神林長平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

神林 長平(かんばやし ちょうへい、本名:高柳 清1953年7月10日 - )は、日本SF作家。「SF作家第三世代」を代表する作家。

略歴[編集]

  • 1953年 - 新潟県新潟市に生まれる。
  • 1972年 - 長岡工業高等専門学校卒業。
  • 1979年 - 「狐と踊れ」が第5回ハヤカワ・SFコンテストに佳作入選、『SFマガジン』9月号に掲載されデビュー。
  • 1983年 - 第14回星雲賞日本短編部門を『言葉使い師』(短編集『言葉使い師』に収録)にて受賞。
  • 1984年 - 第15回星雲賞日本長編部門を『敵は海賊・海賊版』、日本短編部門を『スーパー・フェニックス』(連作短編集『戦闘妖精・雪風』に収録)にて受賞。ダブル受賞は初。
  • 1985年 - 第16回星雲賞日本長編部門を『戦闘妖精・雪風』にて受賞。
  • 1987年 - 第18回星雲賞日本長編部門を『プリズム』にて受賞。
  • 1995年 - 第16回日本SF大賞を『言壺』にて受賞。
  • 1998年 - 第29回星雲賞日本長編部門を『敵は海賊・A級の敵』にて受賞。
  • 2000年 - 第31回星雲賞日本長編部門を『グッドラック 戦闘妖精・雪風』にて受賞。
  • 2001年 - 日本SF作家クラブ会長(11代目)就任。
  • 2013年 - 第44回星雲賞日本短編部門を『いま集合的無意識を、』(短編集『いま集合的無意識を、』に収録)にて受賞。

著書[編集]

火星3部作[編集]

  • あなたの魂に安らぎあれ(早川書房、1983年 のち文庫) 
  • 帝王の殻(中央公論社、1990年 のちハヤカワ文庫)
  • 膚の下(早川書房、2004年 のち文庫) 

「敵は海賊」シリーズ[編集]

  • 敵は海賊 - 初期作品。短編集『狐と踊れ』に収録。
  • 敵は海賊・海賊版(ハヤカワ文庫、1983年)
  • 敵は海賊・猫たちの饗宴(ハヤカワ文庫、1988年)
  • 敵は海賊・海賊たちの憂鬱(ハヤカワ文庫、1991年)
  • 敵は海賊・不敵な休暇(ハヤカワ文庫、1993年)
  • 敵は海賊・海賊課の一日(ハヤカワ文庫、1995年)
  • 敵は海賊・A級の敵(ハヤカワ文庫、1997年)
  • 敵は海賊・正義の眼(ハヤカワ文庫、2007年)
  • 敵は海賊・短篇版(ハヤカワ文庫、2009年) - 「敵は海賊」「わが名はジュティ、文句あるか」「匋冥の神」「被書空間」の4篇を収録。
  • 敵は海賊・海賊の敵(ハヤカワ文庫、2013年)

戦闘妖精・雪風シリーズ[編集]

  • 戦闘妖精・雪風(ハヤカワ文庫、1984年)
  • グッドラック―戦闘妖精・雪風(早川書房、1999年 のち文庫)
  • 戦闘妖精・雪風(改)(ハヤカワ文庫、2002年) - 細部を『グッドラック』にあわせ一部改稿の上再版。
  • アンブロークンアロー―戦闘妖精・雪風(早川書房、2009年 のち文庫)

長編[編集]

  • 七胴落とし(ハヤカワ文庫、1983年)
  • 太陽の汗(光文社文庫、1985年 のちハヤカワ文庫)
  • 宇宙探査機 迷惑一番(光文社文庫、1986年 のちハヤカワ文庫)
  • 蒼いくちづけ(光文社文庫、1987年 のちハヤカワ文庫)
  • 機械たちの時間(トクマノベルス、1987年 のちハヤカワ文庫)
  • ルナティカン(光文社文庫、1988年 のちハヤカワ文庫)
  • 親切がいっぱい(光文社文庫、1990年 のちハヤカワ文庫)
  • 死して咲く花、実のある夢(徳間書店、1992年 のちハヤカワ文庫)
  • 猶予の月(早川書房、1992年 のち文庫)
  • 天国にそっくりな星(光文社文庫、1993年 のちハヤカワ文庫)
  • 魂の駆動体(波書房、1995年 のちハヤカワ文庫)
  • 永久帰還装置(朝日ソノラマ、2001年 のち文庫、ハヤカワ文庫)
  • ラーゼフォン―時間調律師(Bones出渕裕原作 徳間デュアル文庫、2002年) - テレビアニメ『ラーゼフォン』のシェアード・ワールド小説。
  • ぼくらは都市を愛していた(朝日新聞出版、2012年)

