番号記号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
#

番号記号(ばんごうきごう)、ナンバーサイン(Number sign)は、「井桁」(いげた)や「スクエア」とも呼ばれ、番号を示す数字の前に置かれる記号である。日本ではこの記号の代わりにヌメロ (Numero, No.) を使って「ナンバー」と読むのが一般的である。また米国ではポンド (質量) を表すのにも使われ、「パウンド」と読まれることが多い。北米以外の英語圏では「ハッシュ」と読まれることが多いが、他の呼び方も存在する。素数階乗を表す記号でもある。

例:

  • #123 - ナンバー123、123番

また押しボタン式電話機には、数字に加えて # と * のボタンが置かれ、特殊な用途に使われる。

この記号をシャープと呼ぶことが多いが、音楽記号のシャープ(♯)が五線から見分けるために横線が斜めになり、縦線はまっすぐなのに対し、# は横線はまっすぐで縦線が普通斜めに書かれる点が異なる。

コンピューターにおける番号記号[編集]

  • 一般的なQWERTY配列キーボードではShiftキーを押しながら3キーを押すと打つことができる。読みは多くの場合「シャープ」(「C#」など)。
  • 一般に数字を表す。
    • ひな形文字列の中の数字を埋め込むべき部分に使われる。
    • MediaWikiソースでは数字付きリストを表す。
  • Unixシェルスクリプト、またそれが影響しているPerlPythonなどのスクリプト言語や設定ファイル等で、コメントを表すのに使われる。# は行頭ないし行の途中に置くことができ、# より右がコメントとなる。ファイルの先頭にある #!から開始するコメントは、そのスクリプトを実行するインタプリタの指定として扱われる(シバン)。
  • URIにおいてfragmentとその他の部分のセパレータに使われる。たとえばHTMLではページ内の(a要素のname属性やid属性で定義された)箇所を示すのに使う。
    例: http://example.com/def.html#2ndSection
    • MediaWikiでは、ページ内の見出しにリンクするのに使う。
  • C言語C++などにおいては、プリプロセッサなどに渡すディレクティブが、#から始まる(#define, #include など)。

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
# U+0023 1-1-84 #
#
番号記号
U+FF03 1-1-84 #
#
番号記号(全角)
U+266F 1-2-84 ♯
♯
嬰記号