判型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

判型(はんがた、はんけい、判形とも表記)とはサイズのうち、厚みを除いた辺(タテとヨコ)の長さである。

同じ判型でも「105×148mm」「A6判」「文庫判」といった違う表記がある。後者になるほど広い意味で使われることがあり、若干違うサイズを含むことがある。たとえば、「B6判」に四六判も含める形のリストも多い(『出版年鑑』など)。

(以下、断りが無い限り、寸法の単位はmm、表記は短辺×長辺とする)

寸法[編集]

A判[編集]

  • A4判 - 210×297
  • A5判 - 148×210 ※文芸誌
  • A6判 - 105×148 ※文庫

B判[編集]

  • B4判 - 257×364
  • B5判 - 182×257 ※週刊誌
  • B6判 - 128×182

その他[編集]

新聞判型[編集]

国際的な新聞判型の比較
  • 国際的な判型
    • ブロードシート判 - 375×600
    • ノルディッシュ判 - 400×570
    • レニッシュ判 - 350×510、350×520、360×530
    • スイス判(NZZ判) - 320×475
    • ベルリナー判 - 315×470
    • タブロイド・エクストラ判 - 305×455(12×18インチ)
    • ハーフ・スイス判 - 240×330(9½×13インチ)
    • ハーフ・ベルリナー判 - 230~240×310~320(9~9¼×12¼~12½インチ)
    • ハーフレニッシュ判 - 255~265×365~370(10~10½×14½インチ)、260×325(10¼×12¾インチ)
    • ハーフ・ブロードシート判 - 300×375(12×14¾インチ)
    • タブロイド判(ハーフ・ブロードシート判、ノルディック・ハーフ判) - 小判 : 235×315(9¼×12½インチ)、大判 : 285×400(11¼×15¾インチ)
  • 日本ローカルの判型
    • ブランケット判 - 406×545
    • タブロイド判 - 273×406
    • 菊判 - 469×636(菊半裁)、318×469(菊四裁)
    • このほかオフセット枚葉機による印刷を行っている中・小規模地域紙において、ブランケット判代用としてJIS B3判(364×515)を、タブロイド判代用としてJIS B4判(257×364)を用いる例が見られる。

関連項目[編集]