アルドース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルドース (aldose) は糖質をその構造により分類する際に用いられる化学の用語で、鎖の末端にアルデヒド基を1つ持ち、CnH2nOn (n ≥ 3) の化学式を持つ単糖類を指す。炭素原子が3つのグリセルアルデヒドが、最も単純な骨格を持つアルドースである。

アルドースはロブリー・ドブリュイン-ファン エッケンシュタイン転位によりケトースへ異性化する。

D-アルドースの立体配置[編集]

D-glyceraldehyde-2D-Fischer.png
D-グリセルアルデヒド
D-Erythrose.PNG
D-エリトロース
D-Threose.PNG
D-トレオース
D-Ribose.PNG
D-リボース
D-Arabinose.PNG
D-アラビノース
D-Xylose.PNG
D-キシロース
D-Lyxose.PNG
D-リキソース
D-Allose.PNG
D-アロース
D-Altrose.PNG
D-アルトロース
D-Glucose.PNG
D-グルコース
D-Mannose.PNG
D-マンノース
D-Gulose.PNG
D-グロース
D-Idose.PNG
D-イドース
D-Galactose.PNG
D-ガラクトース
D-Talose.PNG
D-タロース

アルドースの誘導体[編集]

アルドース アルドン酸 ウロン酸 アルダル酸 アルジトール
エリトロース エリトロン酸 エリトルロン酸 エリトラル酸 エリトリトール
トレオース トレオン酸 トレウロン酸 トレアル酸 トレイトール
リボース リボン酸 リブロン酸 リバル酸 リビトール
アラビノース アラビノン酸 アラビヌロン酸 アラビナル酸 アラビニトール
キシロース キシロン酸 キシルロン酸 キシラル酸 キシリトール
リキソース リキソン酸 リキスロン酸 アラビナル酸 アラビニトール
アロース アロン酸 アルロン酸 アラル酸 アリトール
アルトロース アルトロン酸 アルトルロン酸 アルトラル酸 アルトリトール
グルコース グルコン酸 グルクロン酸 グルカル酸 グルシトール
マンノース マンノン酸 マンヌロン酸 マンナル酸 マンニトール
グロース グロン酸 グルロン酸 グルカル酸 グルシトール
イドース イドン酸 イズロン酸 イダル酸 イジトール
ガラクトース ガラクトン酸 ガラクツロン酸 ガラクタル酸 ガラクチトール
タロース タロン酸 タルロン酸 アルトラル酸 アルトリトール

関連項目[編集]