1998年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
千年紀: 2千年紀
世紀: 19世紀 - 20世紀 - 21世紀
10年紀: 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
: 1995年 1996年 1997年 1998年 1999年 2000年 2001年

1998年(1998 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、木曜日から始まる平年

他の紀年法[編集]

※主体暦は、朝鮮民主主義人民共和国1997年に制定された。

カレンダー[編集]

1月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
4月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
5月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
6月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
7月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
8月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
9月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

できごと[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

その他[編集]

  • 日本国内での音楽CDの生産金額が8cm・12cmの合計で約5879億円(レコードやカセットテープを含めると約6075億円)、CD生産枚数が合計で約4億5717万枚とそれぞれ国内史上最高を記録し、CDバブル絶頂期となる。
  • 同じく日本国内でのセルビデオソフトのうち、ビデオカセットでの売上金額が約2121億円を、売上本数が約5232万本と国内史上最高を記録する。[1]
  • この年(1997年9月1日-1998年8月31日までの集計)、写真フィルムの出荷量が国内史上最多となる。しかし、2000年代半ばよりデジタルカメラの普及で急速に減少していく。

天候・天災・観測等[編集]

  • エルニーニョ現象の影響で世界的な異常気象。日本でも年間平均気温は顕著な高温となり、西日本南西諸島で戦後最も気温の高い年となった。世界の平均気温も史上1位の高温となった。
  • 台風の年間発生数16個となり史上2番目の少なさ。
  • 冬(1997年12月 - 1998年2月)は北日本で平年並みの寒さであったが、東日本以西は記録的な大暖冬となり、南岸低気圧による大雪が東日本太平洋側を中心に相次ぐ。
  • 春(3 - 5)月は歴代1位の暖春。4月の下旬に北海道の一部で真夏日を観測するなど型破りな高温となった。
  • 夏(6 - 8月)は西日本以南・北陸地方で著しい高温となった他、太平洋高気圧が安定しなかったため北日本・北海道は冷夏傾向となり、東日本も気温は平年並 - 高めながらも天候不順が続き、豪雨災害も多発した他、東北地方の梅雨明けは特定できなかった。
  • 秋(9 - 11月)は全国的に顕著な高温となり、台風の接近・上陸が多かった。
  • 1月8日 -南岸低気圧の通過で関東地方で記録的な大雪。首都圏を中心に交通機関が乱れる。その7日後の1月15日にも再び関東地方を中心に大雪が降る(両日とも東海地方以西の太平洋側はほとんど雨となった)。
  • 8月下旬 - 台風4号の影響で東日本を中心に大雨。
  • 9月16日 - 台風5号が東海地方に上陸。
  • 9月21日 - 台風7号和歌山県に上陸。近畿地方を中心に被害が出る。
  • 9月24日 - 25日 - 秋雨前線の活発化により、四国地方南部で長時間の大雨。高知市などで大規模な浸水被害が発生。
  • 10月17日 - 台風10号鹿児島県に上陸。
  • 11月17日 - 18日 - しし座流星群が33年ぶりにピーク。世界各地で流星が観測された。

芸術・文化・ファッション[編集]

1998年のスポーツ[編集]

野球[編集]

日本プロ野球[編集]
高校野球[編集]

ソフトボール[編集]

日本で第9回世界女子ソフトボール選手権が開催された。

プロレス[編集]

メジャーリーグベースボール[編集]

マーク・マグワイアがシーズン70本塁打達成。サミー・ソーサも66本塁打(1998年のMLBシーズン最多本塁打記録対決)。

サッカー[編集]

大相撲(幕内最高優勝)[編集]

モータースポーツ[編集]

1998年の文学[編集]

1998年の音楽[編集]

日本国内での音楽CDの生産金額が8cm・12cmの合計で約5879億円(レコードやカセットテープを含めると約6075億円)、CD生産枚数が約4億5717万枚とそれぞれ日本国内史上最高を記録し、CDバブル絶頂期を迎える。翌年以降、CDの売上は急速に減少し、現在に至るまでCD不況となる。[2]

1998年の映画[編集]

1998年のテレビ[編集]

ドラマ[編集]

バラエティなど諸分野[編集]

特撮[編集]

1998年のラジオ[編集]

1998年のアニメ[編集]

1998年のゲーム[編集]

ゲームボーイカラー
ドリームキャスト

1998年の教育[編集]

1998年の流行[編集]

1998年のファッション[編集]

1998年の世相[編集]

経済[編集]

誕生[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

死去[編集]

1月 - 3月[編集]

4月 - 6月[編集]

7月 - 9月[編集]

10月 - 12月[編集]

日付不明[編集]

ノーベル賞[編集]

フィクションのできごと[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 一般法人 日本映像ソフト協会、2014年1月19日閲覧 [1]
  2. ^ 各種統計 音楽ソフト種類別生産金額の推移 一般社団法人 日本レコード協会
  3. ^ ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド2&3ストーリー