ソウルキャリバーの登場人物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ソウルキャリバーの登場人物の項では、ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)が開発・販売する対戦型格闘ゲーム『ソウルエッジ』および『ソウルキャリバー』とその続編からなるソウルシリーズに登場する架空の剣士について記述する。

各キャラクターのストーリーを理解する上での世界設定についてはソウルシリーズの世界設定を参照。

目次[編集]

略語表記について

※()内は他作品からのゲスト出演キャラクター

ソウルエッジから登場する人物[編集]

御剣 / ソン・ミナ / タキ / リ・ロン / ヴォルド / ソフィーティア / ジークフリート / ロック / ファン / セルバンテス / ソウルエッジ / ハンミョン

ソウルキャリバーから登場する人物[編集]

キリク / シャンファ / マキシ / アーサー / ナイトメア / アスタロス / アイヴィー / 吉光 / リザードマン / エッジマスター / インフェルノ

ソウルキャリバーIIから登場する人物[編集]

ラファエル / タリム / カサンドラ / ユンスン / シャレード / ネクリッド / アサシン / バーサーカー / (平八) / (リンク) / (スポーン

ソウルキャリバーIIIから登場する人物[編集]

ザサラメール / ティラ / 雪華 / オルカダン / アビス / ナイトテラー

ボーナスキャラクター

レブナント / グリード / マイザー / ヴァレリア / ファリン / リネット / アベリア / ルナ / ジラルド / チェスター / デムース / オーレリア / ストライフ / エイミ その他、家庭用の「ストーリー」「ロストクロニクルズ」「バトルアリーナ(シチュエーション)」の各モードにおいて、様々なキャラクターが登場する。

ソウルキャリバー レジェンズに登場する人物[編集]

アスタロス α / (ロイド) / イスカ / 仮面の皇帝 / バルバロス / ファフナー / アモン / ゲキ / マキ

ソウルキャリバーIVから登場する人物[編集]

ヒルダ / アルゴル / (ダース・ベイダー) / (ヨーダ) / (アプレンティス

ボーナスキャラクター

シェラザード / アンゴル・フィア / 修羅 / アシュロット / 神斬蝕

ソウルキャリバー Broken Destinyに登場する人物[編集]

ダンピエール / (クレイトス

ソウルキャリバーVに登場する人物[編集]

パトロクロス / ピュラ / ツヴァイ / ナツ / ヴィオラ / レイシャ / シバ / αパトロクロス / ピュラΩ / エリュシオン / (エツィオ

プレイヤーキャラクター達と深い関わりを持つ、設定のみ登場する人物[編集]

ロティオン / ベルチー / フレデリック / シャンレン / トキ / バングー / 千恵 / 種子島 / クンペトクー / ケフェウス / クン

略語表記について[編集]

本項において、以下のように省略を行っている。

(エッジ) ソウルエッジ
(エッジAC) ソウルエッジ(アーケード版)
(エッジPS) ソウルエッジ(プレイステーション版)
(1) ソウルキャリバー
(1DC) ソウルキャリバー(ドリームキャスト版)
(1WLD) ソウルキャリバー(海外版)
(2) ソウルキャリバーII
(2CS) ソウルキャリバーII(家庭用版)
(3) ソウルキャリバーIII
(3PS2) ソウルキャリバーIII(プレイステーション2版)
(3AC) ソウルキャリバーIII ARCADE EDITION(アーケード版)
(L) ソウルキャリバー レジェンズ
(4) ソウルキャリバーIV
(BD) ソウルキャリバー Broken Destiny
(5) ソウルキャリバーV

御剣平四郎[編集]

御剣平四郎 プロフィール

  • 初出作品: ソウルエッジ
  • 格闘スタイル:  
    • 天賦古砕流(エッジ)
    • 天賦古砕流・改(1)(2)(3)(L)(4)(BD)
    • 真・天賦古砕流(5)
  • 武器銘: 日本刀太刀
    • 是藤」または「」(エッジ)
    • 獅子王」(1)(2)(3)(4)(BD)
    • 無一文字」(5)
  • 出身地: 日本/備前
  • 誕生日: 1562年6月8日
  • 身長: 168cm(エッジ) 171cm(1)(2)(3)(L)(4)(BD) 173cm(5)
  • 体重: 59kg(エッジ) 65kg(1)(2)(3)(L)(4)(BD) 74kg(5)
  • 血液型: AB型
  • 年齢: 22歳(エッジ)(L) 25歳(1) 29歳(2)(3)(4)(BD) 46歳(5)
  • 家族構成:  
    • 両親、兄弟いずれも病死。(エッジ)(1)(2)(3)(L)(4)(BD)
    • 両親兄弟いずれも病死 八番目の弟を名乗る武芸者がいるらしい(5)
  • キャッチコピー:  
    • 孤狼剣士」(エッジ)
    • 戦国の用心棒」(1)
    • 剛剣無頼」(3)(4)(BD)

みつるぎ へいしろう [Heishiro Mitsurugi]

  • 登場作品: (エッジ)(1)(2)(3)(L)(4)(BD)(5)
    シリーズ外では『NAMCO x CAPCOM』に登場。
  • : 森川智之(エッジAC)(1)(2)(3)(L)(4)(BD)(5)、高木渉(エッジPS)、英語版:スコット・ケック(2)、エド・カニンガム(3)(L)(4)(5)

設定[編集]

農家の息子であったが、両親の死をきっかけに剣の道に進む。種子島の脅威をきっかけにソウルエッジに興味を持つようになる。使用武器の分類は設定上は「太刀」とされているが、内容は打刀に近い。

ソウルエッジ
戦国時代、備前の農民の四男として生まれた彼は、生まれつき膂力に恵まれていたこともあり、その非凡な腕力で農作業を楽しんでいたが、耕しても次々と騎馬隊の軍馬に作物を踏み潰されていくのにつれ、自分の行ないが馬鹿らしく思い、「荒らされて苦労するより、荒らし回っていたほうが楽」という考えに達し、14歳で両親が他界したことをきっかけに武士の世界へ入った。初め浦上宗景に仕え、御剣姓を名乗る。幼い頃から農耕で鍛えた肉体能力を活かした剣技によって、戦場で「鬼神」と呼ばれるほどの圧倒的な強さを見せ付け、宇喜多直家を撃退する戦功を立てた。しかし、自分の力を強者にぶつけたいという単純な考えしかなかった彼は、1577年浦上家を去り、傭兵として諸国を巡り暴れ回るようになった。ところが、「種子島」と呼ばれる火縄銃の伝来が、彼の生活を脅かしかねない壁として立ち塞がることとなる。浦上家を去る2年前、1575年織田徳川連合軍が長篠の戦いでこれを使い、最強と呼ばれた武田騎馬軍団を全滅させた事実からも、刀一つで生きてきた彼には大きな脅威として映ることとなった。あるとき、南蛮より伝わってきた噂から、伝説の剣「ソウルエッジ」の存在を知り、この剣ならば鉄砲に勝てるかもしれないと思った彼は、海を渡り南蛮へ向かうため、瀬戸内の海賊衆・村上水軍の元を訪れ、自分を雇うことを交換条件に船を出してもらうこととなり、ソウルエッジを探す旅へと出るのであった。
ソウルキャリバー
南蛮の鉄砲「種子島」の伝来という死活問題を背負い、“鉄砲よりも強い剣”と噂される「ソウルエッジ」を探し求め、世界中を旅して回った御剣であったが、一向に見つけることができないまま一旦帰国。焦りと苛立ちから業を煮やして鉄砲相手の御前試合に挑み、右肩を撃ち抜かれて痛恨の敗北を喫する。初めて決定的な敗北を味わった彼は、以前にも増して“打倒種子島”に燃えながら、新たな剣術を会得し腕を磨いていた。そんな折、海の向こうのヨーロッパで「ナイトメア」と呼ばれる騎士がソウルエッジを手に暴れているという噂を聞き、無敵の剣を持つその騎士「内藤」を倒し剣を奪うため、彼は再び海を渡ることとなる。
ソウルキャリバーII
伝説の剣「ソウルエッジ」を追い求め、異国の地で傭兵として多くの戦に参加する日々を続けていた御剣であったが、ソウルエッジを持つ騎士「ナイトメア」が消えたという噂を聞き、同時にソウルエッジの行方も途絶えてしまう。それでも諦めきれない彼は、剣の手がかりを求めながら、世界中の戦場を巡り歩いていた。そして4年後、明帝国の辺境の城に立ち寄っていた彼は、街の裏路地で刺客達に襲われ瀕死の重傷を負っていた一人の男を偶然見つける。目撃者を消すべく襲いかかる刺客達を返り討ちにした御剣は、瀕死の男から「ソウルエッジの欠片」と呼ばれる一つの金属片を託され、これを手がかりに新たな戦へと望むこととなる。
ソウルキャリバーIII
鉄砲「種子島」をも超える力を身につけたことで、伝説の剣「ソウルエッジ」への興味も薄れ、目標を見失った御剣は深い虚無感を覚えていた。あるとき、日本から送り込まれたものと思われる謎の刺客達を返り討ちにした彼は、刺客達の狙いが自分の持つ「ソウルエッジの欠片」であることを知り、祖国で何が起きているのかを知るべく帰国する。身を寄せていた海賊衆・村上水軍の戦に加勢し、村上軍を勝利に導くも、強敵を欲する彼の心は満たされなかった。その後、村上軍の大将から、西方の地で蒼い鎧の武者がいることを耳にした彼は、その者が以前に見失ったソウルエッジの持ち主「内藤(ナイトメア)」であることを確信し、死闘を求めて再び海を渡ることとなる。
ソウルキャリバー レジェンズ
伝説の剣「ソウルエッジ」を求めて世界中を回るも、収穫がないまま剣の消息を見失ってしまった御剣は一旦帰国したが、未だに鉄砲「種子島」に勝る武器を見つけられずにいた。苛立ちのあまり御前試合で種子島に挑むも、右肩を撃ち抜かれて敗北してしまう。種子島に勝つための道を探るため、彼は再び旅に出る。
ソウルキャリバーIV
自分の心を満たしうる強敵を求めて旅を続けていたあるとき、以前から持ち歩いていた「ソウルエッジの欠片」に異変が生じる。人ならざる異形の者達と、その盟主たる蒼騎士が、神聖ローマ帝国・オストラインスブルクに集っていることを知り、これこそ自分が追い求めてきた真の強敵に違いないと確信した御剣は、喜びに打ち震えるのであった。
ソウルキャリバーV
御剣は死闘を求めて訪れたオストラインスブルクにそびえ立つ異界の塔にて、英雄王アルゴルと対決する。しかし戦いの最中、突然異世界が収束していくのに伴って、アルゴルも塔と共にいずこかへと消え去り、決着がつくことはなかった。その後、天下分け目の戦である関ヶ原の戦いの噂を聞きつけて帰国するも、彼が到着した頃には既に戦は治まっていた。国が太平の時代を迎えたことで自分の剣技を活かせる仕事場もなくなり、異国へ渡るための路銀も尽きていた彼は、昔のように農作業で食い扶持を稼ぎながら生活するようになった。そんなある日、異国から帰った剣士の話から、アルゴルが手にしていたものと同じ名の剣「ソウルキャリバー」のことを知り、収穫した米を売り払って、アルゴルと17年前の決着をつけるため、久々に大陸へと旅立つこととなる。

人物[編集]

豪快にして大雑把、自由奔放にして天衣無縫な性格。あまり細かいことを気にしない性分であるが、強さを追い求める意志は人一倍強く、様々な剣術の技を見様見真似で会得し、種子島に対抗するために居合などを自らの流派に取り入れて改良を重ねるなど、剣の道を究めるためには決して努力を惜しむことがない。戦いに対する姿勢は非常に厳しく、敵に対して一切容赦がない。いかなる相手に対しても死力を尽くすことこそが礼儀であると信じている。己の目的のためにいつも自分の邪魔をしてくるタキのことを、厄介者として手を焼いている。また、横文字は苦手なのか、ナイトメアを「内藤」、アスタロスを「明日太郎」、イスカを「飯塚」と無理矢理和名で呼んでいる。(エッジ)では「是藤」という刀を使用していたが、種子島に対する戦術を模索する中で、居合を始めとする新たな剣術を知り、それらを自力で会得していく激しい修行の最中、今までの刀に物足りなさを感じたために、新たな戦い方に適した刀を求め、(1)ではより刀身が長く刀幅が広い「獅子王」に変えた(なお、(4)の公式サイトでは「獅子王」と言う刀は現存するものの、御剣が使用したそれとは別物である模様だと公表されている)。後にある戦いで獅子王を失ってからは、「本当の強さは武器ではなく自分自身が持つもの」だということを悟り、他人の真似の限界を超えるため、本物の剣術とは何なのかを見つめ直すようになっていたあるとき、故郷で見つけた「一文字」の名を冠しながら似ても似つかない無骨な刀にかつての自分を重ね、(5)ではこれを「無一文字」と名付けて新たな愛刀とするようになった。

ゲーム上の特徴[編集]

リーチに優れ、攻撃発生の早い技を多数持ち、近距離戦を中心にあらゆる距離での戦いを得意とする、スタンダードで扱いやすい性能を誇る万能キャラクター。(1)からは「居合」と「霞」の2つの特殊構えが追加され、これらの構えから派生する技を駆使してテクニカルな攻めを展開することも可能。シリーズを通して上位キャラクターとしての地位を保ち続けている。

NAMCO x CAPCOM』では基本攻撃力が高いものの、初動エリアル技、5ヒットを超える技の両方が欠けている。加えて、通常技で唯一4ヒットする「朧神楽」が敵によっては3ヒットに減ってしまう。これらが原因で攻撃数を増やし難く、ゲームが進むにつれて火力不足が目立ってくる。他にも低めの防御と速度、初期値・成長率のどちらも低いMP、同列最下位でレベル補正の無い移動力、技の大部分が物理属性である等、多くの欠点を抱えている。幸い、遠近両方の防御カウンターとHP回復スキルにより打たれ強い。

成美那[編集]

成美那 プロフィール

  • 初出作品: ソウルエッジ
  • 格闘スタイル:  
    • 成家式大刀術(エッジ)
    • 成家式大刀術 + 真行山臨勝寺棍法(1)
    • 成家式大刀術 + 棍法アレンジ(2CS)(3)(4)(BD)
  • 武器銘: 先祖伝来の斬馬刀紅雷
  • 出身地:  
  • 誕生日: 1568年11月3日
  • 身長: 159cm(エッジ) 162cm(1)(2CS)(3)(4)(BD)
  • 体重: 46kg(エッジ) 48kg(1)(2CS)(3)(4)(BD)
  • 血液型: A型
  • 年齢: 16歳(エッジ) 19歳(1) 23歳(2CS)(3)(4)(BD)
  • 家族構成: 父・成漢明。母、弟共に病死。
  • キャッチコピー:  
    • 「一刀入棍娘」(エッジ)(1)
    • 跳馬繚乱」(3)(4)(BD)

ソン・ミナ、성미나 [Seung Mina(エッジ)(1)(2CS), Seong Mi-na(3)(4)(BD)]

設定[編集]

剣術道場師範の一人娘。迫り来る祖国への脅威のため、そして自分が一人前であると認めさせるために救国の剣を求める。武器は斬馬刀薙刀に近い形状)。

ソウルエッジが邪剣であると同時にソウルキャリバーこそソウルエッジを砕く聖剣であるとエッジマスターから知らされる。

人物[編集]

明朗快活なおてんば娘。大抵の衣装が赤または緑基準とし、額にバンダナ、へそと足を露出した物で構成される(エッジ開発時のイラストにはヘソ出しと前垂れは鉄板と書かれている)。武芸の心得は幼いころから持っており、その頃から成家伝来の斬馬刀「紅雷」を自在に操ることができるほどの腕力を誇っている。しかし童顔で華奢な外見から、近所の男たちからは「小娘(または子供)」扱いされてからかわれることもしばしばだが、彼女はそう呼ばれることを著しく嫌っているため、自分をそう呼ぶ者たちを叩きのめして家に帰ることもほぼ日常茶飯事。父とも対立しやすく、お家騒動や家出もしょっちゅうやらかす。ファンに対しては強い憧れを抱いており、兄のように慕っている一方で、いつかは追いついてみせようと思っている。

ゲーム上の特徴[編集]

斬馬刀による長いリーチを持ち、広範囲攻撃を得意としたキャラクター。シリーズ通してコマンド入力や特殊ステップや構え・コマンド投げといった複雑な要素を持たない分、シンプルな技構成に抑えられており、初心者にも使いやすい。朝鮮人キャラクターの例に漏れず安定した蹴り技も多く装備しているが、 全体的に火力が低く、万年中堅に甘んじている。同じ長物使いであるキリクと似通ったモーションも多く、(1)と(2)では構えも同じであったが、キリクよりも若干リーチが短い代わりに小回りが利きやすいなど、細かな点で差別化が図られているほか、(3)では武器をキリクよりも低い位置で構えている。

多喜[編集]

多喜 プロフィール

  • 初出作品: ソウルエッジ
  • 格闘スタイル: 夢想抜刀流
  • 武器銘: 忍者刀
    • 裂鬼丸」(エッジ)
    • 裂鬼丸」「滅鬼丸」(1)(2)(3)(4)(BD)
  • 出身地: 日本/封魔の里
  • 誕生日: 1562年?月?日
  • 身長: 170cm
  • 体重: 55kg(エッジ) 53kg(1)(2)(3)(L)(4)(BD)
  • 血液型: A型
  • 年齢: 22歳(エッジ)(L) 25歳(1) 29歳(2)(3)(4)(BD)
  • 家族構成:  
    • 両親、兄弟いずれも病死。恩師トキ。(エッジ)(1)(2)(3)
    • 両親兄弟は病死 恩師・トキとは抜け忍となったときから敵対(4)(BD)
  • キャッチコピー:  
    • 「闇の狩人」(エッジ)
    • 封魔の朧影」(1)
    • 神速の封刃」(3)(4)(BD)

タキ [Taki]

  • 登場作品: (エッジ)(1)(2)(3)(L)(4)(BD)
    シリーズ外では『NAMCO x CAPCOM』に登場。
  • 声: 瀧本富士子(エッジ)(1)(2)(3)、小島幸子(L)(4)(BD)

設定[編集]

両親・兄弟を病で失い孤児となるが、忍者に育てられ、悪霊退治を生業とするくノ一となった女性。かつては愛刀「裂鬼丸」の強化を目論んでソウルエッジを探していたが、後にその邪悪な力と危険性を実感し、手に入れるためでなく封印するためにソウルエッジの行方を追うようになる。そのため、ソウルエッジの力を渇望する御剣とは犬猿の仲である。また、ソウルエッジと共鳴する謎の霊刀・滅鬼丸を巡り、ソウルエッジの力に魅入られたかつての恩師トキと敵対することになる。使用武器は設定上は「忍者刀」とされているが形状は短刀に近い。

