ラフィノース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラフィノース
識別情報
PubChem 439242
特性
化学式 C18H32O16
モル質量 504.42 g/mol
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ラフィノース (raffinose) は、天然に存在するオリゴ糖の1種である。主にビートから抽出して精製されるが、キャベツブロッコリーアスパラガスなど植物に広く含まれている。

ラフィノースの構造は、フルクトースガラクトースグルコース分子が1つずつグリコシド結合によって連なったものである。つまり、三糖に分類される糖である。甘味スクロースの約20%、カロリーは約半分で、大腸まで届いてビフィズス菌を増殖させる。

ラフィノースはα-ガラクトシダーゼ (α-GAL) によってD-ガラクトーススクロース加水分解されるが、この酵素ヒトでは見られない。α-ガラクトシダーゼはこの他、スタキオースベルバスコースガラクチノールなどのα-ガラクトシド類も加水分解するが、ラクトースのようなβ-結合したガラクトースは分解しない。