沿ドニエストル・ルーブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

沿ドニエストル・ルーブル(えん - 、рублэ транснистрянэ)は、モルドバ東部の未承認国家・沿ドニエストル共和国の通貨。補助通貨はカペイカ(1ルーブル=100カペイカ)で、略称はPRBISO 4217の通貨コードは存在しない。

概要[編集]

1990年にモルドバからの分離・独立を宣言した沿ドニエストル共和国政府は1994年に中央銀行の沿ドニエストル共和国銀行を設立し、モルドバの通貨・レウとは異なる独自通貨としてPRBの発行を開始した。

当初はソビエト連邦の通貨であるソビエト連邦ルーブルがそのまま使用されたが、その紙幣にはソ連ないしロシアの中央銀行による発行印が押されていなかった。

結局、1994年の内にハイパーインフレが発生し新しい通貨を発行。新通貨は1PRB=旧1000PRBのレートであったが、インフレの進行はその後も続き2000年には1PRB=100万新PRBのデノミネーションを再度、実施した。

2008年現在のレートは1ユーロ=10PRB前後である。

硬貨[編集]

1、5、10、25、50カペイカが発行されている。

紙幣[編集]

2000年発行の紙幣
額面 サイズ 図柄 日付
印刷 流通開始
1ルーブル 129 × 56 mm オレンジ アレクサンドル・スヴォーロフ Chiţcani monument 2000年 2000年
5ルーブル Kvintのブランデー工場
10ルーブル 茶色 修道院
25ルーブル Tighinaの城郭
50ルーブル 129 × 60 mm タラス・シェフチェンコ 大統領公邸
100ルーブル ディミトリエ・カンテミール Tiraspol生誕教会
200ルーブル 135 × 64 mm 焦茶 ピョートル・ルミャンツェフ Military theme 2004年 2004年
500ルーブル 140 × 68 mm 薄緑 エカチェリーナ2世 The decree of the creation of Tiraspol
by Catherine II, and the plan of a fortress