ソウルエッジ
武器や防具を自作するという実益も兼ねた趣味を持つタキはソウルエッジの噂を聞きつけ、自作の愛刀「裂鬼丸」を強化するためにソウルエッジを探す。
ソウルキャリバー
ソフィーティアと共にソウルエッジの持ち主であったセルバンデスを打倒し、ソウルエッジを破壊して日本へ帰国したタキは、恩師である一族の首領トキの命令で、突如行方をくらました里の重役、八衛兵の捜索を命じられる。八衛兵はトキの身に異変が起きていることをタキに伝え、強大な力を秘めるという謎の霊刀「滅鬼丸」を託す。確かに様子ただならぬ気配であったトキへの疑念を抱きつつ八衛兵を逃がした後、タキは試みに手に入れたソウルエッジの破片を滅鬼丸に打ち込んでみた。すると、たちまち滅鬼丸はソウルエッジの欠片と融合して強大な力をもつ妖刀と化し、強い力を持つ何かと共鳴し始める。慌てて鞘に収めて封印を施した直後にトキが放った追っ手に襲われたタキは、トキが悪しき力に魅入られていることを確信すると共に、滅鬼丸と共鳴しあうものの正体がソウルエッジであり、あの時の戦いで完全に破壊できていなかったことを悟る。封印を解き鞘から抜き放つ度にその邪悪な力を増してゆく滅鬼丸、そして滅鬼丸と共鳴し合う邪剣ソウルエッジ……。災いを呼ぶこの2つの刀を消滅させるため、ぶつけ合って相打ちにしようと考えたタキは、トキに滅鬼丸を渡さぬよう抜け忍となり、ナイトメアの持つソウルエッジを探して海を渡るのだった。

人物[編集]

任務に忠実な人物ではあるが、その本質は非好戦的で無用な戦いは好まないタイプ。「封魔完了!」が決まり文句。

ゲーム上の特徴[編集]

武器自体が短いため常に接近を強いられるが、攻撃の発生が早く手数で押し切れるスピードキャラ。

李龍[編集]

李龍 プロフィール

  • 初出作品: ソウルエッジ
  • 格闘スタイル: 無双龍破(エッジ)(3 (ボーナス流派))
  • 武器銘: 両端に刃を設けた手製ヌンチャク飛燕
  • 出身地: 明帝国/北京
  • 誕生日: 1560年10月23日
  • 身長: 168cm
  • 体重: 55kg
  • 血液型: B型
  • 年齢: 24歳(エッジ) 31歳(3)
  • 家族構成:  
    • 両親・既に死別。妹・美美。日本人の娘・千恵を愛している。(エッジ)
    • 両親・すでに死別。妹・美美。死別したと思っている娘・千恵を愛している。(3)
  • キャッチコピー:  
    • 「怒りの処刑人」(エッジ)
    • 復活の双頭龍」(3)

リ・ロン [Li Long]

設定[編集]

皇帝からの依頼で西洋で噂になっているソウルエッジ捜索の任務と、倭寇抹殺のため日本へ渡った暗殺者。任務の最中に負傷したが、菜飯屋を営む「八兵衛」の娘「千恵」に救われ、やがて彼女と恋に落ちた。とある日に彼が村へ出かけているとき、何者かによって菜飯屋が襲われ、八兵衛と千恵が凶刃によって倒れる。それを見た李龍は、八兵衛から放浪の剣士に襲われたと聞き、ソウルエッジを追っている剣士を犯人と見なして仇を討とうと決心し旅立つこととなる。しかし李龍は千恵は死んだと思い込んでいるが、彼女は辛うじて生きており、お腹に自分の子供を身篭っていることを知らない。

人物[編集]

大切な人を傷つけられて怒りに心を支配されているが、決して乱暴な性格ではなく、弱き者に対しては優しさを兼ね備えている。戦いそのものはあまり好まないようだが、任務であると割り切っている模様。

ゲーム上の特徴[編集]

武器のリーチはそれほど長くはないが、御剣の日本刀よりも素早い動きが可能。(エッジ)と(3)の両作品ともにマキシのような特殊構えは存在しないため、テクニカルな部分はなく、そのぶん扱いやすい。

ヴォルド[編集]

ヴォルド プロフィール

  • 初出作品: ソウルエッジ
  • 格闘スタイル: 我流
  • 武器銘: カタール(ジャマダハル
    • 「カーマ」「マーラ」(エッジ)
    • 「シェイム」「ブレイム」(1)
    • 「マナス」「アユス」(2)(3)(4)(BD)(5)
  • 出身地: ナポリ王国/パレルモ
  • 誕生日: 1541年8月25日
  • 身長: 183cm
  • 体重: 79kg(エッジ)(5) 84kg(1)(2)(3)(4)(BD)
  • 血液型: A型
  • 年齢: 43歳(エッジ) 46歳(1) 50歳(2)(3)(4)(BD) 67歳(一時期イヴィル化していた)(5)
  • 家族構成:  
    • 両親は鬼籍に入っている。兄弟が4人いたが、いずれも戦災により死亡。(エッジ)
    • 両親、兄弟4人、いずれも戦災により死亡。(1)
    • 両親は既に鬼籍に入っている 兄弟4人は戦災で死亡 主ベルチーも他界して久しい(2)(3)(4)(BD)
    • 両親兄弟は、戦災により死亡 主・ベルチー(故人となったはずだが……)(5)
  • キャッチコピー:  
    • 奈落の番人」(エッジ)(1)
    • 忠節の奇怪人形」(3)(4)(BD)

Voldo

  • 登場作品: (エッジ)(1)(2)(3)(4)(BD)(5)

設定[編集]

かつて「死の商人」と呼ばれたベルチーという人物の腹心。ベルチーが死去した今でも忠誠を誓っており、亡き主の宝物殿(通称・マネーピット)を守る番人。あるとき宝物殿に侵入した女戦士を追い払った際、突然聞こえてきた主の声に従い女戦士を追った結果一握りの妖刀を持ち帰ることに成功するも、その後主の声が返ってくることはなかった。それから4年後、とある侵入者の持ち物から、以前持ち帰った妖刀と同じ気を放つ数個の金属片を発見する。ソウルエッジを手に入れ、主の元に持ち帰るため、ヴォルドはソウルエッジを求め外海に出る。

人物[編集]

火事が原因で全身包帯だらけのような格好をしている。視力もなければ喋ることもできないが、その代わり嗅覚がかなり発達しており、その常人離れした鼻の感覚とベルチーに対する忠誠心を元に行動する。台詞が一切なく、「シュー、シュー」といった擬音を発する。そのせいか、妄執や本能だけで動く怪物のように思われがちだが、実際は主の財宝をより永く守護し続けるために、自分の後継者を探そうと考えるなど、知性もきちんと残っている。

ゲーム上の特徴[編集]

背向け状態やブリッジ状態から多彩かつ変則的な攻撃を繰り出す、ソウルシリーズきっての色物キャラクター。背後投げからも投げ抜けできる数少ないキャラクターの一人。武器の射程は短いが、手足が長いのでリーチは長い。

ヴォルドの武器について[編集]

ヴォルドの使用する武器は、本来「ジャマダハル」という名の種類の剣である。だがこの剣は、実際の歴史書で挿絵が間違えられたことがあるせいで、「カタール」という呼称で認識(誤認)されていることが多い。本シリーズでも(2)までは「カタール」とされ、(3)から「カタール(ジャマダハル)」とされた。

ソフィーティア・アレクサンドル[編集]

ソフィーティア・アレクサンドル プロフィール

  • 初出作品: ソウルエッジ
  • 格闘スタイル: 聖アテナ流
  • 武器銘: ショートソード & スモールシールド
    • 「オメガソード」「オウルシールド」(エッジ)
    • 「オメガソード」「エルクシールド」(1)(2CS)(3)(4)(BD)
  • 出身地: オスマントルコ帝国/アテネ
  • 誕生日: 1566年3月12日
  • 身長: 168cm
  • 体重: 教えてくれない(エッジ)(2)(3)(4)(BD) 不明(1)(L)
  • 血液型: B型
  • 年齢: 18歳(エッジ)(L) 21歳(1) 25歳(2CS)(3)(4)(BD)
  • 家族構成:  
    • 父・アタロス 母・ニーケ 妹・カサンドラ 弟・ルキス(エッジ)(1)(L)
    • 夫・ロティオン 娘・ピュラ 息子・パトロクロス(2)(3)(4)(BD)
  • キャッチコピー:  
    • 「愛と哀しみの女神」(エッジ)
    • 誓いの再臨」(1)
    • 守護者の剣光」(3)
    • 「陰りの聖剣」(4)(BD)

Sophitia Alexandra、Σοφιτια Αλεξανδρα

  • 登場作品: (エッジ)(1)(2CS)(3)(L)(4)(BD)
  • 声: 根谷美智子(エッジ)(1)(2CS)(3)、中村千絵(L)(4)(BD)

設定[編集]

邪剣の破壊をヘパイストス神に命じられた少女。(1)で結婚するロティオンが鍛えた武器・防具を装備して立ち向かう。ソウルエッジを破壊するも、その破片が体内に入り込んでしまったのが原因で産んだ子供の1人が、ソウルエッジに汚染してしまっている。そのため(4)で聖戦士として、母親として戦ってきた彼女に大きな変化が訪れる。

人物[編集]

基本的に白基準(1と2はシャツが青)のコスチュームが多く、スカートの着用も多い。好戦的な性格ではなく、人を傷つけることを快く思わないむしろ清楚で心優しい性格。実家はパン屋で彼女もそのパン屋の看板娘として生活を営んでいたが、ロティオンと結婚してからは彼の仕事を手伝っているようである。彼女自身の戦闘経験はゼロに近いが、神の加護やロティオンのすぐれた鍛冶技術などの力もあってこれまで活躍してきた。

なお、(エッジ)のみ、2Pカラーは服装、色違いというだけではなく、髪の色がブラウンになり、格闘スタイルも捷アレス流(ゲーム上のモーションは同じ)という設定になっていた。

ゲーム上の特徴[編集]

短めの剣と盾を使う。リーチは短そうに見えるが、いわゆる波動拳コマンドから出る「エンジェルステップ」という特殊ステップを持つために距離を問わず攻撃できるほか、高性能な技を数多く持つ万能キャラクター。彼女の持つある意味痛烈な投げ技「ヘブンズアーチ」も彼女を象徴している。

ジークフリート・シュタウフェン[編集]

ジークフリート・シュタウフェン プロフィール

  • 初出作品: ソウルエッジ
  • 格闘スタイル: 我流
  • 武器銘: ツヴァイハンダー
    • 「ファウスト」(エッジ)
    • 「レクイエム」(1)(3)(5)
    • 「ソウルキャリバー」(4)(BD)
  • 出身地: 神聖ローマ帝国/オーバーゲッツェンベルク
  • 誕生日: 1568年2月6日
  • 身長: 157cm(エッジ) 165cm(1)(L) 168cm(3)(4)(BD) 172cm(5)
  • 体重: 48kg(エッジ) 50kg(1)(2)(3)(L)(4)(BD) 70kg(5)
  • 血液型: A型
  • 年齢: 16歳(エッジ)(L) 19歳(1) 23歳(3)(4)(BD) 40歳(5)
  • 家族構成:  
    • 母・マーガレット。父・フレデリックは彼自らが殺害している。(エッジ)(1)(3)(L)(4)(BD)
    • 父・フレデリックはみずから殺害 母・マーガレットは天寿を全うした 傭兵団『シュヴァルツヴィント』の仲間達(5)
  • キャッチコピー:  
    • 「幼きダークサイド」(エッジ)
    • 「明日なき魂」(1)
    • 贖過の道行き」(3)
    • 「断罪の閃光」(4)(BD)

Siegfried Schtauffen

  • 登場作品: (エッジ)(1)(3)(L)(4)(BD)(5)
  • 声: 檜山修之

(1)(2)において設定上はナイトメアと同一人物であるが、(1)ではゲーム上では独立したキャラクターとして使用することができる。(2)では独立したプレイヤーキャラクターとしては登場しないが、ナイトメアの衣装変えでジークフリートの姿が見られる。(3)以降は設定上でも分離しており、ゲーム上でもナイトメアと技の差別化が図られている。

設定[編集]

盗賊団『シュヴァルツヴィント』を率いていたが、殺された父の仇を討つためにソウルエッジを追い求める。しかし、それは父を殺したのが自分自身であることからの現実逃避であった。この弱みを突かれて邪剣「ソウルエッジ」に取り憑かれたことで、ナイトメアとして殺戮を繰り返すこととなる。取り憑かれた瞬間に全世界に放たれた邪気が「イヴィルスパーム」と呼ばれる怪奇現象を起こし、人々を苦しめることにもなった。(3)において霊剣を用いて邪剣を封じ、元の姿を取り戻す。その後、過去に犯した過ちを償うべく、ソウルエッジの破壊を決意する。(3)では彼を中心としてストーリーが進行しており、(4)においてソウルキャリバーの正当な所有者となった。

人物[編集]

左利き。(エッジ)では野心とプライドが高く、冷酷な言動の多い青年であったが、(1)以降は自分が父親を殺し、殺戮者ナイトメアとなっていたことと、ソウルエッジの破壊の自負に苦悩する青年として描かれている。ただしナイトメア曰く「存在そのものが罪」であることから、自分の宿命から逃れることはできなくなっているが、ジークフリート自身はそのことを必然的に受け入れている。全キャラクターの中で最もストーリーの中心にいた人物であり、最も波乱な生涯を送っている「影のある主人公」と呼ぶべきに相応しい人物である。

ゲーム上の特徴[編集]

大剣を武器に使い、大振りながらもリーチとパワーに優れた攻撃が得意。(1)ではナイトメアと同じく、レバー左右上下およびニュートラルレバー+B+Kによる特殊構えを実装しており、これに大剣の特徴を加えたパワー寄りのテクニカルな動きを可能にしている。ナイトメアとは(1)では一部の技が異なるのみであったが、(3)以降は大きな差別化が図られている。説明書では最もバランスの取れたデータが出ている。

モチーフ[編集]

企画当初に想定された人物のモチーフはアメリカの映画俳優リヴァー・フェニックスで、武器のモチーフは三浦建太郎の漫画『ベルセルク』に登場する大剣「ドラゴンころし」である[1]ツヴァイハンダー(ドイツ語で「両手持ちの剣」の意味)は実在する剣のカテゴリだが、モチーフとなった漫画の剣は史実上のものよりも、はるかに大振りで重い。

ロック[編集]

ロック プロフィール

  • 初出作品: ソウルエッジ
  • 格闘スタイル: 我流
  • 武器銘:  
    • バトルアックス「アポカリプス」(エッジ)(1)
    • ジャイアントメイス「オンスロート」(3)(4)(BD)
  • 出身地: イングランド王国/ロンドン新大陸育ち)
  • 誕生日: 1549年12月14日
  • 身長: 175cm(エッジ) 176cm (1)(3)(4)(BD)
  • 体重: 81kg(エッジ) 85kg (1)(3)(4)(BD)
  • 血液型: 不明
  • 年齢: 35歳(エッジ) 38歳(1) 42歳 (3)(4)(BD)
  • 家族構成:  
    • 生き別れ、もしくは死別。インディアンの孤児・バングーを育てている。(エッジ)
    • 両親の消息は不明。インディアンの孤児・バングーを育てている。(1)
    • 両親の消息は不明 育てていたインディアンの孤児・バングーは先日成人(3)
    • 両親の消息は不明 育てていたネイティブアメリカンの孤児・バングーは先日成人(4)(BD)
  • キャッチコピー:  
    • 「爆走する闘志」(エッジ)
    • 「激震の大地」(1)
    • 猛き野獣の牙」(3)(4)(BD)

Rock

設定[編集]

アダムス家に生まれたイギリス人(イングランド王国)だが、幼い頃海賊の襲撃により乗っていた船を沈められ、見知らぬ島(新大陸)に流れ着き、そのままその地で育った男。ソウルエッジを手がかりに自分の過去を探す。海外版のフルネームはNathaniel William Adams(ナサニエル・ウィリアム・アダムス)。

人物[編集]

正々堂々と闘う誇り高き戦士であり、闘う相手への敬意も忘れない。養子の息子バングーを大切に思っており、自分の親を探すことよりもバングーを守ることを優先するなど、その愛情は深い。なお、(1)のときに邪教集団にさらわれたバングーを救い出した際に、それまで使っていた武器が壊れたため、(3)からは武器が変更されている。

ゲーム上の特徴[編集]

斧((3)以降は大型のメイス)を武器に使い、大振りで単発ながら攻撃力の高い技を多く持っている。(エッジ)から登場しているが、(1)ではアスタロスに変わりコンパチキャラクターとして登場し、(2)では登場せず(代わりにロックの性能を受け継いだバーサーカーが登場)、(3)からレギュラーとして復活し、ロックの代表的な技を残しつつアスタロスと本格的な差別化がなされた。(4)では一部の主力技がなくなり、連係が乏しい単発重視のキャラクターに仕上がっている。

黄星京[編集]

黄星京 プロフィール

  • 初出作品: ソウルエッジ
  • 格闘スタイル:  
    • 成家式大刀術(エッジ)
    • 黄式大刀術(1)(3 (ボーナス流派))
  • 武器銘:  
  • 出身地:  
    • 李氏朝鮮/智異山(エッジ)(1)
    • 朝鮮/智異山(3)
  • 誕生日: 1559年8月8日
  • 身長: 171cm
  • 体重: 60kg(エッジ) 62kg(1)(3)
  • 血液型: AB型
  • 年齢: 25歳(エッジ) 28歳(1) 32歳(3)
  • 家族構成: 両親とは死別。恩師・成漢明。
  • キャッチコピー:  
    • 「乱世の英雄」(エッジ)
    • 灼熱の志士」(1)(3)

ファン・ソンギョン、황성경 [Hwang Sungkyung(エッジ)(1), Hwang Seong-gyeong(3)]

  • 登場作品: (エッジ)(1)(3)
  • 声: 森川智之(エッジAC)、高木渉(エッジPS)(1)、今村直樹(3)

元々は韓国版ソウルエッジの御剣の代替キャラクターであったが、(エッジAC)Ver.2および(エッジPS)では通常使用キャラクターとして追加された。

設定[編集]

成美那の父の剣術道場の愛弟子。李氏朝鮮が誇る剣客で、その実力は凄まじい。

ゲーム上の特徴[編集]

