スターリング・ポンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スターリング・ポンド[1]: pound sterling)は、イギリス通貨。通貨単位としてのポンドはかつてイギリス連邦諸国で用いられ、エジプトなどでは現在も用いられているが、単にポンドというと通常イギリスのポンドのことを示す。通貨記号は £、国際通貨コード (ISO 4217) は、GBPであるが、STGとも略記する。呼称としてはポンド、スターリングの他に quid が用いられることがある。日本ではイギリス・ポンド、または英ポンドと呼ばれることも多い。

概要[編集]

補助単位はペニー(penny、複数形ペンス pence)で、1971年より1ポンドは100ペンスである(下記「過去のポンド参照」)。

USドルが世界的に決済通貨として使われるようになる以前は、大英帝国の経済力を背景に、国際的な決済通貨として使われた。イギリスの欧州連合加盟に伴い、ヨーロッパ共通通貨であるユーロにイギリスが参加するかどうかが焦点となったが、イギリス国内に反対が多く、通貨統合は見送られた。

現在は対日本円変動相場制を採用している。以前の固定相場制の頃は当初1ポンド1008円(1949年~1967年)、後に864円(1967年~1971年)だった。

なお2007年1月下旬に1ポンドが日本24140銭だったが、2007年3月2日には226円95銭と1ポンドあたり約14円も下落しているように、為替変動の幅の大きい通貨である。2007年6月は約240円 - 246円で推移し、7月に入ってからは一時251円に達した。その後サブプライムローンショックによる影響も大きく、徐々に下落して2008年3月17日には192円台を記録。ポンド安が落ち着いた所へ9月からの世界同時金融危機により徐々に大きく落ち込み、2008年10月に一時138円台にまで落ち込んだ。さらに2009年1月23日 (GMT) には1995年4月の史上最安値を14年ぶりに更新し、初めて118円台に突入。18ヶ月でポンド/円レートが133円、半値以下まで下落した事になる。

発券銀行[編集]

イングランド銀行が発券するポンド通貨は、イングランド及びウェールズにおける法定通貨である。ただし、スコットランドの商業銀行であるスコットランド銀行ロイヤルバンク・オブ・スコットランド、クライズデール銀行も歴史的に発券を認められており、法定通貨ではないがスコットランドでも流通を承認されている。また北アイルランドのアイルランド銀行などの商業銀行も発券しており、事実上、連合王国を構成する4王国の全領域で通用する。さらにマン島チャンネル諸島ジブラルタルフォークランド諸島でも独自にポンド通貨を発券している。これらはイングランドやウェールズでは法定通貨とは認められないが、非合法なものではない。

紙幣[編集]

イングランド銀行の発券する紙幣は、現在1、2ポンドが硬貨として発行されているので、市中に流通しているのは5ポンド、10ポンド、20ポンド、50ポンドの4種類だけである。すべて国家元首エリザベス女王が表面に印刷されている。

現在の紙幣は2005年7月に発行された「シリーズE」。裏面に歴史上の人物が描かれている。

硬貨[編集]

王立造幣局 (Royal Mint) にて発行されている硬貨は、1ペニー・2・5・10・20・50ペンス、1・2ポンドの8種類である。2008年より2ポンド硬貨を除いた7種類を統合的にデザインしたものに一括変更する旨が発表され、2008年夏から順次流通する。英国の紋章を各硬貨ごとに分けて描き、それを並べると一枚の画像となるようにデザインされている。1ポンドコインにはその全体像が描かれる。

裏面のデザインは硬貨毎に違っており、2007年までの発行分は下記の通り。

  • 1ペニー(表面: 、内部: ): 城門落とし格子紋章
  • 2ペンス(表面: 銅、内部: 鉄): プリンス・オブ・ウェールズの羽根徽章
  • 5ペンス(白銅貨、2012年1月からは表面: ニッケル、内部: 鉄): アザミ冠紋章(スコットランドの国花)
  • 10ペンス(白銅貨、2011年からは表面: ニッケル、内部: 鉄): 冠を頂くライオン(このライオンはイングランド王家の紋章 (Crest) である)
  • 20ペンス(白銅貨): 珍しい七角形硬貨。冠を頂くテューダー・ローズテューダー朝バラ)。
  • 50ペンス(白銅貨): 珍しい七角形硬貨。ブリタニア大英帝国を象徴する女神)とライオン。
  • 1ポンド(ニッケル黄銅貨): 発行年ごとにデザインは変更され、連合王国の紋章と、イングランドスコットランドウェールズ北アイルランドをそれぞれ代表する意匠が順に使われてきた。
    • (例)国花=イングランドのバラ、スコットランドのアザミ、ウェールズのリーク、北アイルランドの麻。王家の紋章=イングランドの「三頭のライオン」、スコットランドのライオン、ウェールズのドラゴン、北アイルランドのケルト十字。2004年~2007年はこの4カ国の橋が使われた。
  • 2ポンド(内側: 白銅、外側: ニッケル黄銅貨): 1997年に登場した最も新しい硬貨で、縁にはアイザック・ニュートンの言葉「巨人達の肩の上に立って (STANDING ON THE SHOULDERS OF GIANTS)」と刻印されている。また毎年その年の記念行事などを描いた記念デザインのものが発行されて通常版と同様に一般に流通する。

