ダッシュ (記号)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダッシュまたはダーシ (dash) は、ある種の横棒状の約物の総称。

また日本ではプライム記号(′)のことを俗にダッシュと呼ぶことがある(ダーシとは呼ばない)。

種類[編集]

欧文組版[編集]

短いenダッシュ「–」(Unicode U+2013、JIS X 0213 1-1-30) と長いemダッシュ「—」(Unicode U+2014、JIS X 0213 1-1-29) の2つがある。それぞれ、長さが欧文フォントnmの幅に等しいことが、名前の由来である。

ハイフン「‐」、マイナス「−」、長音符(音引き)「ー」と字形は似ているが、enダッシュとemダッシュの区別を含め、字形・使用法とも区別される。字形としては、ハイフンはenダッシュより短く、位置が低い。

ASCIIにはどちらも存在しないので、enダッシュはハイフンマイナス「-」で、emダッシュはハイフンマイナス2つ「--」で代用される。

enダッシュが半角、emダッシュが全角とされることがある。

なお、Unicodeの全半角に当たる東アジアの文字幅 (East Asian Width) では、enダッシュはNa(半角)、emダッシュはA(場合による)である。

和文組版[編集]

倍角倍角ダッシュがしばしば使われる。活字等の場合、2倍の大きさで作られた約物であるが、コンピュータ上などでは必ず2文字並べて「——」のようにする、といった運用でカバーすることが多い。

類似の記号にホリゾンタルバー「―」があり、環境によってはShift_JISの「ダッシュ(全角)」の文字を「ホリゾンタルバー」にマッピングしている(詳細は後節の「全角ダッシュのマッピング問題」を参照)。

ほかに、波ダッシュ」(Unicode U+301C、JIS X 0213 1-1-33) がある。またダッシュ記号と本来は別物だが、しばしば全角チルダ「~」(Unicode U+FF5E) で代用される(詳細は「波ダッシュ」の項を参照)。

用法[編集]

enダッシュ[編集]

  • 区間や範囲を表す。
    たとえば10-20と書かれていた場合、これがenダッシュ (10–20) なら「10から20まで」である。これに対してハイフン (10‐20) なら「10の20」、マイナス (10−20) なら「10引く20」である。
  • 丸括弧の代わりとして用いられる。

emダッシュ[編集]

  • 文と文の間、字句と字句の間に用いられて、時間の経過を表す。
  • 括弧のように、ダッシュの対で囲んで、説明や副題などを表す。
  • 行頭に用いられて、引用を表す。
  • 単語の後に用いられて省略を表す。

和文[編集]

  • 倍角ダッシュの用法は、基本的にemダッシュと同じである。
  • 波ダッシュの用法は、enダッシュとemダッシュにまたがる。詳細は→波ダッシュ

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+2012 - ‒
‒
FIGURE DASH
U+2013 1-3-92 –
–
–
二分ダーシ、ダッシュ(二分)
EN DASH
U+2014 1-1-29[表 1] —
—
—
ダッシュ(全角)
EM DASH
U+2015 -[表 1] ―
―
HORIZONTAL BAR
U+2053 - ⁓
⁓
SWUNG DASH
U+301C 1-1-33 〜
〜
波ダッシュ
WAVE DASH
U+3030 - 〰
〰
WAVY DASH
  1. ^ a b 全角ダッシュのマッピング問題参照。

全角ダッシュのマッピング問題[編集]

JIS X 0208およびJIS X 0213にはEM DASH(全角ダッシュ)が含まれている。しかしJIS X 0213での符号位置は (U+2015) でありUnicodeとは名称と符号位置の対応に食い違いが生じている。

Unicodeコンソーシアムが定めたShift_JIS(JIS X 0208のShift_JISとは完全には一致しない)では、1-1-29に対応する0x815Cは、JIS X 0213と同じ符号位置のHORIZONTAL BAR (U+2015) にマッピングしている。これはマイクロソフトが定めたWindows XPまでのCP932と同じである。

これに対し、アップルが定めたMacJapaneseWindows Vista以降のCP932では、JIS X 0213と同じ名称のEM DASH (U+2014) にマッピングしている。

これらの非互換性により、0x815Cを使ったテキストデータは文字化けすることがある。とはいえ、

  • UnicodeのShift_JISとWindows XPまでのCP932でマッピングが一致し、MacOSとWindows Vistaでマッピングが一致している
  • ASCII領域外なのでプログラミング言語などでは使われない
  • 画面上ではどちらも横棒である(長さは少し変わる場合がある)
  • 多くの場合はハイフンマイナス (-) で代用される

といった理由により、円記号問題などの文字化けと違い、深刻な問題になることはあまりない。

関連項目[編集]