(エッジ)から登場しているが(1)ではシャンファに変わりコンパチキャラクターとして登場している。リング際を背に追い詰められても相手を対称から背の後ろ側に落とせるG+Bなどの代表的な投げ技を持つ。(2)では流派を受け継いだユンスンが登場したことで出場せず(代わりにファンの性能を受け継いだアサシンが登場)、(3)ではボーナスキャラクター((3AC)ではレギュラーキャラクター)として登場している。(4)にはリ・ロン同様に参戦していないが、ミナとユンスンのストーリーなどの絡みで名前だけ登場している。基本的に(1)ではオリジナル技とシャンファの剣技、ミナの足技などを合わせ持ったキャラクターで、素早い剣技・足技を駆使し、主に近距離・中距離戦を得意としている。

セルバンテス・デ・レオン[編集]

セルバンテス・デ・レオン プロフィール

  • 初出作品: ソウルエッジ
  • 格闘スタイル:  
    • 操られるまま(剣が体験した戦闘の全て)(エッジ)
    • ソウルエッジの記憶(1DC)(2)(3)(L)(4)(BD)
    • 我流 + かつてソウルエッジを握った時の記憶(5)
  • 武器銘: ロングソード & 短銃
    • 「ソウルエッジ」の二刀流(エッジ)
    • 「アーケロン」「ニルヴァーナ」(1DC)(4)(BD)(5)
    • 「ソウルエッジ(♀)」「ニルヴァーナ」(2)(3)
    • 「プレゲドン」「ニルヴァーナ」(L)
  • 出身地: スペイン王国/バレンシア
  • 誕生日: 1536年1月1日
  • 身長: 177cm(エッジ)(1DC)(2)(3)(L)(4)(BD) 182cm(5)
  • 体重: 80kg(エッジ)(1DC)(2)(3)(L)(4)(BD) 89kg(5)
  • 血液型: O型(エッジ)(5) 無し(1DC)(2)(3)(4)(BD)
  • 年齢: 48歳で止まっている(エッジ)(1DC)(2)(3)(L)(4)(BD) 44歳(新たな肉体を得て12年経つ)(5)
  • 家族構成、人間関係:  
    • 両親は他界。「海の仲間」が大勢いたが……(エッジ)
    • 両親は他界、仲間は彼自ら全員殺害。だが、本人は覚えていない。(1DC)
    • 父は戦争で死去 母も既に他界 彼がソウルエッジを握った際に部下達を全員殺害したが覚えていない(2)(3)(L)(4)(BD)
    • 副官・アントニオ 部下・恐怖によって統率されている海の男ども 娘・アイヴィー(5)
  • キャッチコピー:  
    • 「誇り高き男の残骸」(エッジ)(1DC)
    • 傲岸なる海の魔王」(3)
    • 冥海の略奪王」(4)

Cervantes de Leon

  • 登場作品: (エッジ)(1DC)(2)(3)(L)(4)(BD)(5)
  • 声: 長嶝高士(エッジ)(1)(2)(3)、浦山迅(L)(4)(BD)(5)

元々はボスキャラクターであったが、(エッジAC)Ver.2および(エッジPS)では通常使用キャラクターとして追加された。なお、(エッジ)においてのみ、プレイヤーが使用時とCPU使用時の性能が若干異なる。

設定[編集]

かつて世界の海を荒らし回り、あらゆる船舶を恐怖に陥れた大海賊。父親は私掠船の船長であったが、助けた船に後ろから攻撃され命を落とした。そのため、父とは反対にどこにも属さない海賊として彼は生きてきた。ベルチーの依頼でソウルエッジを探索し、やがて発見する。しかし、ソウルエッジを握った瞬間にソウルエッジの虜となってしまう。その後、ソフィーティアとタキに敗れて一度は命を落としたが、邪剣の力によって復活する。

人物[編集]

実の娘を襲うことを躊躇しないほどの冷酷非道な人物。復活してからはソウルエッジの完全復活を求めて行動を起こすようになる。しかし、一度死を迎えたためか、生への執着が強くなっており、それがアイヴィーへの襲撃の糸口となった。(5)ではソウルエッジの支配から逃れ性格が一変している。

ソウルエッジに支配されていた時は一人称は「我」だが、支配が解かれた(5)では「俺」。また(エッジ)のグッドEDで支配が解かれた時は「私」で、支配され前の話が語られている「エッジマスターモード」のBOOKでは「俺」。

ゲーム上の特徴[編集]

特殊構えからの突進攻撃や銃による遠距離攻撃などリーチの長い技もあるが、基本的には近~中距離戦を得意とするキャラクター。

インフェルノ[編集]

ソウルエッジ、インフェルノ プロフィール

  • 初出作品: ソウルエッジ
  • 格闘スタイル:  
    • 不明(エッジ)
    • これまでに体験した全ての戦闘(1)
    • これまでに体験した戦闘の全て(2)
  • 武器銘:  
    • 自分自身(エッジ)
    • 全ての武器(1)
    • 自らの一部を物質化(2)
  • 出身地: 不明
  • 誕生日: 不明
  • 身長: 計測不能
  • 体重: 計測不能
  • 血液型: なし
  • 年齢: 不明
  • 家族構成:  
    • 不明(エッジ)(1)
    • なし(2)
  • キャッチコピー:  
    • 「究極の邪剣」(エッジ)
    • 「絶望の業火」(1)

Inferno

  • 登場作品: (エッジ)(1)(2)(3AC)

多くの作品で最終ボスとして君臨してきた歴戦のボスキャラクター。(エッジ)においてのみ、“ソウルエッジ(SoulEdge)”の名で登場する。なお、同タイトルでは特定の条件を満たすことでプレイヤーが使用することも可能。

設定[編集]

邪剣ソウルエッジの意思が具現化した存在であり、炎に包まれた姿をしている。(1)では霊剣ソウルキャリバーを手にしたシャンファにより滅ぼされたが、(2)では邪気の影響で変質したソウルキャリバーに取り憑くことで復活を遂げた。

ゲーム上の特徴[編集]

(エッジPS)(3AC)ではセルバンテスとほとんど同じ技を使い、(1)(2)ではラウンドごとにランダムに選んだキャラクターの流派を使う。いずれの場合も特殊な専用技が追加される。(1)において、ボスとして登場したときは1ラウンド目は必ずナイトメアの流派を使用してくる。

成漢明[編集]

成漢明 プロフィール

  • 初出作品: ソウルエッジ
  • 格闘スタイル: 成家式大刀術
  • 武器銘: 唐の長刀「青嵐」

ソン・ハンミョン、성한명 [Seung Hanmyong]

  • 登場作品:(エッジ)
  • 声: 長嶝高士

設定[編集]

成家式道場の師範でミナの父親。ファンとユンスンの師でもある。

人物[編集]

厳格な性格で忠義のある格闘家。娘のミナのおてんばぶりに手を焼いている。

ゲーム上の特徴[編集]

ファンとほぼ同じ技を使うが、一部ファンとミナの技をアレンジしたものと独自の技を使う。

キリク[編集]

キリク プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバー
  • 格闘スタイル:  
    • 真行山臨勝寺棍法奥伝(1)(2)(3)(4)(BD)
    • 異世界の記憶(5)
  • 武器銘:  
      • 滅法棍」 & 末法鏡」(1)
      • 滅法棍」(2)(3)(4)(BD)
    • 様々な武器
      • 「太古の武具」「滅法棍」(5)
  • 出身地: 不明、育ち
  • 誕生日: 1568年2月9日
  • 身長: 167cm
  • 体重: 63kg(1)(2)(3)(4)(BD) 66kg(5)
  • 血液型: A型
  • 年齢: 19歳(1) 23歳(2)(3)(4)(BD) 不明(5)
  • 家族構成:  
    • 幼き頃から真行山臨勝寺で育つ。詳しくは不明。(1)
    • 臨勝寺で育てられるが姉同然だったシャンレンを含めてキリク自らが全員を殺害。師匠・エッジマスター(2)(3)(4)(BD)(5)
  • キャッチコピー:  
    • 「目覚めし宿命」(1)
    • 紅蓮の浄火」(3)(4)(BD)

キリク [Kilik]

  • 登場作品: (1)(2)(3)(4)(BD)(5)
  • 声: 保志総一朗

設定[編集]

臨勝寺の若き修行僧の一人であったが、イヴィルスパームが原因で三宝の一つ「滅法棍」を手にしていた自身が暴走し、自分にとって姉同然の存在であった香蓮(シャンレン)を含む門下生たちを皆殺しにしてしまう。心の弱さを悔やみ、師匠・エッジマスターの元で修行を積み、イヴィルスパームの根源であるソウルエッジを「浄化」する旅に出る。やがて旅先でシャンファ、マキシと出会い3人で行動する。 武器は滅法棍。胸にはシャンレンの形見である末法鏡を掲げている((2)以降は、末法鏡の欠片を首飾りにしている)。なおシャンファがシャンレンの妹であることには気づいていない。

(5)ではソウルエッジ・ソウルキャリバーの力を封じ込めるため山奥に篭っており、師であるエッジマスター同様時の流れからも外れた仙人のような生活を送っている。

人物[編集]

真面目かつ実情的な性格で、かつてまでの門下生たちからも慕われていたほど人望の厚かった青年である。反面、産まれて間もなく真行山臨勝寺に預けられ、修行の日々を送っていたゆえにやや求道的な面が目立ち、恋愛ごとには疎いため、長旅を経て好意を抱かれているシャンファからアプローチを受けても「練習相手にも困らない」と彼女の気持ちには気づいていない様子を見せている。

ゲーム上の特徴[編集]

棍によるリーチの長さと広範囲攻撃を得意としたキャラクター。ただし全体的に小回りが利かず、至近距離からの切り返しには弱い。ミナと似通った技が多いが、ミナにはない特殊構えと起き上がり技を所有している。(3)からはコマンドが複雑ながらも強力なインパクト技を持つようになる。(5)では一転してエッジマスターや(2)のシャレード、(3)のオルカダンと同様、流派が可変になる(ただし、エツィオとアルゴル以外の男性限定)。

モチーフ[編集]

(1)の企画当初における人物のモチーフは、アメリカ映画『スターウォーズ』の主人公、ルーク・スカイウォーカーを意識したものであったという[2]

柴香華[編集]

柴香華 プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバー
  • 格闘スタイル: 母より伝授された剣法
  • 武器銘: 中華剣
    • 「護法剣」(1)
    • 「無名」(2)(3)(4)(BD)
  • 出身地: 明帝国/北京
  • 誕生日: 1571年4月2日
  • 身長: 152cm
  • 体重: 46kg
  • 血液型: B型
  • 年齢: 16歳(1) 20歳(2)(3)(4)(BD)
  • 家族構成:  
    • 父は死んだと母から聞いている。母は5年前に死亡。(1)
    • 母は病死 父は死んだと母から聞かされていた(2)(3)(4)(BD)
  • キャッチコピー:  
    • 「涼風の旅芸人」(1)
    • 「流水の剣舞」(3)(4)(BD)

チャイ・シャンファ [Chai Xianghua]

  • 登場作品: (1)(2)(3)(4)(BD)
  • 声: 久川綾(1)(2)(3)、新谷良子(4)(BD)

人物[編集]

明るくポジティブな少女と言った印象が強い。その前向きな姿勢から時折冗談めいた台詞の飛び交うこともある。口癖は「なんちゃって!」、座右の銘は「運命なんて自分で切り開くもの」で、どちらも母親からの影響が強いと思われる。旅を供にするにつれ、キリクに想いを寄せるようになるが、当のキリク自体は全く気づいていなかった。

使用流派は“母より伝授された剣法”であるが、彼女の師である母が臨勝寺で修業をしていたことから、厳密には真行山臨勝寺剣法に母が改良を加えたものである。さらに、シャンレンとは姉妹関係にあたるが、共に存在を知らない。

ゲーム上の特徴[編集]

武器となる中華剣のリーチはあまり長くはないが、スピードで補いつつ多彩なフェイント技で相手を翻弄する戦い方が得意。さらにダウン状態から攻撃する技(実用性には乏しい趣味的な技)を持つ。

真喜志[編集]

真喜志 プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバー
  • 格闘スタイル: 七閃架裏破手
  • 武器銘: ヌンチャク
    • 覇汀原」(1)
    • 蘇竜集」(2)(3)(4)(BD)(5)
  • 出身地: 琉球王国/首里
  • 誕生日: 1563年5月1日
  • 身長: 174cm
  • 体重: 57kg(1)(2)(3)(4)(BD) 76kg(5)
  • 血液型: O型
  • 年齢: 24歳(1) 28歳(2)(3)(4)(BD) 見た目ほど若くない(5)
  • 家族構成:  
    • 両親は既に他界。義兄弟キャン。家族同様の子分たちがいる。(1)
    • 両親は死去 家族同然の子分達がいたがアスタロスの手にかかり全員死亡(2)(3)(4)(BD)
    • 過去に置いてきた(5)
  • キャッチコピー:  
    • 南海の伊達男」(1)
    • 荒波の快男児」(3)
    • 「星なき夜の波の華」(4)(BD)

マキシ [Maxi]

設定[編集]

琉球王国出身の海賊。家族同然だった同志たちがアスタロスに殺され、その敵を討つためアスタロスを追うことに。その際、キリクやシャンファたちと共に旅をするようになる。(5)ではエッジマスターから邪気を制御する術を学び、キリクを救うべく、若き仲間に力を貸す。

人物[編集]

キャッチコピーにあるとおりの優男で、義に厚い性格。そのため部下からも慕われていた。

ゲーム上の特徴[編集]

多彩な構えから怒涛のラッシュを出すことが彼の主な戦術となる。ただし、構えが多いため技数も全トップクラスで覚えるのも苦労しやすい玄人向けのキャラクター。ただ、手軽に技が出せる本作においては初心者が使用することも多い。

アーサー[編集]

アーサー プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバー
  • 格闘スタイル:  
    • 天賦古砕流・改(1WLD)
    • 辻斬一刀流(3PS2 ボーナス流派)
  • 武器銘: 日本刀太刀
    • 獅子王」(1WLD)
    • 月山」(3PS2)
  • 出身地: イングランド王国/サザンプトン
  • 誕生日: 1559年6月8日
  • 身長: 171cm
  • 体重: 65kg
  • 血液型: AB型
  • 年齢: 28歳(1WLD)、32歳(3PS2)
  • 家族構成:  
    • 親兄弟は不明。内縁の妻と生まれたばかりの娘あり。(1WLD)
    • 親兄弟は不明。妻は病死。幼い娘あり。(3PS2)
  • キャッチコピー:  
    • 碧眼の修羅」(1)(3)

Arthur

  • 登場作品: (1WLD)(3PS2)
  • 声: 高塚正也(3PS2)

初代『ソウルキャリバー』の一部の海外版で御剣の代替キャラクターとして登場し、御剣と同じ流派を使用した。その後の(3PS2)ではボーナスキャラクターとして登場し、独自の流派を使用する。

ナイトメア[編集]

ナイトメア プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバー
  • 格闘スタイル:  
    • ソウルエッジの記憶(1)
    • かつての記憶(2)
    • 鎧に染み込んだ記憶(3)(L)(4)(BD)
    • 剣の望むがままに(5)
  • 武器銘: ソウルエッジ(ツヴァイハンダー型)
    • 「ソウルエッジ」(1)(4)(BD)(5)
    • 「ソウルエッジ(♂)」(2)
    • 「ソウルエッジ(ファントム)」(3)
  • 出身地: 不明
  • 誕生日: 不明
  • 身長: 168cm(1)(2)(3)(L)(4)(BD) 178cm(5)
  • 体重: 95kg(1)(2)(L) 96kg(3)(4)(BD) 152kg(5)
  • 血液型: 不明
  • 年齢: 不明(1)(2)(5) ソウルエッジとして太古からの時を生きている(3)(L)(4)(BD)
  • 家族構成、人間関係:  
    • 不明(1)(2)
    • 自らの意思に忠実に従うティラを従えている(3)
    • なし(L)
    • すべての生命は己を満たす糧でしかない(4)(BD)
    • 『デュマ伯』として、神聖ローマ皇帝ルドルフに取り入っている邪剣の眷属「イヴィル」を数多く従え、私兵とする(5)
  • キャッチコピー:  
    • 蒼き悪夢」(1)
    • 「凶夢の残影」(3)
    • 「終炎の悪夢」(4)(BD)

Nightmare

  • 登場作品: (1)(2)(3)(L)(4)(BD)(5)
  • 声: 檜山修之(1)(2)、立木文彦(3)、廣田行生(4)(BD)、増谷康紀(5)

設定[編集]

青い鎧の狂戦士。(1)の正体は、ジークフリートがソウルエッジに支配されたものである。後にジークフリートが正気を取り戻し解放されたため、抜け殻となった青い鎧が残ったが、ザサラメールの手によって復活した。シリーズを通して右腕が異形の形になっているほか、(3)以降はより禍々しい姿へと変貌した。(5)は新たなソウルエッジの宿主「デュマ伯」であり、鎧騎士の姿は(1)と(2)に近い。

人物[編集]

(2)まではジークフリートの意識もあったために、彼の内面が垣間見えることも多かった。しかし、(3)において完全に彼と分離すると、ソウルエッジそのものの精神がナイトメアとなっている。残忍な性格をしており、人は自らの渇きを満たすものとしてしか認識していない。なお、(エッジPS)のジークフリートのエンディングでは、ジークフリートがナイトメア化する様子が描かれているが、このときは鎧の色が赤となっている。

ゲーム上の特徴[編集]

リーチが長く、威力の高い技が揃う典型的なパワーキャラ。(1)ではBホールド←や→Bなどガードされても先に動ける有利な技が豊富で、どの位置でもリングアウトを狙える能力、3種類の構えなどが特徴的である。(2)では構えから他構えへの移行技が圧倒的に増え、システムの影響もあり優秀なRUN技が揃っている。(3)からはジークフリートとの差別化が図られ、ジークフリートとは似て非なるパワーキャラとして生まれ変わった。威力のある技が多い反面、大振りな技が多いが、初心者にも扱いやすい。

アスタロス[編集]

