ウロン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウロン酸(ウロンさん、uronic acid)とは、単糖を酸化して得られる誘導体のうち、主鎖の末端のヒドロキシメチル基 (-CH2OH) がカルボキシル基 (-CO2H) に変わったカルボン酸の総称。

β-D-グルクロン酸の構造式

単糖をグリコシドへと誘導したのちに6位を酸化、もしくはアルダル酸の還元して合成される。

5炭以上のウロン酸は通常、ピラノースやフラノース構造をとっている。また、アルドン酸やアルダル酸と同様に、分子内で環化しラクトンを作る。

化合物例[編集]

関連項目[編集]