチノコのような外見をしている。成体と違って動きが素早く、地面から集団で襲い掛かる。ドドンゴと同じく倒されると爆発する。
ビリ
電気クラゲ型のモンスター。剣で切ると感電しダメージを受ける。なお、感電系の攻撃を受けて体力が尽きた場合、リンクが倒れるシーンが別バージョンとなる。
バリ
大きな電気クラゲ。動かないが、触手に巻き付かれると動きを封じられ体力を減らされ続ける。倒すと3体のビリに分裂する。
シャボム
シャボン玉。触れるとダメージを受け、消滅する。デクの実でまとめて掃討できる。
スティンガ
エイ型のモンスター。水面から飛び出して攻撃してくる。
テールパサラン
電気を発する尻尾を持った芋虫。触れたり斬りつけると感電しダメージを受ける。
寄生虫の触手
ジャブジャブ様の体内の天井に生えている、電気を帯びた触手。接近すると触手本体を激しく振り回して攻撃してくる。色の異なる3種類が存在する。
ポウ
この世を恨んで死んでいった人々の魂の塊。ハイラル平原に現れるものと墓地に現れるものの2種類がある。どちらも倒すと魂が残り、ビンに詰めることができる。
ビッグポウ
ハイラル平原に出現する、大きなポウ。全部で10体おり、エポナで特定の場所を通った時にのみ出現する。現れた瞬間に逃走を始めるため、徒歩では接近することさえできない。ポウ同様魂をビンに詰めることができ、この魂を集めている人がいる。
リーデット
生ける屍。近付くと睨みによって動きを封じられ、捕まると体力を減らされ続ける。複数体に同時に捕まった場合は体力減少の速度が増す。オカリナで「太陽の歌」を奏でると動きを止められる。
王家の墓穴の他、大人時代の城下町にも徘徊しているが、『大乱闘スマッシュブラザーズDX』のフィギュアの説明文によると、「住民は各地に避難しているため、単に人の姿をしただけの魔物と思われる」とのことで、『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』のフィギュアの説明文によれば正体は「たまたま人間の形に似ている土くれの怪物」とのことであり、住民の成れの果てではない模様。
ギブド
リーデットがミイラ化したもの。炎で燃やすとリーデットになる。リーデットと同様に「太陽の歌」で動きを止めることができる。
モリブリン
大人時代の森の聖域にいる巨大なモンスター。リンクを見つけると槍を構え突進してくる。体の大きさの割に耐久力は低いが、正面からの攻撃はほぼ通用しない。
ボスブリン
モリブリンの親玉。森の聖域の最深部にいる。モリブリンと違ってタフであり、棍棒を振るい地を伝う衝撃波を放つ。
トーチスラグ
ナメクジ型のモンスター。普段はゆっくりとした動きだが、リンクを見つけると高速で寄ってくる。攻撃すると背中から出た炎が消え、しばらく怯んだ後に勢いよく逃げ出す。メガトンハンマーで床を叩くとひっくり返る。
フリザド
氷像のモンスター。冷たい息に触れると防御していても氷漬けにされてしまう。攻撃すると徐々に砕けていくが、完全に破壊しないとしばらく後に再生する。
シェルブレード
二枚貝型のモンスター。後ろのトゲで攻撃してくる。貝柱が弱点となっている。
スパイク
普段は小石に擬態しており、リンクが近づくとトゲを出して襲ってくる。
リーバ
砂漠の砂の中から出現し攻撃してくる。倒し続けると紫色の大型のものが登場する。子供時代と大人時代では倒され方が異なる。
グエー
カラス型のモンスター。「グエー!」と鳴き、リンクめがけて突っ込んでくる。倒し続けると大型のものが登場する。
アヌビス
魂の神殿の番人。リンクが動く方向と逆方向に移動し、剣を振るうと炎を吐く。炎を吐くが炎に弱い。
アモス
石像のモンスター。触れたり、攻撃を加えることで動き出し、倒されると暴れながら爆発する。アモスではないただの石像もある。
シャープ&フラット
音楽家兄弟の幽霊。生前はハイラル王家に仕え、長年の研究の成果をガノンドロフに横取りされかけた。実際はポウなのだが、死してなお高い知性と理性を保つ。
幽霊四姉妹の次女ジョオ、三女ベス、末妹エイミー
森の神殿を守る幽霊の姉妹。ジョオとベスは絵の中を行き来し、エイミーはブロックパズルに自分の姿を隠している。透明になっている間は攻撃が効かない。
名前の由来は、『若草物語』に登場する4姉妹。
偽ドア
一見普通のドアだが、開けようとすると倒れてきてダメージを受ける。爆弾やメガトンハンマーで破壊できる。『ふしぎのぼうし』にはこれと良く似た「ドアマネ」という敵が登場する。

中ボス[編集]

一般のモンスターに比べ防御するなど知能が高い。各ダンジョンの要所に配置され、多くは一つの小部屋にて待ち構えている。この部屋に入ると、倒すまでシナリオを進めることはできない。

リザルフォス
最初に登場する中ボス。剣を装備したトカゲ型のモンスターで、機敏に動きながら剣で斬りつけてくる。2体同時に登場することがある。防具を持たないため耐久力はそれほど高くなく、大人時代は一般モンスターとして登場する。
ドドンゴの洞窟、魂の神殿に登場。
ダイオクタ
巨大なオクタロック。石を発射するオクタロックとは異なり、巨体を活かした体当たりで攻撃する。弱点を狙うため、ブーメランで動きを止める必要がある。
ジャブジャブ様のお腹に登場。
スタルフォス
剣と盾を装備したシリーズ常連のガイコツ剣士。最も多く登場する中ボスで、盾を構えこちらの様子を伺いつつ、二段攻撃やジャンプ斬りなどリンクにも劣らない剣技で攻撃するなど、攻防のバランスが良い。2体同時に登場することもあるが、2体目を倒すのに時間を掛けすぎると1体目が復活してしまう。
森の神殿、闇の神殿、ゲルドの修練場、魂の神殿、ガノン城に登場。
四姉妹幽霊の長女メグ
森の神殿に登場。次女、三女、末妹を倒すと出現する。
分身を3体出現させ、本体を含めた4体で襲いかかってくる。分身は回転斬りの衝撃波で消すことができる。
フレアダンサー
炎の神殿に登場。炎の衣を纏っているが、本体は小さい。纏った炎は攻撃に使われるとともに装甲の役目も果たしている。
姫川コミカライズ版では2体同時に登場しリンクを襲った。
ホワイトウルフォス
白い体毛の大柄なウルフォス。耐久力がやや増しているが、攻撃パターンや倒し方はウルフォスと全く同じである。
氷の洞窟、ゲルドの修練場に登場。
ダークリンク
主人公の影。プレイヤーが名前を変更した場合は「リンク」の部分がそれに対応したものに変わる。動きをコピーする点は『リンクの冒険』のラストボスのブラックリンクと良く似ている。
ダークリンクの体力はリンクの体力を基に設定され、リンクの体力が高いほど体力は高くなる。体の色は最初は半透明で、戦闘が長引くにつれて黒くなってゆき、体の色が濃くなればなるほど攻撃は激しくなる(濃くなるにつれて感情的が高ぶっていることを表しているらしい)。回転斬りや弓矢・デクの実は前転アタックで回避し、こちらの隙を徹底的に突いてくる強敵。まともに剣と盾で張り合うと非常に辛い戦いとなるが、裏をかけば剣と盾の動きしかコピーできないので、ディンの炎や接近戦でのメガトンハンマーは防ぐことができない。
水の神殿に登場。姫川コミカライズ版ではボンゴボンゴの役割を奪う形で井戸から登場。カカリコ村では双方エポナに跨っての騎馬戦が展開された。
デドハンド
白地に赤の斑模様という非常に不気味なデザインで、リザルフォスのような声を上げる。本体は地下に隠れており、地面から生やした手がリンクを捕らえると地上に現れ噛み付いてくる。ダンジョンにより生えている腕の数は異なる。また、腕は倒せるものの再生する。
井戸の底、闇の神殿に登場。
ゲルドの盗賊
スタルフォスと似た戦い方をする強敵。盗賊団に捕まっている大工と会話すると出現する。武器は2本の湾刀で、熟練の剣技を攻撃にも防御にも使う。回転斬りを食らうと一撃で倒され、牢屋に入れられてしまう。
盗賊団のアジトに登場。4回勝利するとゲルドの仲間として認めてくれる。
ダイナフォス
リザルフォスに似た恐竜型のモンスター。槍のような大剣を装備し能力的にはリザルフォスを上回るが、やはり防具は持たず、動きもあまり変わらない。
ゲルドの修練場、ガノン城に登場。
アイアンナック
鎧を纏い、中ボスでは最大の攻撃力と体力を誇る。攻撃されるまでは椅子に座ったまま動かない。
動きは鈍いが大斧による攻撃は強力で、盾を構えていても防ぎきれない。また、爆弾以外の投擲武器(弓矢など)は通用せず、フックショットを使うとリンクの方が引っ張られてしまう。ある程度ダメージを与えると腹部の外装が外れて俊敏な動きを見せるようになるが、防御力が低下したためか弓矢なども通用するようになる。なお、大声を上げることがあるが内部は空。また、アイアンナック本体には当たり判定はない。
魂の神殿、ガノン城に登場。
漆黒のアイアンナック
裏ゼルダのガノン城の門番。攻撃力は普通のアイアンナックと同じだが、耐久力が増している。