アスタロス プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバー
  • 格闘スタイル: ギュルクス
  • 武器銘: ジャイアントアックス「クルトゥエス」
  • 出身地:  
    • 不明(1)(L)
    • 不明(邪教集団フィグル・セステムス/パルギア大神殿)(2)(3)(4)(BD)
    • 不明(邪教集団フィグル・セステムス/パルギア蛇神殿)(5)
  • 誕生日: 1584年9月3日(1)(2)(3)(4)(BD) 個体ごとに異なる(5)
  • 身長: 193cm(1)(L) 202cm(2)(3)(4)(BD) 220cm(5)
  • 体重: 95kg(1)(L) 130kg(2)(3)(4)(BD) 183kg(5)
  • 血液型: 無し
  • 年齢: 3歳(1) 再生したばかり誕生後7年経過(2) 再生して一年足らず(誕生後7年経過)(3) 誕生後1年経過(L) 誕生後7年経過(4)(BD) 造られて間もない(5)
  • 家族構成:  
    • なし。同類の仲間は多い。(1)
    • 戦争神アレスの使い達(2)(3)(L)
    • 無し(4)(BD)
    • 造成者・大神官クンペトクー 他にも数多くのアスタロスが生み出されつつある(5)
  • キャッチコピー:  
    • 魔人の尖兵」(1)
    • 「破壊執行人」(3)(4)(BD)

Astaroth

  • 登場作品: (1)(2)(3)(L)(4)(BD)(5)
  • 声: 銀河万丈(1)、大友龍三郎(2)(3)(L)(4)(BD)(5)

設定[編集]

邪教集団フィグル・セステムスの大神官クンペトクーが「執行人」として「白い巨人(ロック)」のデータを元に造られた人造人間。クンペトクーの命を受けソウルエッジ捜索に赴く。ソウルエッジの持ち主であるナイトメアと出会い、ソフィーティアによって砕かれたソウルエッジの破片を集め、修復するためともに行動する。(5)では量産型の一体として登場する。

人物[編集]

破壊衝動そのものと言ってよいほどの凶悪で残忍な怪物。(1)(2)(3)ではまだ人に近い姿をしていたが、(4)においては完全に異形の姿となった。

ゲーム上の特徴[編集]

見た目通り、大斧でパワフルな攻撃で圧倒するパワータイプ。技のほとんどがホールド可能であり、全キャラクター中屈指のパワーを誇る。リングアウト誘発技、投げ技も豊富。また、ヴォルドと同じく、背後投げを投げ抜けできる一人。

アイヴィー[編集]

アイヴィー プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバー
  • 格闘スタイル: アンリレイトリンク
  • 武器銘: 蛇腹剣「バレンタイン (アイヴィーブレード)」
  • 出身地: イングランド王国/ロンドン
  • 誕生日: 1559年12月10日
  • 身長: 179cm
  • 体重: 58kg
  • 血液型: 不明
  • 年齢: 25歳(L) 28歳(1) 32歳(2)(3)(4)(BD) 32歳のまま止まっている(5)
  • 家族構成:  
    • 育ての両親は共に病死。本当の親の手掛かりは無し。(1)
    • 育ての両親とは死別 実の父親はセルバンテスであることが判明 母親は既に死亡している(2)(3)
    • 育ての両親とは死別 実の父親は不明(L)
    • 育ての両親とは死別 実の父親はセルバンテス 母親はすでに死亡している(4)(BD)
    • 育ての親・バレンタイン伯爵夫妻とは死別 実の父・セルバンテス(5)
  • キャッチコピー:  
    • 絡みつく孤高の刃」(1)
    • 「祝福なき血統」(3)(4)(BD)

Ivy
本名: イザベラ・バレンタイン [Isabella Valentine]

設定[編集]

イングランドの貴族の名門バレンタイン家の養女。養父バレンタイン伯爵が「不死不老の鍵」であるソウルエッジを研究するあまり財産を浪費してしまいバレンタイン家は没落してしまう。 父親の無念を晴らすため彼女は父親の意思を継いで錬金術師になり、邪剣に対抗するため剣と鞭に変形できる武器を自作。ソウルエッジ破壊の旅に出るが、ナイトメア一味に加担してしまうことに……。

人物[編集]

貴族出身であったためか高飛車な言動が目立つ。セルバンテスは実の父。
ずっと露出度の高い服を着こなしていたが、実質四十年以上も経った今(5)は少々落ち着いたコスチュームになった。
(4)ホムンクルスに魂を込められたため、32歳のまま年齢は止まっている。自己紹介する時、「さんじゅ・・・29歳だ」と言う当たり本人も年齢を気にしている模様(小説版)
(4)自分をこのような非業に遭わせたセルバンデスを心から憎んでおり、ゲーム対戦時「亡霊め、消え去るがいい!」と語気を荒げる
(5)現在は改心し、ソウルエッジの手下を抜けている

ゲーム上の特徴[編集]

遠距離の鞭と近距離の剣という2つの形態、さらに特殊構えを持つテクニカルキャラで、シリーズ通して上級者向け。鞭状態の際には全キャラクター中屈指のリーチを誇る。
(5)では構えがなくなり、ボタン長押しで鞭形態になるように簡略化された。それでも、カウンターやゲージ以外の単体ダメージは低いのでやはり中級者向けである。また「収束する世界(マイト アトラス)」と「罪人の響き(クリミナル シンフォニー)」という非常に高威力だが難解なコマンドの投げ技があり、シリーズ通しての代表的な技である(なおコマンドは、前述のように難解ではあるが受付時間は非常に長く、さらに時計回りの要領で入力すると普通に入力するよりも簡単に出すこともできる)。
(5)では、難解コマンドはクリミナルシンフォニーのみになり、マイトアトラスはゲージを使用するブレイブエッジ技に変更された。また、今作より新たに追加された超必殺技(クリティカルエッジ)は投げ属性でありながら、全キャラ屈指の威力を誇る。

モチーフ[編集]

刀身を分解して鞭のように扱うことができる剣は、テレビアニメ『機甲界ガリアン』の主役ロボットが用いていた武器がモチーフであり、ゲームの開発中に描かれた設定画においてこの武器は「ガリアンソード」や「ガリアン剣」と仮称されていた[3]。アイヴィーの設定はこの武器ありきで作られ、(1)のキャラクターデザインはゲームにかかる処理を軽減するため、他のキャラクターよりも少ないポリゴン数で描くことを前提とした工夫が施されたが、担当プログラマはこの剣を実現困難な設定であるとして非常に嫌がったという[1]

吉光[編集]

吉光 プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバー
  • 格闘スタイル:  
    • 卍忍術(1)(2)(3)
    • 万字忍術(4)(BD)(5)
  • 武器銘: 日本刀
    • 「名刀吉光」(1)
    • 「妖刀吉光」(2)(3)(4)(BD)
    • 「妖刀吉光」「封魔刀」(5)
  • 出身地:  
    • 日本/富士山麓(1)(5)
    • 黙して語らず(日本/富士山麓)(2)(3)(4)(BD)
  • 誕生日: 不明
  • 身長: 170cm(1) 不明(2)(3)(4)(BD) 169cm(5)
  • 体重: 57kg(1) 不明(2)(3)(4)(BD) 60kg(5)
  • 血液型: O型(1) 不明(2)(3)(4)(BD)(5)
  • 年齢: 不明
  • 家族構成、人間関係:  
    • 不明。一族は全員虐殺された。(1)
    • 一族は時の権力者に虐殺された 現在は共に義賊として働く仲間達がいる(2)
    • 一族は時の権力者に虐殺された 現在は共に戦う義賊・卍党の仲間達がいる(3)
    • 一族は時の権力者に虐殺された 現在はともに戦う義賊・万字党の仲間達がいる(4)(BD)
    • 育ての親・初代吉光 腹心・右近、左近 部下・義賊集団『万字党』の荒くれたち(5)
  • キャッチコピー:  
    • 「元祖からくり忍者」(1)
    • 初代卍党首領」(3)
    • 初代万字党首領」(4)(BD)

よしみつ [Yoshimitsu]

  • 登場作品: (1)(2)(3)(4)(BD)(5)
  • 声: 檜山修之(1)(2)(3)、若本規夫(4)(BD)(5)

設定[編集]

鉄拳』シリーズに登場する同名のキャラクターの初代にあたるキャラクター。同シリーズの吉光が用いた技を使用する。(5)では初代の後継者となった二代目吉光が登場する。

人物[編集]

時の権力者の手によって皆殺しにされた忍びの一族の生き残り。復讐心にまみれたときもあったが旅の途中に立ち寄った土地でソウルエッジの惨劇を見て思い悩んだ結果、今では弱きもののために戦う義賊団「卍党((4)以降の作品では“万字党”に改名されている)」のリーダーとして手腕をふるっている。『鉄拳』シリーズの吉光と同様、弱い者を救うために義賊として戦うところは共通している。かつて復讐に燃えていた頃、返り討ちに遭い右腕を失ったため、代わりにカラクリ仕掛けの義手をつけている。また、常に般若や鬼の面を着けており、素顔は見せない((3)で口元は見えるが)。(5)では掟により初代を斬った後継者が二代目を襲名している。

妖刀吉光について[編集]

吉光愛用の刀で、彼の一族の秘伝の技法で作られた刀。一族が皆殺しにされてしまったため、最後の一振りとなってしまった。義賊に目覚めた吉光は、己への戒めの意味も込めて自らの名をこの刀に冠した。吉光がソウルエッジを巡って旅をしているうちに、邪気にあてられいつしか「妖刀」となる。その邪気のせいで、ヴォルドにソウルエッジと間違われて一度盗まれてしまったが、吉光がマネーピットに潜入した際、奪還した。なお、同じ日本刀使いの御剣と違い、吉光は(少なくとも対戦中は)鞘を帯びていない。

ゲーム上の特徴[編集]

刀を地面に突き刺してその上に乗ったり、背中の旗を回転させて空を飛んだり、瞑想によって体力を回復したりするなど、奇抜なモーションが多い色物キャラクター。体力吸引や毒霧攻撃、さらには切腹など、他のキャラクターにはない独特な技が多彩である。

アイオーン・カルコス[編集]

リザードマン、アイオーン・カルコス プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバー
  • 格闘スタイル:  
    • ギュルクス(捷アレス流)(1)
    • ギュルクス(2CS)
    • 捷アレス流(3)(4)(BD)
    • 捷アレス流 + 捕食した者達の技(5)
  • 武器銘:  
    • ショートソード & スモールシールド
      • 「クシィソード」「ゲイムシールド」(1)
      • 「ギュルクスウェポン」(2CS)
    • ハンドアックス & スモールシールド
      • 「グラッジアックス」「アイアシールド」(3)(4)(BD)
    • ハンドアックス
      • 「クティノス」「アンスロポス」(5)
  • 出身地:  
  • 誕生日: 不明(1)(5) 個体によって様々(2CS) 1583年6月23日(3)(4)(BD)
  • 身長: 180cm(1)(3)(4)(BD) 個体によって様々(2CS) 202cm(全長346cm)(5)
  • 体重: 86kg(1)(3)(4)(BD) 個体によって様々(2CS) 134kg(5)
  • 血液型: 不明(1)(5) 変質した血液(2CS) 無し(3)(4)(BD)
  • 年齢: 3歳(1) 個体によって様々(2CS) 36歳(この姿になって7年になる)(3)(4)(BD) 不明(人でなくなってから24年経つ)(5)
  • 家族構成、人間関係:  
    • 不明。仲間はたくさんいる。(1)
    • 一度に目撃された最大数は数十体だが、神殿の奥では日に日に増えているのかも知れない。(2CS)
    • 故郷に帰れば家族もいるはずだが、今となってはどうでもよい(3)
    • 故郷に帰れば家族もいるはずだが……(4)(BD)
    • 故郷の家族の記憶は、喰らった獲物たちの記憶と混ざり合い、もはや認識できない(5)
  • キャッチコピー:  
    • 戦慄の緑鱗」(1)
    • 憤怒の緑鱗」(3)
    • 濁り目の緑鱗」(4)(BD)

Aeon Calcos
通称: リザードマン [Lizardman]

  • 登場作品: (1)(2CS)(3)(4)(BD)(5)

ギリシア人。『ドルアーガの塔』に登場したリザードマンをモチーフに作られたビーストマンキャラクター。しかし、制作期間の都合から[4]左利きではない。(2CS)ではアイオーン以外の「その他大勢」のリザードマン達が特定のモードでのみ登場し、海外版ではプレイヤーキャラクターとして使用できる。

設定[編集]

元々は敬虔な人間であったが、イヴィルスパームと呼ばれる怪現象によって自我を失い、大神官クンペトクーによってトカゲの化け物に姿を変えられてしまった。彼と同じように姿を変えられた者は多く、ゲームに登場するリザードマンが同一人物とは限らない。事実、(2CS)と(3)においては亜種とも呼べる存在((3)では「リザードメン」と表記されている)が登場している。

人物[編集]

前述のとおり、ヘパイストス神を信仰する敬虔な人物であったが、自らが元の姿に戻れないことを知って絶望し、神への怒りのまま行動するようになった。その後は人としての記憶や感情は失われかけている。

ゲーム上の特徴[編集]

尻尾による攻撃や特有の低い姿勢からの攻撃など、トカゲならではの特殊な体型を駆使した技を多数持つ。

エッジマスター[編集]

エッジマスター プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバー
  • 格闘スタイル:  
    • ありとあらゆる流派(1)
    • あらゆる流派(5)
  • 武器銘:  
    • 全ての武器(1)
    • あらゆる武器(5)
  • 出身地: 不明
  • 誕生日: 1月1日
  • 身長: 175cm
  • 体重: 80kg(1) 84kg(5)
  • 血液型: O型
  • 年齢: 不明(1) 悠久の時を生きている(5)
  • 家族構成、人間関係:  
    • 3年間キリクと共に暮らしている。(1)
    • 弟子・キリク。客分・マキシ。時折、かつて縁のあった者たちが、彼の石窟を訪れる。(5)
  • キャッチコピー:  
    • 「刃を極めし者」 (1)

Edge Master

アスペクト(現エンターブレイン)刊の(エッジPS)攻略本にて、韮沢靖がデザインしたオリジナルキャラクターが元になっている。

設定[編集]

真行山臨勝寺の武術顧問であり、寺に伝わる三宝の歴代の伝承者に奥伝を教えてきた。三宝の一つ滅法棍の伝承者であるキリクの師匠でもあり、奥伝と共に邪気をコントロールする術を彼に教えた。

人物[編集]

本人が語らないため素性は不明である。邪気の扱いに長け、自らをイヴィル化することも解除することもできる。彼自身も邪気を帯びている。 また、5ではアルゴルとの戦闘前・戦闘後に専用のセリフがあるため、アルゴルと何かしらの関係があると推測されるが、ゲーム中で語られてはいない。

ゲーム上の特徴[編集]

ラウンドごとにランダムに選んだキャラクターの流派を使用可能である。キリクとソン・ミナの流派のときのみエッジマスター専用の技を使用可能(この技は後にキリクへ継承される)。

ラファエル・ソレル[編集]

ラファエル・ソレル プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーII
  • 格闘スタイル: ソレル・ラピエレ
  • 武器銘: ソードレイピア「フランベット」
  • 出身地: フランス王国ルーアン
  • 誕生日: 1559年11月27日
  • 身長: 178cm
  • 体重: 72kg
  • 血液型: A型
  • 年齢: 32歳
  • 家族構成、人間関係:  
    • 養女・エイミ くだらない一族とは縁を切ったも同然(2)(3)
    • 養女・エイミ(4)(BD)(5)
  • キャッチコピー:  
    • 狂気の小夜曲」(3)(4)(BD)

Raphael Sorel

  • 登場作品: (2)(3)(4)(BD)(5)
  • 声: 増谷康紀

設定[編集]

かつては貴族で当主でもあったが、イヴィルスパームをきっかけにソレル家を追われた身である。逃亡中に助けてくれた孤児の少女エイミを養子として迎えている。ラファエル以外に心を開かないエイミを見て、争いを繰り返す貴族のありかたに疑問を持ち、貴族達を破滅に追い込もうとソウルエッジを求めた。しかし、失敗して体がイヴィル化と呼ばれる状態になってしまい、さらに看病したエイミまでもイヴィル化してしまったため、今度は世界中の人々もイヴィル化する目的でソウルエッジを求める。そして(4)ではさらにより強力な力を持つと噂されるソウルキャリバーまでも求める。

人物[編集]

冷徹で高慢な言動が目立ち、その性格が技にもいかんなく発揮されている。これは愛を受けられずに育ったための自己愛によるものである。そんな彼にとって、初めて助けてくれたエイミは特別な存在であり、彼女のことを溺愛している。医学の知識があるなど教養があり処世術に長けるが、ソウルエッジを邪剣と知りつつ利用しようとするなど、目的のために手段を選ばない強硬な姿勢も持つ。貴族社会と距離を取ったことやエイミとの出会いによって、世間の歪みに気づき、これを(エイミが自立できる世界に)変えたいという気持ちが彼の行動の根底にある。なお、左利きであるため、左手で武器を持つ。

ゲーム上の特徴[編集]

長いリーチと高速な縦切りを活かして手数で勝負するフェンサーである。速く大きく踏み込んで切るドレッドバレルは彼の特徴を象徴している。使い勝手の良い縦切りを多く持ち、横切りはやや遅くリーチが長い代わりにサイドの範囲が狭い縦切りに近いものが多い。相手の空振りを誘って反撃に繋ぐ技も多く持ち、イヴィル化した(3)以降は吸血鬼を思わせる超人的な技も追加されている。縦切りに特化しているため相手がRUNを積極的に活用してくると分が悪い。(2)ではそれなりにあった横切りが(3)以降では削減が目立ち、代わりに縦切りが強化されるなど、シリーズを通して縦切りに特化し偏ってきたが、(3)(4)はゲーム全体でRUNが弱体化して行っているため不利な点ばかりではない。

タリム[編集]

タリム プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーII
  • 格闘スタイル: 風奉りの奉納剣舞
  • 武器銘: 叉刃拐「シィ・サリカ」「ロカ・ルーハ」
  • 出身地: 東南アジア/風奉りの集落
  • 誕生日: 1576年6月15日
  • 身長: 144cm
  • 体重: 42kg
  • 血液型: 不明
  • 年齢: 15歳
  • 家族構成: 父・サンプット 母・リディ 祖母(集落の最長老)・カラナ 鳥・アルン
  • キャッチコピー:  
    • 無垢なる風の行方」 (3)(4)(BD)

Talim

設定[編集]

東南アジアの風を信仰する霊媒師の家系に生まれ、「最後の巫女」として育てられた少女。風を読む能力を持ち、イヴィルスパームの際にソウルエッジの危険性を感じ、ソウルエッジを浄化する旅に出る。

人物[編集]

真面目で心優しい性格。旅の途中で知り合ったユンスンに何度もソウルエッジの危険性を説いているが、全く相手にされていないことに不満を感じている。旅をともにしてきたユンスンのことをよく理解しており、同時に気にかけてもいる。

ゲーム上の特徴[編集]

