レスボス島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レスヴォス島
Λέσβος
ミティリニ市街
ミティリニ市街
地理
GR Lesvos.PNG
座標 北緯39度10分 東経26度20分 / 北緯39.167度 東経26.333度 / 39.167; 26.333
諸島 エーゲ海諸島
面積 1,632.8 km2
最高地 オリンボス山 (968 m)
行政
ギリシャの旗 ギリシャ
地方 北エーゲ
レスヴォス県
中心地 ミティリーニ
統計
人口 90,643人 (2001現在)
人口密度 56 /km2

レスボス島(レスボスとう、Λέσβος / Lesvos ; : Lesbosレスヴォス島とも)は、エーゲ海の北東部、トルコ沿岸に位置するギリシア領のである。最大の都市ミティリニトルコ語名: ミディッリ)から、ミティリニ島Μυτιλήνη / Mytiliniあるいは ミディッリ島Midilli Adası)ともよばれる。

地理[編集]

位置・広がり[編集]

トルコの沿岸に位置し、トルコとは狭い海峡で隔てられている。

面積は1630km²。クレタ島エヴィア島に次いで、ギリシャで3番目に大きな面積を持つ島である。

海岸線の長さは370km、最高点は海抜968m、気候は温暖な地中海性気候である。

衛星写真 
オリンボス山 

主な都市[編集]

市域に含まれる人口2000人以上の都市・集落には以下がある(人口統計は2001年国勢調査による)。

  • ミティリニΜυτιλήνη : ミティリニ地区) - 27,247人
  • プロマリ(Πλωμάρι : プロマリ地区) - 3,377人
  • ポリフニトス(Πολιχνίτος) - 2,763人
  • アギアドス(Αγιάσος) - 2,498人
  • アギア・パラスケヴィ(Αγία Παρασκευή : アギア・パラスケヴィ地区) - 2,268人

人口の3分の1は、島の東南部にあるミティリーニに暮らしている。

ミティリニ 
プロマリ 
ミティムナ 

歴史[編集]

ピーリー・レイースによるレスボス島の地図

ペロポネソス戦争デロス同盟からの離反を試みて失敗した際、アテナイでは苛酷な処罰(ミュティレーネー市民成人男子は全員死刑とし、婦女子は全員奴隷として売る)が決定されたが一夜明けて変心したアテナイ市民がそれを覆す決議を行い、それを伝える船が間一髪処刑の開始に間に合ったエピソードも有名である。

社会[編集]

産業・経済[編集]

主な産業は、農業漁業観光業で、農産物としてオリーブの生産が盛んである。また、中心都市のミティリニ市が、岡山県牛窓町(統合により現在は瀬戸内市)と、1982年姉妹都市提携を結んでいる。

行政区画[編集]

レスヴォス
Λέσβος
所在地
レスヴォスの位置
レスヴォス
座標 北緯39度10分 東経26度20分 / 北緯39.167度 東経26.333度 / 39.167; 26.333座標: 北緯39度10分 東経26度20分 / 北緯39.167度 東経26.333度 / 39.167; 26.333
行政
国: ギリシャ
地方: 北エーゲ
: レスヴォス県
ディモス: ミティリニ
人口統計 (2001年)
ディモス
 - 人口: 90,643 人
 - 面積: 1,632.8 km2
 - 人口密度: 56 人/km2
その他
標準時: EET/EEST (UTC+2/3)
郵便番号: 81x xx
市外局番: 225x0
自動車ナンバー: ΜΥ

レスヴォス県[編集]

レスヴォス県Περιφερειακή ενότητα Λέσβου)は、北エーゲ地方に属する行政区(ペリフェリアキ・エノティタ)である。カリクラティス改革(2011年1月施行)によってリムノス県が分離したため、現在のレスヴォス県はレスヴォス市1市のみからなる。

自治体(ディモス)[編集]

レスヴォス市Δήμος Λέσβου)は、北エーゲ地方レスヴォス県に属する基礎自治体ディモス)である。レスヴォス島全体をその市域とする。

現在のレスヴォス市は、カリクラティス改革(2011年1月施行)にともない、ミティリニ市をはじめとするレスヴォス島の13自治体が合併して発足した。旧自治体は、新自治体を構成する行政区(ディモティキ・エノティタ)となっている。