ボス[編集]

そのステージで入手した武器を駆使することで倒せる場合が多い。なお、キングドドンゴとヴァルバジアのみ他のボスとは異なる専用のBGMが流れる。3Dの場合は、大人時代でオカリナメロディーの「光のプレリュード」を覚えた後で、リンクの家のベッドを調べると、一度戦ったボスと再戦ができる。

甲殻寄生獣ゴーマ (こうかくきせいじゅう - )
デクの樹サマの呪いの根源である巨大な一つ目の魔物。天井にのぼると卵を産み、卵からは幼生ゴーマが産まれる。
卵を産むことと、海外版では「Queen Gohma」となっていることからメスと考えられる。
猛炎古代竜キングドドンゴ (もうえんこだいりゅう - )
ドドンゴの洞窟の主である巨大なドドンゴ。通常のドドンゴと異なり四肢が発達しており、炎を吐いたり転がったりして攻撃する。口に入ったものは何でも食べる習性をもつ。
電撃旋回虫バリネード (でんげきせんかいちゅう - )
ジャブジャブ様に寄生している巨大な寄生虫。数体のバリ(通常のバリとは形状が異なる)に本体を守らせている。攻撃時にはバリを展開し、回転させながら電撃を放ってくる。
異次元悪霊ファントムガノン (いじげんあくりょう - )
森の神殿のボス。ガノンドロフにより闇の世界から召喚された、ガノンドロフの幻影。漆黒の馬に跨り、絵に出入りしつつ部屋中に稲妻を放つ。馬が倒された後は、空中を漂いつつ右手に持った槍から光弾を放ち攻撃する。また、稀に槍を構え突撃してくる。ステージが狭いため間合いの調節が難しく、攻撃パターンが同じガノンドロフと比べても厄介な敵である。
リンクに敗れた後、ガノンドロフによって次元の狭間に葬られた。
灼熱穴居竜ヴァルバジア (しゃくねつけっきょりゅう - )
炎の神殿のボス。かつてゴロンの英雄に退治された邪竜だが、ガノンドロフが復活させた(ゴロン族を喰らわせ、他の部族への見せしめにする予定だったという)。
攻撃方法は、極めて威力の高い火炎を吐く、噛み付く、天井から岩を降らせるなど。顔が弱点だが非常に硬く、並みの武器ではダメージを与えられない。
姫川コミカライズ版では、リンクが子供時代に飼っていた竜の子供がガノンドロフの手で凶暴化したという設定である。
水棲核細胞モーファ (すいせいかくさいぼう - )
水の神殿のボス。本体は小さな核で、水の触手を操り攻撃してくる。触手に巻き付かれると締め付けられながら振り回され、大きなダメージを受けてしまう。
暗黒幻影獣ボンゴボンゴ (あんこくげんえいじゅう - )
闇の神殿のボス。インパにより井戸の底に封印されていたが、彼女の力が弱まったことで封印が解けた。カカリコ村を襲撃し、シークとリンクを倒した後に闇の神殿の最深部に逃げ込む。
天井から逆さ立ちになった人間のような姿で、顔にあたる部分に本体となる大きな一つの目玉がある。両手は分離しており、リンクが乗っているステージを打楽器のように忙しなく叩き揺らす。胴体は天井へと伸び、腰から先がどうなっているのかは不明。
攻撃方法は、突進、手で締め付ける、張り手でリンクを押し出すなど。まことのメガネを使わないと視認できないが、一応ダメージを与えることはできる。
氷の矢で手を射るとコミカルな行動を見せる。
双生魔導士ツインローバ (そうせいまどうし - )
魂の神殿のボス。コウメとコタケからなるゲルド族の双子の魔女で、ガノンドロフの育ての親。強力な魔力でナボールを7年間操っていた。名前の通り老婆の姿をしているが、合体すると巨大な若い女性の姿をした「ツインローバ」に姿を変える。年齢は本人達曰く380 - 400歳。
普段は2人とも髪をまとめているが、戦闘時には炎および冷気を帯びて逆立ち、体も一回り巨大化する。コウメは冷気、コタケは炎が弱点だが、魔法の矢は通用しない。コウメは炎の魔法、コタケは氷の魔法を使い、合体すると双方の魔法を操る。
リンクに敗れた後、口喧嘩をしながら天に召された。
ムジュラの仮面』や『ふしぎの木の実』でも、それぞれ別の設定で登場している。
大魔王ガノンドロフ
ガノン城の主。「力のトライフォース」を使い、魔王と化したゲルド族の男。
攻撃パターンはファントムガノンの後半戦と同様で、大量に放たれる光弾は普通に剣で斬っただけでは跳ね返しきれない。また、力のトライフォースによる闇の波動により光の矢で動きを封じるまではZ注目ができない。光弾を放つため魔力を蓄えている時に光の矢を撃ち込むと爆発させることができる。肉弾戦を仕掛けてくることもあるが、そのたびにステージが崩れていく。
ガノン
本作の最終ボス。戦いに敗れたガノンドロフが、最後の力を振り絞り魔獣へ変貌したもの。
戦闘開始直後にマスターソードをはじかれてしまい、ダイゴロン刀やメガトンハンマーでの攻撃を余儀なくされる。両手剣による攻撃は強力で、炎の壁とのコンボにより大ダメージを受けることがある。ナビィは「弱点はわからない」と言うが尻尾が弱点であり、ダメージを与えるにはガノンの背後を取る必要がある。なお、ガノンドロフ同様光の矢に弱い。また、マスターソードを取り返して装備すると、ガノンに与えられるダメージが約2倍となる。

アイテム[編集]

アイテムの中には、こども専用、おとな専用のものがある。また、魔法アイテムやダンジョンクリア時にもらえるメダルなど、使用できないアイテムもある。

Cアイテム[編集]