小柄な体を生かし、手数で押し切るスピードキャラ。しかし、リーチや技の威力が極端に少ないのが最大の欠点。前から宙返りする「エアーソルト」、側面へ宙返りする「エアサイドソルト」、後ろへ宙返りする「エアリープ」といった移動技や、背向け状態からの技を駆使することでトリッキーな動きが可能であり、素早いスピードと併せて相手を翻弄する戦い方を得意とする。

カサンドラ・アレクサンドル[編集]

カサンドラ・アレクサンドル プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーII
  • 格闘スタイル: 身体を動かすままに(聖アテナ流)
  • 武器銘: ショートソード & スモールシールド
    • 「オメガソード」「ネメアシールド」(2)
    • 「ディガンマソード」「ネメアシールド(リノベイト)」(3)(4)(BD)
  • 出身地: オスマントルコ帝国/アテネ
  • 誕生日: 1570年7月20日
  • 身長: 164cm
  • 体重:  
    • 最近計ってないと言い張る(2)
    • 以前よりやせたと言い張る(3)(4)(BD)
  • 血液型: B型
  • 年齢: 21歳
  • 家族構成:  
    • 父・アタロス 母・ニケ 弟・ルキス 姉・ソフィーティアは鍛冶屋ロティオンと結婚してピュラとパトロクロスの姉弟(年子)を産んだ。(2)
    • 父・アタロス 母・ニケ 弟・ルキス(3)(4)(BD)
  • キャッチコピー:  
    • 凛々しき勇姫」(3)(4)(BD)

Cassandra Alexandra、Κασσάνδρα Αλεξανδρα

  • 登場作品: (2)(3)(4)(BD)
  • 声: 高木礼子

設定[編集]

(エッジ)(1)で登場したソフィーティアの実の妹。ソフィーティアとは仲がよく、結婚して子供まで儲けた彼女が再びソウルエッジに苦しむのを見て、ソウルエッジの破壊を決意する。(エッジ)から設定上では登場するが、参戦したのは(2)から。(2)でソフィーティアがかつて使用していた武具を無断で持ち出して使用していたが、(3)のときに剣が折れてしまったため、一度故郷に戻って義兄から新しい剣を譲り受けた。(5)では本編開始の17年前に異空間・アストラルカオスに取り込まれ[5]、消息不明となっている。

人物[編集]

お淑やかなソフィーティアとは対照的に明朗快活な性格で、少々小悪魔的な一面も持つ。ソフィーティアがかつてソウルエッジを破壊した際に負傷し、その手術を見守っていたことが、彼女の姉に対する気持ちを強くした。

ゲーム上の特徴[編集]

ソフィーティアとは似て非なる性能。具体的には、特殊移動「エンジェルステップ」がソフィーティアと違い一度までしか入力できず派生技の多くが異なる、ソフィーティアよりも高威力の技が多い、しゃがみ投げを持つ、などが挙げられるが、姉同様に万能型である。

洪潤星[編集]

洪潤星 プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーII
  • 格闘スタイル:  
    • 成家式大刀術 + 生来の足癖(2)(3)
    • 成家式大刀術 + 多分に我流混じり(4)(BD)
  • 武器銘: 中華刀白露
  • 出身地:  
  • 誕生日: 1573年4月16日
  • 身長: 176cm
  • 体重: 72kg
  • 血液型: O型
  • 年齢: 18歳
  • 家族構成: 父は病死 母は行方不明 恩師・成漢明
  • キャッチコピー:  
    • 閃脚の烈士」(3)(4)(BD)

ホン・ユンスン、홍윤성 [Hong Yunsung(2), Hong Yun-seong(3)(4)(BD)]

  • 登場作品: (2)(3)(4)(BD)
  • 声: 鳥海浩輔

設定[編集]

ファンに憧れ彼のように祖国を救いたいと、成道場の門下生となった青年。師匠の娘ミナから成家伝来の宝刀「白露」を授かり(実際はミナが勝手に持ち出したもの)彼もまた救国の剣捜索の旅に出る。捜索の途中東南アジアの島でタリムと出会い、同行することに。

人物[編集]

皮肉屋のような言動が目立つが、根はしっかりしていて目はまっすぐとした青年。姉弟子のミナには頭が上がらない。タリムのことは少し気にかけているようである。

白露について[編集]

彼が修行した成家に伝わる中華刀。これの刀身を覗き込むと握った人物の心の奥底を映し出す。

ゲーム上の特徴[編集]

直線的で大振りな技が多いが、高性能な足技を揃えたキャラクター。他にも片足を上げる構え「水鶴」、腰を低くして後退する特殊移動技、さらにそこから同じ要領で前進する特殊移動技と、トリッキーな動きも可能となっている。

シャレード[編集]

シャレード プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーII
  • 格闘スタイル: マインドピーピング
  • 武器銘: シャレード
  • 出身地: 不明
  • 誕生日: 不明
  • 身長: 一定周期で変動を繰り返している
  • 体重: 一定周期で変動を繰り返している
  • 血液型: 無し
  • 年齢: 不明
  • 家族構成: ソウルエッジの欠片は世界中に散っている。動き回っている固体としては現在のところ形態の異なる2体の目撃例が確認されているが、それらが同一固体ではないとする根拠は無い。

Charade

  • 登場作品: (2)(3PS2)

(2)でプレイヤーキャラクターとして使用でき、(3PS2)では特定のモードでのみCPU専用キャラクターとして登場する。

設定[編集]

生前、ソウルエッジの欠片に強い執着を持っていた冒険家の男が盗賊に殺され、その亡骸をソウルエッジの欠片が吸収したことで生まれた。他の欠片を求めてさまよっており、出会った者に反応して流派を覚えてきた。

ゲーム上の特徴[編集]

(2)ではラウンドごとにランダムに選んだキャラクターの流派を使用する(なお、ネクリッド・平八・リンク・スポーンの流派は使用しない)。(3PS2)では「蟷螂双刀術」を使う完全体、「キックエッジアーツ」を使う下半身のみ、カサンドラと同じ動作をするコアのみの形態が存在し、いずれもガード不能の視線攻撃を使ってくる。

ネクリッド[編集]

ネクリッド プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーII
  • 格闘スタイル: 我流
  • 武器銘: 異界の断片「マレフィカス」
  • 出身地: 不明
  • 誕生日: 不明
  • 身長: 196cm
  • 体重: 108kg
  • 血液型: 異界に適応し、変化している
  • 年齢: 不明
  • 家族構成: 覚えていない(当時の家族は既に死んで久しい)

Necrid

  • 登場作品: (2CS)

設定[編集]

スポーン』の原作者、トッド・マクファーレンがデザインしたオリジナルキャラクター。元々は人間の戦士であったが、過酷な旅の果てにソウルエッジに辿り着いた際、邪剣の毒に冒されて肉体、精神共に異形の姿となってしまう。闘争心の塊となった彼が唯一見つけた目的、それは自らの苦痛を和らげてくれるソウルエッジの欠片を集めることであった。

ゲーム上の特徴[編集]

武器を使用する技の全てが他のキャラクターのモデルチェンジ版となっており、武器の形状もその度変化する。そのため縦斬り横斬り問わず、至近距離から遠距離まで万能に戦うことができる。

アサシン[編集]

アサシン プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーII
  • 格闘スタイル: 不明
  • 武器銘: 幅広サーベル「アサシンブレード」
  • 出身地: 個々によって様々
  • 誕生日: 個々によって様々
  • 身長: 個々によって様々
  • 体重: 個々によって様々
  • 血液型: 個々によって様々
  • 年齢: 個々によって様々
  • 家族構成: 不明

Assassin

  • 登場作品: (2CS)(L)

(2CS)では特定のモードでのみ登場し、(2CS)の海外版ではプレイヤーキャラクターとして使用できる。(L)では雑魚敵として登場する。なお、(3PS2)にも同名のキャラクターが存在するが、こちらは全くの別キャラクターである。

設定[編集]

イヴィルスパームが起きた頃から暗躍するようになった暗殺者達。

ゲーム上の特徴[編集]

(2CS)では、ユンスンと(1)のファンをベースにした技を使用してくる。

バーサーカー[編集]

バーサーカー プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーII
  • 格闘スタイル: 血の囁くままに
  • 武器銘: バトルアックス「グレートアックス」
  • 出身地: 個々によって様々
  • 誕生日: 個々によって様々
  • 身長: 個々によって様々
  • 体重: 個々によって様々
  • 血液型: 個々によって様々
  • 年齢: 個々によって様々
  • 家族構成: ソウルエッジの邪気によってイヴィル化したときから、家族という概念がなくなってしまっている。

Berserker

  • 登場作品: (2CS)(L)

(2CS)では特定のモードでのみ登場し、(2CS)の海外版ではプレイヤーキャラクターとして使用できる。(L)では雑魚敵として登場する。なお、(3PS2)にも同名のキャラクターが存在するが、こちらは全くの別キャラクターである。

設定[編集]

イヴィルスパームにより凶暴化した戦士達。

ゲーム上の特徴[編集]

(2CS)では、アスタロスと(1)のロックをベースにした技を使用してくる。

三島平八[編集]

三島平八 プロフィール

  • 初出作品: 鉄拳
  • 格闘スタイル: 三島流喧嘩空手
  • 武器銘: 己の肉体(防具として籠手気合一閃」)
  • 出身地: おそらく日本
  • 誕生日: 不明
  • 身長: 179cm
  • 体重: 80kg
  • 血液型: B型
  • 年齢: 75歳
  • 家族構成: ペットのクマ、他不明
  • キャッチコピー: 「最強の漢」

みしま へいはち [Heihachi Mishima]

  • 登場作品: (2CS)
  • 声: 郷里大輔

『鉄拳』シリーズの三島平八がゲスト出演したもの。PS2版で登場。

設定[編集]

平八は、山ごもりの修行の帰りにとある温泉旅館に立ち寄る。この宿には不思議な欠片が家宝として伝えられていた。曰く、かつて侍であった宿の主人の先祖が世界中を旅して手に入れた伝説の剣の欠片だという。眉唾な話だとも思ったが、その話に興味を持った平八は何気なくその欠片に手を伸ばした。すると平八は突然強烈な目眩に襲われ膝をつく。すると次の瞬間、今まで居たはずの宿は影も形もなく、平八は見知らぬ川原に屈んでいた。手の中には伝説の剣の欠片があるのみ。状況は飲み込めないが、平八は行動し、程なくして自分が遠い過去の世界にいるらしいことを知る。まさか、本当に伝説の剣の導きなのだろうか? しかし「今」は英雄達のひしめく戦乱の世。格闘家・三島平八は迫り来る戦いの予感に胸を躍らせながら、伝説の剣ことソウルエッジにまつわる戦いに身を投じる。

ゲーム上の特徴[編集]

武器はあくまで己の肉体であり、徒手空拳の格闘術で戦う。装備しているのも、武器ではなく防具としての籠手であるため、リーチが変化する装備はひとつもなく、強制的に接近戦を強いられる。しかし、攻撃力やラッシュ力は群を抜いており、攻めの姿勢を貫く戦闘スタイルが合う。また、最強装備である「鉄拳」では、その籠手すらも外し、完全に素手で戦う。

リンク[編集]

リンク プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーII
  • 武器銘: 「マスターソード」 & 「ハイリアの盾」
  • 出身地: ハイラル
  • キャッチコピー: 「緑衣の勇者」

Link

  • 登場作品: (2CS)
  • 声: 檜山修之

ゼルダの伝説』シリーズのリンクがゲスト出演したもの。GC版で登場。

設定[編集]

あるとき、ハイラル王国で、ひとりの魔術師が強大な魔力を以ってハイラルから太陽を奪うという事件を起こす。勇者リンクはゼルダ姫の依頼により、首尾よくこの事件を解決することに成功した。だが、さらなる調査により、その魔術師が異世界から紛れ込んだ邪剣「ソウルエッジ」の破片の邪気に操られていたということが判明する。どういった経緯で邪剣の破片がハイラルに紛れ込んだかはもう分からない。だが、ハイラルを知ってしまったソウルエッジが再びハイラルに魔手を伸ばす可能性は高い。リンクはハイラルを守るため、異世界へと旅立ち、ソウルエッジの根絶を目指す。

備考[編集]

(2CS)のリンクのストーリー設定はオリジナルのものだが、デザインなどは『ゼルダの伝説 時のオカリナ』のものをベースとしている。ただし、使用武器は歴代の『ゼルダの伝説』シリーズから様々なアイテム(「ムジュラの仮面」の「フェザーソード」など)が登場する。原作でのデザインを忠実に再現したユニークな仕様となっている。また、原作で深いキャラクター付けがされていないタイプのキャラクターであるため、この作品のプロフィール欄でも身長・体重・血液型などは省略されており、ボイスも台詞は喋らず、掛け声のみである。

この他、(2CS)発売当時には、リンクに「冒険を重ねる貴方様に敬意を表し、武器格闘の世界にご招待します」という招待状が送られてくる、というCMが放映されていた。

ゲーム上の特徴[編集]

明確な身長設定こそないが、画面中で他のキャラクターと比べるとかなり小柄なため全体的なリーチが短く、基本攻撃力もやや低め。しかし、他の能力は総じてバランスがよく、複雑なコマンドが必要な技も少ないため扱いやすい。また、能力が極端に変化する武器が多いため、相手にあわせて臨機応変な対応も可能。さらに原作を再現し、特殊構え技として、弓矢・爆弾・ブーメランが、溜め技として回転切りが使用可能。単発で放つとかわされやすく、隙も大きいが、他の攻撃と組み合わせることで多彩なコンボが可能となる。

なお、リンクを操作キャラクターにして、対戦ステージに神殿を選ぶと、BGMが『ゼルダの伝説』のメインテーマ曲に変化するほか、リンクで対戦に勝利すると勝利BGMも『ゼルダの伝説』シリーズでおなじみのアイテム入手時のBGMになる。

スポーン[編集]

スポーン プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーII
  • 武器銘: 斧に姿を変えたマント「アゴニー」
  • 出身地: ミシガン州/デトロイト
  • 誕生日: 3月16日
  • 身長: 190cm
  • 体重: 180kg以上
  • 血液型: 死人の血漿
  • 年齢: 31歳
  • 家族構成: 妻・ワンダ(彼女は夫が死んだと信じている) 両親兄弟 だがスポーンから彼らにコンタクトをとることは決して無い。

Spawn

アメリカンコミック『スポーン』の主人公がゲスト出演したもの。Xbox版で登場。

設定[編集]

任務中に理不尽な死を遂げた後、魔界の支配者マルボルギアによって禍々しい姿となり、魔界の兵士スポーンとして復活した彼は、マルボルギアへの復讐を誓っていた。強大にして邪悪な力を宿す邪剣ソウルエッジに興味を抱き、天界に攻め入るための力として邪剣を欲するマルボルギアの気まぐれにより、16世紀へと送り込まれた彼は、元の時代に帰るために「ソウルエッジ」という言葉を唯一の手がかりとして行動を開始する。

人物[編集]

元合衆国陸軍中佐。任務中に理不尽な死を遂げた後、魔界の支配者マルボルギアによって禍々しい姿となった。

ゲーム上の特徴[編集]

重量級ではあるが攻撃力と機動力は高くバランスが良い。レビテーションという宙に飛び上がる特殊構えが存在し、そこからの攻撃が強力。飛び道具も装備している。原作では変幻自在に動く生きたマントが印象的なキャラクターだが、本作では斧に姿を変えているという設定でエンディングの一枚絵以外では着用していない。

ザサラメール[編集]

ザサラメール プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーIII
  • 格闘スタイル: 我流
  • 武器銘: デスサイズ「カフジエル」
  • 出身地: 転生を繰り返しているので不定
  • 誕生日: 5月5日
  • 身長: 180cm
  • 体重: 77kg
  • 血液型: B型
  • 年齢: 転生を繰り返しているので不明
  • 家族構成: 家族というものを失って久しい
  • キャッチコピー:  
    • 黒き宿業の輪廻」(3)
    • 「時の彼方を望む者」(4)(BD)

Zasalamel

  • 登場作品: (3)(4)(BD)
  • 声: 土田大

設定[編集]

ソウルキャリバーを守り伝える一族に生まれたが掟を破ったため追放された。転生の術を習得したことで永遠の時間を手に入れたが、そのために無限の回数の死の苦痛を味わうことになった。達成して生きる目標を失うと、安らかな永遠の死を望むようになり、ソウルエッジとソウルキャリバーの力を自身に取り込むことを思いつき暗躍する。(4)のストーリーではその願いを成就するかにみえたが、ソウルエッジとソウルキャリバーの力のぶつかり合いに垣間見えた幻視――未来の光景に人類の可能性を感じ、再び生への執着を取り戻す。そしてその光景を自らの手で実現させるため、再び行動を開始する。

人物[編集]

冷静な人物である。もともと素質はあったが、転生によって長く生きてきたため、知識が豊富で魔術に長けており考えることは壮大である。生い立ちから、ソウルキャリバーやソウルエッジについて詳しい。尊大で頭脳派である一方で、歯車や檻を落とす罠を仕掛けたり、ジークフリートの罪悪感を利用した策を取るなど姑息な一面を見せる。一族から追放される際に腕をつぶされ武術の習得が不可能になったため、転生して武術の習得が可能になった後も、学問や魔術に傾倒するようになった。

ゲーム上の特徴[編集]

(3)で追加されたレギュラーキャラクターの中では、最も初心者が使いやすいように調整されている。武器のデスサイズを用いて相手を引き寄せるなどの独特な技を持つ。

ティラ[編集]

ティラ プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーIII
  • 格闘スタイル: 輪舞暗殺術
  • 武器銘: リングブレード「アイゼルネドロッセル」
  • 出身地: 不明
  • 誕生日: 1574年?月?日
  • 身長: 159cm
  • 体重: 43kg
  • 血液型: AB型
  • 年齢: 17歳(3)(4)(BD) 不明(5)
  • 家族構成:  
    • 天涯孤独の身だが、今は共に目的を遂行するウォッチャー達がいる(3)(4)(BD)
    • 自らが育てた、新たなウォッチャー達(5)
  • キャッチコピー:  
    • 円刃の告死鳥」(3)(4)(BD)

Tira

  • 登場作品: (3)(4)(BD)(5)
  • 声: 浅野真澄

設定[編集]

ヨーロッパを中心に暗躍する暗殺組織「渡り鳥」の元暗殺者。イヴィルスパームの際に組織から脱走し、様々な紆余曲折を経てナイトメアの忠実なしもべとして暗躍するようになる。ジークフリートに代わる、ソウルエッジの新たな宿主を探しており、特にソフィーティアの子供達に目を付けている。(5)ではピュラを新たなる依り代にするべく暗躍する。