下表の番号は、下に掲げた「旧自治体」地図の番号に相当する。下表の「旧自治体名」欄は、無印がディモス(市)、※印がキノティタ(村)の名を示す。

旧レスヴォス県の旧自治体(1999年 - 2010年) 
レスヴォス県・レスヴォス市(2011年から) 
旧自治体 綴り 政庁所在地 面積 Km² 人口
1 ミティリニ Μυτιλήνη ミティリーニ 107.5 36,196
2 アギア・パラスケヴィ英語版 Αγία Παρασκευή アギア・パラスケヴィ  (el 117.7 2,628
3 アギアソス英語版 Αγιάσος アギアソス  (el 79.9 2,498
5 ゲラ英語版 Γέρα パパドス 86.4 6,985
6 エレソス=アンディサ英語版 Ερεσός-Άντισσα エレソス  (el 290.9 5,530
7 エヴェルゲトゥラス英語版 Ευεργέτουλας シクンダ 88.9 3,336
8 カロニ英語版 Καλλονή カロニ  (el 241.9 8,194
9 ルトロポリ・テルミス英語版 Λουτρόπολη Θερμής ルトロポリ・テルミス 79.5 3,809
10 マンダマドス英語版 Μανταμάδος マンダマドス 122.4 3,210
11 ミティムナ英語版 Μήθυμνα ミティムナ  (el 50.2 2,433
15 ペトラ英語版 Πέτρα ペトラ  (el 72.5 3,749
16 プロマリ英語版 Πλωμάρι プロマリ  (el 122.5 6,698
17 ポリフニトス英語版 Πολίχνιτος ポリフニトス  (el 172.6 5,288

交通[編集]

空港[編集]

人物[編集]

サッフォーのイメージ。John William Godward, In the Days of Sappho

その他、古代ギリシアの文人にはレスボス島ゆかりの者も多く、レスボス島出身者として、詩人サッポーアルカイオス紀元前7世紀後半 - 紀元前6世紀前半)、博物学者テオフラストス紀元前372年頃 - 紀元前288年頃)、などが有名である。現代では、1979年ノーベル文学賞を受賞した詩人のオデッセアス・エリティス1911年 - 1996年)がレスボス島ゆかりの文化人であり、彼の名に因んで、ミティリニ国際空港が「オデッセアス・エリティス」と命名されている。

文化・観光[編集]

「レズビアン」という言葉[編集]

サッポーが女性に対する愛を謳った作品を多く遺したことから、英語では、もと「レスボス人」を指した Lesbian という語は、後に女性同性愛者(レズビアン)を意味するようになった。女性同性愛の意味での lesbianism という語は1870年から記録がある[1]。20世紀以降、この言葉は世界各国に借用され、広まった。

こうしたことから、レスボス島、とくにサッポーの生誕地であるエレソス (Eresosはレズビアンにとっての観光名所となっている[2]。しかし地元では歓迎されていないという[2]。島の名についても「レスビアン」につながる「レスボス島」の名は避けられ、中心都市の名を借りて「ミティリニ島」と呼び替えることが地元では一般的になっている[3]

2008年には、正統な呼び名を奪われたことにより島民は権利と尊厳を損なわれているとして、島民を中心とするグループがギリシア国内のLGBT団体「ギリシャ・ゲイ・レズビアン連合」(OLKE)を相手どり、団体名から lesbian の語を削除することを求める訴訟をアテネの裁判所に起こした[3][4][2]。裁判所は「島民たちがこの名称によって侮辱されたと感じる理由はない」として訴えを棄却している[5]

関連・登場作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ lesbian (adj.)”. Online Etymology Dictionary. 2012年2月18日閲覧。
  2. ^ a b c ギリシャのレスボス島民、「レズビアン」の名称めぐり裁判へ”. AFP (2008年6月11日). 2012年2月18日閲覧。
  3. ^ a b Lesbos islanders dispute gay name” (英語). BBC (2008年5月1日). 2012年2月18日閲覧。
  4. ^ 「レズビアン」は島民の名、地元住民が同性愛者団体を訴える”. AFP (2008年5月2日). 2012年2月18日閲覧。
  5. ^ レスボス島の「レズビアン」裁判、原告の訴え棄却”. AFP (2008年7月23日). 2012年2月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]