ビズメディア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビズメディアの本部

ビズメディア(VIZ Media)は、北アメリカにおける日本の漫画アニメの翻訳出版と日本アニメの映像販売を行う企業。本社はアメリカ合衆国サンフランシスコに所在。フランスパリにヨーロッパ支社を持つ小学館集英社プロダクションの関連会社である。

概要[編集]

ドラゴンボール』、『幽☆遊☆白書』、『らんま1/2』など、集英社小学館の人気漫画を中心に、『鋼の錬金術師』、『火の鳥』、『ブラック・ジャック』など幅広く出版している。雑誌では『少年ジャンプ』の英語版"Shonen Jump"(月刊)や、北アメリカ初の少女マンガ雑誌"Shojo Beat"(2009年6月廃刊)等を発行。翻訳出版以外にも、アニメ、漫画情報誌"Animerica"も発行している。『世界の中心で、愛をさけぶ』や『下妻物語』などの小説や『灼眼のシャナ』などのライトノベル作品も出版している。

英語圏の人間にもわかりやすいよう、日本語で書かれた描き文字を英語に直したり(擬音や看板の文字など。『めぞん一刻』では通貨単位が円ではなくドルに直されている。また集英社の作品の翻訳には見られないが、高橋留美子作品は左から右に読む英語にあわせ左右反転して出版している)、日本語のジョークを別のものに置き換えたりすることが多く(例えば『らんま1/2』第1巻において、「ここは北海道だ」が「東京はここから500マイル南だ」になっている)、評価するファンがいる反面、否定的な意見も少なくない[1][2]

英語圏において自社名義で英語版を翻訳出版している他、自社が英語版の出版権を持つ作品については、非英語圏の出版社と日本の出版社との間での仲介業務を行っている。

日本SFの翻訳レーベル Haikasoru の立ち上げを2009年1月に発表した。Haikasoru の名前はフィリップ・K・ディックの『高い城の男』の原題の中にある High Castle を日本風 (ローマ字化) したもので、ロゴは天守を図案化したものである。

主な出版物[編集]

漫画(Manga[編集]

フィルムコミックス(Ani-Manga[編集]

Haikasoru[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]