人物[編集]

幼い頃から組織に教育され、人を殺し続けてきたために定期的に人を殺さないと落ち着かない。組織を脱走した後はその度合いがさらにひどくなり、精神が不安定になってきており、感情の起伏が激しい。普段は小悪魔的な態度でどちらかというと明るい口調だが、機嫌が悪くなったり、気に入らない相手と対峙すると極度に苛立ち嫌悪を露わにする。特にソン・ミナやカサンドラのような陽気な同性や、ジークフリートのように悲壮を背負った者はかなり嫌っている様子。また、主であるナイトメアに対しても、ジークフリートに執着する点に関してだけは、(焦燥や嫉妬も含めて)不満があるような態度を見せている((5)では人間に媚びへつらう様子を見て幻滅した)。その一方で御剣やキリク、オルカダンに対してはソウルエッジに合いそうな強靭な肉体として目を付けている。(4)においては完全に人格が分裂してしまっている。

ゲーム上の特徴[編集]

特殊な武器を用いたまるで舞踊のような技が多い。流れるように技が出せるものの、リーチもパワーも中途半端なために中級者向けのキャラクターとなっている。さらに(4)では、対戦中に連続で攻撃を受けたり、特定のコマンドを入力すると人格が入れ替わる。人格によって技の性能に様々な差異があり、一部の技はどちらかの人格でしか出せないため、よりテクニカルなキャラクターとなっている。

雪華[編集]

雪華 プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーIII
  • 格闘スタイル: 神伝対馬流抜刀術
  • 武器銘: 番傘に仕込んだ居合刀雨月 影打
  • 出身地: 不明(日本育ち)
  • 誕生日: 1567年?月?日
  • 身長: 167cm
  • 体重: 52kg
  • 血液型: A型
  • 年齢: 24歳
  • 家族構成: 身寄りなし 師でもあった育ての親も死亡
  • キャッチコピー:  
    • 殺意の花吹雪」(3)(4)(BD)

せつか [Setsuka]

設定[編集]

育ての親であり想い人でもあった師の仇として、御剣を追う女性。日本人ではなく、異国の出身であるため、幼いころから迫害を受けていた。

ゲーム上の特徴[編集]

リーチは短いが素早い攻撃を得意としており、ジャスト入力することでつながる技が多い。(3)で追加されたキャラクターの中では最も上級者向けに調整されている。

オルカダン[編集]

オルカダン プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーIII
  • 格闘スタイル: 全て
  • 武器銘: 全て
  • 出身地: 不明
  • 誕生日: 不明
  • 身長: 176cm
  • 体重: 79kg
  • 血液型: 不明
  • 年齢: 不明
  • 家族構成: 古き時代に置いてきた
  • キャッチコピー:  
    • 「百剣の武王」(3)

Olcadan

設定[編集]

力試しのために神の遣いのふくろうを倒したことで神の怒りを買い、頭部がふくろうの姿になる呪いをかけられ、ある遺跡に閉じ込められた。遺跡は特殊な時の流れを持っており、イヴィルスパームの影響で遺跡に出口ができたときには、太古の時代から16世紀の時代に変わっていた。既に力を失っていた神々から、目標をソウルエッジに切り替えて腕を磨く。

人物[編集]

権力に興味はなく、純粋に強さを追い求めている。特に武器を扱う技術に長け、彼が元々いた時代では広く知られた存在であった。神にも挑むなど度胸と自信があり、未来に飛ばされてもその時代の決まりには従い、新たな目標を見つけるなど前向きである。自分より強い者が皆無なため、武術を教えることに活動の比重を移してきている。現代の風習を学ぶうちに、少々お金に目がない守銭奴な性格になっており、ストーリーモード中のエンディングによっては、手に入れたソウルエッジをあっさり売り飛ばすという暴挙にも及んでいる。なお、衣装変えで素顔が見られる。

ゲーム上の特徴[編集]

(2)のシャレードと同じく、ラウンドごとにランダムに選んだキャラクターの流派を使用可能である。ただし、ストーリーモードのある場所では強制的に「真行山臨勝寺棍法奥伝」(Soul of キリク)が選択される。また、武器選択も完全にランダムであったシャレードと違い、彼には一通りの武器が用意されており、選んだ武器と各流派の武器が対応している(例えば、オルカダンで3番目の武器を選べば、モーションに選ばれたキャラクターの武器も3番目のものが選ばれる)なお、彼の武器は一見ただの立方体に見えるが、実はこれは無数の武器をしまっておくための箱である。練習モードにも登場し、プレイヤーにゲームの操作方法を教えてくれたり、叱咤激励したりする。

アビス[編集]

アビス プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーIII
  • 格闘スタイル: 不明
  • 武器銘: デスサイズ(邪剣と霊剣の力を取り込んで変形している)「イルカルラ」
  • 出身地: 不明
  • 誕生日: 不明
  • 身長: 不明
  • 体重: 不明
  • 血液型: 不明
  • 年齢: 不明
  • 家族構成: 家族という無意味な概念からは解放されている
  • キャッチコピー:  
    • 深遠に至りし闇」(3)

Abyss

  • 登場作品: (3)
  • 声: 土田大

設定[編集]

ザサラメールが秘術を用いて、ソウルエッジとソウルキャリバーの力をその身に取り込んだことで生まれた姿。

ゲーム上の特徴[編集]

ザサラメールがベースになっており、技が非常に似通っている。ただし技に新しくディレイが加わっていたり、飛び道具の魔弾を放てるなど、細かい変更点がある。

ナイトテラー[編集]

ナイトテラー プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーIII
  • 格闘スタイル: ナイトメアの記憶?
  • 武器銘: ソウルエッジ(完全体)
  • 出身地: 不明
  • 誕生日: 不明
  • 身長: 計測不能
  • 体重: 計測不能
  • 血液型: 無し
  • 年齢: 不明
  • 家族構成: 無し
  • キャッチコピー:  
    • 「破滅の最果て」(3)

Night Terror

  • 登場作品: (3)

条件を満たした場合に登場するCPU専用の隠しボスであり、プレイヤーが使用することはできない。

設定[編集]

ザサラメールが秘術を用いてソウルエッジを取り込もうとした際、ソウルエッジの力が強すぎたためにザサラメールの秘術をふりきり、ソウルキャリバーと同化して取り込んで現れた存在。そのため、ザサラメール自身であるとは言えない。

ゲーム上の特徴[編集]

性能はナイトメアをベースにしつつも、空中からの破壊光線や広範囲にわたる攻撃など、あらゆる点でパワーアップしており強力無比となっている。また、リングアウトが通用しないため、あくまでプレイヤーの実力で倒す必要がある。

レブナント[編集]

レブナント プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーIII
  • 格闘スタイル: 蟷螂双刀術(ボーナス流派)
  • 武器銘: 双曲刀「ゲートキーパー」
  • 出身地: 不明
  • 誕生日: 不明
  • 身長: 182cm
  • 体重: 不明
  • 血液型: 無し
  • 年齢: 不明
  • 家族構成: 天涯孤独。主人ザサラメール。
  • キャッチコピー:  
    • 虚ろなる凶刃」(3)

Revenant

  • 登場作品: (3PS2)(4)

設定[編集]

凄腕の暗殺者であり、かつてザサラメールを殺害したことがある。老いで衰えたところで、転生して復活したザサラメールによって殺害され、彼に魔術で操られる存在となった。名前は「死から戻ってきた者」の意味。(4)でも、ストーリーモードでザサラメールの配下として登場しており、こちらではセルバンテスのモーションで戦う。

人物[編集]

死んだ状態であるため骨の姿となっており、ゲーム中では人形と間違われる。生前は、若い頃から暗殺で生計を立てていたため、自分にも他人にも依頼者にも厳しい態度を取ってきた。本名を誰にも教えないなど、他の人を全く信用しておらず、特定の人の配下に付くことも避けてきた。

グリード[編集]

グリード プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーIII
  • 格闘スタイル: 八ッ手流忍術(ボーナス流派)
  • 武器銘: クナイ寂曜」 & 「碌曜
  • 出身地: 不明
  • 誕生日: 不明
  • 身長: 不明
  • 体重: 不明
  • 血液型: 不明
  • 年齢: 不明
  • 家族構成: 不明
  • キャッチコピー:  
    • 刻みの肆番」(3)

Greed

設定[編集]

吉光率いる義賊集団「卍党」と対立し、世界中で暗躍している盗賊団の構成員の一人。通り名は「強欲」を意味する。マイザーとは手柄を競い合うライバル同士の関係。金品よりも殺戮を楽しむことを目的としている。

ストーリーモードでは女性キャラクター使用時に戦いを挑んでくることがあり、彼に敗北するとそれまでのステージで獲得したゴールドを全て奪われる。


マイザー[編集]

マイザー プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーIII
  • 格闘スタイル: 朱月流忍術(ボーナス流派)
  • 武器銘: 日本刀「赤烏」 & 手裏剣錆羽
  • 出身地: 不明
  • 誕生日: 不明
  • 身長: 不明
  • 体重: 不明
  • 血液型: 不明
  • 年齢: 不明
  • 家族構成: 不明
  • キャッチコピー:  
    • 崩しの伍番」(3)

Miser

設定[編集]

吉光率いる義賊集団「卍党」と対立し、世界中で暗躍している盗賊団の構成員の一人。通り名は「守銭奴」を意味する。グリードとは手柄を競い合うライバル同士の関係。グリードと共にケフェウス堂の倉庫にある品を狙っている。

ストーリーモードでは男性キャラクター使用時に戦いを挑んでくることがあり、彼女に敗北するとそれまでのステージで獲得したゴールドを全て奪われる。


ヴァレリア[編集]

ヴァレリア プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーIII
  • 格闘スタイル: キックエッジアーツ(ボーナス流派)
  • 武器銘: グリーヴエッジ「ケフェウス印」
  • 出身地: ヴェネツィア共和国/ヴェネツィア
  • 誕生日: 1571年9月19日
  • 身長: 163cm
  • 体重: 49kg
  • 血液型: B型
  • 年齢: 20歳
  • 家族構成: ケフェウスをはじめとする、店の者たち。世界中を飛び交っている父親は姿を消してしまった。
  • キャッチコピー:  
    • 「目利き鉄板娘」(3)

Valeria

  • 登場作品: (3PS2)
  • 声: 牧島有希

設定[編集]

ケフェウスが経営する道具屋の店員。


花麗[編集]

花麗 プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーIII
  • 格闘スタイル: 如意棍法(ボーナス流派)
  • 武器銘: 棍「ケフェウス印」
    • (刃物は彼女にとっては武器ではなく芸術品である)
  • 出身地: 明/西安郊外
  • 誕生日: 1573年?月?日(冬の日だったそうだ)
  • 身長: 158cm
  • 体重: 47kg
  • 血液型: A型
  • 年齢: 18歳
  • 家族構成: ケフェウスをはじめとする、現在働く店の人たち。明の奥地で武器屋を営む、家族同然の人たち。
  • キャッチコピー:  
    • 来来商人娘」(3)

ファリン [Hualin]

設定[編集]

ケフェウスが経営する武器屋の店員。

ゲーム上の特徴[編集]

多くの技において、普通にボタンを押すと素早く素手で攻撃し、ホールド入力をするとリーチの長い棒で攻撃する特性を持つ。

リネット[編集]

リネット プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーIII
  • 格闘スタイル: 麗凛舞踊闘技(ボーナス流派)
  • 武器銘: タンバリン「ケフェウス印」
  • 出身地: ポーランド・リトアニア連合王国/キエフ
  • 誕生日: 1575年3月31日
  • 身長: 秘密(もうちょっと伸びて欲しいと思っている)
  • 体重: 秘密(もう少し軽くてもいいかなと思っている)
  • 血液型: A型
  • 年齢: 16歳
  • 家族構成: ケフェウスをはじめとする、店の人たち。
  • キャッチコピー:  
    • 「お天気看板娘」(3)

Lynette

設定[編集]

ケフェウスが経営する防具屋の店員。

ゲーム上の特徴[編集]

使用する流派は、見せ技ならぬ見せ流派といえるもので、キャラクタークリエイションと組み合わせて楽しむなど格闘以外での用途も広い。格闘用途として見た場合、そこそこ高性能だが、無駄な動きの多さから相手に隙を与えやすい。

アベリア・シルフェルト[編集]

アベリア・シルフェルト プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーIII
  • 格闘スタイル: ノーマンの傭兵剣技(ボーナス流派)
  • 武器銘: ブロードソード & スモールシールド 「エターナル・レスト」
  • 出身地: グランダール帝国/パルーシア
  • 誕生日: 1570年4月25日
  • 身長: 167cm
  • 体重: 53kg
  • 血液型: O型
  • 年齢: 21歳
  • 家族構成: 母は幼い頃に他界。父も数年前に戦死した。
  • キャッチコピー:  
    • 「自愛に満ちた絶対正義」(3)

Abelia Schillfelt

  • 登場作品: (3PS2)
  • 声: 牧島有希

「ロストクロニクルズ」の登場人物の一人。

設定[編集]

幼い頃から英才教育を受けたことと生まれ持った才能によって有力な士官となる。実力があるため人望もある。グランダール帝国軍士官学校に通っており、主人公と同期である。

人物[編集]

既定路線を歩み挫折をしたことがないためか、柔軟な思考ができず独善的な思考にとらわれている。

ルナ[編集]

ルナ プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーIII
  • 格闘スタイル: 黒縄流剣術(ボーナス流派)
  • 武器銘: 中華剣「ディストピア」
  • 出身地: 不明
  • 誕生日: 1574年10月8日あたりだと推測される
  • 身長: 157cm
  • 体重: 46kg
  • 血液型: A型?
  • 年齢: 17歳
  • 家族構成: 今はクレスサーペンドの4人が家族なのでどうでもいい
  • キャッチコピー:  
    • 血戦を彷徨う月」(3)

Luna

  • 登場作品: (3PS2)
  • 声: 今野宏美

「ロストクロニクルズ」の登場人物の一人。

設定[編集]

生まれてすぐ母親と引き離されダルキアの尖兵として育てられる。特殊部隊「クレスサーペンド」のリーダー。

人物[編集]

家族を知らず剣技だけを叩き込まれたため、感情の起伏が激しい。自分より強いものを認めたがらない。

ジラルド・アルゼザス[編集]

ジラルド・アルゼザス プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーIII
  • 格闘スタイル: リーゼアポステル流(ボーナス流派)
  • 武器銘: ランス「アブソリューション」
  • 出身地: グランダール帝国/パルーシア
  • 誕生日: 1539年9月7日
  • 身長: 182cm
  • 体重: 78kg
  • 血液型: AB型
  • 年齢: 52歳
  • 家族構成: 妻は数年前に病死。長男:リューティガー
  • キャッチコピー:  
    • 未来を紡ぐ贖罪」(3)

Girardot Argezas

  • 登場作品: (3PS2)
  • 声: 高塚正也

「ロストクロニクルズ」の登場人物の一人。

設定[編集]

グランダール軍所属の叩き上げ将軍。士官学校の教官を務める。

人物[編集]

かつては勝利のために手段を選ばなかったが、教官となってからは考えを改める。

ゲーム上の特徴[編集]

かなり長いリーチを持ち、相手を押し込む技が豊富である。特徴的な技が多く、「バトルアリーナ」などで重宝する。

チェスター[編集]

チェスター プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーIII
  • 格闘スタイル: 盗賊ギルドのダガー術(ボーナス流派)
  • 武器銘: ダガー「キングスレイヤー」
  • 出身地: 不明
  • 誕生日: 1562年3月23日
  • 身長: 179cm
  • 体重: 71kg
  • 血液型: O型
  • 年齢: 29歳
  • 家族構成: 一族は全員生死不明だが、特に興味なし
  • キャッチコピー:  
    • 傀儡を操る魔手」(3)

Chester

「ロストクロニクルズ」の登場人物の一人。

設定[編集]

グランダール、ダルキア、ハルティースを翻弄する男。

人物[編集]

特に目的を持たず戦争を楽しむ、理知的で狡猾な人物。

デムース・ベル・ゼバス・ハルティース[編集]

デムース・ベル・ゼバス・ハルティース プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーIII
  • 格闘スタイル: 金式鉄扇術(ボーナス流派)
  • 武器銘: 鉄扇「バインディガータ」
  • 出身地: 旧ハルティース王国/エピステマ
  • 誕生日: 1546年7月10日
  • 身長: 166cm
  • 体重: 81kg
  • 血液型: B型
  • 年齢: 45歳
  • 家族構成: 両親(前ハルティース王、王妃)は死去。他、兄が二人
  • キャッチコピー:  
    • 蹂躙する欲動」(3)

Demuth Beel Zebus Halteese

  • 登場作品: (3PS2)
  • 声: 平井啓二

「ロストクロニクルズ」の登場人物の一人。

設定[編集]

ハルティース王国の第三王子であったが、チェスターにそそのかされてマレッタ王国を建国した。

オーレリア・ジカルハ・ドルシェ・ダルキア[編集]

オーレリア・ジカルハ・ドルシェ・ダルキア プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーIII
  • 格闘スタイル: 無示流鎖鎌術(ボーナス流派)
  • 武器銘: 鎖鎌「ブラックウィドウ」
  • 出身地: ダルキア公国/レブレス
  • 誕生日: 1555年5月12日
  • 身長: 168cm
  • 体重: 54kg
  • 血液型: O型
  • 年齢: 36歳
  • 家族構成: 前公王を夫に持つが、数年前に突然死
  • キャッチコピー:  
    • 艶色の毒蜘蛛」(3)

Aurelia Dichalha Dolce Dalkia

「ロストクロニクルズ」の登場人物の一人。

設定[編集]

大陸の掌握を目論むダルキア公国公王。

人物[編集]

王族らしく誇り高いが、裏は非常に傲慢かつ強欲。

ストライフ・アストラル・グランダール[編集]

ストライフ・アストラル・グランダール プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーIII
  • 格闘スタイル: マロイの傭兵剣技(ボーナス流派)
  • 武器銘: 大剣「アンビション」
  • 出身地: グランダール帝国/パルーシア
  • 誕生日: 1574年11月11日
  • 身長: 164cm
  • 体重: 52kg
  • 血液型: B型
  • 年齢: 17歳
  • 家族構成: 父(前皇帝)は戦死。母はそれ以前に病死。血族はいたがほとんど処刑した
  • キャッチコピー:  
    • 刻まれし怨恨」(3)

Strife Astlar Grandall

  • 登場作品: (3PS2)
  • 声: 今村直樹

「ロストクロニクルズ」の登場人物の一人。

設定[編集]

