ロシア・ルーブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロシア・ルーブル
российский рубль(ロシア語)
100ルーブル紙幣
100ルーブル紙幣
ISO 4217コード RUB
公式使用国・地域 ロシアの旗 ロシア
非公式使用国・地域 アブハジアの旗 アブハジア
南オセチアの旗 南オセチア
インフレ率 11.9%
情報源 The World Factbook
(2007年)
補助単位
1/100 カペイカ(コペイカ)
通貨記号 Rouble official sign.svg
カペイカ(コペイカ) к
硬貨 1、5、10、50カペイカ
1、2、5、10ルーブル
紙幣 10、50、100、500、1000、5000ルーブル
中央銀行 ロシア中央銀行
ウェブサイト www.cbr.ru
紙幣製造 造幣局
ウェブサイト www.goznak.ru
硬貨鋳造 モスクワ造幣局
サンクトペテルブルク造幣局
3ルーブル紙幣の表面(1905年)
5ルーブル金貨の表面(1905年)

ルーブルロシア語: рубль、rouble/ruble)は、ロシア通貨単位である。ロシア語での発音に沿ってルーブリと表記する場合もある。国際通貨コード(ISO 4217)はRUB(以前はRURを使用)。

ルーブルの通貨記号(Rouble official sign.svg)は、2013年12月11日にロシア中央銀行により制定が発表された[1]。補助通貨はカペイカ(コペイカとも、ロシア語: копейка、kopek/copeck)で、1ルーブルは100カペイカである。

ロシア帝国から旧・ソビエト連邦でも使用された。

1961年以降の紙幣・硬貨の歴史[編集]

旧ソ連時代[編集]

旧ソ連時代の1961年に10分の1のデノミネーション(デノミ)を行った。このときに発行された紙幣の種類は100・50・25・10・5・3・1ソ連・ルーブル紙幣の7種類だった。しかし、100ルーブルと50ルーブルは市中ではあまり流通していなかった。ソ連末期のペレストロイカに伴うインフレーション(インフレ)により、ソ連崩壊直前の1991年には1,000・500・200・100・50ルーブル紙幣が新しく発行されるとともに、10・5・1ソ連・ルーブル紙幣が改刷された。この改刷は、色が増える等の偽造防止策が追加された程度で、大きなデザインの変更はなかった。なお、ソ連時代の紙幣の肖像画は10ルーブル以上にはレーニンが描かれており、5ルーブル以下には肖像画はなかった。また、1961年シリーズの紙幣の裏側にはロシア語で大きく「・・ルーブル」と記されてある下に、ロシア以外のソ連構成共和国14ヶ国の言語でも「・・ルーブル」と記されているのが特徴であったが、1991年シリーズでは初期発行分を除き省略された。この各国語の表記は、通貨単位の「ルーブル」まで各国語に「翻訳」されており、ウクライナ語では「カルボーヴァネツィ」、ウズベク語では「スム」などと表記されていた。

ソ連時代は硬貨は非常に種類が多く、記念硬貨を除いても1ルーブル・50・20・15・10・5・3・2・1カペイカの合計9種類が発行されていた。1カペイカ硬貨は非常に小さく、直径15mmしかなかった。

ロシア時代初期[編集]

1991年12月のソ連崩壊後もしばらくの間はソ連ルーブルが使用されていたが、1992年ロシア中央銀行最初の紙幣として5,000ロシア・ルーブル紙幣が発行、同年には後に10,000ロシア・ルーブル紙幣も発行された。

1993年には50,000ロシア・ルーブル紙幣が新しく発行されるとともに、10,000・5,000ロシア・ルーブル紙幣が改刷、1,000・500・200・100ルーブルはそれまでソ連・ルーブル紙幣が流通していたが、ロシア・ルーブル紙幣に改刷された。なお、この時の改刷は、10,000・5,000ロシア・ルーブル紙幣については従来の紙幣の色を少し変え、1,000・500ロシア・ルーブル紙幣は、従来のソ連・ルーブル紙幣に描かれていたレーニンの肖像をロシア国旗の掲揚されたクレムリンに置き換えただけの、お手軽なデザインだった。進行する急激なインフレにより価値の低下した50ロシア・ルーブル以下は紙幣は発行されず、硬貨となった。このときに発行された硬貨は50・20・10・5・1ルーブルの5種類であった。また、このときに10・5・3・1ソ連・ルーブル紙幣以外の高額ソ連・ルーブル紙幣が流通停止となった。また、旧ソ連時代の硬貨が流通停止となり、カペイカ単位の貨幣が存在しなくなった。なお、1993年シリーズ紙幣には、紙の色を変更するなどのマイナーチェンジを施した1994年版もある。

1995年には100,000ルーブル紙幣が新しく発行されるとともに50,000・10,000・5,000・1,000ルーブル紙幣が、100,000ルーブル紙幣と統一デザインで改刷された。これ以降ロシア・ルーブル紙幣はロシアの各都市を題材とする図柄となった。また、僅かの期間の交換期間を経た後で1994年版を除く1993年シリーズ以前の旧紙幣の流通を停止した。これは当時問題となっていたマフィアなどによる資金洗浄を封じる目的があったともいわれる。1996年には500,000ルーブル紙幣が登場した。これがルーブル史上最も大きな数字の紙幣となった。なお、500,000ルーブル紙幣も「1995」と記されている。

デノミ実施以降[編集]

