集英社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社集英社
Shueisha Inc.
Shuueisha01(tokyo).JPG
集英社神保町ビル
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
郵便番号:101-8050
東京都千代田区一ツ橋二丁目5番10号
設立 1949年7月19日
業種 情報・通信業
事業内容 出版
代表者 堀内丸恵代表取締役社長
資本金 1億80万円
売上高 1260億9400万円(2012年5月期)[1]
純利益 37億5100万円(2012年5月期)[1]
従業員数 786名(男性440名・女性346名)
(2012年10月1日現在)[2]
決算期 5月末日
主要株主 小学館 47%強
主要子会社 集英社クリエイティブ
白泉社
集英社インターナショナル
関係する人物 相賀武夫(創業者)
外部リンク http://www.shueisha.co.jp/
特記事項:1926年8月創業
テンプレートを表示

株式会社集英社(しゅうえいしゃ)は、日本の大手出版社。社名は「英知が集う」の意味。

概要[編集]

週刊少年ジャンプ』『週刊プレイボーイ』『non-no』『すばる』 『Myojo』などの雑誌を発行している他、文芸書文庫本などを出版している。

1926年小学館の娯楽誌部門が分離独立して発足。小学館が筆頭株主であり、同じ企業集団「一ツ橋グループ」に属するが、小学館も娯楽出版部門に進出した結果、両社は競合する雑誌を多く擁する。

2008年には「小学館プロダクション」に出資して「小学館集英社プロダクション」とするなど、重複する事業分野において統合する動きもみられる。

2009年以降、総売上高で日本国内出版業界の最大手である(持株会社である角川グループホールディングスを除く)。

歴史[編集]

決算[編集]

決算期(期間) 売上高 営業利益 経常利益 税引前当期純利益 当期純利益
第71期(2011年6月1日 - 2012年5月31日) 1260億9400万円 25億6300万円 69億1500万円 37億5100万円
第70期(2010年6月1日 - 2011年5月31日) 1318億6500万円 55億4700万円
第69期(2009年6月1日 - 2010年5月31日) 1304億7000万円 ▲6億0400万円 ▲41億8000万円
第68期(2008年6月1日 - 2009年5月31日) 1332億9800万円 23億5800万円 6億5500万円
第67期(2007年6月1日 - 2008年5月31日) 1376億円 11億0400万円 2億4900万円
第66期(2006年6月1日 - 2007年5月31日) 1389億7800万円 75億9600万円 41億2200万円
第65期(2005年6月1日 - 2006年5月31日) 1399億8200万円 70億6400万円
第64期(2004年6月1日 - 2005年5月31日) 1378億4800万円 46億5100万円 21億7400万円
第63期(2003年6月1日 - 2004年5月31日) 1378億4800万円 45億3000万円
第62期(2002年6月1日 - 2003年5月31日) 1418億2500万円 53億9000万円 25億8000万円
第61期(2001年6月1日 - 2002年5月31日) 1446億1600万円 51億9300万円

雑誌[編集]

季刊及び増刊は除く

漫画誌[編集]

少年向けコミック誌[編集]

青年向けコミック誌[編集]

少女・女性向けコミック誌[編集]

文芸誌[編集]

情報誌[編集]

男性誌・芸能誌[編集]

女性誌[編集]

かつて発行していた主な雑誌[編集]

漫画誌[編集]

文芸誌[編集]

情報誌[編集]

漫画単行本[編集]

集英社の漫画レーベルを参照。

文庫[編集]

新書[編集]

インターネット[編集]

ウェブコミック[編集]

インターネットラジオ[編集]

WEB文芸[編集]

電子書店[編集]

携帯電話[編集]

  • theどくしょplus
  • 集英社デジよみ
  • 集英社マンガカプセル

PC・スマートフォン・タブレット端末[編集]

  • ジャンプLIVE
  • ジャンプBOOKストア!
  • マーガレットBOOKストア!

主なベストセラー[編集]

コマーシャル[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]