僅か10歳で帝位に就いたグランダール帝国皇帝。

人物[編集]

裏切りと謀略の中で極度の人間不信に陥っている。

エイミ[編集]

エイミ プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーIII
  • 格闘スタイル:  
    • 宮廷決闘剣技(3 (ボーナス流派))
    • ソレル・ラピエレ(3)(4)(BD)
  • 武器銘: ソードレイピア「アルビオン」
  • 出身地: フランス王国ルーアン
  • 誕生日: 不明
  • 身長: 不明
  • 体重: 不明
  • 血液型: 不明
  • 年齢: 不明
  • 家族構成: 義父・ラファエル 本当の両親は不明
  • キャッチコピー:  
    • 「沈黙の瞳」(3)
    • 彷徨の夜光蝶」(4)(BD)

Amy

  • 登場作品: (3)(4)(BD)
  • 声: 立野香菜子(3)、生天目仁美(4)(BD)

設定[編集]

孤児として貧民街で暮らしていたが、逃亡中のラファエルを助けたことをきっかけに彼の養子となる。自分のために奔走するラファエルのために剣を取る。プレイヤーキャラクターとして使用できるのは(3)からだが、ラファエルのストーリーに名前だけ登場する他、(2)のオープニングムービーでも彼女らしき少女が登場している。(3)ではボーナスキャラクターだったためにストーリーがなかったが、(4)においてついにデフォルトキャラクターとして昇格した。

人物[編集]

戦乱の中を生きてきたため、たくましい一方で、将来への希望を失い目標を持てずに流されるままにいる。警戒心が強く、心を閉ざしており、ラファエルに対しても最初に助けたのは気まぐれに過ぎなかった。しかし、ラファエルに対しては次第に心を開いていき、ラファエルの存在に安息を感じるようにまでなっている。彼女も愛を受けられずに育ったため、感情表現は下手で冷めた言動が多い。なお、養父のラファエルと同じく左利き。

ゲーム上の特徴[編集]

義父ラファエル譲りであるが似て異なる剣術を使う。リーチが短く攻撃力も低いものの、縦横バランス良く揃った技と、小柄な体系を活かした移動技や踏み込んで切る技を駆使して手数で押し切るキャラクターである。相手の技を弾いて反撃に繋ぐ技も多く持つほか、かつてのラファエルが持っていた技の一部を継承している。元々、(3PS2)のボーナス流派から始まり、この時点でラファエルとの差別化は進んでいたが、(3AC)(4)と流派の完成度を上げていった経緯がある。(3PS2)(3AC)では極端に低い攻撃力で苦戦しやすかったが(4)では豊富な連続技と万能な技の性能により有利に戦いやすい。

ロイド・アーヴィング[編集]

ロイド・アーヴィング プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバー レジェンズ
  • 格闘スタイル: 我流・ダイク流
  • 武器銘: 方刃剣×2
  • 出身地: シルヴァラント
  • 身長: 173cm
  • 体重: 58kg
  • 年齢: 17歳
  • 家族構成: 両親とは死別 養父はドワーフのダイク

Lloyd Irving

テイルズ オブ シンフォニア』のロイドがゲスト出演したもの。(L)がWiiで発売されるにあたって、同じ任天堂ハードウェアのユーザーを意識して、GC用ソフトである『テイルズ オブ シンフォニア』からのゲスト選出となった。

設定[編集]

エクスフィアを回収する旅の途中、ソウルエッジとソウルキャリバーの噂を耳にし、その二本の剣をエクスフィアの一種だと考え、それらを回収するために戦う。

ゲーム上の特徴[編集]

攻撃範囲が前方にやや集中しているが、総合的な能力バランスがよく、武器が双剣のため手数も多い。また、「魔神剣」や「瞬迅剣」など、原作でおなじみの技を駆使して戦う。


ヒルダ[編集]

ヒルダ プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーIV
  • 格闘スタイル: グロース・エルプシャフト
  • 武器銘: &
    • 「グレンツェンノヴァ」「フリッシュヒンメル」(4)(BD)
    • 「グレンツェンノヴァ」「フルフトバーレエルデ」(5)
  • 出身地: ヴォルフクローネ王国
  • 誕生日: 1573年8月13日
  • 身長: 160cm(4)(BD) 161cm(5)
  • 体重: 50kg(4)(BD) 54kg(5)
  • 血液型: AB型
  • 年齢: 18歳(4)(BD) 35歳(5)
  • 家族構成:  
    • 父(国王)はイヴィル化し、現在はやむなく監禁中(4)(BD)
    • 父王は17年前より、行方知れずとなった 現在は傭兵団『シュヴァルツヴィント』と共に行動中 国を失った今も付き従う家臣達、そして未来の希望である二人の子供がいる(5)
  • キャッチコピー:  
    • 夜明けの凱歌」(4)(BD)

Hilde
本名: ヒルデガルド・フォン・クローネ [Hildegard von Krone]

設定[編集]

イヴィル化して幽閉されている父でもある国王に代わって軍を指揮を執っているヨーロッパの小国「ヴォルフクローネ王国」の王女。イヴィル化から解放する鍵がソウルキャリバーであると知り、その持ち主であるジークフリートとの接触を試みようとしている。 その後の物語となる(5)ではジークフリート率いる傭兵団『シュヴァルツヴィント』に同行しており、ソウルキャリバーの次なる所有者を求めている。

人物[編集]

王女に相応しい高貴な振る舞いと勇敢さを兼ね備えており、王国の復興のため民を率いるカリスマ性の持ち主。 王国の滅亡を招いたナイトメア、及びイヴィルに対しては憎しみの念を抱いている。

ゲーム上の特徴[編集]

小剣と長槍を駆使して戦うキャラクター。縦斬りボタンで槍、横斬りボタンで小剣を用いて攻撃する。ボタンを押し続ければ押し続けた時間に応じて攻撃力が上がるのが最大の特徴である。(4)ではゲームそのものの特性もあって、リングアウト勝ちに持ち込む能力が極端に高い。

アルゴル[編集]

アルゴル プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーIV
  • 格闘スタイル:  
    • 力の奔流を御する法(4)(BD)
    • 混沌の濁流を御する法(5)
  • 武器銘:  
    • みずからに取り込んだ「ソウルキャリバー」「ソウルエッジ」(4)(BD)
    • 己を構築するすべて「アストラルカオスの力」(5)
  • 出身地:  
    • 古代王朝(歴史にその名は刻まれていない)(4)(BD)
    • 古に滅びし王朝(歴史にその名は刻まれていない)(5)
  • 誕生日: 今や意味を成さぬ(4)(BD) 不明(5)
  • 身長: 自在(4)(BD) 196cm(5)
  • 体重: 自在(4)(BD) 122kg(5)
  • 血液型: 純粋なる力の奔流(4)(BD) 不明(5)
  • 年齢: 永劫不変(4)(BD) 永劫不変(40歳のころの姿をとっている)(5)
  • 家族構成、人間関係:  
    • すべては過去(4)(BD)
    • 息子・アルクトゥルス(自ら殺害)。人なりしころ、エッジマスターとは浅からぬ因縁があった。(5)
  • キャッチコピー:  
    • 暴ぶる巨星」(4)(BD)

Algol

設定[編集]

古代の時よりソウルキャリバー、そして対となるソウルエッジを作り出した張本人。 永き眠りから醒め、二振りの剣を掌中に収めるべく16世紀の時代に降臨する。

人物[編集]

古代の王であったがためかプライドが高く、絶対的な力を信奉し己の欲するものは必ず手に入れるのが信条。しかし冷酷な暴君というわけではなく、野望のために犠牲となった者のことも決して忘れない器量の大きさも併せ持っており、王としての風格と威厳を兼ね備えている。

ダース・ベイダー[編集]

ダース・ベイダー プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーIV
  • 格闘スタイル: ドジェム・ソ
  • 武器銘: ライトセーバー
  • 出身地: 惑星タトゥイーン
  • 誕生日: 不明
  • 身長: 203cm
  • 体重: 120kg
  • 血液型: 不明(ミディクロリアン数:20,000+)
  • 年齢: 不明
  • 家族構成: パルパティーン皇帝(マスター)
  • キャッチコピー:  
    • 「シスの暗黒卿」(4)

Darth Vader

スター・ウォーズ』シリーズのダース・ベイダーがゲスト出演したもの。

設定[編集]

あるとき宇宙の深奥から発現したフォースの乱れをいち早く感じ取ったことにより、宇宙に穴を空けようとする別次元の存在を知り、異なる銀河系の力であるソウルキャリバーとソウルエッジを手に入れようと目論む。

ゲーム上の特徴[編集]

ヨーダとアプレンティス同様フォースゲージが設定されており、一部の技にこのゲージによる使用制限がかかる。

プレイステーション3版では初めから使用可能。Xbox 360版では2008年10月23日から全世界同時に開始されたダウンロードコンテンツを購入することで使用が可能(Xbox Live Marketplaceにて、400マイクロソフトポイント)。

ヨーダ[編集]

ヨーダ プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーIV
  • 格闘スタイル: アタロ
  • 武器銘: ライトセーバー
  • 出身地: 不明
  • 誕生日: 不明
  • 身長: 66cm
  • 体重: 不明
  • 血液型: 不明(ミディクロリアン数:およそ20,000)
  • 年齢: 900歳
  • 家族構成: 不明
  • キャッチコピー:  
    • 「ジェダイ・マスター」(4)

Yoda

『スター・ウォーズ』シリーズのヨーダがゲスト出演したもの。

設定[編集]

銀河帝国によるジェダイ抹殺を逃れ辺境の惑星に隠遁していたが、あるとき大きなフォースの乱れを察知し、シスの暗黒卿ダース・ベイダーがその渦に飛び込んでいったことを感じる。ヨーダは歪んだフォースを正すためにオストラインスブルクを訪れる。

ゲーム上の特徴[編集]

他キャラクターに比べて極めて身長が低いため、すべての投げ技を無効化してしまう能力を持っている。また、ダース・ベイダーとアプレンティス同様フォースゲージが設定されており、一部の技にこのゲージによる使用制限がかかる。

Xbox 360版では初めから使用可能。プレイステーション3版では2008年10月23日から全世界同時に開始されたダウンロードコンテンツを購入することで使用可能(PLAYSTATION Networkにて、日本では600円)。

アプレンティス[編集]

アプレンティス プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーIV
  • 格闘スタイル: 我流
  • 武器銘: ライトセーバー
  • 出身地: 惑星キャッシーク
  • 誕生日: 不明
  • 身長: 185cm
  • 体重: 81kg
  • 血液型: 不明
  • 年齢: 不明
  • 家族構成: 父(死亡)、ダース・ベイダー(マスター)
  • キャッチコピー:  
    • 「ダース・ベイダーの弟子」(4)

The Apprentice

『スター・ウォーズ』シリーズのアプレンティスがゲスト出演したもの。本名はスターキラー、およびギャレン・マレック。

設定[編集]

ダース・ベイダーの秘密の弟子。銀河で観測された強力なフォースの乱れを調査し、あわよくばその力を手に入れるためにベイダーによって派遣された。

参戦の経緯[編集]

本作(4)の後に発売されたゲーム『スター・ウォーズ フォース・アンリーシュド』の主人公。その告知の一環として登場し、本作のイベントシアターに予告編が収録されている。

ゲーム上の特徴[編集]

武器であるライトセーバー自体のリーチもそれなりに長いうえ、相手を投げ飛ばして距離を取るほか、遠距離用の電撃を放つ「フォースライトニング」や全方位に対して効果を発揮する「リパルス」など使い勝手のよい技を多く持つ。空中技も比較的入力が簡単で、万能かつ攻撃力もある程度高いという使いやすいキャラクターとなっている。ダース・ベイダーとヨーダ同様フォースゲージが設定されており、一部の技にこのゲージによる使用制限がかかる。

シェラザード[編集]

シェラザード プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーIV
  • 武器銘: レイピア「ライラライラ」
  • 出身地: 隠里
  • 誕生日: 謡い月の下12日
  • 身長: 157cm
  • 体重: 42kg
  • 血液型: 不明
  • 年齢: いちいち数えていないが、一族では若い方
  • 家族構成: 故郷には頭の固い老人達がいる
  • キャッチコピー:  
    • 悠久の語り部」(4)

Scheherazade

ゲーム上の特徴[編集]

エイミのものと同等の流派を使用する。エイミと比べて若干体格が大柄であり、武器が長いためリーチに優れる。

アンゴル・フィア[編集]

アンゴル・フィア プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーIV
  • 武器銘: 星「ルシファースピア・黒色」
  • 出身地: 大宇宙中枢
  • 誕生日: 地球暦での算出不能
  • 身長: 177cm(任意)
  • 体重: 1308kg(任意)
    • 地球への最適化調整不足
  • 血液型: なし
  • 年齢: 約14800歳
  • 家族構成: 精神家族体(固体群種族ではない)
  • キャッチコピー:  
    • 「終末の先駆け」(4)

Angol Fear

設定[編集]

キャラクターデザインを担当した吉崎の代表作である『ケロロ軍曹』の登場人物・アンゴル=モアいとこにあたる。同作品17巻限定版の裏表紙および19巻では本編にも登場している。

ゲーム上の特徴[編集]

ソン・ミナのものと同等の流派を使用する。

修羅[編集]

修羅 プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーIV
  • 武器銘: 日本刀「雷神丸」「風神丸」
  • 出身地: 日本/諏訪
  • 誕生日: 覚えていない
  • 身長: 一度も計ったことがない
  • 体重: 一度も計ったことがない
  • 血液型: AB型
  • 年齢: 忘れた
  • 家族構成: かつて斬った鬼の怨霊が憑いている、あとは全て忘れてしまった
  • キャッチコピー:  
    • 「百鬼八業の旅烏」(4)

しゅら [Shura]

  • 登場作品: (4)
  • 声: 本田貴子
  • デザイン: 奥浩哉

設定[編集]

人斬りが昂じ、物の怪まで斬るに至った女剣士。ある日、自らの斬った鬼の怨霊に「憑かれて」しまうが、怨霊は黄泉返る為に強い躯を求め、修羅自身は斬り甲斐のある相手を求めて共にさすらう様になる。

人物[編集]

人斬りを生業としているだけあり、性格は残忍且つ好戦的。また、「修羅」という名前は自身の凄絶な生き方に因んでつけられた異名であり、本名は不明。

ゲーム上の特徴[編集]

セルバンテスのものと同等の流派を使用する。武器の関係上、セルバンテスと比べるとリーチの長い技が多い。

アシュロット・メーデル[編集]

アシュロット・メーデル プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーIV
  • 武器銘: 「カルニェルク」
  • 出身地: 不明
  • 誕生日: 3月9日
  • 身長: 145cm
  • 体重: 199kg
  • 血液型: 呪によって祝福された聖油
  • 年齢: 生まれたばかり
  • 家族構成: 邪教集団の神官二人が産みの親
  • キャッチコピー:  
    • 鋼鉄の淑女」(4)

Ashlotte Maedel

  • 登場作品: (4)
  • 声: 生天目仁美
  • デザイン: 大暮維人

設定[編集]

邪教集団「フィグル・セステムス」残党の神官2人に、裏切り者のアスタロスを抹殺すべく生み出された、処刑執行人形。

ゲーム上の特徴[編集]

アスタロスのものと同等の流派を使用する。

神斬蝕[編集]

神斬蝕 プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーIV
  • 武器銘: 金砕棒「電流爆破」
  • 出身地: 日本/京都
  • 誕生日: 不明
  • 身長: 153cm
  • 体重: 不明
  • 血液型: 不明
  • 年齢: 600年以上
  • 家族構成: かつてともに暴れた物の怪たちは既に浄化されている、現在は天涯孤独
  • キャッチコピー:  
    • 「平安の迷い鬼」(4)

かみきりむし [Kamikirimusi]

  • 登場作品: (4)
  • 声: 黒河奈美
  • デザイン: 久行宏和

ゲーム上の特徴[編集]

ナイトメアのものと同等の流派を使用する。

ロード・ジオ・ダンピエール[編集]

ロード・ジオ・ダンピエール プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバー Broken Destiny
  • 格闘スタイル: 最後の手段
  • 武器銘:  
    • 隠し刃に頼らざるを得ないとは、我が輩も不覚をとったものだ……(BD)
    • ……我が輩が隠し刃を? 失敬な噂もあったものだ(5)
      • 都合の良い噂、それと見せかけの金貨
  • 出身地:  
    • 君はどこだと思うかね?(BD)
    • ダンピエール協会の本拠地はご存知かな?(5)
  • 誕生日: 残念だが、我が輩秘密を好むのでね(BD) 本当に聞きたいのは、そんなことかね?(5)
  • 身長: どうかな? このすらりとした足(BD) すらりとした足だろう? 君ほどではないが(5)
  • 体重: 吾輩、贅肉は嫌いでね(BD) ふむ、我が輩の秘密を知りたいと?(5)
  • 血液型: まだ知りたいというのかね。しつこいねぇ、君も……(BD) 夜会の後にでも、我が輩と君の未来を語ろうじゃないか……(5)
  • 年齢: 今度、君だけに教えてあげよう(BD) おや? 君にはもう教えたと思ったが(5)
  • 家族構成、人間関係:  
    • 我が輩を慕い、共に仕事を行う配下が3人 断岩剣のルドヴィーコ 止まらぬ砲弾アルファード 盗賊令嬢ジゼル(BD)
    • 我が輩を慕い、事業を遂行する幹部が3人 折れた魔剣のルドヴィーコ 隻眼の砲弾アルファード 怪盗婦人ジゼル(5)
  • キャッチコピー:  
    • 嘘吹き素敵王」(BD)

Lord Geo Dampierre

  • 登場作品: (BD)(5)
  • 声: 千葉繁

設定[編集]

ヨーロッパを股にかける謎の詐欺師。ナイトメア事件のどさくさにまぎれて大儲けしようと目論み、ヒルダに接近する。

ゲーム上の特徴[編集]

腕に仕込んだナイフを使う。詐欺師らしく大袈裟な演技をする構えがあり、全体的に技のリーチが短い。

(5)では初回封入特典のダウンロードコードを用いて、PLAYSTATION NetworkおよびXbox Live Marketplaceにてダウンロードすることで使用が可能。後日、追加ダウンロードコンテンツとして販売が開始された。

クレイトス[編集]

