ケトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケトンの一般式
アセトン

ケトン (ketone) は R−C(=O)−R' (R, R' はアルキル基など)の構造式で表される有機化合物群。身近な物質の中では、除光液として用いられるアセトン (R, R' が -CH3の場合) が代表例である。

R または R' が水素原子であるときは、アルデヒドという。環状不飽和炭化水素パラ位カルボニル基になっているものはキノンと呼ばれる。

命名法[編集]

ケトンを命名する場合、カルボニル基の位置を示す数字とともに、対応するアルカンの語尾に one をつけるか、接頭語 oxo を用いる。(→IUPAC命名法

例: 2-ブタノン 2-ブタノン (2-butanone) / 2-オキソブタン (2-oxobutane)

合成法[編集]

第二級アルコールクロム酸酸化スワーン酸化などで酸化するとケトンが得られる。

RR'CH-OH + 酸化剤 → R-C(=O)-R'

ハロゲン化アシルギルマン試薬を反応させるとカップリングによりケトンが生成する。

RC(=O)Cl + R'2CuLi → R-C(=O)-R'

フリーデル・クラフツ反応によるアシル化で芳香族ケトンを得ることができる。

RC(=O)Cl + ArH + AlCl3 → R-C(=O)-Ar

アルケンオゾン酸化すると2分子のケトンが得られる。

オゾン酸化

ほか、ケトンを生成する人名反応として、ピナコール転位マンニッヒ反応クライゼン転位などが挙げられる。

物性・反応性・検出法[編集]

水素結合性はアルコールほど強くはないが、カルボニル基が持つ極性のため、低分子量のケトンは極性溶媒非極性溶媒を問わず溶解性は良好である。

化学的には比較的安定であるが、グリニャール試薬有機リチウムなど、求核性の強い有機金属とは反応し、続いて酸で加水分解すると第三級アルコールが得られる。

R-C(=O)-R' + R''MgBr → RR'R''C-OH(加水分解後)


また、水素化アルミニウムリチウムボランなどで還元すると第二級アルコールになり、クレメンゼン還元ウォルフ・キッシュナー還元ではメチレン化合物 R-CH2-R' になる。

R-C(=O)-R' + LiAlH4 など → RR'CH-OH
クレメンゼン還元 クレメンゼン還元

酸触媒下に2分子のアルコールと脱水縮合させるとアセタールが得られ、これはケトンの保護法のひとつである。

R-C(=O)-R' + 2 R''OH + H+ → RR'C(OR'')2

ウィッティヒ反応マクマリー反応により、アルケンに変えることができる。

ウィッティヒ反応 ウィッティヒ反応


ほか、アルドール縮合バイヤー・ビリガー酸化シュミット反応ヴィルゲロット反応など、ケトンを基質とする化学反応は数多い。

ケトンとアルデヒドとを区別するには、還元性を持たないケトンは銀鏡反応フェーリング反応を起こさないことが利用できる。ただし、ケトースは、ケトン構造を持つにも関わらず、還元性を有するため、この方法でアルドースと区別することはできない。メチルケトン構造の検出のためには、ヨードホルム反応が利用できる。

薄層クロマトグラフィーでは 2,4-ジニトロフェニルヒドラジンを呈色試薬として用いることで検出できる。

その他[編集]

最も単純なケトンはアセトン(プロパノン)で、工業的にはクメン法によって作られる。糖尿病の際に排泄されるケトンは主としてアセトンである。これは糖や脂肪を代謝する際に自然に生成するもので、過剰に生成されると血中に排出されて毒性を発揮することになる。これを予防するには代謝を改善することが必要である。

主鎖の炭素がケイ素に置き換わった構造(R-Si(=O)-R')はシラケトン(silaketone)と呼ばれる。

主な化合物[編集]