ソウルキャリバーV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソウルキャリバーV
ジャンル 武器対戦格闘
対応機種 プレイステーション3(PS3)
Xbox 360
開発元 バンダイナムコゲームス
サイバーコネクトツー
発売元 バンダイナムコゲームス
人数 1~2人
メディア BD-ROM(PS3)
DVD-ROM(Xbox 360)
発売日 日本の旗 2012年2月2日
欧州連合の旗 2012年2月3日
アメリカ合衆国の旗 2012年1月31日
対象年齢 CEROD(17才以上対象)
コンテンツ
アイコン
セクシャル
その他 プレイステーションネットワーク対応
Xbox Live対応
テンプレートを表示

ソウルキャリバーV』(ソウルキャリバーファイブ、Soul Calibur V)はバンダイナムコゲームスより 2012年2月2日に発売されたプレイステーション3(PS3)、Xbox 3603D武器対戦格闘ゲーム。“ソウルシリーズ”の第8作目。シリーズ初のCEROD(17才以上対象)の作品である。

概要[編集]

ナンバリングタイトルとしては前作IVから実に3年半振りとなるソウルシリーズの最新作。開発スタッフは一部を除き一新され、舞台設定も前作から17年後となり、同シリーズの人気キャラクターであったソフィーティアの二人の子供たちを主軸とした物語が展開される。

今作ではストーリーモード「story -1607 A.D.-」がメインとなり、前作まであった各キャラクターのエンディングが無くなり、レギュラーをはじめ、新キャラクターや隠しまで全てサブキャラクター扱いとなった。

「より速く、より軽く」がコンセプトに挙げられ[1]、それに伴い戦闘システムも縦斬り・横斬り・8WAY-RUNを主軸としつつ変更が加えられている。具体的には、同じ方向にスティックを2回入力することでキャラが素早く移動し、より攻撃を回避しやすくなる「クイックムーブ」、タイミングよくガードの入力を行うことでガードした後の硬直を軽減できる「ジャストガード」などが新たな要素として追加されている。また、それまでのシリーズの伝統であったガードインパクトについても仕様が変更となった[2]。なお、シリーズ恒例となるゲストキャラクターは『アサシン クリード ブラザーフッド』から主人公のエツィオが参戦となった[3]

特に大きな変更点として、シリーズでは初めて「クリティカルゲージ」と呼ばれるゲージが導入された[4]。クリティカルゲージは各プレイヤーの攻撃などによって最大2ゲージ分まで貯めることができ、これをある程度消費することで、各キャラクター固有の超必殺技である「クリティカルエッジ[5]、特定のコマンド技を強化する「ブレイブエッジ」、そして前述のガードインパクトなどを使用することができる。どれもが対戦において重要なウェイトを占めているため、プレイヤーは今までの立ち回り以上にゲージ管理が勝利する上で重要となってくる。なお、前作で導入されたクリティカルフィニッシュは廃止された。

また、シリーズの売りであるキャラクタークリエイションモードも引き続いて搭載されており、『IV』で導入された筋肉量の変化だけでなく、今回は新たに身長や身体の各部位の太さも変更できるようになった他、各パーツの柄を変えることができるようになったり、フェイスペイントやステッカーなどを貼り付けることも可能となった。また、キャラクターの持つ武器の柄や色、攻撃の軌跡の色なども変更可能となり、更にクリエイションの幅が広がっている[6]

一方でIIIの「ロストクロニクルズ」、IVの「Tower Of Lost Souls」のようなシリーズ御馴染みのオフラインで遊べる要素は廃止され「Quick Battle」と呼ばれる様々な容姿や性格のキャラクターと対戦するモードに置き換わった。

なお、制作にあたっては外部スタッフも数多く参加しており、ストーリー面の演出等をサイバーコネクトツーが、楽曲面をCreative Intelligence Arts(CIA)がそれぞれ担当している[7]。特に音楽面においては、ロード・オブ・ザ・リングなどを手がけグラミー賞の受賞経験を持つジョン・カーランダーや、ロマンシング サ・ガ聖剣伝説2を担当した菊田裕樹が参加しており、非常に豪華な布陣となっている。

全世界売上は約156万本を記録している[8][9]。日本での初週売上はPS3/XBOX360版合わせて約4万2000本[10]

登場キャラクター[編集]

メインキャラクター[編集]

新キャラクター[編集]

レギュラーキャラクター[編集]

隠しキャラクター[編集]

後日、追加ダウンロードコンテンツとして販売。それに先駆け初回生産分に使用可能になるダウンロードコードが封入されている。

ゲストキャラクター[編集]

『アサシン クリード ブラザーフッド』からの参戦。PS3版、Xbox360版の双方で使用可能。

小説[編集]

ソウルキャリバー 魂を刃にこめて
ソウルキャリバーVの発売に先駆けて刊行された。これまでのソウルシリーズのストーリーを大まかになぞっているものの幾分の脚色を交えている。
2012年1月25日発行 上下巻同時発売。集英社スーパーダッシュ文庫より刊行された。

脚注[編集]

  1. ^ 『ソウルキャリバーV』はよりスピーディーに進化する【Level Up Dubai 2011】(ファミ通.com)2011年5月11日
  2. ^ ディレクターの小田嶋のTwitterより
  3. ^ マスターアサシンのエツィオ・アウディトーレが『ソウルキャリバーV』に登場(ファミ通.com)2011年10月21日
  4. ^ 体力ゲージ以外のサブゲージはソウルキャリバーシリーズの前身となる『ソウルエッジ』で武器耐久ゲージがあった。
  5. ^ ソウルキャリバーシリーズの前身となる『ソウルエッジ』でもクリティカルエッジは導入されていた。
  6. ^ 「ソウルキャリバーV」の最新ムービーが公開。今回の“クリエイション”はこんなところまでこだわれる(4Gamer.net)2011年11月3日
  7. ^ 「ソウルキャリバーV」,登場キャラ「アスタロス」「ヴィオラ」などの情報公開。上級テク「ブレイブエッジ」「ジャストガード」をマスターしよう(4gamer.net) 2011年9月22日
  8. ^ 2012年3月期決算短信 補足資料”. バンダイナムコホールディングス. p. 3 (2012年5月8日). 2013年3月10日閲覧。
  9. ^ 平成25年3月期 第3四半期決算補足資料”. バンダイナムコホールディングス. p. 3 (2013年2月5日). 2013年3月10日閲覧。
  10. ^ 「ソウルキャリバーV」合計4万2000本(4gamer.net)

外部リンク[編集]