クレイトス プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバー Broken Destiny
  • 格闘スタイル: スパルタ流操刃術 + オリュンポスの怒り
  • 武器銘: ダブル・チェーン・ブレイズ「ブレイズ・オブ・カオス」
  • 出身地: 古代ギリシャ/スパルタ
  • 誕生日: 不明
  • 身長: 213cm
  • 体重: 129kg以上
  • 血液型: 不明
  • 年齢: 不明
  • 家族構成: 妻子がいたが、戦争神アレスの策により自ら殺害
  • キャッチコピー:  
    • スパルタの亡霊」(BD)

Kratos

ゴッド・オブ・ウォー』からのゲストキャラクター。


パトロクロス・アレクサンドル[編集]

パトロクロス・アレクサンドル プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーV
  • 格闘スタイル: 聖アテナ流(自称)
  • 武器銘: ショートソード「スティグマソード」 & スモールシールド「アルカディアシールド」
  • 出身地: オスマントルコ帝国/アテネ
  • 誕生日: 1589年9月13日
  • 身長: 177cm
  • 体重: 教える必要などない
  • 血液型: B型
  • 年齢: 19歳
  • 家族構成: 母・ソフィーティアはイヴィルのせいで死んだ! 姉・ピュラは幼い頃にさらわれ、行方不明 父・ロティオンは病死

Patroklos Alexander、Πάτροκλος Αλέξανδρος

  • 登場作品: (5)
  • 声: KENN

設定[編集]

ソフィーティアの息子で、(5)における主人公の一人。父・ロティオンに育てられ、彼の残した武具を手に母を殺し家族の運命を狂わせたイヴィルを一掃するべく戦いを続ける青年。

人物[編集]

母を死に追いやったイヴィルを憎んでいる。危うい正義感と自尊心を持ち、自らが悪と断じた者は容赦なく抹殺することを厭わない。

ゲーム上の特徴[編集]

母の面影を残す剣技を用いる。

ピュラ・アレクサンドル[編集]

ピュラ・アレクサンドル プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーV
  • 格闘スタイル: 剣と盾の加護
  • 武器銘: ショートソード「オメガソード」 & スモールシールド「エルクシールド」
  • 出身地: オスマントルコ帝国/アテネ(本人は覚えていない)
  • 誕生日: 1588年10月24日
  • 身長: 165cm
  • 体重: 恥ずかしくて言えない
  • 血液型: B型
  • 年齢: 20歳
  • 家族構成: 家族と呼べる存在はいない(様々な人のもとを転々としてきた)

Pyrrha Alexandra、Πύρρα Αλεξανδρα

設定[編集]

(5)におけるもう一人の主人公。ソフィーティアの娘でパトロクロスの姉だが幼少の頃にティラに誘拐され、その策略により関わった人が非業の死に見舞われたため、「不幸を呼ぶ娘」として忌み嫌われている。 ソウルエッジの欠片が体内に宿ったためかイヴィルの要素を孕んでおり、次なるソウルエッジの宿主としてティラに目をつけられることとなった。

人物[編集]

非常に気弱な性格で、常に他者の顔色を伺っている。争いに対しては消極的だが、母の形見である武具に施された"神の加護"に振り回されるように戦う。

ツヴァイ[編集]

ツヴァイ プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーV
  • 格闘スタイル: 我流
  • 武器銘: 片手剣「クロイツグリフ」、幻体『E.I.N.(アイン)』
  • 出身地: 不明
  • 誕生日: 不明
  • 身長: 182cm
  • 体重: 81kg
  • 血液型: 不明
  • 年齢: 不明(20代前半に見える)
  • 家族構成: 何も語らず

Z.W.E.I.
本名: 不明

設定[編集]

E.I.N.を操る特殊能力を持つ謎の青年で、「人狼」と呼ばれている。自分とヴィオラを受け入れてくれたジークフリートの依頼で霊剣の継承者を探す。

人物[編集]

二人の正反対の師から教わった剣術を独自にアレンジし、剣に備わった複数の柄を持ち替えながら不規則な軌道で剣を繰り出す。ぶっきらぼうな言動をしているが義理には篤い。E.I.N.は殺されそうになったときに本能的に呼び出した。

ゲーム上の特徴[編集]

本人の持つ片手剣と、幻体"E.I.N."による時間差追撃を駆使して戦うテクニカルキャラクター。また、ヴォルドやアスタロスに続き、背後投げを投げ抜け可能。

凪津[編集]

凪津 プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーV
  • 格闘スタイル: 夢想抜刀流
  • 武器銘: 忍者刀葛切」「淡雪
  • 出身地: 日本/出雲
  • 誕生日: 1591年8月3日
  • 身長: 166cm
  • 体重: 52kg
  • 血液型: O型
  • 年齢: 17歳
  • 家族構成: 師匠・タキ 育ての母(封魔衆の長)・千恵 体に宿る大妖怪・アラハバキ

ナツ [Natsu]

設定[編集]

封魔衆の一員で、タキの弟子。レイシャの護衛を兼ねて行方不明の師を探す旅に出る。

人物[編集]

生まれてまもなくアラハバキに憑依されたため、タキによりこれへの厳重な封印を施されている。里では偏見に晒されたため奔放な性格で掟を破りまくっているが、師に対してだけは素直な一面を見せる。

ヴィオラ[編集]

ヴィオラ プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーV
  • 格闘スタイル: アルス・プラネタルム
  • 武器銘: オーブ「クァトゥオル・オルビス」
  • 出身地: 薔薇と百合が見える
  • 誕生日: ヴェスタに祈り捧ぐ日
  • 身長: 161cm
  • 体重: 49kg
  • 血液型: 赤青の撚り糸
  • 年齢: 二十四星のトリコロール
  • 家族構成: 覚えていないが、現在はツヴァイと共に行動している

Viola
本名: 覚えていないが、ヴィオラと呼ばれている

  • 登場作品: (5)
  • 声: 生天目仁美

設定[編集]

あまりに的確すぎる占いをするため迫害されていたが、ツヴァイに似た感情を抱き、行動を共にしている。過去の記憶を失っている。

人物[編集]

記憶がないのと浮世離れした雰囲気のため、空気を読むのが下手で嘘を吐けない。

ゲーム上の特徴[編集]

設置型。オーブを操り、高火力空中コンボを叩き込む。


燕蕾夏[編集]

燕蕾夏 プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーV
  • 格闘スタイル: 母様から教わった剣術(真行山臨勝寺剣法)
  • 武器銘: 中華剣一丈青
  • 出身地: 明帝国/洛陽
  • 誕生日: 1593年7月7日
  • 身長: 149cm
  • 体重: 41kg
  • 血液型: B型
  • 年齢: 15歳
  • 人間関係: 父は明帝国将軍・燕武津(イェン・ウージン) 母・柴香華(チャイ・シャンファ) 弟・蕾信(レイシン)

イェン・レイシャ [Yan Leixia]

設定[編集]

良家の娘として育つが冒険譚に憧れて剣術を学ぶ。弟から貰った首飾りがきっかけで家を飛び出す。

人物[編集]

母に似て明るく活発。首飾りの詳細については知らない。

シバ[編集]

シバ プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーV
  • 格闘スタイル: 真行山臨勝寺棍法 + 孔式棍法
  • 武器銘: 三業棍
  • 出身地: 明帝国/真行山の山中で育つ
  • 誕生日: 1592年4月20日
  • 身長: 164cm
  • 体重: 59kg
  • 血液型: 不明
  • 年齢: 16歳
  • 人間関係: 師父・孔秀強(クン・シュウチャン) 旅の仲間・マキシ、レイシャ、ナツ 真行山の麓に住む村人たちに可愛がられている

Xiba

設定[編集]

滅法棍を継承するためにマキシ、ナツ、レイシャと旅に出る。

人物[編集]

良くも悪くも純粋で大食漢。あまり深く物事を考えない。

αパトロクロス[編集]

αパトロクロス プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーV
  • 格闘スタイル: 神伝対馬流抜刀術
  • 武器銘: ソウルキャリバー(居合刀の形をとっている)
  • 出身地: オスマントルコ帝国/アテネ
  • 誕生日: 1589年9月13日
  • 身長: 177cm
  • 体重: 70kg
  • 血液型: B型
  • 年齢: 19歳
  • 人間関係: 姉・ピュラ 母・ソフィーティアは死んだと聞かされた 父・ロティオンは病死 師匠・雪華

α Patroklos、α Πάτροκλος

  • 登場作品: (5)
  • 声: KENN

設定[編集]

イヴィル化した姉・ピュラを救うべく霊剣ソウルキャリバーの新たな使い手として覚醒したパトロクロスの姿。かつて出会った雪華から教わった抜刀術を使いこなす。

人物[編集]

当初に比べると高慢さは鳴りを潜めており、正義感の強い実直な青年に変化している。

ゲーム上の特徴[編集]

全キャラ中もっとも難解なコマンドを使いこなすことを常に強いられる、上級者向けキャラ。
そのかわり、使いこなせれば全キャラ中最強になれるポテンシャルを秘めている。


ピュラΩ[編集]

ピュラΩ プロフィール

Pyrrha Ω、Πύρρα Ω

  • 登場作品: (5)
  • 声: ささきのぞみ

設定[編集]

邪剣ソウルエッジの新たな宿主と化したピュラの姿。イヴィル化が大きく進行し、右腕が異形化している。

人物[編集]

イヴィル化の影響で凶暴な性格に変貌を遂げており、これまで自分を虐げてきた全ての人間に対する憎悪は深まっている。

ゲーム上の特徴[編集]

無印ピュラに比べて、攻撃力と突進力が向上しているが、そのかわりガードされた後の隙も大きくなり、崩しもやりづらくなった。
少し難解なステップコマンドを使いこなせなければ真のポテンシャルは発揮できないが、攻撃を押し付けて勝つというシンプルなスタイルがやりやすいキャラになっている。


エリュシオン[編集]

エリュシオン プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーV
  • 格闘スタイル: ソウルキャリバーの記憶
  • 武器銘: ソウルキャリバー(自在に姿を変える)
  • 出身地: 不明
  • 誕生日: 不明
  • 身長: 計測不能
  • 体重: 計測不能
  • 血液型: なし
  • 年齢: 不明
  • 人間関係: なし

Elysium、Ηλύσιον

  • 登場作品: (5)
  • 声: 中村千絵

設定[編集]

霊剣ソウルキャリバーの意識体。ソフィーティアに酷似した女神のような姿をとっている。

ゲーム上の特徴[編集]

女性キャラクターの流派をランダムで使い分けるが、クリティカルエッジのみは流派に関わらず専用の技を使用する。


エツィオ・アウディトーレ・ダ・フィレンツェ[編集]

エツィオ・アウディトーレ・ダ・フィレンツェ プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバーV
  • 格闘スタイル: アサシン教団
  • 武器銘: リストブレード、短剣「アサシンブレード」
  • 出身地: フィレンツェ
  • 誕生日: 1460年6月24日
  • 身長: 175cm(フードとブーツを着けた状態で183cm)
  • 体重: 77kg
  • 血液型: 不明
  • 年齢: 47歳
  • 家族構成: アウディトーレ家

Ezio Auditore da Firenze

アサシン クリード ブラザーフッド』のエツィオ・アウディトーレ・ダ・フィレンツェがゲスト出演したもの。


ロティオン[編集]

Rothion

  • 登場作品: (1)

設定・人物[編集]

ソフィーティアの夫。彼女との間に二児を儲ける。ギリシャで鍛冶屋を営んでいる。ソフィーティアのよき理解者であり、突然旅に出る決心をした彼女に武具を用意する。また、義妹であるカサンドラが勝手に持ち出した武具を壊してしまった際も、すぐに新しい武具を用意あげたりと、彼女達姉妹の戦いを影からサポートする。(5)では最後の力を振り絞り、パトロクロスのための武具を作り出した。

ベルチー[編集]

Vercci

  • 登場作品: (エッジ)(1)(3)(4)
  • 声: 長嶝高士(エッジ)(3)、大川透(4)

設定・人物[編集]

ヴォルドの主であった豪商。強引な経営手腕で破滅に追いやった者も多く、「死の商人」と恐れられていた。他界して久しいが、ヴォルドはいまだに彼への忠誠を貫いており、生前ベルチーが溜め込んだ財宝が隠されている秘倉マネーピットの番人をしている。ヴォルドは、ある日突然聞こえてきた亡きベルチーの声に従いソウルエッジ探索に出るが、それは本当にベルチー本人(あるいはベルチーの霊魂)の声なのか、はたまたヴォルドの幻聴なのかは不明である。また(エッジ)と(1)のヴォルドのエンディングでは、ベルチーの姿を見ることができたが、(3)以降は声のみの登場。

フレデリック・シュタウフェン[編集]

フレデリック・シュタウフェン プロフィール

  • 初出作品: ソウルキャリバー
  • 格闘スタイル: 我流
  • 武器銘: グラム

Frederick Schtauffen

  • 登場作品: (1)(4)
  • 声: 大川透(4)

設定・人物[編集]

ジークフリートの父親。帝国周辺に本拠を置く三男の一人であった。ある晩。フレデリックは娼婦マーガレットと知り合い、一夜限りの契りを交わす。そのときは心身を癒すためだけの関係であったが、彼女が我が子を生んだと知らされたとき、自分は彼女を愛していたことを悟る。フレデリックは息子を抱き上げると万感の思いを込め「ジークフリート」と名付ける。それから数年、皇帝に召喚され他国遠征へと旅立つ。あるとき仲間と共に遠征先から帰還するが、ジーク率いる盗賊団に襲われ正体を気付かれぬまま殺害される(なお、ジークは斬首した首を月光に掲げたときにフレデリックであることに気づいた)。(1)のナイトメアのエンディングに登場し、ジークに己の行動を省みさせるために再び自身を剣で貫かせる。(4)では本物かどうかは不明だが、ジークの対戦相手として登場し、ジークを惑わせる。

ゲーム上の特徴[編集]

ジークフリートのものと同等の流派を使用する。

柴香蓮[編集]

チャイ・シャンレン [Chai Xianglian]

  • 登場作品: (4)

設定・人物[編集]

キリクと同じく、臨勝寺で修行をしていた女性。キリクとは姉弟同然の間柄であったが、イヴィルスパームによって暴走したキリクを止めるため命を落とす。キリクの滅法棍、シャンファの護法剣(ソウルキャリバー)と並ぶ三宝の一つである、末法鏡という品を携えており、キリクが首から提げている青い欠片はその鏡の破片である。実はシャンファの姉にあたるが、キリク、シャンファ共にそのことは知らない。(4)のキリクのストーリーモードにおいてザサラメールの策略により、彼女らしき剣士と闘うことになる。

斗鬼[編集]

トキ [Toki]

  • 登場作品: (3)
  • 声: 高塚正也

設定・人物[編集]

かつてタキの所属していた封魔忍軍の首領で、タキの師であり、育ての親ともいえる人物。タキの持ち帰ってきたソウルエッジの破片に魅入られてしまい、封魔忍軍を使い、世界中のソウルエッジの破片を集め、また抜け忍となったタキの抹殺を目論むが、(3)においてタキと直接対決し、遂に敗れる。またソウルエッジでの李龍の恋人、千恵を襲った犯人でもあることが(エッジAC)サウンドトラックの相関図で書かれている。

バングー[編集]

Bangoo

  • 登場作品: (エッジ)(1)
  • 声: 瀧本富士子(エッジ)

設定・人物[編集]

ロックの養子。部族抗争で村が壊滅し、孤児になっていたところをロックに拾われる。最初のうちはロックに対して怯えて口を聞けなかったが、次第に心を開くようになる。以降はロックと普通に暮らしていたが、あるときロックの魂を欲したクンペトクーにロックを誘き出すためさらわれてしまう。しかし何とかロックに無事に救出され、その後は北欧の地に居を構え、地元の猟師や漁師達と時折交流しながら生活を続ける。それから月日が経ち独り立ちすることを決め、成人の儀として以前成し遂げられなかった「ひとりでの海越え」をすることを選ぶ。(1)のロックのエンディングではバングーが少年から青年へと成長した姿を見ることができ、ロックが使用していた斧を所持している。

千恵[編集]

チエ [Chie]

  • 登場作品: (エッジ)
  • 声: 根谷美智子

設定・人物[編集]

李龍の妻。放浪の剣士に瀕死の重傷の怪我を負わされ父・八兵衛は亡くなったが、李が旅立った後に息を吹き返す。通りかかった村で蘇生し、数ヵ月後子供を出産する。しかし父親のことに関して悪い噂が流れ、幼い子供と共に村を後にし消息を絶つ。以降は子供と共に李の帰りを待ち続けている。タキとは幼馴染。

種子島(火縄銃)の射手[編集]

Tanegashima

  • 登場作品: (エッジ)
  • 声: 高木渉

設定・人物[編集]

氏名不明。(エッジ)の御剣のエンディングに登場する男で、御剣に種子島と自分の刀のどちらが強いか勝負を挑まれる。

クンペトクー[編集]

Kunpaetku

  • 登場作品: (1)

設定・人物[編集]

アスタロスを造り上げた邪教集団の大神官。アスタロスやリザードマン達を造り出すほどの力を持っていたが、アスタロスの裏切りにより教団はほぼ壊滅。クンペトクーも、なんとかアスタロスからは逃れるものの、直後にアスタロスを追ってきたマキシの手にかかる。

ケフェウス[編集]

Cepheus

設定・人物[編集]

古今東西のありとあらゆる武具を扱う商店「ケフェウス堂」の店長を務める老人。(3PS2)でプレイヤーが買い物をすることになるショップのオーナーであり、ヴァレリア・ファリン・リネットの雇い主でもある。ゲーム中で姿を見せることはない。

孔秀強[編集]

クン・シュウチャン [Kong Xiuqiang]

  • 登場作品: (5)

設定・人物[編集]

元臨勝寺の修行僧。かつては滅法棍継承者の有力候補であったが、同じく臨勝寺で剣術を学んでいた女性、柴香菲(チャイ・シャンフェイ。シャンレンとシャンファの母)と恋に落ち、護法剣を盗んだため破門された。その後荒んだ生活をしていたが、あるときアイヴィーに敗れた直後のミナと出会い、彼女に棍法を教えた。(5)ではシバの親代わり兼師匠を務めている。

脚注[編集]

  1. ^ a b GAMEST GRAPHUCS vol.1、28頁。
  2. ^ GAMEST GRAPHUCS vol.1、27頁。
  3. ^ GAMEST GRAPHUCS vol.1、28,49頁。
  4. ^ GAMEST GRAPHUCS vol.1、30頁。
  5. ^ 『SOULCALIBUR 設定資料集 New Legends of Project Soul』、110頁。

参考文献[編集]

  • 『GAMEST GRAPHUCS』Vol.1、新声社〈ゲーメストムックVol.170〉、1999年2月27日、24-31,42-51頁。ISBN 4-88199-585-5