出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

」は、ノノ字点(ののじてん)や同じく記号(おなじくきごう)とも呼ばれ、表などで上または左(縦書きの場合は右)の内容と同一の場合の省略文字として使用される約物のひとつである。わかりやすく「チョンチョン」、「てんてん」と呼ぶこともある[1]。世界的に古くから使用されている記号である。

由来[編集]

ノノ字点は、歴史が古く紀元前から使用されており、紀元前934年から紀元前608年のネオアッシリアの石版にも見られ、繰り返しを表す文字として使用されていた[2]。ヨーロッパの方ではトスカナ語dire「言う」と呼ばれたことを元に英語ではその過去分詞ditto「(すでに)言われた」と呼ばれる[3]ようになり、この記号が日本でも現在の「〃」として使用されるようになった。一方、この記号は紀元前に中国に「二」の記号でつたわり日本には踊り字の「〻」 として使用されるようになる。

英語などではダブルクオートで代用されることもある。

使用法[編集]

単純な箇条書きの場合は、前の項目と同値となる。

  • Wikipedia 日本語版
  • 〃 英語版

横書きの表の場合、枡の中央に置かれ原則上部の項目と同じ内容となる。(左側の項目と同じ内容にする場合もある。)

Wikipedia 誰でも編集が可能
Wiktionary

縦書きの表の場合、枡の中央に置かれ原則右側の項目と同じ内容となる。(上側の項目と同じ内容にする場合もある。)

日本語以外での使用法[編集]

中国語では文字単位で「〃」が使用される。

黑色鋼筆,一盒20枚 ..... 2.10英鎊
藍〃〃〃〃〃〃〃〃 ..... 2.10英鎊

英語などでは単語単位で「〃」が使用される。

Black pens, box of twenty ..... £2.10
Blue   〃    〃  〃   〃   ..... £2.35

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+3003 1-1-23 〃
〃
同じく記号

脚注[編集]

  1. ^ パソコンワープロ日本語入力などでは、「おなじ」「どう」を変換することで「〃」を入力することが出来る。
  2. ^ K.4375 およびファイル:Library of Ashurbanipal synonym list tablet.jpg
  3. ^ Definition at The Free Dictionary