小谷真理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小谷真理
(こたに まり)
誕生 1958年7月11日(55歳)
日本の旗 日本
職業 文芸評論家
言語 日本語英語
国籍 日本の旗 日本
活動期間 ?-(活動中)
ジャンル 文芸評論・研究
主題 SFフェミニズムやおい分野を中心とした文芸評論および研究
主な受賞歴 日本翻訳大賞思想部門(1991年)
日本SF大賞(1994年)
処女作 ?
配偶者 あり(巽孝之
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

小谷 真理(こたに まり、1958年7月11日 - )は、日本SF&ファンタジー評論家日本SF作家クラブ会員、日本ペンクラブ女性作家委員会委員長、ヒロイック・ファンタジー&ファンタジーのファンクラブ「ローラリアス」副会長。「ジェンダーSF研究会」発起人。日本におけるコスプレイヤーの元祖としても知られる。

人物[編集]

  • 1997年に発売された書籍『オルタカルチャー―日本版』内のコラムにおいて、SFファンダム出身の評論家の山形浩生から、「小谷真理の著作は、パートナーの巽孝之が代筆している(ほどそっくりである)」と揶揄され、小谷は「謝罪広告及び損害賠償請求」の訴訟を行い、2001年に勝訴した。なお、小谷はこの事件について、「歴史的に、女が文章が書くのを男性が抑圧してきた、『テクスチャル・ハラスメント』の一種だ」と主張した。
  • なお、笙野頼子は、近年行っている「純文学論争」の延長の「男性評論家批判」活動で、「山形・小谷事件」での「テクスチャル・ハラスメント」概念を引用し、「男性の評論家たちは、女性作家たちの文学的成果を無視している」と主張している。

経歴[編集]

作品リスト[編集]

単著[編集]

訳書[編集]

外部リンク[編集]