ガラクツロン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

D-ガラクツロン酸
α-D-グルクロン酸のハース投影式
図は α-体
IUPAC名 D-ガラクツロン酸(許容慣用名)
分子式 C6H10O7
分子量 194.14
CAS登録番号 [685-73-4]
形状 無色固体
融点 159 °C(α体)[1]

ガラクツロン酸(ガラクツロンさん、galacturonic acid)はガラクトース酸化されたウロン酸で分子式 C6H10O7、分子量 194.14、D体のCAS登録番号は [685-73-4]、L体は [108729-78-8]。

天然にはD体のみが存在し、重合体であるポリガラクツロン酸はペクチンの主成分として知られる。単独での生化学的な役割は知られていないが、多糖の構成成分として植物に広く存在する。ポリガラクツロン酸の酸加水分解またはポリガラクツロナーゼによる分解で得られる。

参考文献[編集]

  1. ^ Merck Index 14th ed., 4337.