すべての硬貨の表面には国家元首エリザベス女王と称号のラテン語訳、『神の恩寵による女王、信仰の守護者、エリザベス二世』(DEI.GRA.REG. FID.DEF 又は D.G.R F.D. 正確なラテン語は Dei Gratia Regina Fidei Defensor)と刻印されている。

なお、この他に旧通貨システムによるクラウン硬貨やソブリン金貨、それにマンデーマネーと呼ばれる、1ペニーから4ペンスまでの4枚硬貨セットが発行される場合があるが、いずれも流通用ではなく、コレクター向けのアイテムである。また、デシマル制度実施直後には1/2ペニーの小さな銅貨(裏は王冠)も流通していた。

過去のポンド[編集]

従来は1ポンド=20シリング=240ペンスであったが、計算上混乱するため、1971年2月13日に1ポンド=100ペンスに切り替えられた。イギリスとアイルランドで通貨補助単位の変更を行ったこの日を「デシマル・デー」(Decimal Day, 十進法の日)と呼んでいる。

古い補助貨幣はこのほか、クラウン (crown)、フローリン (florin)、グロート (groat)、ギニー (guinea) がある。1クラウン=5シリング、1フローリン=2シリング、1グロート=4ペンス、1ギニー=21シリングに相当した。イギリスでは、1817年ソブリン金貨が本位金貨として鋳造され、この金貨を1ポンドに流通させ、自由鋳造、自由融解を認める唯一の無制限法貨としたが、ギニー金貨も引き続き流通することになり、この時価値が21シリングと定められた。因みに1ポンドは20シリングであった。第一次世界大戦後にアメリカドルに取って代わられるまで、世界で最も信用の高い通貨であった。

通貨名は、古代の銀貨の質量に由来する。8世紀にマーシアのオッファ(en:Offa of Mercia)がフランク王国リーブル貨幣にならって1ペニー(1ポンドの1/240)の銀を含む銀貨を鋳造したのをはじめとする。ただし当時の1ポンドは現在の1ポンドとは質量が異なる。

ポンドを表す記号 £ は、1ポンドにあたるラテン語libra」の頭文字に由来する。

スターリングシルバーという言葉が使われるが、これはイギリスの銀貨と同じ品位の銀(銀含有量92.5%)を表す言葉である。

外国為替証拠金取引 (FX) における位置付け[編集]

イギリスポンド-アメリカドルにおける1分毎の値動きの例
(2013年9月8日, DMM FX チャート)

FXの相場においては相場の進展の早さと価格の変動幅の大きさと不規則な値動きで有名である。

ポンドは輸出入による実体経済の為替需要が少なく、取引のほとんどは投機であり、貨幣の流通量が少ないために価値が変動しやすく、ポンドの通貨ペアは何れも一攫千金を狙うトレーダーの激戦区となっている。この相場で生き残ることは難しく、1日で破産にまで追い込まれるケースが多々あることから、ポンドは別名「殺人通貨」(あるいは「悪魔の通貨」)とも呼ばれる。資金力のあるトレーダーによる意図的な価格操作により、テクニカル指標自体を無効にするような突発的な値動きが頻発するため、予想を外した場合に行う損切りを素早く確実に行える熟練者向けの通貨であると言われている。実際の取り引きにおいては、テクニカル指標からは予測できないようなトレンドが突然発生し、天井からさらに上に抜ける、底値からさらに下に落ちるといった、売買タイミングの判断ミスを誘うような値動きに見える。また、直近数日間の最安価格を付けてから直近数日間の最高価格まで数分で駆け上がるような値動きもある。このような意表を突いた値動きが多く、とても不規則な値動きをするため、ギャンブル性は高い。(ドル-円の価格の変動幅は1日に1円程度で緩やかであるが、ポンド-円の価格の変動幅は1日に5円~10円程度で急激である)

基本的に値動きの不規則性が強いが、ポンド円はドル円を介して価格が計算されるため、ドル円の値動きとある程度相関がある。(ポンド円のチャートは、ドル円のチャートに対してランダムなノイズを付加し、振幅を約2倍程度まで増幅したような波形になる。) このように、トレードを目的とした場合には通貨保持のリスクが大きいため、基本戦略は短期取引(スキャルピングデイトレード)になる。損切りさえ徹底出来れば、他の通貨よりも短期で大きなリターンが期待できるため、熟練者の中には好んでこの通貨の取り引きを行う者も居る。

為替レート[編集]

対ドル[3] 対円[3]
対ドル[3]
対円[3]
現在のGBPの為替レート
Yahoo!ファイナンス: AUD CAD CHF EUR HKD JPY USD
Google Finance: AUD CAD CHF EUR HKD JPY USD
OzForex: AUD CAD CHF EUR HKD JPY USD
XE.com: AUD CAD CHF EUR HKD JPY USD
OANDA.com: AUD CAD CHF EUR HKD JPY USD

外貨準備[編集]

スターリング・ポンドは世界中の国で外貨準備として用いられており、2011年では第3位の通貨である。

脚注[編集]

  1. ^ 「出納官吏事務規程第14条及び第16条に規定する外国貨幣換算率を定める等の件」
  2. ^ Security by Design - A closer look at Bank of England notes”. 2012年12月31日閲覧。
  3. ^ a b ニューヨーク連邦準備銀行Foreign Exchange Rates Historical Searchを元にした。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]