セミコロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
;

セミコロン英語: semicolon)は、欧文の約物のひとつで、「;」と書き表される。その形式はピリオドとコンマとの合体であり、これらの中間的役割を担う。 なお、日本語の文章中では滅多に使われないが、顔文字などでは比較的よく用いられる。

英文における用法[編集]

  • 英語では、基本的に「強いコンマ ( , )」ないし「弱い終止符 ( . )」である。
  1. たとえばコンマで区切られた6つの項目の内、前半3つと後半3つに分類したいときには3つめの項目の後にコンマの代わりにセミコロンを置く。
  2. 独立した2つの文が何らかの関係があるためつなげて書くとき、間に(最初の文の終止符のかわりに)セミコロンを置く。

その他の言語における用法[編集]

コンピューターにおける用法[編集]

数学における用法[編集]

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
; U+003B 1-1-8 &#x3B;
&#59;
セミコロン
U+FF1B 1-1-8 ;
;
セミコロン(全角)

関連項目[編集]