連作短編集[編集]

  • プリズム(ハヤカワ文庫、1986年)
  • 今宵、銀河を杯にして Mahershalalhashbas(徳間書店、1987年 のちハヤカワ文庫)
  • 完璧な涙(ハヤカワ文庫、1990年)
  • 我語りて世界あり(徳間書店、1990年 のちハヤカワ文庫)
  • 言壺(中央公論社、1994年 のち文庫、ハヤカワ文庫)
  • 過負荷都市(ハヤカワ文庫、1996年)
  • Uの世界(ハヤカワ文庫、1996年)
  • ライトジーンの遺産(朝日ソノラマ、1997年 のち文庫、ハヤカワ文庫)
  • 小指の先の天使(早川書房、2003年 のち文庫)

短編集[編集]

  • 狐と踊れ(ハヤカワ文庫、1981年)(旧版)
  • 言葉使い師(ハヤカワ文庫、1983年)
  • 時間蝕(ハヤカワ文庫、1987年)
  • 麦撃機の飛ぶ空(ヒヨコ舎、2004年)
  • 鏡像の敵(ハヤカワ文庫、2005年)
  • 狐と踊れ(新版)(ハヤカワ文庫、2010年) - 旧版から「敵は海賊」を省き、「落砂」「蔦紅葉」「縛霊」「奇生」の連作4篇を増補した再編集版。
  • いま集合的無意識を、(ハヤカワ文庫、2012年)

関連作品[編集]

敵は海賊〜猫たちの饗宴〜
  • Vol.1 猫じゃらし作戦(前編)
  • Vol.2 猫じゃらし作戦(後編)
  • Vol.3 猫かぶり前哨戦(前編)
  • Vol.4 猫かぶり前哨戦(後編)
  • Vol.5 猫いらず大騒動(前編)
  • Vol.6 猫いらず大騒動(後編)
1990年にキティフィルムによって製作された『敵は海賊・猫たちの饗宴』を原作にしたOVA作品。ラテル、アプロのドタバタを中心に描く。2003年にDVD-BOXとして再発。
戦闘妖精・雪風
  • 戦闘妖精雪風 OPERATION:1
  • 戦闘妖精雪風 OPERATION:2
  • 戦闘妖精雪風 OPERATION:3
  • 戦闘妖精雪風 OPERATION:4
  • 戦闘妖精雪風 OPERATION:5
GONZOによって製作された『戦闘妖精・雪風』『グッドラック』をベースにしたOVA作品。全5作。
戦闘妖精・雪風解析マニュアル
早川書房編集部によるOVAの関連商品ではあるが、今まで単行本未収録だった「被書空間」と書き下ろしの「ぼくの、マシン」が収録されている。
「被書空間」は1984年に著者が雪風の「スーパーフェニックス」と、「敵は海賊・海賊版」で星雲賞短編部門・長編部門を同時受賞した記念に書かれた短編で、海賊課のメンバーと雪風がニアミスする作品である。「ぼくの、マシン」は零の幼時を題材にしており、「グッドラック」を補完する内容となっている。
これ以外にも、著者の公演録などが収録されている。なお、本書の用語集等はファンによる二次著作物であり、必ずしも原作に沿っているわけではない。
戦闘妖精少女 たすけて! メイヴちゃん
OVA版戦闘妖精・雪風からスピンオフした作品(2005年2月24日発売)。
OVA版雪風のメカデザイナー・山下いくとの落書きに描かれたキャラクターがアニメ化されたもので、神林との直接の関わりはない。ただ、ある部分に登場する「雪風」のマーキング文字は神林の直筆を使用している。
監督:もりたけし、制作:スタジオ・ファンタジア
神林長平トリビュート
2009年に早川書房より発売された公式アンソロジー短編集。
桜坂洋の「狐と踊れ」、辻村深月の「七胴落とし」、仁木稔の「完璧な涙」、円城塔の「死して咲く花、実のある夢」、森深紅の「魂の駆動体」、虚淵玄の「敵は海賊」、元長柾木の「我語りて世界あり」、海猫沢めろんの「言葉使い師」が収録されている。
この他、伊藤計劃による「過負荷都市」の収録が予定されていた。