Cボタンユニットにセットして使用する。

デクの棒
攻撃や火を運ぶ時に使用する。攻撃力はコキリの剣の2倍(マスターソードと同等)だがすぐ折れる。最初は10本で最大30本。
妖精のパチンコ
子供時代のみ使用可能。デクのタネを消費し、遠くの敵を攻撃したりスイッチを起動させることができる。最初は30個で最大50個。
ブーメラン
子供時代のみ使用可能。遠くの敵を攻撃したり、スイッチを起動させたり、アイテムを回収したりすることができる。敵をマヒさせることもできる。
デクの実
目くらましで敵の動きを一時的に止める。効かない敵もいる。最初は20個で最大40個。
妖精のオカリナ
コキリの森を出る時にサリアからもらう。子供時代はこのオカリナでメロディ関係の謎を解く。時のオカリナ入手と同時にメニュー画面から消える。
姫川コミカライズ版では、リンクが落とした妖精のオカリナ(リンクやナビィはサリアのオカリナと呼ぶ)の形状が時のオカリナに似ていたためガノンドロフに持ち去られ、後に時のオカリナではないことに気づいたガノンドロフによって粉々に壊されてしまった。
時のオカリナ
ハイラル王家に伝わる秘宝。ゼルダ姫がガノンドロフから逃れる際にリンクに託す。聖地への入り口である「時の扉」を開ける時に必要となる。
まことのメガネ
真実を観ることができるメガネ。幻を見透かしたり、逆に見えない物体を視認することができる。メガネをかけている間は魔力を消費する。
バクダン
物体の破壊や敵を倒す時に使用する。ドドンゴ洞窟をクリアするとショップで買うことができるようになる。最初は20個で最大40個。ボム袋が必須。ゴシップストーンのそばで爆発させると、ロケットとなって飛んでいく。
ボムチュウ
自走型のバクダン。ドドンゴ洞窟をクリアすると入手可能になる。最初は30個で最大50個。ボム袋が必須。他の消費アイテムと異なりフィールド等では入手できず、特定のショップで高額で販売されている。ただし、必要となる場面では宝箱に入っていることが多い。
魔法のマメ
子供時代にマメまきポイントに植えると、大人時代にリフトとして使用できる。マメまきポイントの数と同じ10個しか入手できず、1個目の価格は10ルピーだが、以後10ルピーずつ値上がりしていく。これを植えないと手に入らないアイテムがある。
妖精の弓
大人時代のみ使用可能。 矢を消費し、遠くの敵を攻撃したり、スイッチを起動させたり、燭台に火を灯したりすることができる。基本的な使い方は妖精のパチンコと同じ。最初は30本で最大50本。
炎の矢(消費MP:2)
くもの巣や燭台に火をつけることができる。攻撃力は普通の矢と変わらない。最後のステージでは不可欠のアイテムである。
氷の矢(消費MP:2)
敵を氷漬けにすることができるほか、水面に放てば水を凍らせて足場にすることができる。
光の矢(消費MP:4)
全神殿攻略後にゼルダ姫より授けられる、ガノンドロフに対する切り札。ガノンにも威力を発揮する。これを使って敵を倒すと普段より多くのルピーが得られる。
フックショット / ロングフック
大人時代のみ使用可能。伸び縮みする鎖の先にフックのついた武器。攻撃の他に、フックを突き刺して物を引き寄せたり、逆に自らを引っ張らせて移動することもできる。ロングフックはフックショットの2倍の長さがある。
メガトンハンマー
大人時代のみ使用可能。デスマウンテンに封印されていたゴロン族の伝説の武器。リーチは短いが高い威力を誇り、リンクでは押すことのできないスイッチやブロックを衝撃力を利用して動かすこともできる。縦に振ると地面に衝撃が伝わり、ジャンプ攻撃が可能。
ディンの炎(消費MP:6)
自分の周囲に炎のドームを展開する。範囲内の物体に火をつけ、敵にはダメージを与える。ゴシップストーンに炎を当てると縦に伸びる。
フロルの風(消費MP:6)
ダンジョン内にポインタを作り、ワープすることが可能となる。ボスの部屋の手前にセットして負けてもすぐにボス部屋まで移動できるようにしたり、同じ場所を往復しなければならない場合に移動時間を短縮する目的で使用する。時を超えたりセーブせずにリセットすると、ポインタは消えてしまう。
ネールの愛(消費MP:12)
青く輝く結界を張り、一定時間無敵となる。ただしダメージを受けないだけであり、攻撃を受ければ怯んだり突き飛ばされたりする。また、デクの盾を装備中に炎攻撃を受けると、ダメージは受けないが盾は燃えてしまう。
あきビン
ロンロン牛乳、赤いクスリ、緑のクスリ、青いクスリ、妖精、ポウ、ビッグポウ、青い炎、手紙、ムイムイ、サカナを入れることができる。また、ファントムガノンやガノンドロフの光弾を跳ね返すことができる。
ロンロン牛乳
1回の使用でハートが5つ回復する。2回使用できる。
赤いクスリ
体力を全回復できる。
緑のクスリ
魔力を全回復できる。
青いクスリ
体力・魔力を全回復できる。
妖精
体力を全回復できる。また、持っているとライフがゼロになっても復活できる。
ポウ
ハートが増加もしくは減少する。ゴーストショップの主人に売ることができる。
ビッグポウ
使用することはできない。ゴーストショップの主人に高く売ることができ、クーポンがもらえる。
青い炎
赤い氷を溶かすことができる。
手紙
ルトが助けを求めるために書き残した手紙。
ムイムイ
マメまきポイントに放つと黄金のスタルチュラが出現する。
サカナ
ジャブジャブ様の前で放つとジャブジャブ様が口をあける。
お面 / 仮面
城下町にあるお面屋でレンタルする。必要としている人に売ることができ、売った場合はお面屋に代金を支払う。お面を売るイベントを全てクリアすると、珍しいお面や仮面のレンタルが可能となる。お面の中には、ゴシップストーンから噂を聞くことができるものもある。
  • キータンのお面
  • ドクロのお面
  • こわそなお面
  • ウサギずきん
  • ゴロンのお面
  • ゾーラのお面
  • ゲルドのお面
  • まことの仮面
わらしべアイテム
物々交換イベント用のアイテム。交換に時間制限があるアイテムも存在する。時間制限があるアイテムではワープメロディーを使うと失敗となるため、エポナとリンクの足を駆使して運ばなければならない。
  • ポケットタマゴ
  • てのりコッコ
  • コジロー
  • あやしいキノコ(制限時間3分)
  • あやしいクスリ
  • 密猟者のノコギリ
  • 折れたゴロン刀
  • 処方せん
  • メダマガエル(制限時間3分)
  • 特製本生目薬(制限時間4分)
  • ゴロン刀引換券
その他
お面を手に入れると無くなってしまう。
  • ふしぎなタマゴ
  • めざましドリ
  • ゼルダの手紙

装備アイテム[編集]

