ソウルキャリバーII

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソウルキャリバーII
ジャンル 3D武器格闘
対応機種 アーケード[AC]
PlayStation 2[PS2]
ニンテンドーゲームキューブ[GC]
Xbox[XB]
開発元 [AC] [PS2][GC][XB]: ナムコ
発売元 [AC] [PS2][GC][XB]: ナムコ
人数 1〜2人
メディア [AC]: SYSTEM246
[PS2]: DVD-ROM
[GC]: 8cm光ディスク
[XB]: DVD-ROM
発売日 [AC]: 2002年7月10日
[PS2]: 2003年3月27日
[GC]: 2003年3月27日
[XB]: 2003年3月27日
対象年齢 CERO: 12才以上対象[PS2][GC][XB]
ESRB: T(Teen)[PS2][GC][XB]
PEGI: 16+[PS2][GC][XB]
OFLC: M(Mature)[PS2][GC][XB]
コンテンツ
アイコン
アメリカ合衆国の旗 Mild Animated Blood,Suggestive Themes,Violence
売上本数 400万本[1]
テンプレートを表示

ソウルキャリバーII』(ソウルキャリバーツー、SOULCALIBUR II)は、ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)が発売した3D武器格闘。“ソウルシリーズ”の第3作目。

2002年アーケード版が製作され、翌年家庭用ゲーム機版がPlayStation 2ニンテンドーゲームキューブXboxの3機種同時に発売された。

製品[編集]

概要[編集]

従来からアピールしていた「縦斬り」「横斬り」「走り」の3つを3すくみとして、駆け引きをより分かりやすくしている[2]。任意の方向へ移動できる「8WAY-RUN」は操作方法の変更によりレスポンスが高まっている[3]。2003年にはアーケードゲームの全国大会「闘劇」に3D武器格闘としては初となる形で種目に選ばれた。また闘劇DVD同梱の小冊子の中ではアルカディア編集長、猿渡雅史が武器格闘としての完成度について「堂々たるもの」と本作を評価している。

コンシューマ版は三機種同発マルチプラットフォームでの発売となり、各ゲーム機にゲストキャラクターを配した。各ゲーム機のゲストキャラクターは、PS2版は「鉄拳シリーズ」の三島平八[4]、GC版では「ゼルダの伝説シリーズ」(任天堂)のリンク[5]、Xbox版はアメリカン・コミックのヒーロースポーン[6]選出している。

キャラクター[編集]

レギュラーキャラクター[編集]

タイムリリースキャラクター[編集]

家庭用専用キャラクター[編集]

ゲストキャラクター[編集]

CPU専用キャラクター(使用不可)[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]