Gtk Sharp

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「Gtk#」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
Gtk#
開発元 ノベル
最新版 2.12.10 / 2010年3月16日(4年前) (2010-03-16
対応OS クロスプラットフォーム
種別 ウィジェット・ツールキット
ライセンス LGPL
公式サイト http://gtk-sharp.sourceforge.net/
テンプレートを表示

Gtk#(ジーティーケーシャープ)は、GTK+GUIツールキットおよびGNOMEライブラリ.NETバインディングセットである。

GTK#を用いることで、Monoなどの共通言語基盤を用いたグラフィカルGNOMEアプリケーションの作成が容易になる。Gtk#はイベントドリブンを採用したシステムである。

Gtk#を使ったアプリケーションはLinuxWindowsMac OS Xなど多くのプラットフォーム上で動作する。Windows版MonoはGTK+、Gtk#と、GTK+アプリケーションをネイティブWindowsアプリケーションのようなルック・アンド・フィールにするネイティブテーマを含んでいる。また、Mono 1.9以降、Mac OS X上のGtk#アプリケーションはX11サーバがなくても動作するようになった。

GladeをGlade#バインディングと共に使えば、GUIアプリケーションが容易にデザインできる。また、MonoDevelop IDEにはSteticというGUIデザイナが統合されている。

gtk-dotnet.dllは、開発ツールの標準Gtk/Gnomeスタックのサポートに加え、利用可能な.NETスタックの機能性を使うためのブリッジを提供する。現在、ウィジェットに描画するSystem.Drawingを使うための機能性が含まれている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

この記事には、GNU Free Documentation LicenseであるMono's homepageの文章が組み込まれています。

外部リンク[編集]