桜坂洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
桜坂 洋
(さくらざか ひろし)
ペンネーム 桜坂 洋
(さくらざか ひろし)
誕生 1970年????
日本の旗 日本東京都
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2003年 -
ジャンル ライトノベル
サイエンス・フィクション
代表作 よくわかる現代魔法
All You Need Is Kill』など
主な受賞歴 第16回SFマガジン読者賞(『さいたまチェーンソー少女』)
処女作 よくわかる現代魔法
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

桜坂 洋(さくらざか ひろし、1970年 - )は日本小説家である。元システムエンジニア

来歴[編集]

第2回集英社スーパーダッシュ小説新人賞での最終選考作『魔法使いのネット』を改稿・改題した『よくわかる現代魔法』で、2003年12月にデビューする。2004年発表の短篇『さいたまチェーンソー少女』で第16回SFマガジン読者賞、2008年発表の短篇『ナイト・オブ・ザ・ホーリーシット』で第20回SFマガジン読者賞を受賞。

ゲームを含むコンピュータ全般が趣味であり、当然コンピュータ・オタク文化に造詣が深い。また、かなり熱狂的なメガネ属性である。執筆に2004年当時はMeadowSKKTeXを使っていた。原稿を順番通りに書かず、書きやすいところから書く。

桜庭一樹と親交があり、2人が一緒の活動や対談も多い。

東浩紀筒井康隆などからも高い評価[1]を受けた『All You Need Is Kill』の発行の後、一般文芸誌や純文学誌での執筆もこなすようになった。その誼からか、東とは共同プロジェクト「ギートステイト」や「キャラクターズ」を立ち上げたり筒井の著作である『ダンシング・ヴァニティ』の評論を執筆したりしている。

作品リスト[編集]

単著[編集]

よくわかる現代魔法シリーズ[編集]

  1. よくわかる現代魔法(2003年12月 集英社スーパーダッシュ文庫
    • 【改稿】よくわかる現代魔法1〈new edition〉(2008年4月 集英社スーパーダッシュ文庫)
  2. よくわかる現代魔法〈ガーベージコレクター〉(2004年5月 集英社スーパーダッシュ文庫)
  3. よくわかる現代魔法〈ゴーストスクリプト・フォー・ウィザーズ〉(2004年9月 集英社スーパーダッシュ文庫)
  4. よくわかる現代魔法〈jini使い〉(2005年1月 集英社スーパーダッシュ文庫)
  5. よくわかる現代魔法〈TMTOWTDI たったひとつじゃない冴えたやりかた〉(2005年5月 集英社スーパーダッシュ文庫)
  6. よくわかる現代魔法〈Firefox!〉(2009年3月 集英社スーパーダッシュ文庫)
  7. よくわかる現代魔法が256倍よくわかる本(2009年8月 集英社スーパーダッシュ文庫)

その他の作品[編集]

  • All You Need Is Kill (2004年12月 集英社スーパーダッシュ文庫) - イラスト:安倍吉俊
  • スラムオンライン(2005年6月 ハヤカワ文庫) - イラスト:toi8

共著・他[編集]

  • 桜色ハミングディスタンス(2005年11月 第4回文学フリマで販売) - 桜庭一樹との共著、同人誌
  • キャラクターズ(2008年5月 新潮社) - 東浩紀との共著
  • ガールズメガネ(2006年2月 太田出版) - 写真:西村智晴。桜坂は短編「サーティスリー・マイナスマイナス・ドットドット」を寄稿

アンソロジー[編集]

「」内が桜坂洋の作品

  • 七つの黒い夢(2006年2月 新潮文庫)「10月はSPAMで満ちている」 - 「よくわかる現代魔法」番外編の短編で坂崎嘉穂が登場
  • 神林長平トリビュート(2009年11月 早川書房 / 2012年4月 ハヤカワ文庫JA)「狐と踊れ」 - 神林長平の同題作品に対するオマージュ作品
  • ゼロ年代SF傑作選(2010年2月 ハヤカワ文庫JA)「エキストラ・ラウンド」
  • 蝦蟇倉市事件2(2010年2月 東京創元社ミステリ・フロンティア〉)「毒入りローストビーフ事件」

単行本未収録作品[編集]

未完長編
  • ギートステイト(講談社のポータルサイトMouRaで連載[2]、2007年1月 - 2007年8月) - 設定:東浩紀、イラスト:和田タカアキ
S-Fマガジン掲載短編シリーズ

イラストは西島大介が担当

  • さいたまチェーンソー少女(2004年9月号)
  • 遊星からのカチョーフウゲツ(2005年7月号)
  • ナイト・オブ・ザ・ホーリー・シット(2008年8月号)
その他短編

コミカライズ[編集]

映像化作品[編集]

アニメ
映画

脚注[編集]

  1. ^ 対談 筒井康隆+東浩紀 キャラクター小説とポストモダン, 群像 2007夏号, 講談社, 2007年6月
  2. ^ ギートステイト(講談社MouRa)
  3. ^ 日本のラノベがトム・クルーズ主演作に!その道のりとは?

外部リンク[編集]