コキリの剣
コキリの森にある、子供リンクが唯一使用できる剣。姫川コミカライズ版ではミドが持っている。
マスターソード
時の神殿に封印されている伝説の退魔の剣。コキリの剣の2倍の威力を持つ。
巨人のナイフ / 折れた巨人のナイフ
マスターソードの2倍の威力を持つ両手剣。両手で構えるため盾と同時に使用することはできない(盾を構えようとすると、背負ったまましゃがみこむアクションを取る)。数回使用すると折れてしまうが、200ルピーを支払えば修理可能。なお、折れた巨人のナイフはコキリの剣と同じ威力で、ダイゴロン刀入手後は所持できなくなる。
ダイゴロン刀
ダイゴロンによって修復された剛剣。巨人のナイフとは柄頭の色が違い、何度使用しても折れる事はない。
デクの盾
子供時代に普通に構えることのできる唯一の盾。火が付くと燃えてしまうが、デスマウンテンの火山弾だとなぜか焼失しない。
ハイリアの盾
鉄製の頑丈な盾で炎攻撃を防ぐ。子供時代にも装備はできるが、重すぎて前に構えることができず、背負ったままの状態で使う。
ミラーシールド
表面が鏡のようになっている盾。光や一部の魔法攻撃を反射することができるが、オクタロックなどの攻撃を跳ね返すことはできない。ゲームクリアには不可欠のアイテムであり、ライクライクに飲み込まれてもなくならない。修正ロム版ではデザインが変更された。
いつもの服
最初から所持しているコキリの民族衣装。シリーズお馴染みの緑色の服で、特別な効果はない。
ゴロンの服
火に強い赤い服。溶岩床で一定時間ダメージを受けなくなり、灼熱地帯でも時間制限無く行動できる。イベントで入手するが、ゴロンの店で200ルピーで買うこともできる。
ゾーラの服
水中でも息ができる青い服。イベントで入手するが、ゾーラの店で300ルピーで買うこともできる。
いつものブーツ
最初から所持している普通の靴。
ヘビィブーツ
非常に重い鉄製の靴。体が重くなり、水中を歩くことが可能となる。地上で履くと強風でも飛ばされなくなるが、動きが極めて鈍くなる。3DS版では『風のタクト』と同じようにCアイテムに変更された。
ホバーブーツ
羽のような装飾のある靴。ジャンプ距離が伸び、僅かな時間だが空中を歩くこともできる。また、床に体重をかけずに歩くことができるものの、極端にスリップするようになる。ヘビィブーツ同様3DS版ではCアイテムに変更された。
タネ袋
デクのタネを入れるための道具。最初は30個までで、最大のものは50個まで入る。
矢立
矢を入れるための道具。最初は30本までだが、新しい矢立を手に入れることで最大50本まで持てるようになる。
ボム袋
爆弾を入れるための道具。最初は20個までで、最大40個まで持てるようになる。
ゴロンのうでわ
バクダン花、草などを持ち上げることができる。大人で使用できない(力がついて不要になったと思われる)。銀のグローブを入手すると、ゴロンのうでわが銀のグローブに置き換わる。
銀のグローブ
大きな岩や特定のブロックを持ち上げたり、動かすことができる。
金のグローブ
銀のグローブより更に大きい岩柱を持つことができる。
銀のウロコ
水深6まで潜水可能になる。
金のウロコ
水深8まで潜水可能になる。

マップアイテム[編集]

各ダンジョン内のみ使用可能。

ダンジョンマップ
ダンジョンの構造が詳しく書かれたマップ。点滅している箇所は現在地を、青色で表示された箇所は行ったことのある場所を示す。ゲルドの修練場とガノン城にはマップがない。
コンパス
自らの位置のほか、宝箱の場所やボスの所在地を指し示す。
ボス部屋のカギ
ボスの部屋に入るための鍵。一般のものよりも豪華な宝箱に入っている。

オカリナアイテム[編集]

オカリナ画面のアイテム。

もだえ石
振動パックをつけていると、隠し穴や妖精珠などが出現する場所で振動する。Wii(バーチャルコンソール版)では振動機能が無いため使えない。3DS版では、音で存在を知らせる「ひびき石」に変更された。
ゲルドの会員証
ゲルド族に仲間として認められた証。砦内を自由に歩きまわれるようになる。ゲルドの修練場や幻影の砂漠へ行く際に必要となる。なお、子供時代にこれを持ってゲルドの谷に行っても、砦内に入ることはできない。
スタルチュラのしるし
黄金のスタルチュラを倒すと得られる印。全部で100個ある。集めるとカカリコ村のスタルチュラハウスに住む親子の呪いを解くことができる。また、10個集めると大人のサイフが、20個でもだえ石(ひびき石)、30個で巨人のサイフ、40個でボムチュウ10個、50個でハートのかけらがもらえる。100個全て集めると、家の主人に話し掛けるたびに200ルピーもらえるようになる。
ハートのかけら
体力が全回復する。かけらを4つ集めるとライフが1増える。ハイラルに全部で36個存在する。
メダル
六賢者の協力を得た証。賢者を覚醒させると、対応するメダル(光・森・炎・水・闇・魂の6種類)が得られる。
森のメダルは64版と3DS版では模様が違う。
森・炎・水の精霊石
時の扉を開くために必要な宝珠。コキリのヒスイ、ゴロンのルビー、ゾーラのサファイアの3つで、各種族の抱える問題を解決すると報酬として渡してくれる。

補充アイテム[編集]

ルピー
この世界のお金。緑色が1ルピー、青色が5ルピー、赤色が20ルピー、紫色が50ルピー、金色が200ルピー。また、銀ルピーは謎解きアイテムだが5ルピー入手できる。
小さなカギ
ダンジョン内の鍵のかかった扉を開けることができる。「大きなカギ」はない。
回復のハート
体力がハート1つ分回復する。
魔法のツボ
魔力が回復する。大きさによって回復量が異なる。
デクの棒
デクの棒が1つ増える。
デクの実
デクの実が5つ増える。
デクのタネ
パチンコの弾が増える。
バクダン
爆弾が5つ増える。
矢・炎の矢・氷の矢・光の矢の使用回数が増える。
ハートの器
ボス戦終了後に入手できるアイテム。体力が全回復し、ライフが1増える。なお、かけらと器を全て集めるとライフは最大で20になる。

[編集]

力・知恵・勇気の大妖精から授かる。

回転斬り
魔法習得の際に覚える剣技。剣を振った後、Bボタンを押したままにすると剣の色が変わり、円を描くように衝撃波を放ち攻撃する。ボタンを押す時間によって円の大きさが変わる。3Dスティックを素早く1回転させてからボタンを押すと、溜めずに攻撃できるうえに魔法力も消費しない(ただし衝撃波は出ない)。
魔力強化
魔法力が最初に手に入れた時の2倍に増える。入手するにはメガトンハンマーが必要。
防御力強化
敵から受けるダメージが半減される。入手するには金のグローブが必要。入手後は体力を表すハートの周りが白くなる。なお、着地ダメージは無効化されない。

サイフ[編集]

大人のサイフ
200ルピーまで持てるようになる。
巨人のサイフ
500ルピーまで持てるようになる。

地理[編集]

広大なハイラル平原が広がり、森、山、湖、谷など豊かな自然に囲まれている。

要所[編集]

