クレジットタイトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クレジットタイトル (credit title)、クレジット (credit) とは、映画テレビ番組、またはレコードCDゲームソフトにおいて、出演者(キャスト)、スタッフ、制作に関わった企業団体などの名前を表示するものである[1]。日本においては「クレジットする」と動詞化した使い方も見受けられる。

概要[編集]

クレジットは作品の制作に関わったキャストやスタッフのリストである[2]。具体的には出演者のほか、監督、撮影監督、美術監督、編集、録音などのスタッフを表示する[3]。クレジットの原義は「信用」である。クレジットにはキャスト、スタッフ、各パートの責任者を明確にするという意味合いもある[4]

クレジットは本編の最初あるいは最後もしくは双方に配置され、その多くは本編冒頭に主要キャスト・主要スタッフの名前を表示し、本編最後に完全なリストの形式で表示される[3]

今日、クレジットタイトルは作品における重要な構成要素とされ、特にアルフレッド・ヒッチコック監督の1960年の映画『サイコ』のソウル・バスによるクレジットのデザインは新たな領域を生み出した作品として評価されている[2]。また、本編の余韻を楽しむための時間という認識も強くなり、作品によっては「終」の表示の後にクレジットが表示されることもある[4]

通常、クレジットは名前で表示されるがアマチュア映画などでは顔写真としている場合もある[4]

クレジット順[編集]

本項ではテレビドラマ・映画においてのクレジット順について説明する。テレビドラマ・映画において、オープニングまたはエンディングにキャスト・スタッフを表示したクレジットが流れる。通常、キャスト→スタッフの順に表示され、劇中使用BGMなどの表示位置はドラマ/映画により異なる。

中でもキャストのクレジット順に注目する人は多く、その順序は製作側担当者にとっても極めて繊細な問題とされ、その配置によっては出演者と製作側との契約上の紛争にまで発展することがある[2]

特別出演に該当(匹敵)するキャストは、クレジットで他よりも長めの時間で映し出したり、「起こし」と呼ばれる手法などを用いたり、目立たせる場合もある。

オープニング、エンディング[編集]

映画、テレビ番組などの映像コンテンツでは、コンテンツの最初と最後に2回クレジットが表示されることが多く、それぞれオープニングクレジット (opening credits)、エンディングクレジット (ending credits, closing credits) という。

原則として、オープニングでは制作会社主演など主要な出演者、プロデューサー監督原作などの主要なクレジットが、エンディングでは全てのクレジットが表示される。

かつて日本テレビドラマでは、オープニングに全てのクレジットを表示させ、エンディングを省いた作品が多かったが、ここ10年ほどでは、オープニングをタイトル表示のみとし、エンディングで主題歌を流し、全クレジットを表示させる手法が多い。

日本のテレビアニメでは、オープニングで一度表示したクレジットは、例えばキャラクターデザイン担当者がアニメ本編の原画を書くなど、当該回で固有の役割を務めている場合を例外にすれば、エンディングで再度の表示を行わないことが多い。声の出演者はエンディングに表示されることが多い。ただし、最後の製作会社・製作委員会名のクレジットはオープニング・エンディング両方に表示することが多く、片方のみの事例は東映アニメーションがオープニングのみとなっているのを除けば少数にとどまる。

スタッフロール[編集]

映像コンテンツで、クレジットタイトルが下から上や、右から左へに(縦書きでは左から右に)一括して流れるように表示されるものをスタッフロール (staff roll) という(スタッフというが、特にスタッフに限らず、クレジット全般についてこういう)。ロール (roll) とは巻物の意味で、かつては実際にクレジットを書いた巻物を用意して、それを開くさまを撮影したことに由来する。

エンディングクレジットがこの形で表示されることが多く、エンドロールエンディングロールという(英語ではend roll、ending rollとはあまり言わない)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ credit titles 映画やテレビで字幕で示される俳優など協力者の名、三省堂提供EXCEED 英和辞典
  2. ^ a b c Steve Blandford、Jim Hillier、Barry Keith Grant、杉野健太郎・中村裕英訳 『フィルム・スタディーズ事典―現場の知恵と戦略』 フィルムアート社、2004年、p.95
  3. ^ a b 高村倉太郎、岩本憲児、佐崎順昭、宮澤誠一、奥村賢 『世界映画大事典』 日本図書センター、2008年、p.1063
  4. ^ a b c 山岸達児 『映像用語事典―現場の知恵と戦略』 じゃこめてい出版、1978年、p.50