堀晃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

堀 晃(ほり あきら、1944年6月21日 - )は、日本作家SF作家兵庫県たつの市(旧龍野市)生まれ。創作落語も手掛けるが、作品数は少ない。日本SF作家クラブ宇宙作家クラブ会員。

概要[編集]

高校時代からSFファンとして活動。大学卒業後は、繊維メーカー敷島紡績(のちにシキボウ)勤務と平行してSFを書き続けてきた。いわゆる、兼業作家であった。筒井康隆主宰の同人誌「NULL」発表の作品が「宇宙塵」に転載され、再転載によりプロデビューしている。

日本では数少ないハードSFの書き手。情報理論エントロピーの収支を正面からSFの題材として料理した、質の高いアイデア・ストーリー短編を得意とする。ただし、単なる科学好きではなく、純文学や、社会科学なども広く興味の対象にあり、それらの幅広い教養を背景にしての「ハードSF」を書いているのも特徴である。

落語などの「笑い」が大好きという一面もある。そのためか、作風はまったく異なるが同じ関西在住で、しかも同年代でかつ同時期にデビューしたかんべむさしとはウマが会い、長年に渡り親しく交際し、また共著も出している。

やはり同じ関西在住で、堀作品を高く評価する小松左京(『太陽風交点』の日本SF大賞受賞の際に強く推薦し、文庫本の解説を書いた)とも懇意であり、小松経由で桂米朝門下の落語家とも交流がある。亡くなった桂歌之助については、編集委員の一人として遺稿集の自費出版に参加した。

これまた関西在住の筒井康隆とは、筒井の同人誌である第一期『NULL』時代からの親交があり(創刊翌年の1961年、高校2年生時点で入会し、翌年筒井の面識を得た)、筒井関係のイベント(冷し中華祭り、『ザ・ウチアゲ』など)にも参加している。また、1973年の筒井の短編「熊の木本線」に登場する架空の民謡「熊の木節」に曲をつけ振り付けも考えて、筒井ファンに披露した。

熱心なジャズファンでもある。どちらかと言えば古いスタイルのジャズ、特にクラリネットを好み、滝川雅弘谷口英治ニューオリンズ・ラスカルズなどのファンである。その一方で筒井経由で山下洋輔トリオとも親交があり、かつては、山下トリオが大阪に来ると必ず筒井、かんべらと共に聴きに来ていた。今でも都合が許す限りライブに足を運んでおり、また「森山威男研究会」も主宰している。

また、筒井との交流からASAHIネット主催の、「パスカル短篇文学新人賞」の審査員をつとめた。その審査員たち、筒井康隆小林恭二薄井ゆうじ佐藤亜紀との5名で、「JALInet」(JAPAN LITERATURE net)を、発起人として立ち上げた。

近年は、コミケットSF大会などで活動する理系集団「カフェ・サイファイティーク」(マッドサイエンティスト・カフェ)の一員としても活動。

また、「小説講座」の講師をつとめている「創作サポートセンター」が主催する「大阪ショートショート大賞」の選考委員。

趣味は立ち食いうどんの食べ歩きで、関西のTV番組でそのことを公表した。

また、若い頃より詳細な日記を記述しており、その内容を自身のサイトに記述する予定であるが、作業はあまり進んでいない。

略歴[編集]

  • 1944年 - 兵庫県龍野市に生まれる。
  • 淳心学院高校在学中よりSF同人誌NULL』『宇宙塵』に参加。大学ではSF同人誌『パラノイア』やSFファンジン『タイムパトロール』を刊行している。
  • 大阪大学基礎工学部卒。繊維メーカー勤務。
  • 1970年 - 短編『イカルスの翼』が『SFマガジン』に掲載され、小説家デビュー。
  • 1980年 - 短編集『太陽風交点』で第1回日本SF大賞を受賞。この受賞にあたっては、小松左京の強い推薦があった。だが、この作品の文庫化に際して、早川書房との間で『太陽風交点』事件と呼ばれる訴訟が起きた。裁判は泥沼となり、堀は勝訴したが、作家としての本格的な活動開始時期に、大きな痛手となった。堀はいまだに、早川書房と、当時の『SFマガジン』編集長今岡清、そして、その訴訟に関わった弁護士五十嵐敬喜を許しておらず、「早川書房から発行された本は、以降、一切買わない(読む場合でも自分では買わない)」という道を貫いている。
  • 1989年 - 唯一の長編『バビロニア・ウェーブ』で第20回星雲賞日本長編賞を受賞。
  • 1994年 - SF同人誌『SOLITON』を主宰する。
  • 1998年 - 『SOLITON』8号で終刊。
  • 2007年 - 世界SF大会・NIPPON2007での企画「サイエンスとサイエンスフィクションの最前線、そして未来へ!」に参加。

作品一覧[編集]

  • 太陽風交点(早川書房、1979年 のち徳間文庫)
  • エネルギー救出作戦(作品社、1980年)
  • 梅田地下オデッセイ(ハヤカワ文庫、1981年)
    • 石原藤夫による、SF出版史上空前絶後といわれる長大で、また本格的な「堀晃論」となっている解説(図面入り60頁)つき。
  • SF街道二人旅(かんべむさしとの共著、徳間書店、1981年 のち文庫)
  • 恐怖省(集英社文庫、1982年)
  • エネルギー救出作戦(新潮文庫、1985年)
  • マッドサイエンス入門(新潮文庫、1986年)
  • 漂着物体X(双葉社、1987年 のち文庫)
  • バビロニア・ウェーブ(徳間書店、1988年 ) 唯一の長編
  • 時空いちびり百景(かんべむさしとの共著、毎日新聞社、1989年)
  • 地球は青い宝石(ペップ出版、1991年)
  • 遺跡の声(アスキー、1996年 のち創元SF文庫) トリニティシリーズの総集編
  • 地球環(ハルキ文庫、2000年) 情報サイボーグシリーズの総集編
  • サイエンス・イマジネーション(瀬名秀明編、NIPPON2007での企画の単行本化。座談会および短編「笑う闇」収録)

外部リンク[編集]