コキリの森 (Kokiri Forest)
コキリ族が住む、のどかな森。リンクの出身地で、森の聖域へつながる迷いの森やデクの樹サマが聳える広場がある。迷いの森にはゾーラ川につながる水路やゴロンシティへ通じる道もある。
一見のどかな場所だが、森に入った外部の者は皆怪物(子供の場合はスタルキッド、大人の場合はスタルフォスと思われる)と化してしまう。そのため、外部の者はコキリの森を含めた森全体を「禁断の森」と呼ぶ。なお、デクの樹サマの加護を受けて育ったリンクや、特別な力を持つ者は平気らしい。大人時代はデクの樹サマの死去およびガノンドロフの魔力によって大量のモンスターに占領されているが、森の神殿をクリアすると全て消える。
ハイラル城 (Hyrule Castle)
ハイラル王やゼルダ姫が住む、ハイラルの中枢となる城。城の周りや中庭は警備が厳しく、城下には賑やかな街が広がる。大人時代は同じ場所にガノン城が建っている。
城下町 (Market)
ハイラル城下の活気溢れる街。商業施設や娯楽施設が充実しているが、大人時代はガノンドロフに滅ぼされ廃墟と化している。
時の神殿 (Temple of Time)
悪心を持つものは決して触れることのできない、伝説の剣・マスターソードが収められている神殿。マスターソードを抜いたリンクは時の勇者としては幼すぎたため聖地へ封印され、7年の時を経て時の勇者として覚醒する。ここでは大人時代と子供時代を行き来することができる。
カカリコ村 (Kakariko Village)
デスマウンテンの麓に位置するシーカー族の村。シーカー族最後の生き残りであるインパによりハイリア人に開放され、城下町の住民達が移り住んでいる。インパが以前住んでいた家には、ダンジョンなどの仕掛けを解くヒントが描かれている。子供時代と大人時代でBGMが若干異なる。
デスマウンテン (Death Mountain)
ゴロン族の住むゴロンシティがある霊峰。山頂には一際大きなゴロン族、ダイゴロンがいる。岩石や火山灰が降る危険な場所がある。
ゾーラの里 (Zora's Domain)
王国の水源を守るゾーラ族が住む美しい里。カカリコ村の南の川の上流に位置する。ゾーラの泉に住むジャブジャブ様は、ゾーラ族から守り神と崇められている。大人時代はガノンドロフの呪いにより凍結しており、ジャブジャブ様もゾーラの泉からいなくなっている。水の神殿をクリアすると呪いは解ける。
ハイリア湖 (Lake Hylia)
ゲルドの谷を流れる川が流れこむ広大な湖。釣り堀などがある。ゾーラの里と水路でつながっているが、大人時代はゾーラの里が凍結しており行き来できない。
ロンロン牧場 (Lon Lon Ranch)
ハイラル平原の中央に位置する平和な牧場。タロン、マロン、インゴーの3人で栄養満点のロンロン牛乳を生産している。ガノンドロフ側に付いたインゴーに乗っ取られるが、彼との競馬に勝つと牧場を取り返すことができる。
ゲルドの谷 (Gerudo Valley)
幻影の砂漠の入り口で、近くにゲルド族の砦がある。谷底にはハイリア湖へと流れる川があるが、谷から湖への一方通行であり、ハイリア湖からゲルドの谷に行くことはできない。砦では数名のゲルド族がハイラル城よりも厳重な警備を行なっており、見つかると牢屋に閉じ込められてしまう(フックショットまたはロングフックで脱出可能)。子供時代は会員証を持っていても砦に入ることはできない。

ダンジョン[編集]

デクの樹サマの中 (Inside the Great Deku Tree)
その名の通り、コキリの森の奥に聳えるデクの樹サマの体内。魔物に侵されている。最初は空洞となっている内部を探索し、根の部分の地下水脈へと降りていく。最初のダンジョンなのでそれほど広くなく、基本的な動作や謎解きが要求される。
ボス:甲殻寄生獣ゴーマ
ドドンゴの洞窟 (Dodongo's Cavern)
デスマウンテン登山道にある、ドドンゴの住処と化した洞窟。左右対称に近い構造で、最も大きな広間にはドドンゴの顔を模したような大きな造形物がある(巨大ドドンゴの骨そのものとする説も)。爆弾の使い方が攻略の鍵を握る。子供時代にクリアし、大人になってからも入れる唯一のダンジョンである。
ボス:猛炎古代竜キングドドンゴ
ジャブジャブ様のお腹 (Inside Jabu-Jabu's Belly)
ゾーラの泉に生息する巨大魚、ジャブジャブ様の体内。口から入り五臓六腑を探索するが、外見からは想像できないほど広い。また、非戦闘員と行動を共にする唯一のダンジョンである。「裏ゼルダ」では、なぜか牛がジャブジャブ様のお腹に埋め込まれ、パチンコで起動するスイッチとなっている。
ボス:電撃旋回虫バリネード
森の神殿 (Forest Temple)
森の聖域にある神殿。中世の古城のような外観をしており、コキリの森の中で唯一青空が見える場所でもある。初めて「カギ」が出てくるダンジョンで、謎解きの複雑さ・ダンジョンの広さともに急激にレベルアップする。闇の神殿に次いで暗く、BGMも恐怖感がある。地下へ進むには、四姉妹の精霊から炎を取り戻す必要がある。
なお、このダンジョンには廊下が90度にねじれているというギミックが登場するが、光村図書出版が発行する高校用の美術の教科書にこの廊下が取り上げられている。
ボス:異次元悪霊ファントムガノン
炎の神殿 (Fire Temple)
デスマウンテン火口にある神殿。捕らわれたゴロン族を助けつつ進んでいく。火口にありながら異様な高層構造で、さながらデスマウンテンの内部に埋め込まれた神殿である。マグマに満ちた内部は熱気で覆われ、いつもの服で活動することはほぼ不可能(制限時間が切れるとゲームオーバー)。なお、再修正ロム版からBGMが変更されている。
ボス:灼熱穴居竜ヴァルバジア
氷の洞窟 (Ice Cavern)
ゾーラの泉の奥にある洞窟。氷の性質を利用した仕掛けが多く登場する。最短目的を果たすだけならほぼ一本道である。表のボスはホワイトウルフォスだが、裏ではスタルフォスとなっている。
水の神殿 (Water Temple)
ハイリア湖の湖底に眠る神殿。中央塔を中心に通路・部屋が点在する。水位を変化させて進むなど思考力・観察力が問われる謎解きが多く、難易度は高い。炎の神殿と同様、水中を探索するため、いつもの服で活動することはほぼ不可能(水中で制限時間が切れるとゲームオーバー)。裏では早期にロングフックやマップ・コンパスが手に入り、より自由度の高い探索が可能である。ゼルダシリーズにおけるいわゆる水系ダンジョンの元祖である。
ボス:水棲核細胞モーファ
井戸の底 (Bottom of the Well)
カカリコ村の井戸の底。幻影獣ボンゴボンゴが封じられていた。かつては真実を見通す眼を持つ者が住む屋敷だったらしいが、それが井戸になった理由は不明。普通では見えない仕掛けや見えるのに存在しない仕掛けがあり、随所に処刑・拷問用の器具と思われる物が置かれている。リメイクでは照度が上がり、64版ほどの暗さはなくなった。ボスはデドハンド。
闇の神殿 (Shadow Temple)
カカリコ村の墓地に存在する神殿。井戸の底と似た雰囲気を持つが、面積は非常に広い。巨大な鎌を持つ死神像や鳥形の石像、棺桶、ギロチンなどグロテスクな仕掛けが多く、ハイラルの血塗られた歴史を秘めた神殿であるらしい。後半は幽霊船で大きく移動する。井戸の底と同じくリメイクでは、若干暗さが落ち着いた。
ボス:暗黒幻影獣ボンゴボンゴ
ゲルドの修練場 (Gerudo Training Ground)
ゲルドの砦にあり、文字通り部屋ごとに修練を課せられる。入らなくともクリアは可能だが、ここでしか手に入らないアイテムがある。
魂の神殿 (Spirit Temple)
砂漠の果ての巨大邪神像内にある神殿。左右対称の構造で、古代エジプトのような雰囲気を有する。子供・大人両方の時代で入る必要があるが、子供時代は総合的なテクニックが要求され、大人時代はそれに加えて光を利用した謎解きに挑むこととなる。
ボス:双生魔道師ツインローバ
ガノン城 (Ganon's Castle)
ハイラル城のあった場所に建てられたガノンドロフの居城。内部は六つの結界が張られている。謎解きにはこれまでの各ダンジョンの仕掛けが凝縮され、応用力が求められる。裏では、入り口に漆黒のアイアンナックが配置される。
ボス:大魔王ガノンドロフ/ガノン