1998年1月には、長く続いた急激なインフレや前年のアジア通貨危機の影響を受けて、通貨価値が低下したものの、それらの影響が収束したとして、1000分の1のデノミ(0を3つ取るデノミ)が行われ、その準備として、1997年に500・100・50・10・5ルーブル紙幣が発行された。デノミによる混乱をできるだけ避けるために、デザインは従来の同価値の紙幣と全く同一となっている。従来は紙幣が発行されていた1000ルーブルは、インフレによる価値低下で新1ルーブル硬貨として発行されることになった。50・10・5・1カペイカ硬貨も発行され、久々のカペイカ単位の貨幣の復活となった。硬貨は後に5ルーブルと2ルーブルも発行されている。

しかし、長らくかつてのような通貨価値を回復したとは言えず、ロシア国内においてもドル決済やユーロ決済の方に信用が行くという皮肉な事態が発生していたが、近年のロシア経済の好調により通貨としての信用を回復しつつある。2005年2月より、USドルとユーロを組み合わせた通貨バスケットを導入しており、2007年2月13日に0.60USドル+0.40ユーロから0.55USドル+0.45ユーロに変更した。2005年からはルーブルのロシア国外持ち出し規制が撤廃されている。

2001年には1,000ルーブル紙幣が発行された。また、2004年には偽造対策を強化した1997年シリーズ2004年版が発行された。この時から5ルーブルは硬貨に変更された。2006年には、当時の為替レートでは日本円で20,000円を超える5,000ルーブル紙幣が発行された。以前ならインフレの象徴とされた高額紙幣の新規発行も、今や好調なロシア経済の証となっている。なお、これらの紙幣は実際の発行年とは無関係に「1997」と記されている。

2009年10月より10ルーブル硬貨が新たに発行された。また、2010年から高額紙幣の5000.1000.500ルーブル札が、より偽造対策が強化された1997年シリーズ2010年版に改刷された。

現在流通している硬貨・紙幣[編集]

現在、硬貨は、1カペイカ、5カペイカ、10カペイカ、50カペイカ、1ルーブル、2ルーブル、5ルーブル、10ルーブル(2009年10月より)が流通している。ただし、価値の低下した1カペイカと5カペイカは近年は硬貨の新規発行がなく、ほとんど市中では流通していない。紙幣は、10ルーブル、50ルーブル、100ルーブル、500ルーブル、1,000ルーブル、5,000ルーブルが流通している。1997年シリーズの5ルーブル紙幣も使用可能であるが、もう市中ではほとんど流通していない。

ルーブルの語尾変化[編集]

ロシア語名詞は、結合する個数詞によってその形が3種類に変化する。通貨単位であるルーブルも例外ではない。冠する個数詞が「1」、つまり1ルーブルの場合はそのまま単数主格で「ルーブル(ルーブリ)」"рубль"と表記する。一方ほとんどの紙幣や硬貨では「ルブレイ」"рублей"と表記されているが、これは結合する個数詞が「5」以上の場合、名詞は複数生格になるというロシア語規則による。また、かつてロシア帝国やソ連時代に存在した3ルーブル紙幣や近年記念コインとして発行された3ルーブル硬貨では、"три рубля"のように「ルブリャー」"рубля"と表記されている。これは「2~4」の個数詞と結合する名詞は、単数生格になる為である。補助単位の「カペイカ」も同様である。

ロシア語表記 発音
1ルーブル рубль ルーブリ
2-4ルーブル рубля ルブリャー
5ルーブル以上 рублей ルブレイ
1カペイカ копейка カペイカ
2-4カペイカ копейки カペイキ
5カペイカ以上 копеек カペーク

各紙幣に描かれた都市[編集]

1995年版券種 1997年版券種 2004年版券種 2010年版券種 描かれた都市名
1,000ルーブル 硬貨に移行 硬貨に移行 硬貨に移行 ウラジオストク
5,000ルーブル 5ルーブル 硬貨に移行 硬貨に移行 ノヴゴロド
10,000ルーブル 10ルーブル 10ルーブル 硬貨に移行 クラスノヤルスク
50,000ルーブル 50ルーブル 50ルーブル 2004年版を継続発行 サンクトペテルブルク
100,000ルーブル 100ルーブル 100ルーブル 2004年版を継続発行 モスクワ
500,000ルーブル 500ルーブル 500ルーブル 500ルーブル アルハンゲリスク
発行なし 1,000ルーブル 1,000ルーブル 1,000ルーブル ヤロスラヴリ
発行なし 発行なし 5,000ルーブル 5,000ルーブル ハバロフスク

貨幣ギャラリー[編集]

  • 1997年版紙幣は、1998年に行われた1,000分の1のデノミ対応紙幣のため、1995年版の1,000分の1の金額が、1997年版以降の同一価値の紙幣である。
  • 100ルーブル紙幣の図柄が首都モスクワとなっているのは、デノミ前の1995年版の発行当初は、100,000ルーブル紙幣が最高額の紙幣だったからである。

符号位置[編集]

Unicode 7.0 にて導入された[2]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+20BD ₽
₽
ロシア・ルーブル記号[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ルーブルに通貨記号=ロシア中銀
  2. ^ Paratypeで入手できる「PT Sans」などや、和田研細丸ゴシック2004フォントの公開で入手できる「和田研細丸/中丸ゴシック2004絵文字」や、にしき的フォントで入手できる手書きのポップ体「Nishiki-teki」が対応している。
  3. ^ Unicode 7.0.0

関連項目[編集]

現在のRUBの為替レート
Yahoo!ファイナンス: AUD CAD CHF EUR GBP HKD JPY USD
Google Finance: AUD CAD CHF EUR GBP HKD JPY USD
OzForex: AUD CAD CHF EUR GBP HKD JPY USD
XE.com: AUD CAD CHF EUR GBP HKD JPY USD
OANDA.com: AUD CAD CHF EUR GBP HKD JPY USD

外部リンク[編集]