オカリナのメロディ[編集]

オカリナが奏でるメロディは様々な効果をもたらし、それを活用して冒険を進めてゆく。メロディはCボタン群とAボタンを組み合わせて演奏する。

通常メロディ[編集]

様々な効果をもたらすメロディ。いずれもイベントに関連する人物や場所のテーマ曲の一部分である。

ゼルダの子守歌 (Zelda's Lullaby)
インパから教わる最初のメロディ。ハイラル王家の関係者の証にもなる。
エポナの歌 (Epona's Song)
マロンから教わる牧場の歌。牛の前で吹くと牛乳がもらえる。大人時代はエポナを呼び寄せることができる。
サリアの歌 (Saria's Song)
サリアから教わる。サリア、ナビィと会話することができる。
時の歌 (Song of Time)
ゼルダ姫から教わる。時の扉を開けるために必要。また、時の扉と同じ模様が刻まれたブロックを消したり出現させたりすることができる。
嵐の歌 (Song of Storms)
風車小屋の男から教わる。嵐を呼び、豪雨を降らせる。
太陽の歌 (Sun's Song)
王家の墓内の石碑から習得する。昼夜を逆転させるだけでなく、リーデットやギブドを長時間行動不能にすることもできる。覚えなくともクリアは可能。
カカシの歌 (Scarecrow's Song)
プレイヤーが自由にメロディを作ることができる。特定の場所でカカシを呼び出し、フックショットの的として利用することで通常では行けないポイントに移動することが可能となる。作らなくてもクリアは可能だが、一部のアイテムを取るためには不可欠。なお、もう一体のカカシに聞かせた曲は、エンディング終了後しばらく待つと聞くことができる。

ワープ用メロディ[編集]

特定の場所にワープするためのメロディ。その地点を初めて訪れた際にシークから教わる(「光のプレリュード」だけは森の神殿をクリアしないと教えてもらえない)。ワープ用メロディーは、通常メロディーと異なりオーケストラ風の演奏になる。

  • 森のメヌエット (Minuet of Forest) - 森の聖域
  • 炎のボレロ (Bolero of Fire) - デスマウンテン火口
  • 水のセレナーデ (Serenade of Water) - ハイリア湖畔
  • 闇のノクターン (Nocturne of Shadow) - 墓地
  • 魂のレクイエム (Requiem of Spirit) - 巨大邪神像前
  • 光のプレリュード (Prelude of Light) - 時の神殿

スタッフ[編集]

  • スクリプトディレクター - 大澤徹
  • ゲームシステムディレクター - 山田洋一小野塚(青沼)英二(主にダンジョンデザインを担当)
  • 3Dシステムディレクター・キャラクターデザイン - 小泉歓晃
  • プログラムディレクター - 岩脇敏夫
  • 音楽 - 近藤浩治
  • シネマシーンディレクター - 河越巧、森直樹
  • マップデータマネージャー - 木村茂夫
  • プロデューサー - 宮本茂
  • スーパーバイザー - 手塚卓志中郷俊彦
  • エグゼクティブプロデューサー - 山内溥

ゼルダの伝説 時のオカリナGC[編集]

ゼルダの伝説 時のオカリナGC
The Legend of Zelda: Ocarina of Time GC
ジャンル アクションアドベンチャー
対応機種 ニンテンドーゲームキューブ
開発元 任天堂
発売元 任天堂
人数 1人
メディア 8cm光ディスク 1枚
発売日 2002年12月13日(『ゼルダの伝説 風のタクト』予約特典)
その他 振動機能対応
©1998,2002 Nintendo
テンプレートを表示

ゼルダの伝説 時のオカリナGC』は、『時のオカリナ』をニンテンドーゲームキューブに移植(説明書の表記は再現)したものである。『ゼルダの伝説 風のタクト』(2002年12月13日発売)の予約特典として配布された。コントローラーの操作ボタンの割り振り方など細部にわずかな違いがある(後述)ものの、内容はオリジナルを忠実に再現している。

当初は数量限定のキャンペーンとして発表され、予約後その場で特典ディスクをプレゼントするという方法が予定されていた。しかし、問い合わせが殺到したり、特典目当てに予約だけして商品を購入しない客が出るなど店頭での混乱が懸念されたため、予約者全員に『風のタクト』のディスクと一緒に配布する方法に変更された。

また本作には、『時のオカリナ』の高難易度版である『ゼルダの伝説 時のオカリナGC 裏[28]』(英題:The Legend of Zelda: Ocarina of Time Master Quest)も収録された。これは元々64DD用に開発されたもののお蔵入りとなっていたソフトを活用したものであり、本編と全く異なる謎や仕掛けが用意されたダンジョンは、より難しく複雑になっている。なお、『風のタクト』公式サイトに「裏ゼルダ攻略ガイド」が掲載されている。また、『ゼルダコレクション』に収録されている『時のオカリナ』は、このGC版とほぼ同じものである。

バージョンによる相違点[編集]

修正ロム版[編集]

  • ゲーム起動時のNINTENDO64ロゴの色が濃くなった。
  • 一部のバグが出来なくなっている。

再修正ロム版[編集]

  • 炎の神殿のBGMのお経のように聞こえるコーラスが、闇の神殿のBGMに似たコーラスに差し替えられた。
  • 魂の神殿のボス・ツインローバのコウメが放つ炎の魔法の演出が控え目になった(地面に当たった時のエフェクトが漫画の炎のようなCGからオレンジ色のCGに)。

ゲームキューブ版[編集]

  • 解像度が上がり、画質が若干良くなった。プログレッシブモードでの表示も可能。
  • ゲームキューブ(GC)の仕様に合わせ、メッセージを一部変更(例:振動パック→振動機能、Z注目→L注目)。
  • GC用コントローラーの仕様に合わせ、ボタンの色を変更(例えば、STARTボタン:赤→灰、Bボタン:緑→赤、Aボタン:青→緑)。
  • メモリーカードにセーブデータを保存するため、セーブ時は画面が暗転し「セーブしています…」と表示され、ゲームが一時的に停止する。
  • 音飛びが多く、部屋を出入りする時などにBGMが途切れる。
  • エンディング、ガノン城の崩壊シーンの処理が若干早い(処理が早すぎた所では動きが鈍い)。

バーチャルコンソール版[編集]

  • 解像度が上がり、画質が若干良くなった。
  • 振動機能がないため、もだえ石が使えない。
  • 処理落ち、音飛びがやや多い。
  • エンディング、ガノン城の崩壊シーンの処理が、N64版やGC版とは逆に遅くなった。
  • 大乱闘スマッシュブラザーズX』では、「名作トライアル」の隠しタイトルの1つとして収録されている。体験版のためプレイ時間は5分に制限される。

関連商品[編集]

作品ガイド[編集]

ゼルダの伝説 〜時のオカリナ〜 公式攻略ビデオ
発売日:1998年12月 / 発売:メディアファクトリー / 品番:ZMVS-901
企画・製作:ファミ通、製作協力:任天堂、収録時間:約45分。
ゼルダの伝説シリーズの歴史などを交えつつ、ナビィ(声 - 水橋かおり)が水の神殿までガイドする。宮本茂プロデューサーのインタビュー映像あり。
任天堂公式ガイドブック ゼルダの伝説 時のオカリナ
発売日:1998年12月 / 発行:小学館(ワンダーライフスペシャル) ISBN 4-09-102660-5
ゼルダの伝説 時のオカリナ 勇者の書
発売日:1998年12月22日 / 講談社覇王ゲームスペシャル 141) ISBN 4-06-343141-X
ゼルダの伝説 時のオカリナ 攻略聖典
発売日:1998年12月 / メディアファクトリー(じゅげむBOOKSISBN 4-88991-698-9
ゼルダの伝説 時のオカリナ 極楽本
発売日:1998年12月21日 / ベストセラーズ(ベストゲームファンブックスシリーズ) ISBN 4-584-16091-0
ゼルダの伝説 時のオカリナ ナビゲーションブック
発売日:1998年12月21日 / アクセラ ISBN 4-87300-009-2
ゼルダの伝説 時のオカリナ 攻略の組曲
発売日:1999年1月26日 / 学習研究社(GAKKEN MOOK) ISBN 4-05-602058-2
ゼルダの伝説時のオカリナ 完全攻略マップ&データ
発売日:1999年1月 / メディアワークス(電撃ムックシリーズ 電撃攻略王) ISBN 4-07-310746-1
ゼルダの伝説 時のオカリナ 攻略ガイドブック
発売日:1999年1月 / ティーツー出版 ISBN 4-88749-020-8
ゼルダの伝説 時のオカリナ パーフェクトプログラム
発売日:1999年2月 / 高橋書店(高橋書店GAME BOOKS) ISBN 4-471-36036-1
ゼルダの伝説 時のオカリナ 完全攻略ガイドブック
発売日:1999年3月 / NTT出版 ISBN 4-7571-8033-0
ゼルダの伝説 時のオカリナ百科
発売日:1999年4月 / アスペクト ISBN 4-7572-0396-9
2000年のアスキーのグループ再編に伴い、第2版(2000年6月)より発行元がエンターブレインに変更された(ISBN 4-7577-0075-X)。
ゼルダの伝説 時のオカリナ
発売日:1999年6月 / ティーツー出版(ゲーム超文庫) ISBN 4-88749-027-5
ゼルダの伝説 時のオカリナ GC裏 コンプリートガイド
発売日:2003年3月24日 / ソフトバンクパブリッシング(ニンテンドーゲームキューブBOOKS) ISBN 4-7973-2318-3
「裏ゼルダ」に対応。

CD[編集]

ゼルダの伝説 時のオカリナ オリジナルサウンドトラック
発売日:1998年12月18日 / 発売:ポニーキャニオン / 品番:PCCG-00475
NINTENDO64 Sound Series 第10弾。5,000パック限定で「時のオカリナ付スペシャルパッケージ」も発売された。
ゼルダの伝説 時のオカリナ ハイラル・シンフォニー
発売日:1999年1月27日 / メディアファクトリー / 品番:ZMCX-102
ゼルダの伝説 時のオカリナ リアレンジ・アルバム
発売日:1999年12月22日 / 徳間ジャパンコミュニケーションズ / 品番:TKCA-71824

漫画[編集]

ゼルダの伝説 時のオカリナ
作者:姫川明 / 発行:小学館(小学五年生・小学六年生連載、てんとう虫コミックススペシャル
上巻(発売日:2000年2月 ISBN 4-09-149601-6
下巻(発売日:2000年5月25日 ISBN 4-09-149602-4
ゼルダの伝説 時のオカリナ
作者:谷上俊夫 / 発行:小学館(ハイパーコロコロ(1999年3月・7月刊行)連載)
ゼルダの伝説 時のオカリナ 4コママンガ劇場
発売日:1999年3月26日 / エニックス ISBN 4-7575-0008-4
ゼルダの伝説 時のオカリナ 4コママンガ劇場(2)
発売日:1999年5月28日 / エニックス ISBN 4-7575-0034-3
ゼルダの伝説 時のオカリナ 4コマギャグバトル
発売日:1999年3月 / 光文社(火の玉ゲームコミックシリーズ) ISBN 4-334-80450-0
ゼルダの伝説 時のオカリナ 4コマギャグバトル 〈冒険編〉
発売日:1999年7月 / 光文社(火の玉ゲームコミックシリーズ) ISBN 4-334-80467-5
ゼルダの伝説 時のオカリナ 4コマギャグバトル 〈探検編〉
発売日:1999年12月 / 光文社(火の玉ゲームコミックシリーズ) ISBN 4-334-80487-X
ゼルダの伝説 時のオカリナ 4コマまんが王国
発売日:1999年4月 / 双葉社 ISBN 4-575-93616-2

その他[編集]

ゼルダの伝説 時のオカリナ (楽しいバイエル併用)
発売日:1999年5月30日 / ドレミ楽譜出版社 ISBN 4-8108-6293-3
ゼルダの伝説 ベスト・コレクション (楽しいバイエル併用)
発売日:2004年5月 / ドレミ楽譜出版社 ISBN 4-8108-8449-X
シリーズ5作品のオリジナルサウンドトラックから厳選した曲をピアノ・ソロにアレンジ。

ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D[編集]

ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D
The Legend of Zelda: Ocarina of Time 3D
ジャンル アクションアドベンチャー
対応機種 ニンテンドー3DS
開発元 グレッゾ
発売元 任天堂
プロデューサー 青沼英二
清水隆雄
石井浩一
ディレクター 守屋俊
大岩幹治
桑田浩之
人数 1人
メディア 3DSカード
ダウンロード販売
発売日 パッケージ版
日本の旗2011年6月16日
欧州連合の旗2011年6月17日
アメリカ合衆国の旗2011年6月19日
オーストラリアの旗2011年6月30日
韓国の旗2012年9月27日
中華民国の旗香港の旗2012年10月27日
ダウンロード版
日本の旗2012年11月1日
対象年齢 CERO:A(全年齢対象)
ESRB:E10+(Everyone 10+)
PEGI:12
コンテンツ
アイコン
アメリカ合衆国の旗Animated Blood / Fantasy Violence / Suggestive Themes
欧州連合の旗Violence
売上本数 日本の旗60万本
世界の旗295万本[29]
その他 セーブデータ数:3(裏と合わせて6)
品番:CTR-AQEJ-JPN
CTR-AQEE-USA(北米版)
CTR-AQEP-EUR(欧州版)
©1998-2011 Nintendo
テンプレートを表示

ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D』(ゼルダのでんせつ ときのオカリナ スリーディー、英題:The Legend of Zelda: Ocarina of Time 3D)は、2011年6月16日に発売されたニンテンドー3DSアクションアドベンチャーゲーム。NINTENDO64(N64)版を全面的にリメイクしたもので、3DSの特徴である立体視に対応している。開発はグレッゾ、開発プロデューサーは石井浩一で、E3 2010のラウンドテーブル(2010年6月15日)にて初公開された。なお、任天堂以外の会社がゼルダの伝説シリーズを開発するのは、ゲームボーイカラーやゲームボーイアドバンスの数作品を開発したカプコン以来となる。

本作を購入し2011年7月31日までにクラブニンテンドーにポイントを登録した人を対象に、オリジナルサウンドトラックCDがプレゼントされた。また、2011年10月10日にすみだトリフォニーホール 大ホールで開催された「ゼルダの伝説 25周年 シンフォニー オーケストラコンサート」(指揮:竹本泰蔵、演奏:東京フィルハーモニー交響楽団、主催:任天堂)は、本作購入者のうち希望者(申し込み多数の場合は抽選)にチケットが販売された[30]テレビCMには二宮和也)、松本潤(嵐)、中川翔子を起用した。

主な変更点[編集]

グラフィックの高精細化、3D化
3D化にあたり、グラフィックやテクスチャを一から作り直しており、N64版ではハードの性能上表現できなかった家の装飾や風景のような細部も丹念に描かれている。また、フレームレートはN64版の20fpsから30fpsへ向上しており[31]、より自然でなめらかな動きとなった。
2画面化
N64版の通常画面・コレクト画面が、それぞれ3DSの上・下画面に同時に表示されるようになった。これによりコレクト画面の確認がより簡単になり、オカリナは楽譜を確認しながら演奏可能となった。また、一度に装備できるアイテムの数も増えている。下画面は指でタッチしやすいように表示され、上画面はアスペクト比変更のほか、ライフなどのアイコンなどが整理され立体視を妨げない工夫がなされている。
ジャイロセンサーによる視点操作
ジャイロセンサーを活用した機能として、一人称視点の時やフィールド移動時に、3DS本体を動かすことにより周囲を見渡すことができる。もちろんスライドパッドによる操作も可能。
本編における変更点
謎解きで詰まった際に任意でヒント映像を見ることができる石像、シーカーストーンがリンクの家の前と時の神殿に設置された。また、大人時代で森の神殿をクリアして、時の神殿でシークからワープメロディーの「光のプレリュード」を教わるとリンクの家でチャレンジボスバトルがプレイできるようになる。
N64版では隠し穴などの場所を振動で知らせる「もだえ石」というアイテムが存在したが、振動機能のない3DSでは音で知らせる「ひびき石」に変更された。潜水艦のソナーのように、対象物に近づくほど断続音の間隔が狭まり場所を特定できる仕組みである。
謎解き自体には変更は見られないが、一部のダンジョンにおいてムービーが若干変更されている(気づきにくかった宝箱がアップになるなど)。また水の神殿では、スイッチと水位の対応を分かりやすくするため色が付けられた。さらに、前述のハードの向上もあり、森の神殿や井戸の底、闇の神殿の照度が上がりやや視界がよくなった。
「裏ゼルダ」収録
本編クリア後にプレイ可能となる高難易度版『ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D 裏』が収録されている。『時のオカリナGC 裏』をベースとするが、左右反転の世界、敵から受けるダメージ2倍など3DS独自の要素も盛り込まれている。ちなみにシーカーストーンは無い。
その他
リンクが仕掛けや人物に目線を合わせたり、剣を回転させて敵を挑発したりする仕草が追加されているが、これらは『風のタクト』や『トワイライトプリンセス』で採用されたものである。
スタッフロールは、オリジナル(N64)版の後に3DS版が流れる。
また、ボスを「剣で攻撃できる状態」にした時、虹色の光の輪が出る仕様の追加。

スタッフ (3DS)[編集]

N64版スタッフも参照。

関連商品 (3DS)[編集]

ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D 完全攻略本
発売日:2011年7月1日 / 発行:徳間書店 ISBN 978-4-19-863226-7
ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D ザ・コンプリートガイド
発売日:2011年7月8日 / アスキー・メディアワークス ISBN 978-4-04-870757-2
任天堂公式ガイドブック ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D
発売日:2011年8月4日 / 小学館(ワンダーライフスペシャル) ISBN 978-4-09-106486-8
『ゼルダの伝説』発売25周年記念企画として、「ゼルダの伝説・クロニクル」と「クイズ・ゼルダマニアックス」を掲載。
ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D パーフェクトガイド
発売日:2011年8月20日 / エンターブレイン ISBN 978-4-04-727537-9
『ゼルダの伝説』発売25周年記念企画として、「『ゼルダの伝説』の伝説」を掲載。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 週刊ファミ通 2002年5月10・17日合併号(通巻700号) 特集「ソフト&ハードランキングスペシャル」 エンターブレイン、2002年4月26日発売、雑誌コード26453-5/17。
  2. ^ a b Parton, Rob (2004年3月31日). “Xenogears vs. Tetris”. RPGamer. 2006年11月26日閲覧。
  3. ^ 樹の上の秘密基地 第1回の21 『宮本茂、ゼルダについてふたたび語る』」 ほぼ日刊イトイ新聞、1999年1月3日。
  4. ^ 『ゼルダの伝説 時のオカリナ百科』 アスペクト、1999年4月 ISBN 4-7572-0396-9
  5. ^ 特集 E3が見たゲーム業界--巨大見本市を通して振り返る変遷(第1回)」 CNET Japan、2009年07月16日。
  6. ^ 任天堂がN64ソフト発売延期 『ゼルダ』らは秋に登場SOFTBANK GAMES、1998年4月4日。
  7. ^ NINTENDO 64の『ゼルダの伝説』またもや発売日が延期に」 SOFTBANK GAMES、1998年10月1日。
  8. ^ E3:任天堂の戦略発表会に行って来た カラーゲームボーイは今秋発売」 SOFTBANK GAMES、1998年5月28日。
  9. ^ 64『ゼルダ』、早くも106万本を出荷 クリスマスまでに世界で500万本狙う」 SOFTBANK GAMES、1998年12月8日。
  10. ^ The Legend of Zelda: Ocarina of Time Reviews”. TopTenREVIEWS. 2010年4月25日閲覧。
  11. ^ The Legend of Zelda: Ocarina of Time reviews”. 2010年4月7日閲覧。
  12. ^ "The Legend of Zelda: Ocarina of Time Master Quest reviews”. 2010年4月7日閲覧。
  13. ^ The Legend of Zelda: Ocarina of Time reviews”. 2010年4月7日閲覧。
  14. ^ The Legend of Zelda: Ocarina of Time / Master Quest reviews”. Metacritic. 2008年3月4日閲覧。
  15. ^ Marriott, Scott Alan. “The Legend of Zelda: Ocarina of Time Review”. Allgame. 2008年6月16日閲覧。
  16. ^ Legend of Zelda: Ocarina of Time review". Edge (Bath: Future Publishing): 84–87. Christmas 1998.
  17. ^ “"Retro Review: Zelda Ocarina of Time”. Electronic Gaming Monthly (Jan 2004). 
  18. ^ The Legend of Zelda: Ocarina of Time review(1998-11-23)”. GameSpot. 2010年4月4日閲覧。
  19. ^ a b Schneider, Peer (1998年11月25日). “Legend of Zelda: Ocarina of Time review”. IGN. 2009年2月11日閲覧。
  20. ^ “Now Playing”. Nintendo Power 114:  122. (November 1998). 
  21. ^ 週刊ファミ通クロスレビュープラチナ殿堂入りソフト一覧
  22. ^ 平成10年度(第2回)文化庁メディア芸術祭 受賞作品 文化庁メディア芸術プラザ、1999年。
  23. ^ 「第3回CESA大賞」 受賞作品一覧 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)、1999年。
  24. ^ ミリアドール受賞者決まる」 coolstates communications、1999年2月8日。
  25. ^ 1999 2nd Annual Interactive Achievement Awards Academy of Interactive Arts & Sciences(AIAS)、1999年。
  26. ^ Archive / 1999 Spotlight Awards International Game Developers Association(IGDA)、1999年。
  27. ^ IGN Top 100 Games 2008 | 1 The Legend of Zelda: Ocarina of Time IGN、2008年。
  28. ^ シリーズ第1作『ゼルダの伝説』で、本編クリア後に遊べる高難易度版を「裏ゼルダ」と呼んだことに倣ったものである。
  29. ^ 株主・投資家向け情報 販売データ 主要ソフト販売実績 ニンテンドー3DS専用ソフト” (日本語). 任天堂株式会社. 2013年6月22日閲覧。
  30. ^ 『ゼルダの伝説』25周年記念フルオーケストラコンサートが10/10開催」 Gpara.com、2011年6月8日。
  31. ^ 社長が訊く『ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D』 サウンド篇」 任天堂、2011年5月26日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]